投稿キャンペーン

相談援助の基盤と専門職前期8回講義レジュメ1 ソーシャルワークとアドボカシー権利擁護とは 社会福祉士養成

相談援助の基盤と専門職 前期第8回講義レジュメ1
*社会福祉士養成学科にて講義 概要版2012年  1クラス6月4日4時限、2クラス6月6日4時限

5章3節 ソーシャルワーク実践と権利擁護・続き
2 深刻な人権侵害の顕在化 テキストP99から

*社会福祉サービスが提供される場での人権侵害、社会福祉サービスの内容や提供方法の問題

<テキストP99要旨
・福祉施設で、利用者の身体拘束、外出の制限等が顕在化した過去の事件に関して。

◎解説:利用者の権利保
 福祉サービスの利用者は,サービス請求権のほかに,虐待や拘束からの自由,プライバシーの権利などの処遇過程の権利,適正な手続でサービスを受ける権利やサービス決定過程への参加の権利,権利侵害があった場合の不服申立てや訴訟の権利を有しており,これらの権利は,福祉サービスの申請から提供までのすべての場面で保障される必要がある。同時に,措置制度から契約制度への移行に伴い,利用者の権利擁護が課題となってきている。

*家庭内、家族員や民間人による人権侵害
<テキストP99要旨

・家庭内で起きる人権侵害である。
 一人暮らし,寝たきり,認知症の高齢者が増加し,また障害者が地域において自立した生活を志向するなかで,高齢者・障害者に対する財産侵害,不公正な取引,経済的な搾取,高齢・障害を理由とする差別,虐待など権利侵害の事例が多く見受けられるようになっている。
 また,児童虐待やドメスティック・バイオレンスに関しても社会の関心は高まっている。

<補足
 近年,現実に生じている,高齢者・障害者・児童・女性に対する権利侵害の実態を明らかにしつつ,社会保障の権利ばかりでなく,財産権,身体的自由,精神的自由などの市民権利をも含む諸権利の擁護の問題について検討し,権利擁護のシステムを構築することが課題となっている。当然守られるべき法的利益さえ侵害されている当事者の立場を擁護し,侵害されるおそれのある当事者の生活を支える手立てを講じようとするのが,「権利擁護」である。

3 権利擁護の定義 テキストP100
<テキストP100要旨

・自らの権利,要求、主張を表現できずニーズを充足できない人々を弁護、代弁すること。

<補足:アドボカシー・権利擁護
・制度、サービス機関、機関責任者が利用者の要求を無視したり不利益を与えたりする場合に,適切なサービスが提供されるよう要求し,サービスの開発を促進するよう機関や地域に働きかける代弁的役割である。
・アドボカシーとは、差別と偏見、不自由な生活を強いられてきた人々の権利を擁護するために、援助者が代弁し、変革を進めることをいう。また代弁的横能は、個々の利用者が現に受けている直接の具体的な不正を正していく機能と、地域社会で利用者あるいは他のすべての人々に不利な影響を与えているような政策などを改革していく機能がある。

4 ソーシャルワークにおける権利擁護の種類 テキストP100
<テキストP100要旨

 アドボカシーとは,たんに利用者の意思の代弁をするだけではなく,自己決定を援助し,利用者の生活と権利を擁護する活動である。力のない人に力を与え,声にならない人に声を与える直接介入,エンパワーメント介入である。

・アドボカシーは,個人または家族に対して行われる活動であるケース・アドボカシーと,同じような問題に直面する特定の集団に対して行われるクラス・アドボカシー(class advocacy)に大別される。
・アドボカシーには、担い手による分類として、セルフ・アドボカシー、シチズン・アドボカシー、リーガル・アドボカシー等がある。

5 権利擁護を行うシステム テキストP101
<テキストP101要旨

 アドボカシーを担う人のことを、アドボケート advocateと呼ぶ。
 ソーシャルワーカーは,利用者を支持し,倫理的な原則に基づいて利用者の最善の利益に向けて目的的行動を行う。つまり,ソーシャルワーカーの知識と技術を使って,行政・制度や社会福祉機関,サービス供給主体に対して,利用者が最も適切で最良のサービスが受けられるよう柔軟な対応や変革を求めていく一連の行動である。

