子どもの居場所づくり講座 当ブログ筆者が担当 児童福祉におけるグループワーク 社会福祉協議会主催

当ブログ筆者が10月25日及び11月22日の講座を担当


案内 子どもの居場所づくり講座 三鷹市社会福祉協議会
⽇ 時:平成29年10月25⽇(水)から11月22⽇(水)【全5回】毎週水曜⽇
 午後6時30分〜午後8時30分(ただし、11月8⽇のみ午後7時〜午後9時)
会 場:みたかボランティアセンター2階会議室
受講料:500円(社協会員300円)
定 員:30名(申込者多数の場合は抽選)
対 象:三鷹市内在住・在勤・在活動者で、⼦ども支援のボランティア活動に関⼼のある方
 申込み:10月2日(月)〜10月20日(⾦)に、電話、FAX、メールにて、
①名前②年齢③住所④電話・FAX番号⑤メールアドレス⑥保育の有無及びお⼦さんの年齢⑦受講動機、質問等
についてお伝えください。

申込・問合せ先:三鷹市社会福祉協議会 ボランティア・地域福祉推進係
TEL 0422-76-1271 FAX 0422-76-1273
 メールアドレス chiiki@mitakashakyo.or.jp

<10月25⽇(水) 当ブログ筆者(ルーテル学院大学 総合人間学部 教員)が担当の講座 内容(一部) >
1.何故今、子どもの居場所づくりなのか 背景と必要性
・子どもを巡る問題とは 児童福祉の諸問題
 児童虐待と家族問題、関連する生活問題とメンタルヘルス。
 要支援の家族の社会的孤立
 地域における子育て支援の課題の考察

<子どもと家族の生活困窮、家族問題>
*当ブログ筆者の22年間程の貧困領域の支援の実践から。
 貧困問題の変遷(1993年から2017年)
 貧困=単身の日雇労働者・ホームレスから、地域の多様な生活困窮者(子ども、女性、若者、高齢者、家族等)へ。

*複合的な問題としての子どもの貧困

・「経験の貧困」 子ども時代の経験と成長、社会的参加。
 教育格差と「貧困の世代間連鎖」とは。生活問題等の世代間連鎖を伴う。
・「時間の貧困」
 地域における家庭と子育て支援の課題。
・移動の貧困 交通と安全の問題
 子ども、高齢者、地方に顕著な問題。安全の問題を伴う
・情報、繋がりの貧困。
 インフォーマル支援の不足。社会的不利。
・子どもの「お小遣い問題」
 「仲間」への参加、いじめ等のリスク。
・子どもの栄養と成長。食育の必要性。

2.子どもの居場所づくりのあり方
 事例から(子ども食堂、子どもの居場所づくり、多世代交流「誰でもコミュニティカフェ」)

*子どもの居場所づくりの進め方
 子ども対象(子育て支援、学習支援、フリースペース等)のグループワーク
 プログラムのアイデア。計画立案の原則。

*子どもの居場所づくりのヒント

・各地の子ども食堂の例から
 毎月1回開催が多い。(多くても2回)。ネットワークによる支援の必要性。
 子どもへの食事提供<子どもは無料、大人は数百円という設定が多い>
 平日の夕方に実施か、土日の昼に実施か。
・食事への提供が主要ではあるが、毎回のメニューや食材に関連して食育を実施。
 小学生等対象の学習支援(教材準備も)とのコラボレーション。
・会場:公民館や集会場、福祉施設等のフォーマルなスペース。
 既存の飲食店の店舗、寺院、教会等。
 「空家活用」が流行である。地域におけるインフォーマルスペースをコミュニティの交流拠点とする。
・担い手:地域密着型のボランティア。
 各地で民生・児童委員が協力している。子どもボランティアも参加。
 保育士、社会福祉従事者、シェフ等、専門職ボランティア。
 学習支援は、教員等が担う。得意分野を活かす。
 連携・コーディネートの要としての社会福祉協議会。
・対象:子どもは「誰でも」=「子ども会型」か、対象が明確な「ピンポイントのサポート型」。
 もしくは、多世代交流型=子どもから高齢者まで「誰でも」カフェ・居場所か。
 多様な形態が必要である。多世代交流型が、福祉教育としては有効である。
 生活困窮等の問題を支援するためには、対象が明確な居場所が必要か。多様な形態の居場所が必要である。
・広報(対象と関連する。紙のチラシが有効か。地域の小学校等の協力がポイント)
 例 子ども会型ならば、幅広く(チラシの小学校や児童館、学童保育、スーパー等への掲示、SNS。母親コミュニティのクチコミが重要)
・「食堂型」ボランティアが調理し提供か、みんなでクッキング「共同調理」か。
 子どもも大人も一緒に調理しながらのコミュニケーション。交流を深める。
 もしくは、菓子や食べ物一品の持ち寄り
・プログラムの有無(例 「経験の貧困」を補う学習支援やレクレーションのプログラム。もしくはフリー)
・食材の留意、集める方法(寄付の活用)
・個別支援と集団支援の必要性。子どもの迎え等、安全への配慮。

