講義レジュメ ソーシャルワーク契約の定義とは 福祉施設職員の人間関係、メンタルヘルス、燃えつき予防

相談援助の理論と方法Ⅰ 前期第17回講義レジュメ概要2
 当ブログ筆者(専任教員)が、社会福祉士養成科(夜間部)にて、2015/8/5 に講義            
<レジュメ完全版は講義にて配布。解説の詳細は講義にて>

8章1節 契約の意義と目的 テキストP162~
<概要>

・ソーシャルワークにおける契約の定義
 「ソーシャルワークの援助やサービスの利用に関するソーシャルワーカーとクライエントの間の合意」
・社会福祉基礎構造改革により、契約という用語が頻繁に用いられるようになった。

・ソーシャルワーク過程の初期の段階で,クライエントと援助者との間に取り交わされる援助における約束,合意が、ここで言うところの「契約」である。
・援助者は,この契約に基づいて利用者が抱えている特有の問題解決のためにいろいろな援助(サービス提供)を行っていく。そのためにも,契約は可能な限り具体的かつ明確でなければならない。
・契約は,「誰」と「何」を「なぜ」「どのような方法で」「いかにしていくか」を明らかにしていく一つの段階であり,特定の状況下にいる人々に、ソーシャルワークの過程を個別化していくうえでの手段として重要である。

*契約の力 約束とは関わること
 ソーシャルワークにおける契約の段階は、単なる「契約書の作成、締結」の段階ではない
 一人一人のクライエントとの約束である。
 それは、問題の緩和、解決を目指す道程で、共に歩むことの契約である。孤立から寄り添い、協働、繋がりの創造へ。


*契約はクライエントと援助者を結ぶもの 違いを越えて
 ・契約を結ぶ作業は、クライエントとソーシャルワーカーの信頼に基づく。
 契約、約束を結ぶことによって、関わりの結びつきを更に強固なものに打ち固める。関わりを深める。
 両者の間で異なる価値観、立場を越えて、約束を、そして両者を結ぶ作業とも言えよう。


事例:ソーシャルワーク相談援助における契約とは
 アルコール依存症の生活保護受給者の事例
 断酒の「約束」に基づく、援助の契約と援助計画。
 しかし、再飲酒(スリップ)、健康の問題。
 面接:何を話かけても、「飲んでないです」


*変化への扉を開くソーシャルワーク
・クライエントには、変化への恐れもある。今の生活や生き方が変化すること、家族の関係やあり方の変化への抵抗もある。
 しかし、孤立から関わりと相互の尊重へ、希望へと変わること、目に見えない変化もソーシャルワークはもたらす可能性がある。
 自分だけの生活、孤独に引きこもり、拠り所がない生き方から、確かな自分の居場所を持つ変化でもある。新たな生活への扉を開くとも言えよう。
 人間が生きていくためには、関わりと居場所も必要である-衣食住だけではなく。


1 社会福祉援助過程における契約 テキストP163
<「契約」の必要性>
・契約は、クライエントの抱える問題を解決するために,何を達成するのかという援助のゴールを、クライエントと共有できるように話し合い,協働で作り上げたゴールを書面の上で明確にしていくことである。
・また,クライエントの権利、役割等を明らかにし,クライエントと援助者の双方が対等の立場で、それぞれの責任・役割を分担するという姿勢を示すためにも,「ゴールを共通認識する」ことは、重要な事柄である。
・加えて「ソーシャルワーカーは,私が困っている問題をすべて解決してくれると思っていたのに‥」といったような、クライエントと援助者との間のズレを避けるために、双方の確認事項、共通認識を「契約」することが必要である。

<契約段階の二つのとらえ方>
A.援助開始のための契約 インテーク⇒契約

・アセスメント・支援計画に先んじて、契約の段階が設定 略
インテークに関連させて契約段階を位置づける考え方 略
・この場合、契約は、援助を開始するにあたり、援助全般におけるソーシャルワーカーの役割、クライエントの役割、面接に関する時間的枠組み(面接時間、面接回数、期間)、費用等について、合意のうえで援助を開始する。
・面接等援助に関する基本的なルールの、クライエントとの合意と捉えられる。
それは、クライエントからの過度の依存、過大な期待を予防することにもなる。

