相談援助の理論と方法 第16回講義レジュメ2 貧困・ホームレスアウトリーチ、多問題家族、接近困難とは

相談援助の理論と方法 前期第16回講義レジュメ・概要2
 2013年7月31日 日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成科(夜間部)にて

*ソーシャルワーク実践・現場・事例と理論との往復-日雇労働者・ホームレスへの民間支援・アウトリーチ活動

 また、従来から現在に至るまで、各地のホームレス・日雇労働者・ドヤ街等に共通する、医療・福祉領域の民間支援活動の三大領域がある。
1.「炊き出し」と呼ばれる給食活動-ある意味の緊急支援と、支援の情報提供・入口の役割もある。
2.「パトロール」と夜回り等と称せられる、ホームレスを嫌がらせ・襲撃や、「シノギ(モガキ)」と呼ばれる路上強盗から擁護し、アウトリーチ・安否確認の為の巡回支援。
3.医療福祉相談・支援活動。
 横浜のドヤ街「寿町」の、これらの支援体制と、年末年始期の「越冬活動」のスタイルが1973年12月に完成した。
 今日、民間支援活動もこれらに加えて、就労支援、福祉施設の運営等に事業を拡大している。

7章1節 アウトリーチの意義と目的・続き
2 アウトリーチとは テキストP151
・根本による狭義と広義のアウトリーチ。

 狭義のアウトリーチとは「客観的に見て援助が必要と判断される問題を抱え、社会的に不適応の状態にありながら、自発的に援助を求めようとしない対象者に対して援助機関・者側から積極的に働きかけ、その障害を確認し、援助を活用するように動機づけ、問題解決を促進する技法、その視点のこと」である。
 広義:①ニーズの掘り起こし、②情報提供、③サービス提供、④地域づくり等の過程における専門機関における積極的取り組みを含むものである。

*アウトリーチのポイント
・自ら援助を求めようとしないクライエントの動機づけを高め、サービス利用や問題解決を促す援助技術を含む。
・アウトリーチの対象は、自ら援助を求めようとしない個人だけでなく、(本来は)周囲の地域社会そのもの、関係機関までも含む。
・ネットワーク構築も含む。

3 アウトリーチを必要とする対象
・アウトリーチの対象とは、生活上の問題を抱えながらも、自ら援助にアクセスしない多問題家族などと呼ばれていた人々である。接近困難なクライエントと考えられていた。
・問題は複数、かつ慢性化
・社会的孤立状況
・強い不信感
・近年では、様々な問題により、専門職からの積極的なアプローチなくしては問題が解決されない人々の存在が指摘されている。

4 アウトリーチの担う機能 テキストP153
*ニーズの掘り起こし

・専門職のみでは困難であり、ニーズ発見のシステムが必要である。
 コミュニティにおける相互支援の活動。

*情報提供
・適切な情報の提供が必要とされる。誤った情報やサービスへの誤解があるならば、それを解き、利用を支援する。

*サービス提供
・クライエントの「変化への抵抗」に対し、信頼関係を構築し、状況を変えることへの動機付けを高める。サービスや専門職への拒絶を解消しなければ、サービス利用に結びつかない。

*地域づくり・地域住民とのつながりの構築と、地域と相談機関の関係づくりが課題となる。

<用語解説>
○解説:多問題家族 multiproblem family 

 社会福祉の各領域でみられる、心身の疾患や障害・問題行動・家族問題・生活困窮など複数の問題群をかかえた家族をいう。
 詳細は講義にて。

○解説:接近困難なクライエント
 略

○解説:民生委員
 略

○解説:児童委員
 詳細は講義にて。

生活保護法

<当ブログ関連記事バックナンバー>
低所得者に対する支援と生活保護 要点5 救護施設、更生施設、保護施設通所事業、居宅生活訓練事業とは : 社会福祉士受験支援講座・教員日記

相談援助の理論と方法 第16回講義レジュメ1 孤立・孤独死予防とアウトリーチ、非自発的クライエントとは : 社会福祉士受験支援講座・教員日記

社会調査の基礎 第11回講義レジュメ後半・概要 無作為抽出、多段抽出、層化無作為抽出法、量的調査とは : 社会福祉士受験支援講座・教員日記

生活保護受給者を対象としたグループワーク ドヤ街「寿町」における実践報告と考察 当ブログ筆者の論文 : 社会福祉士受験支援講座・教員日記
 

*当ブログ筆者が試験問題の解説を執筆 下記の2冊
2014社会福祉士国家試験過去問解説集 第23回―第25回全問完全解説 中央法規出版
3,990円 (税込)ISBN:978-4-8058-3821-1
 最新第25回を含む、3年分の社会福祉士国家試験全問題を掲載し、一問ずつ解説した問題集。

2014精神保健福祉士国家試験過去問解説集 中央法規出版
3,990円 (税込) ISBN:978-4-8058-3822-8



*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です。日本福祉教育専門学校 電話:0120-166-255
夏期休暇期間の校舎閉館について 日本福祉教育専門学校

<卒業生・在校生・一般の皆様にお知らせ>
ソーシャルワーク実践研究会 卒業生現場報告 <一般公開>指定管理者制度と社会福祉士の実践
 日時:2013年8月17日(土)14:30から16:00(終了予定)
 会場:日本福祉教育専門学校 高田校舎(旧:高田馬場校舎)
 これから社会福祉士をめざす方々もご参加下さい。参加無料、一般公開。
 日本福祉教育専門学校 電話:0120-166-255

第26回 社会福祉士国家試験の施行について 報道発表資料・厚生労働省
抜粋:第26回「社会福祉士国家試験」の実施について官報で公告しましたので、その概要をお知らせします。
1.社会福祉士国家試験の概要
(1)試験期日  平成26年1月26日(日) 略

[PR]
by yrx04167 | 2013-08-09 23:41 | Comments(0)