*子どもの居場所 プログラム例

 紙飛行機づくり、さつまいも掘り、工作、卓球、アート、ヨガ
 例 高齢者福祉施設における、花壇づくりを通じた高齢者と小学生の交流。福祉教育として。


*地域福祉活動としての子どもの居場所づくり。
 地域密着で、子育て支援に関心を持つ多くの住民が関わる、多様性、相互理解=ありのままを受け容れ合う多世代交流の場を創る。
 共生のコミュニティで子どもを育てる。共助活動、支え合いのファシリテーションの必要性。

問いかけ:なぜ、子どもの居場所づくりを行いたいのか。

 子どもを巡るどのような課題に関心があるのか。

11月22日(水)当ブログ筆者が担当の講座
「子どもの居場所づくりの方法(児童グループワークの実践)地域で支え合うために、今私たちができること」
 子どもの居場所づくりのプログラムのアイデアを持ち寄るワークショップ。


<当ブログバックナンバー>
 2017年7月26日 朝日新聞朝刊 全国 「悩む職員の心のケア」(やまゆり園事件が残したもの:下)
 朝日新聞から取材を受け、障害者福祉施設等において支援、ケアを担う現場職員を支援する必要性を筆者は提言した。
 また、筆者の開発した「福祉施設職員のストレスケア研修」プログラムは、福祉施設の現場を支えたいという想いから開発し、施設職員のストレス対処、感情労働、セルフケアをサポートするために実施を続けていること等をコメントした。

 離職、職業訓練(求職者支援制度)を経て、介護施設へ就職をした元訓練生の介護職員対象のグループインタビュー、ヒアリング等から、彼ら彼女らの介護現場における離職等につながり得るストレス要因について考察したものである。 

当ブログ筆者の論文 リンク

関屋光泰(2010)「簡易宿泊所街・横浜寿町地域における民間支援活動-歴史的経緯の概要」『研究紀要』第18 巻第1 号 学校法人敬心学園日本福祉教育専門学校福祉文化研究所,39-48頁


<子ども食堂、子どもの居場所づくり 関連記事 当ブログバックナンバー>

子どもの貧困率13.9% 厚生労働省国民生活基礎調査とは 子どもの貧困対策、奨学金

「厚生労働省が2017年6月27日に発表した2016年国民生活基礎調査で、「子どもの貧困率」は15年時点で13.9%(7人に1人)だった。先進国の中では依然として高めの水準。特にシングルマザーなどひとり親を取り巻く状況は厳しい。子どもの貧困率は、平均的な所得の半分に満たない家庭で暮らす18歳未満の割合を示す」


子どもの貧困、貧困の連鎖の現状と課題シンポジウム、学習支援短期ボランティア説明会 無料夏期講習 情報

 日本の子供の貧困率は、OECD(経済協力開発機構)加盟諸国と比較して、高い水準にある。子ども期の貧困は、大人になってからも不利益をもたらし、さらには次世代に貧困が受け継がれる「貧困の世代間連鎖」の原因にもなっている。 


子ども食堂支援基金を県が創設、子ども食堂助成情報、子育て世帯2割が食料困窮経験 子どもの貧困実態調

引用「北海道は2017年4月5日、北大と共同で行った子どもの貧困に関する全道実態調査の集計結果を発表した。過去1年間に経済的理由で家族が必要とする食料を買えなかった経験があると答えた世帯が20・5%に上る」


子どもの貧困にむきあう 子どもの里映画上映 地域福祉活動、子ども食堂、居場所、シェルター

「大阪市西成区釜ヶ崎。“日雇い労働者の街”と呼ばれてきたこの地で38年にわたり取り組みを続ける「こどもの里」。障がいの有無や国籍の違いに関わらず、0歳からおおむね20歳までの子どもが無料で利用することができます。学校帰りに遊びに来る子、一時的に宿泊する子、様々な事情から親元を離れている子、そして親や大人たちも休息できる場として、それぞれの家庭の事情に寄り添いながら、地域の貴重な集い場として在り続けてきました」


参考:映画「さとにきたらええやん」公式サイト



[PR]
by yrx04167 | 2017-10-19 13:47 | Comments(0)