講義レジュメ 生活困窮アセスメント、貧困生活スタイル、簡易宿泊所街とは 子どもの貧困学力と学習支援

<当ブログ筆者の講義レジュメ概要>
相談援助の理論と方法Ⅰ 前期第18回講義レジュメ概要1
 当ブログ筆者(専任教員)が、社会福祉士養成科(夜間部)にて、2015年8月19日 に講義            
<レジュメ完全版は講義にて配布。解説の詳細は講義にて>

9章 相談援助のためのアセスメントの技術
1節 ソーシャルワークにおけるアセスメントの特性、援助的関係、面接
<ポイント>

・アセスメントとは、介入の前段階の、分析・評価の過程である。つまり、何が問題で,問題の要因と背景を探求し、かつ、クライエントの十分に機能している健康な面と、クライエント本人の課題を評価する。次の過程で、適切な目標の設定と,介入方法と援助計画の決定の基盤となる重要な作業である。
・クライエントの問題、状況とその背景への理解と分析が必要であり、人と環境との相互作用に対する視点、考察がその基盤となる。
・クライエントの問題対処能力、満たされないニーズ、問題の原因を考察する。
・クライエントの強さ=ストレングスへの着目も求められている。

*事例 貧困、困窮の生活スタイル、文化
 人間とその生活スタイルには、様々な面がある、単純ではない-生活歴による「文化」の違い。
 簡易宿泊所街の住民のファッション。
 簡易宿泊所という環境の良い影響-他者に干渉しない-障害者等のマイノリティにとっての生き易さの側面も。
 ドヤ街のアジール(逃れ隠れる場)としての側面とは。
 悪い影響-悪いつながり、依存症にとって。

 事例:児童福祉分野のケースでは、悪い関係から脱することが課題となる場合もある(薬物等)。

・援助者を含む市民との間に、生き方、生活、食生活、文化の大きな違い、隔たりがある。媒介し、交流による相互理解を図る専門職でもある。
 先ず、援助者がクライエントのあるがままの姿、生き方を受け容れることが求められる。多様な価値観、考えを尊重し合い、多様性の中の調和を見出していく。
 異なる他者を理解し、包容、寛容さの資質がソーシャルワーカーには必須である。


*解説 簡易宿泊所 貧困とメンタルヘルス
 簡易宿泊所とは、旅館業法における4種(ホテル、旅館、簡易宿所、下宿)の旅館営業許可業種のうちのひとつである。
 東京の山谷、大阪の釜ヶ崎(あいりん地区)、横浜の寿町等の簡易宿泊所街(ドヤ街)が現存する。
 寿町地域 とは、横浜市中区の簡易宿泊所が密集した「ドヤ街」 の一つである。現在は、高齢化した元日雇労働者や精神障害者等の生活保護受給者が単身で集住する地域である。当ブログ筆者は、1999年からは寿町の精神科等医療機関における精神科デイケアにおいて、主にグループワークの実践を継続して今日に至っている。利用者は簡易宿泊所に単身で住む生活保護受給者であり、アルコール・薬物(覚醒剤等)依存症、統合失調症等の多様な疾患・障害を持つ。


1 アセスメントの特性-統合的で多面的な問題のとらえ方 テキストP177~
<受験対策ポイント>
・アセスメントに当たっては,利用者のニーズの緊急性や優先度が考慮されなければならない。
・アセスメントでは,クライエントの社会生活の全体性を見て,多様な環境と人との相互作用のうち,どれが問題に関連しているかを検討できる広い視野が必要である。
・ストレングスアプローチでは,クライエント固有の強さ,クライエントの有する資源や問題解決能力に焦点を当てるアセスメントを行う。

・アセスメントの特徴の一つとして、現状の問題点の背景、原因の分析が挙げられる。

・ソーシャルワークのアセスメントの特性を、以下に述べる。
 アセスメントの対象は、家族、小グループ、組織、地域など広範である。
 アセスメントの起源は、1917年のリッチモンドの『社会診断』にある。診断の用語を当てつつ、クライエント理解の枠組みを「社会」に求めようとした。
 「アセスメント」という用語が「診断」の代わりに用いられるようになった。
 近年、システム論、エコロジカルモデル等に準拠した統合的アセスメントが主流となり、アセスメントの特性は統合的で多面的に問題を把握することが強調されている。