6 ソーシャルワーク実践としての権利擁護 テキストP102
<テキストP102要旨

 秋山の整理によれば、権利擁護の専門的機能として,利用者の側にたって,①発見,②調整,③介入,④対決,⑤変革があげられている。

*権利擁護活動のプロセス-テキストP102参

<補足>
◎解説:セルフ・アドボカシー

 当事者が権利を自ら主張するのがセルフ・アドボカシーである。
 後述

◎解説:ペイシェント(患者)アドボカシー
 後述

◎患者の権利 patient's rights
 後述

○解説:バリアフリー barrier free
 障害者の生活・行動の妨げとなる障壁(バリア)が除去された状態をいう。
 後述

○解説:ユニバーサルデザイン universal design
 すべての人が使いやすいように考慮してつくられた建物や製品,情報通信技術などのデザインのこと。
 後述

<レジュメ2に続く>

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の基盤と専門職 前期7回講義レジュメ3 権利擁護、生存権保障、措置と契約とは 社会福祉士養成学科

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の基盤と専門職 前期7回講義レジュメ2 ソーシャルワークと社会正義、人間の尊厳、利用者本位とは

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の基盤と専門職 前期7回講義レジュメ1 ソーシャルワーク価値、倫理綱領とは 社会福祉士養成学科


社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 低所得者に対する支援と生活保護制度 重要ポイントレジュメ総集編 社会福祉士精神保健福祉士受験対策共通


日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科

*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
社会福祉士及び介護福祉士法


*レジュメ続き・用語解説は下記をクリック

<補足>
◎解説:セルフ・アドボカシー
 当事者が権利を自ら主張するのがセルフ・アドボカシーであり,障害者や高齢者が自分の力で主張できるように,その人がもともと有している力を引き出す「エンパワーメント」の支援が,権利擁護においては特に重要となってくる。さまざまなサービスを必要としても,「ありのままの自分でよいのだ」とまず自らを肯定し,次に権利を主張してよいのだ,という権利意識を回復するための支援が,セルフ・アドボカシーの実現につながっていくともいえよう。

◎解説:ペイシェント(患者)アドボカシー
「患者とともに患者権利の擁護のために闘うこと」とされる。
◎患者の権利 patient's rights とは、患者の人権保障と医療への主体的参加を実現するために必要とされる権利の総称。その表現や権利内容は,必ずしも統一されてはいないが,おおむね患者の自己決定権を主軸として,情報アクセス権(カルテ開示請求権等),同意権,治療拒否権,プライバシー権,苦情申立権などがあるとされる。もっぱら患者・医療従事者関係において主張されるが,それにとどまるものではなく,医療制度に関するもの(例えば,医療サービスアクセス権)などを含む。

○解説:バリアフリー barrier free
 障害者の生活・行動の妨げとなる障壁(バリア)が除去された状態をいい,物理的環境のほか,現代では社会制度や文化・情報などの分野においても同様に,完全なる社会参加のための重要な概念となっている。欧米諸国では,1960年代から建築的障壁を取り除いた設計思想としてバリアフリー・デザインが登場し,70年代にかけて規格や法律などで公共建築物や住宅について,一定の義務づけがなされるようになった。ただ,ここでいう建築的障壁はもっぱら,車いす利用を想定した場合に問題となる段差などにスポットがあたっていて,障害の状態によってはほとんど配慮されないということが起きている。障害は多様であり,したがって何がバリアとなるかも多様である。現在では,このような問題意識を含めて,誰にでも使いやすいという意味のユニバーサルデザインが提起されている。

○解説:ユニバーサルデザイン universal design
 すべての人が使いやすいように考慮してつくられた建物や製品,情報通信技術などのデザインのこと。1970年代に,自ら車いすを使用していたデザイナーのロナルド・メイス(Mace, R.)が提唱し,アメリカのノースカロライナ州立大学ユニバーサルデザイン研究所で活動しながら先駆的な取組みを進めた。ユニバーサルデザインの考え方は,すべての人は人生のある時点で何らかの障害をもつという発想に基づいている。つまり,利用する人の障害のあるなしを基準にするのではなく,一般的な建物や製品では年齢や能力の違いから使いにくさを感じる人が必ずおり,デザイン段階で工夫をすることで,できるだけ多くの人が簡単かつ柔軟に使うことのできる製品をつくるという考え方である。そのデザインが普遍的な製品のかたちとして市場に流通することで,市場の拡大による製品のコストダウンが望めるという利点もある。

■  [PR]
by yrx04167 | 2012-06-07 17:15 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://miseki.exblog.jp/tb/17629286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]