B.援助目標達成のための契約 アセスメント⇒契約
・一方、契約段階をアセスメント段階と援助計画段階の間に位置づける考え方もある。
「アセスメント」⇒「クライエントのモチベーションを高める」⇒契約であり、援助計画段階につなぐものとして契約を位置づけている。
ヘップワースらによれば、契約は「最初でかつ最も重要な最高点であり,変化を目指す段階への導入部でもある-それは援助のプロセスの心臓とも言える」(1993)ものである。
・契約は、クライエントとソーシャルワーカーの対等性と、クライエントの問題解決過程への参加を、具現化したものである。
・目標の設定と結びついた契約に焦点 略
・援助過程における契約のとらえ方は、これら二つの立場がある。
 テキストはアセスメント段階から援助計画策定の段階の間の契約 略

*契約の内容
・契約は,問題解決の過程にある人(クライエント)を組み入れていく最初の段階である。援助を受ける手続きに関してサービス利用者の自己決定が行われる。
・クライエントは援助者と契約に際する相互の話し合いのなかで,次のようなことを確認し合っていかなければならない。
①取り組んでいくニーズや問題の明確化
②問題解決のための目標設定
③利用者と援助者によって達成される当面の具体的な課題,
④課題に対する可能な援助活動の内容
⑤提供される援助方法,手続き・費用等の明確化,
⑥援助活動の予定期間
⑦援助過程で果たさなければならない利用者,援助者双方の役割分担や責任など。
 援助者の守秘義務等の倫理責任。面接の予約の規定。

<続く>


<福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修・続き 当ブログ筆者の論文から>
5.職員チームによるストレスケア
(1) 燃えつきストッパー=サポートネットワーク
 援助者自身を支える職場の同僚や、専門職団体のメンバー、出身校の同窓生等の「仲間」の存在は、ストレスケアの重要な資源であり、燃えつきのストッパーである。「仲間」の繋がりと相互支援がストレスケアの力の源泉であることは、聞き取り等からも明らかになった。
 具体的には、職員チームによる予防的な取組みが不可欠であり、燃えつき状態の職員が生じたときにだけ対処するのではなく、日常の実践において過度のストレスが生じないように、チームとして改善を図る。燃えつき状態に至る前に、ストレスが高じた職員を個別にケアを行い、早期に休暇等の対応を図るなどが実行出来るサポートシステムを構築していくことが重要である。職務によって消耗し、心身が疲労している同僚に対する言葉かけを端緒として、個別ケアに踏み出すことが求められている。
 また、福祉施設のチームワークとは、利用者への配慮は当然ではあるが、同僚等への気遣いが基本にあるべきである。何故なら、お互いへの配慮のある職場は、お互いを楽にする。換言するならば、同僚等を支えるという視点、姿勢、行動が求められている。

(2) 福祉施設職員の人間関係の二つの側面
 先述のように、職場における職員間の人間関係がストレッサーとなっている現実もあるが、またストレスケアの要でもあって、まさしく諸刃の剣と言えよう。
 もちろん、良好な人間関係による、サポーティブな職場づくりが求められている。良い職員集団は、相互支援を行う。また、職員のインフォーマルグループの関係性が、職員の働きやすさ、チームアプローチ、サービスの質に直結する。職員チームの仲間意識の強弱も、関係する要素である。
 また、職員チームにおける良いリーダーシップが不可欠であるが、管理職自身も、ストレスが高じる、燃えつき状態になる可能性がある。また、管理職が現場を支えていくためにも管理職へのサポートと、職場のメンタルヘルス等の専門的知識が必要となるであろう。


 下記の当ブログ筆者の論文から抜粋、次回に続く。
当ブログ筆者の論文 最新 「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発」
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号 37頁から55頁 平成27年4月


