相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級編*アドボガシー

相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級編 

*社会福祉士 受験対策

問題27 「終結」に関する次の記述のうち,正しいものの組み合わせを一つ選びなさい。 

A 利用者は、終結後に改めて相談することができない。
B 今後いくつか解決すべき問題はあるものの、その解決を利用者が自らの力で対応できる場合は終結することがある。
C 援助者は、意図的に終結を準備する。
D 終結は、援助過程の一部ではない。

(組み合わせ)
1 AB
2 AC
3 BC
4 BD
5 CD


問題28 次の記述のうち、正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A アドボガシーとは、援助過程において援助者が、利用者の権利を擁護するための活動である。
B エンパワメント・アプローチとは、利用者の潜在能力や可能性の強化と環境の改善を含めた主体的な問題解決を支援する援助方法である。
C ワーカビリティとは、利用者を取りまいているフォーマル及びインフォーマルなネットワーク状況を確認して、支援体制を強化していく方法である。
D コンサルテーションとは、関連機関や関連領域の専門家との相談等により、援助者が専門的助言や示唆を受けることである。

(組み合わせ)
  A  B  C  D
1 ○ ○ × ○
2 ○ × × ×
3 × ○ ○ ○
4 × ○ ○ ×
5 × × ○ ○


*解答は下記をクリック



==========================

<解答>

問題27  解答 3
A × 終結は援助関係における”最終”の終結ではない。必要があれば、再度の援助が可能であることを利用者に伝えておく必要がある。
B ○
C ○
D × 終結も援助過程のなかの一つである。
17回27


問題28  解答 1
A ○
B ○
C × ワーカビリティとは、利用者が持っている解決能力のこと。
D ○
17回28



<お知らせ 下記をクリック>
明日=10月23日(金)18時20分から、社会福祉士「受験対策勉強会」<公開・無料講座>―在学中の学生等が対象の、社会福祉士国家試験の受験対策授業を公開します。筆者が「相談援助の理論と方法」等の重要ポイントを解説します。本校の実際の授業を試したいという方はもちろん、どなたでも参加出来ます。
[PR]
by yrx04167 | 2009-10-22 12:56 | Comments(0)