*ソーシャルワークのアセスメントの特徴
 人間、状況は変わる-常に変化する。高齢者、障害者は加齢による変化がある。生と死に関わる変化のスピードがあまりにも速い場合がある。その流れを前にして人間の健康、生命には限界がある。
 しかし、身体は加齢等の影響を受けても、人間の内面、内なるもの、精神は日々新しくなり、最期のときまで成長を続けることが出来る。

*全人的・ホリスティックな人間観、捉え方
・アセスメントは、静的なものではなく、支援の進行とともに情報が追加、統合、分析することによる動的なプロセスである。
 例えば、クライエントの潜在的な感情等の新たな情報は、支援方針を検討する際に重要な役割を果たす。
 家族の秘密による潜在的な感情 略

・障害者の生涯の段階における、出来ること出来ること、出来ないことの変化。
 身体障害者の二次障害とは   略

 これらのソーシャルワークの人間観を深め、磨くための思索が求められる。
 人間にとって、幸福とは何か、幸福とはどのような状態なのか。
 死をどのように捉えたらよいのか。生きることの意味とは。
 健康とはどのような状態であるのか。自らは健康なのか。


・ヘップワースらによるアセスメントに関する記述 略
・ソーシャルワークは、クライエント個人と、周囲の環境の相互・交互作用に着目する。

*問題の意味の探求
・メイヤーによると,「(アセスメントとは)問題の意味を探すことであり,すなわち,ソーシャルワーカーがいかにして,かなり複雑であるケースを理解するかという認識の過程」であると定義 略
 つまり、困難の意味の探求、意味づけが、アセスメントにおいても重要なものである。

*全人的、ホリスティックな視点
・クライエントの多くの側面を誤りなく理解することが、クライエントが真に望むこと、求めることの実現を支えることに繋がる。 
 多様性と複雑さをもつクライエントである個人、家族、グループ、コミュニティの生活を捉え、支えるには、内面、精神とその動きを見続けることが不可欠である。
 援助過程を通じて、クライエントは自分自身の痛みを伴う経験、トラウマ、孤独感と向き合う精神的な強さ、力を引き出され、関わりのなかで磨かれていく。
 だからこそ、安易な妥協よりも、全人的な成長のためのチャレンジが求められる。
 人間にとって、自らの痛み、経験は成長の糧となることがあり、それを支えるソーシャルワークが求められている。痛み、弱さ、屈辱、無力さが、やがて力、強さ、誇りに変わる。回復と新たな出発の場を創る。


・これらを整理すると,「アセスメントとは、クライエント・システムの問題に対して,ソーシャルワーカーとクライエントや関係者たちが、可能な限り必要かつ適切な情報収集を行ない、その情報に基づき生活問題、状況の理解と、援助計画や実践展開に必要な資源や方法の提供を目指して専門的判断を行なう過程である」 略

<補足>
・ピンカスとミナハンによれば、アセスメントは,二つの部分からなるプロセスである 略
 一つ目は、クライエント・システムとその環境に関する適切なデータを収集すること,
 二つ目は、インターベンション計画を展開するための基礎になるデータを評価することであると定義 略

<講義 参考文献の紹介>
真野節雄 著『「学校」がほしい 川崎に夜間中学ができるまで』,新泉社,1983年
ISBN4-7877-8314-9
 日本においても近年、子どもの貧困、教育格差等が社会問題化している。当ブログや筆者の講義でも扱う重要なテーマであるが、ソーシャルワークにとって昔も今も主要なテーマである。シャルロット・トールの『コモンヒューマンニーズ』Towle, C., Common Human Needs, NASW, 1965 においても、子どもの教育機会の平等が、社会の安定、民主主義の維持のためにも必要不可欠であり、生活保障と栄養、健康等の総合的支援が、ソーシャルワーカーの職務であると位置づけられた。併せて、トールも科学技術を飛躍的に発展させた人類が、貧困問題を解決、緩和させることが出来ないことを嘆いている。
 そこからおよそ半世紀。ソーシャルワークにとって、貧困、困窮家庭の子どもの学習支援、進路等は課題であり続けている。

 この文献『「学校」がほしい』は、30年程前に、川崎市で公立夜間中学開設を求める運動を推進した著者たちが、市民の力によって「自主夜間中学」を開設し、未就学者の学びの創った。当時も、心身の障害、生活困窮、時代の波に翻弄されて教育の機会が無かった人々がいた。「自主夜間中学」は、公的な卒業証書も、補償もないなかで、「学びたい」という切実な願いで、集い続けた「生徒」と、支援を続けた市民の「先生」の6年間の記録である。