お知らせ 当ブログ筆者の出張講義 福祉施設職員サポーティブ研修 無料
東京都の登録講師派遣事業<研修申込受付 平成27年9月23日まで>
「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修」講座番号31
内容 福祉施設職員のストレスへの対処や燃えつきの予防、心身の健康のセルフケアを支援する研修

「生活困窮者、生活保護受給者対象のグループワーク」講座番号84
内容 貧困・生保受給者対象のグループワークプログラムと留意点等を、講師(ブログ筆者)の実践や事例に基づき解説

「福祉施設職員の職業倫理と福祉マインド、ハラスメント予防」講座番号32
内容 福祉施設職員に求められるモラルや福祉マインドの基礎と、ハラスメントの予防を含めて解説。

「グループワークの基礎」講座番号33
内容 福祉施設におけるグループワークのプロセス、方法、プログラム等の基礎を解説。

 上記は当ブログ筆者が担当する研修の一部です。
この講座は、東京都福祉保健局の委託による、福祉・介護事業所対象の職場研修です。ブログ筆者等の派遣講師が出向きます。講師謝金・講師派遣 無料

詳しくは下記をクリック
東京都社会福祉協議会登録講師派遣事業


<関連資料 バックナンバー>
貧困・低所得・生活保護 : 社会福祉士受験支援講座・教員日記


貧困問題と相談援助:当ブログ筆者講演の音声記録の一部を公開中

講義レジュメ ストレッサーのアセスメントとは 生活困窮者アルコール依存症者支援による援助者のストレス

講義レジュメ 支援計画事例、生活保護受給者の金銭管理支援とは 生活困窮者のコミュニケーション問題

講義レジュメ 地域包括支援センター、アウトリーチとは 福祉施設職員のセルフケア研修、レジリエンス

高齢者に対する支援 介護保険練習問題 抑制帯とは 生活困窮中学生無料学習教室、生活保護世帯高校進学支援
 

新刊 当ブログ筆者が試験問題解説を執筆 
「2016社会福祉士国家試験過去問解説集 第25回─第27回全問完全解説」日本社会福祉士養成校協会編集 ISBN 978-4-8058-5161-6
 中央法規出版 2015年5月10日発行

 450問を選択肢ごとに詳しく解説し、科目別ポイントを収載。第27回を含む過去3年分の国家試験全問題を掲載した問題集。過去2年分も最新の制度や数値にアップデートし、次回試験に完全対応。基本の理解、実力試し、傾向対策、総復習で着実に学習効果を発揮。 中央法規出版


日本福祉教育専門学校 公式チャンネル - YouTube

<ブログ閲覧中の皆様へ 当ブログ筆者の説明会>
社会福祉士国家試験合格率81.9%(合格者数全国1位)が高い理由と社会福祉士国家試験問題の実際 説明会
8/20(木)18時から19時半 参加無料
会場 日本福祉教育専門学校 高田校舎

 2015年社会福祉士の国家試験合格率が81.9%と合格者数全国1位の社会福祉士養成学科。圧倒的な実績の理由と、社会福祉士国家試験問題にも触れていただける受験対策体験説明会。
 社会福祉士の国家試験問題の実際や、受験対策の方法等の疑問に当ブログ筆者(社会福祉士養成学科 学科長)がお答えします。
 関心をお持ちの皆様、お気軽にご参加下さい、参加無料

*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部(通学)です
お問い合せは 日本福祉教育専門学校 電話:0120-166-255



ご感想、ご意見など、当講座・サイトの筆者(編集・管理人)へのコメントを、このフォームから送信してください。お名前・アドレス等は記入無しも、匿名も可です。


<当ブログ筆者が執筆>
『職業訓練生たち-1年目職員が感じた介護&ストレス』
「介護人材Q&A 2015年2月号」,産労総合研究所


f0206007_12191823.jpg

[PR]
by yrx04167 | 2015-08-06 08:00 | Comments(0)