<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第29回社会福祉士国家試験解答速報(2017年1月29日 平成28年度)一覧 合格基準点 ボーダーライン
 第19回精神保健福祉士国家試験解答速報

 第29回社会福祉士国家試験を受験された皆様、本当にお疲れ様でした

<第29回社会福祉士国家試験解答速報一覧> 下記をクリック 
 ご紹介する社会福祉士試験 解答速報サイトのなかには、メール登録等が必要なものもあります。ご確認下さい。

<けあサポ 中央法規の解答速報>
社会福祉士 国家試験解答速報 平成28年度(第29回) けあサポ 中央法規

 けあサポでは、2017年1月に実施される社会福祉士の国家試験の解答速報を、試験の翌日(2017年1月30日(月))以降に掲載します。
 閲覧に当たっては、「解答速報閲覧登録ページ」にアクセスし、メールアドレスを登録していただく必要があります。
社会福祉士解答速報閲覧登録ページ


ユーキャンの解答速報
 第29回社会福祉士試験 解答速報は1月30日以降に公開します。
<当ブログ筆者は、ユーキャンの社会福祉士国家試験解答速報作成に協力しています>


福祉教育カレッジの社会福祉士試験解答速報
 【第29回社会福祉士・介護福祉士国家試験 解答速報のお知らせ】
 解答速報を、下記の日時で公開いたします。
 第29回社会福祉士国家試験 解答速報:2017年1月30日(月)17時~

<東京アカデミー>
第29回社会福祉士国家試験解答速報 1月30日(月)17時公開(予定) 東京アカデミー


<第29回社会福祉士国家試験問題>
第29回社会福祉士国家試験問題 共通科目 午前

第29回社会福祉士国家試験問題 専門科目 午後



<けあサポ 中央法規の解答速報>
第19回精神保健福祉士国家試験の解答速報 けあサポ 中央法規

 閲覧に当たっては、「解答速報閲覧登録ページ」にアクセスし、メールアドレスを登録していただく必要があります。

第19回精神保健福祉士国家試験問題 専門科目


社会福祉士 精神保健福祉士国家試験
公益財団法人社会福祉振興・試験センター


<参考 社会福祉士国家試験の合格基準(合格ライン)
第28回社会福祉士国家試験 正答 合格基準等 厚生労働省
 第28回の合格基準「総得点150点に対し、得点88点以上の者」ボーダーライン

第27回社会福祉士国家試験 正答 合格基準等 厚生労働省

第26回社会福祉士国家試験の合格基準及び正答について 厚生労働省

第26回社会福祉士国家試験合格発表 厚生労働省

社会福祉士国家試験の合格率・合格基準


参考リンク 小高塾による予想合格点 合格基準 ボーダーライン


*注意点
 各サイトの解答速報とも、国家試験の実際の正答とは異なる場合もあり得ます。解答速報は、あくまでも自己採点の目安です。解答速報を用いた自己採点のみで、合格・不合格の最終的な判断はしない方が良いかと思われます。
 また、各サイトの解答速報は、公開後も変更される場合もあります。各自、ご確認下さい。



貧困問題と相談援助:当ブログ筆者講演の音声記録の一部を公開中

当ブログ筆者の出張講義 福祉施設職員研修 無料>
東京都の登録講師派遣事業
「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修」講座番号85

内容 介護、福祉職員のストレスへの対処や燃えつきの予防、心身の健康のセルフケアを支援する研修

「生活困窮者、生活保護受給者対象のグループワーク」講座番号79
内容 貧困、生活保護受給者対象のグループワークプログラムと留意点等を、ブログ筆者の実践や事例に基づき解説

「障害者福祉施設におけるグループワークの基礎」講座番号52
内容 福祉施設におけるグループワークのプロセス、方法、プログラム等の援助技術の基礎を解説。

「福祉施設職員の職業倫理、ハラスメント予防」講座番号86
内容 福祉施設職員に求められるモラルや福祉マインドの基礎と、ハラスメントの予防を含めて解説。

 上記はブログ筆者 関屋光泰が担当する研修です。
この講座は、東京都福祉保健局の委託による、福祉・介護・保育事業所対象の職場研修です。ブログ筆者が講師として出向きます。
詳しくは下記をクリック
東京都社会福祉協議会登録講師派遣事業

当ブログ筆者の論文
『福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発』
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号
37頁から55頁 平成27年4月
ISSN 0919-2034


当ブログ筆者執筆の新刊
精神保健福祉援助演習(専門)第2版
精神保健福祉士シリーズ 10
福祉臨床シリーズ編集委員会 編

ISBN978-4-335-61117-9
発行日 2016/02/22 弘文堂

第8章 地域における精神保健問題 依存症と生活困窮(pp.171-178)
<概要>
 簡易宿泊所街「寿町」の精神科診療所におけるアルコール依存症と薬物依存症患者の支援の実践から、回復を図るグループワークや相談援助の課題等を考察した。
 生活保護を受給し簡易宿泊所に居住するアルコール・薬物依存症患者の回復の鍵を握るものとして、レジリアンスを挙げた。具体的には失敗を繰り返しても援助者と繋がり続け、危機を回避するための協働や、訪問やグループワーク等による社会的孤立を防ぎ、全人的な支援の持続が有効であると論じた。

当ブログ筆者が執筆 新刊
2017社会福祉士国家試験過去問解説集 第26回-第28回全問完全解説 日本社会福祉士養成校協会編集 中央法規出版
ISBN978-4-8058-5338-2

