福祉施設職員ストレスケア研修、生活困窮者グループワーク講座 当ブログ筆者の研修 講師派遣

当ブログ筆者の出張講義 福祉施設職員ストレスケア サポーティブ研修
 当ブログ筆者が講師を務める、福祉施設職員を支援する研修プログラムです。福祉施設職員サポーティブ研修は、東京都による「事業所に対する育成支援事業 登録講師派遣事業」の一つとして実施しています。 
 下記は、その一覧です。
「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修」
内容 福祉施設職員のストレスへの対処や燃えつきの予防、心身の健康のセルフケアを支援、促進する研修プログラム。具体的には、下記のテーマを解説。
・福祉施設職員のストレスに対するセルフケアの促進
・実践ストレスのセルフケアのプロセス
・ストレスから復元する力=レジリエンス
・ストレッサーの自己分析
・福祉の職場の総合的ストレス・マネジメント
・援助者のエモーショナル・リテラシーの向上
・ストレス場面への対処
・福祉施設職員の実務上の対策、専門職としての成長へ
・援助者のストレングスと自己への語りかけ-職員のメンタルヘルス 等


「障害者福祉施設におけるグループワークの基礎」
内容 障害者福祉施設におけるグループワークのプロセス、方法、プログラム等の基礎を解説。

「福祉施設職員の職業倫理と福祉マインド、ハラスメント予防」
内容 福祉施設職員に求められるモラルや福祉マインドの基礎と、ハラスメントの予防を含めて解説。
 具体的には、下記のテーマに関して解説。
・福祉施設職員の職業倫理、社会福祉の価値
・利用者・家族との専門的援助関係、配慮のある挨拶と言葉づかい、コミュニケーション
・倫理的なリスクマネジメント
・虐待、権利侵害の予防
・福祉施設職員の使命、人間の尊厳、生き方、利用者の苦境・痛みの軽減、変化の可能性
・インフォームド・コンセント、自己決定の尊重
・ホリスティック・全人的な視野、利用者の多様性と個別性
・利用者の利益の最優先、利用者本位 等


「生活困窮者、生活保護受給者対象のグループワーク」
内容 貧困・生保受給者対象のグループワークプログラムと留意点等を、講師(ブログ筆者)の実践や事例に基づき解説
 具体的には、下記のテーマを解説
・社会的孤立を脱し、自立や就労の意欲の向上、生活の拡充を図る支援
・作業等のプログラムによる承認の機会の創出、利用者の自信の強化、自己表現の促進
・人間関係の向上、コミュニケーションの媒介、繋がりの構築、トラブルの解決
・アルコール依存症等、関連する問題
・グループにおいて進めるエンパワメント、主体的な参加
・相互援助の意識を高めるプログラム
・人間的成長を促進するプログラム、ポジティブな視点への転換
・危機の予防、金銭管理等の地域生活の支援
・利用者のセルフケアの向上、生き抜く技法と力の促進
・職員のチームアプローチ 等


 上記は当ブログ筆者が担当する研修です。
 この講座は、東京都福祉保健局の委託による、福祉・介護事業所対象の職場研修です。ブログ筆者等の派遣講師が出向きます。講師謝金・講師派遣 無料

詳しくは下記をクリック
東京都社会福祉協議会登録講師派遣事業

この研修事業の参加対象
 福祉・介護に関するサービスを提供し、次の要件のいずれかに該当する事業所
1 利用定員のある事業所
*施設サービスの事業所は定員110人以下
 例)特養、養護・軽費・有料老人ホーム、老健、小規模多機能型居宅介護、GH、施設入所支援
*在宅サービスの事業所は定員50人以下
 例)通所介護・リハビリ、ショートステイ、生活介護、就労継続支援

2 利用定員のない事業所
1サービス当たりの利用実人員(直近1カ月または直近3カ月平均)が110人以下
例)訪問介護、訪問看護

3 上記に定める他、東京都及び東京都社会福祉協議会が協議の上、特に支援が必要と認められる事業所


講師謝金・講師派遣

無料※ただし、資料印刷等の実費につきましてはご負担いただきます。

【お問合せ先】東京都福祉人材センター研修室
電話 03-5800-3335

[PR]
by yrx04167 | 2015-05-01 16:32 | Comments(0)