講義レジュメ ストレングスの成長と力のソーシャルワークとは 生活困窮、生保受給者の孤立死と自殺、自責

相談援助の理論と方法Ⅰ 前期第13回講義レジュメ概要 後半
 当ブログ筆者(専任講師)が、社会福祉士養成学科にて、2015/07/08 に講義            
<レジュメ完全版は講義にて配布。解説の詳細は講義にて>


◎ストレングス視点 strengths perspective
 ストレングスは、米国のソーシャルワーク理論において,1980年代に提唱された。サリーベイやラップが研究を進めた。今日、ソーシャルワーク実践の主要概念の一つとなっている。
 ストレングスとは,「強さ」や「能力」に焦点を当てる援助のあり方であり、「豊かな能力、活力、知恵、信念、確信、望み、成長、可能性、自然治癒力など現在から将来に至るまでの強さに着目し、それらを引き出し、活用して問題を解決しようとする」支援観、人間観である。
・治療モデルがクライエントを「対象」としてとらえるのに対し、ストレングスモデルは「主体」としてのクライエントを強調する。
・支援課題把握の際にも、クライエントと環境の「強さ」を見出すこと、「意味づけ」ていくことを重視する。
 クライエントの語り、ナラティブを尊重し、「客観性」に対する「主観性」が強調される。


◎サリーベイ(Sallebey,D.)によれば,ストレングスとは,「人間は困難でショッキングな人生経験を軽視したり,人生の苦悩を無視したりせず,むしろこのような試練を教訓にし,耐えていく能力である復元力を基本にしている」という。

*ストレングスと成長と力のソーシャルワークへ  孤立と諦めからつながりと誇りを創る
・当事者の外見的な弱さが目立っているとしても、内面には成長の可能性とその原動力であるストレングスが宿っている。
 現在の状況に希望が持てなくとも、状況を変革し、創造する力、強さがストレングスである。
 社会は、外見の弱さ、ハンディキャップから社会的弱者、無力な者とラベリングをしがちである。本人も、自らの内面のストレングスに気づかず、沈黙し、諦めていることも少なくない。しかし、弱さのなかにこそ強さ、ストレングスは確固として存在する。弱さを誇りとしていく転換こそ、ソーシャルワークの働きである。諦めからアクションへ、沈黙から語り合いへ、孤立から仲間と集い、自分だけから分かち合いへの転換でもある。ここにこそ未来を変革し創造する希望がある。

*生き方のデザインの促進  生を拡充する社会福祉
・困難な課題に直面すること、危機、ストレス経験が原動力となり、当事者や援助者側のストレングス、潜在能力、智慧の成長、拡大に繋がることも望める。そのグループ、コミュニティとしても、自分たちの生活を自分たちでつくっていく、デザインするという主体的なアクションへの拡大の可能性がある。
 換言すると、人々自身の力の回復、意識の向上、拡大するストレングスの可能性は、現在の課題と向きあうことで広がっていくと言えよう。
 当事者自らが、現在と未来に影響を与える問題の解決に向けて、自らのストレングス、潜在的な創造力をあますところなく自由に活用できることは、生の拡充、全人的な成長の喜びに繋がる。
 全ての人が持っているストレングスは、人々の有意義で尊厳ある生き方の原動力とも言えよう。


*環境、コミュニティのストレングス
・個人、グループや地域社会・コミュニティ - クライエント個人の外部環境の「強さ」にも複眼的に着目していくこと。
・周囲の環境のストレングス-コミュニティにおける相互支援が行えるのか。
・専門職の支援、サービスのみならず、コミュニティ自身の力で何が出来るのかが問われている。


◎エコマップ
 「社会関係地図」「生態地図」ともよばれる。エコシステム,サポート・ネットワーク,ストレス領域などをアセスメントするマッピング技法 略

○インフォームド・コンセント
 「説明と同意」と訳され 略
 急迫した場合は、インフォームド・コンセントの限りではない。

<社会福祉士等国家試験問題の出題実績>
◎アセスメントにおいては、家族の協力態度など包括的に評価する。
◎アセスメントでは,利用者本人のニーズや動機を受け止め,願いや夢を見いだし,得意分野や対処能力などを把握することが必要である。 
◎援助に当たっては,利用者の個別的なアセスメントに止まらず,利用者の生活の場である地域のアセスメントも重視する。

7節 支援標的・目標設定から支援の計画(プランニング)
1 援助計画

・アセスメントの終了後,どのようなかたちでクライエントの問題解決を行なっていくかという援助方法・サービスの計画を立てる過程である。
 クライエントの抱える問題の種類によって,プランの内容は変わってくる。
 個別のクライエントの状況により、どのソーシャルワーク理論、社会資源を用いて、どのような援助・サービスを実施するのかについての計画である。
○プランニングでは,次の段階である介入が正確に行われるよう,誰が、何を、いつ、どのように実施していくかを明らかにしておくことが必要である。

2 介護プラン (ケアプラン) テキストP131
 ケアマネジメントにおける「ケアプラン」とは, 略
・介護保険制度では,「介護サービス計画」=在宅の場合は居宅サービス計画,施設については施設サービス計画を立案して,それに基づいてサービスを利用することになっている。
・介護予防サービス計画は、介護予防を目的として,地域包括支援センターが作成する計画である。 略

3 介護サービス計画 テキストP131
・様々なケアサービスを一つのパッケージとして組み合わせた,さまざまな職種のチーム援助を示した計画である。 略
講義レジュメ概要ここまで


<生活困窮者、アルコール依存症者支援による援助者側のストレス・続き 当ブログ筆者の論文から>
 生活困窮者支援における援助者のストレス要因を、筆者の20年間程の実践のなかから抽出した。
(2) 利用者の孤立死や自殺と援助者の自責