 教育を受けている時には、学ぶことの価値を忘れてしまうこともある。しかし、生活困窮、障害、社会問題等によって、学びたくても学べない子どもたち、市民もいる。教育格差に派生する生活問題、社会的不利益も看過できない。
 ソーシャルワークは、学びたい人々の生活を支援し、学びと繋がなくてはならない。学ぶことは、生きる力になるのだから、支える実践が求められている。
<関連する当ブログ過去の記事 下記をクリック>
講義レジュメ 教育と福祉、識字能力、ストレングスによる生き方支援、虐待の回復とは 相談援助基盤第6回
 教育と社会福祉 事例から学ぶ、読み書きが出来ないということ。



<当ブログ筆者の論文 最新>
当ブログ筆者の論文 最新 「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発」
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号 37頁から55頁 平成27年4月


新刊 当ブログ筆者が試験問題解説を執筆 
「2016社会福祉士国家試験過去問解説集 第25回─第27回全問完全解説」日本社会福祉士養成校協会編集 ISBN 978-4-8058-5161-6
 中央法規出版 2015年5月10日発行

 450問を選択肢ごとに詳しく解説し、科目別ポイントを収載。第27回を含む過去3年分の国家試験全問題を掲載した問題集。過去2年分も最新の制度や数値にアップデートし、次回試験に完全対応。基本の理解、実力試し、傾向対策、総復習で着実に学習効果を発揮。 中央法規出版


日本福祉教育専門学校 公式チャンネル - YouTube

ブログ閲覧中の皆様、卒業生、学生、福祉施設や機関の職員の皆様にお知らせ
ソーシャルワーク実践研究会 卒業生社会福祉士の実践報告 公開
 関心をお持ちの方、どなたでもご参加ください。
 日本福祉教育専門学校社会福祉士養成学科 主催
 参加無料 参加申し込み不要、直接会場へ
 日時 2015年8月29日(土)14時半から16時半

 ソーシャルワーク実践研究会は、子ども家庭福祉、地域福祉、貧困生活困窮者支援、高齢者や障害者福祉、スクールソーシャルワーク等、毎回さまざまなテーマで、本校社会福祉士養成学科の卒業生等の社会福祉士からの実践報告、現場レポートなどを行なっています。
 また、それぞれの実践の経験からの知識を共有するディスカッションを行い、卒業生と在校生、教員、福祉施設職員、一般の参加者との交流の場ともなっています。
 社会福祉士養成学科・養成科等の本校の学生や卒業生はもちろん、現場の福祉職員の方々や社会福祉に関心をお持ちの一般の皆様の参加も歓迎です。

<関連資料 バックナンバー>
貧困・低所得・生活保護 : 社会福祉士受験支援講座・教員日記


講義レジュメ ストレッサーのアセスメントとは 生活困窮者アルコール依存症者支援による援助者のストレス

福祉施設職員のメンタルヘルス支援研修 講義レジュメ 看取り介護、社会起業福祉分野、社会資源開発

福祉介護職の職場ストレス、人間関係 研修 心理社会的アプローチ、心理社会療法 社会福祉士受験夏期講習

福祉介護職のストレングス 講義レジュメ 問題解決アプローチ、パールマン、コンピテンスとは 受験対策


<進路検討中の皆様 当ブログ筆者の説明会 >
社会福祉士養成学科 養成科オープンキャンパス説明会<ブログ筆者担当>
8/29(土)13:20から15:30 参加無料  参加申込不要
会場 日本福祉教育専門学校 本校舎

 オープンキャンパスでは、本校の社会福祉士養成学科と養成科の特徴、就職先、カリキュラムの概要等を初めての皆様向けに解説しています。2015年社会福祉士の国家試験合格率が81.9%と合格者数全国1位の社会福祉士養成学科。全国でトップクラスの実績を維持している理由も、当ブログ筆者(社会福祉士養成学科 学科長)が説明します。ご質問やご相談も歓迎です。関心をお持ちの皆様、ご参加下さい、参加無料


*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部(通学)です
お問い合せは 日本福祉教育専門学校 電話:0120-166-255

[PR]
by yrx04167 | 2015-08-20 10:29 | Comments(0)