 生活困窮者支援においては、関わっていた利用者が亡くなることは避けられない側面がある。簡易宿泊所街である寿町の生活保護受給中の精神障害の当事者は、単身生活で家族がいないか関係が断絶していることが多い。様々な過去の健康リスクも重複して、孤独死を迎えることも少なくないのである。
 例えば、夕方に、普段と変わりない挨拶を交わして当診療所から簡易宿泊所に帰宅したのに、孤独死を迎えて、翌日に発見される等の事例である。また、アルコール依存症者の、連続飲酒の最中の死や、自殺、路上死等も少なくない。
 何ら兆しが見られず経緯も不明な転落死や、依存症も要因となって死に至った場合も、自らも周囲もどのように意味付けするのか、援助者側にも困難が伴う。
 また、利用者の突然の死は、援助者としてその生命を護るために、更に取り組むべきことがあったのではないか、自らの責任ではないか等の後悔と自責を、援助者にもたらすこともある。


(3) 処遇困難な利用者に関わる-暴言や嘘
 簡易宿泊所街やホームレスに限らず貧困・公的扶助の領域では、特に男性の利用者、来談者からの暴言、大声で罵倒されることが、援助者の一大ストレスである。
 当事者のハンディキャップや思いこみの強さが原因の場合もあるが、援助者の側も恐怖感や理不尽さへの怒りを感じることもある。当然、ストレスになる経験である。
 依存症の利用者の再飲酒の場面を目撃することも、狭い寿町のなかでは珍しくない。また、地域内の建物の入口前に大便を排泄する等、理解が困難な住民の行為もある。
 また、一部の利用者の事実と異なる「嘘」や、援助者とその組織を振り回す利用者、人格障害が疑われる利用者への対応は様々な困難が伴い、燃えつきの要因となる。

 寿町地域 とは、横浜市中区の簡易宿泊所 が密集した「ドヤ街」 の一つである。現在は、高齢化した元日雇労働者や精神障害者等の生活保護受給者が単身で集住する地域である 。筆者は、1999年からは寿町の「ことぶき共同診療所」における精神科デイケアにおいて、主にグループワークの実践を継続して今日に至っている 。利用者は簡易宿泊所に単身で住む生活保護受給者であり、アルコール・薬物(覚醒剤等)依存症、統合失調症等の多様な疾患・障害を持つ。
 簡易宿泊所とは、旅館業法における4種(ホテル、旅館、簡易宿所、下宿)の旅館営業許可業種のうちのひとつである。

 貧困・生活困窮者支援・公的扶助領域も、支援のあり方、成果を巡る矛盾や、小規模の民間組織ゆえの課題が多く、援助者へのストレスも目立つ。これらのストレッサーに囲まれ、筆者も20年間ほどのこの領域の実践において、燃えつきの様な状態を経験したこともある。この領域の特徴の一つは、ストレスの要因は、貧困の当事者のみならず、関係者や組織、マクロにもわたって多元的であることが挙げられる。


 下記の当ブログ筆者の論文から抜粋、次回に続く。
当ブログ筆者の論文 最新 「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発」
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号 37頁から55頁 平成27年4月


貧困問題と相談援助:当ブログ筆者講演の音声記録の一部を公開中

講義レジュメ ストレッサーのアセスメントとは 生活困窮者アルコール依存症者支援による援助者のストレス
 


新刊 当ブログ筆者が試験問題解説を執筆 
「2016社会福祉士国家試験過去問解説集 第25回─第27回全問完全解説」日本社会福祉士養成校協会編集 ISBN 978-4-8058-5161-6
 中央法規出版 2015年5月10日発行

 450問を選択肢ごとに詳しく解説し、科目別ポイントを収載。第27回を含む過去3年分の国家試験全問題を掲載した問題集。過去2年分も最新の制度や数値にアップデートし、次回試験に完全対応。基本の理解、実力試し、傾向対策、総復習で着実に学習効果を発揮。 中央法規出版


ブログ閲覧中の社会福祉士国家試験受験生の皆様へ
<当ブログ筆者の社会福祉士 国家試験対策講座 模擬試験+ポイント解説>
 日本福祉大学の社会福祉士受験対策講座
【社会福祉士養成校協会】全国統一模試+ポイント解説講座
講座は、東京会場と岡山会場をブログ筆者が担当
10月25日(日)東京会場
10月31日(土)岡山会場

お問い合わせは日本福祉大学名古屋オフィス 電話052-242-3069


ソーシャルワークのグローバル定義 解説 2014年 社会開発、社会的結束、集団的責任とは 講義レジュメ

講義レジュメ セルフネグレクト事例の支援、医療の拒否、人格的自立、依存的自立とは 男性介護家族ケア

地域福祉の理論と方法練習問題 社会福祉協議会の事業、教育扶助の対象とは  発達障害の幼児等相談開設


<関連資料 バックナンバー>
貧困・低所得・生活保護 : 社会福祉士受験支援講座・教員日記


<進路検討中の皆様へ 当ブログ筆者の説明会>
はじめての方のための 社会福祉士国家試験問題の実際(初級編) 受験対策体験
7/16(木)18時から19時半 参加無料
会場 日本福祉教育専門学校 高田校舎

 社会福祉士の国家試験問題とはどのようなものなのかという疑問にお答えする説明会。これから通学部で勉強する方、検討中の方などを対象に、社会福祉士国家試験問題の構成や、本校の全国トップクラスの受験対策を体験する説明会。当ブログ筆者(専任教員、社会福祉士)が解説します。

お問い合せは 日本福祉教育専門学校 電話:0120-166-255

*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部(通学)です

日本福祉教育専門学校 公式チャンネル - YouTube

[PR]
by yrx04167 | 2015-07-16 09:21 | Comments(0)