450問を選択肢ごとに詳しく解説、科目別ポイント。過去3年分の国家試験全問題を掲載。最新の制度や数値にアップデート。

「2016精神保健福祉士国家試験過去問解説集」
 ISBN 978-4-8058-5162-3 中央法規出版


当ブログ筆者の公開講義 平成 29 年 2月 23 日( 木)18:30から19:30 
「貧困問題とソーシャルワーク」
 当ブログ筆者担当の入門講座(一般公開、参加無料)

 会場:日本福祉教育専門学校 電話:0120-166-255
当ブログ筆者が担当

<内容予告 公的扶助ソーシャルワーク>
・ソーシャルワークによる生活困窮者への支援
・相談援助(ケースワーク)の仕事の実際。
 社会福祉士は、新たな支援の事業、プログラムを創造していく。
・ブログ筆者の貧困・生活困窮者支援領域のソーシャルワーク実践
 筆者の、生活困窮者、生活保護受給者を対象としたソーシャルワーク実践。グループワーク等の実際。事例も用いて解説。
・貧困による健康と生活、家族の破壊 繋がりの困窮
・子どもの貧困、生活困窮の世代間連鎖等、子どもの健康や教育の格差。
 スクールソーシャルワークの課題。貧困と教育。
・心身の健康破壊、社会的孤立、コミュニケーション・繋がりの貧困とは。
・虐待、ドメスティックバイオレンスDV被害。
・アルコール・薬物等の依存症問題、メンタルヘルス等の健康問題の重複 等
[PR]
第29回社会福祉士国家試験 受験生の皆様へ応援メッセージ 平成29年1月実施 平成28年度
 2017年1月29日は、社会福祉士国家試験のいよいよ当日になります。
 専門学校や大学における、筆者の講義を受講した学生の皆さん、また当ブログを閲覧して下さっている受験生の皆様のご健闘を、当ブログ筆者は願っています
 横浜、千葉、埼玉、東京等、各地の試験会場で、最善を尽くして下さい。
 とりわけ、日本福祉教育専門学校の社会福祉士養成学科と社会福祉士養成科、ソーシャルケア学科、本校通信課程等の受験対策講座、山梨県立大学等において、筆者の講義を受けて下さった皆さんを、全力で応援しています。
 社会福祉士及び精神保健福祉士であるソーシャルワーカーとなった皆さんを、支援を必要としている多くの人々が待っています。
 もちろん、資格取得はゴールではなく、成長する専門職のスタートとも言えます。
 そのスタートのときが来ました。
 あと一息、ここが正念場です。皆で共に頑張りましょう!!
 当日の朝、東京の試験会場(ビックサイトの建物内)には、応援に行く予定です。皆さんの元気な姿を見れることを願っています。


<出題等の予想>
・問題の形態は、「正しい(適切)なものを1つ(2つ)選びなさい」。しかし、注意して当日に望む。
・問題の難易度は、前回(28回)程度と思われる。近年登場した用語(例 ハームリダクション)等も現れるので、難しくなった印象を与えるか。

*出題予想
・地域包括ケア、住民参加型の地域福祉活動(例 「子ども食堂」。認知症カフェ)
 多職種連携、チーム

・スーパービジョン、専門職の燃えつき

・グループワーク、アルコール依存等と自助グループ

・ニーズ発見、アウトリーチ
 高齢者や生活困窮者等の社会的孤立予防

・児童虐待、家族問題

・セクシャル・マイノリティ、性同一性障害

・様々な産業の職場のメンタルヘルス、ストレスチェック

・多様性の尊重、ソーシャルワークの価値


*ソーシャルワーク専門職のグローバル定義 2014年7月
 「ソーシャルワークは、社会変革と社会開発、社会的結束、および人々のエンパワメントと解放を促進する、実践に基づいた専門職であり学問である。社会正義、人権、集団的責任、および多様性尊重の諸原理は、ソーシャルワークの中核をなす。ソーシャルワークの理論、社会科学、人文学、および地域・民族固有の知を基盤として、ソーシャルワークは、生活課題に取り組みウェルビーイングを高めるよう、人々やさまざまな構造に働きかける。
この定義は、各国および世界の各地域で展開してもよい
 2014年7月IFSW(国際ソーシャルワーカー連盟)
 (社会福祉専門職団体協議会国際委員会、日本福祉教育学校連盟による日本語定訳)
*ポイント
民族固有の知
社会変革
社会開発
社会的結束の促進


 試験の直前になりましたが、受験生の皆さんの最優先の課題は、当日の朝、元気に各試験会場に到着することです。
 明日の試験を思い煩うのではなく、今日は身体と頭、心を休めましょう。
 焦らず、慌てずに、学校・大学の友人や知り合い、職場の同僚などに、メールを送るなどもしてみましょう。
 少し、落ち着けるかと思います。

 前日までは、最後の踏ん張りどころです。苦手科目の重要事項を再確認しつつ、自分のペースを大事にしましょう。
 当日は、これまでの自分の学びに自信を持って、不屈の精神で最後まで諦めず、やり抜きましょう。
 自分の努力を信じて気負い過ぎずに、落ち着いて一問ずつ解いていきましょう。
 社会福祉士国家試験の受検生の皆様のご健闘を祈念しています。
 
2017年1月28日 社会福祉士受験支援講座・教員日記 筆者 関屋光泰


以下は、試験当日に向けたアドバイスです。
1.試験に用いる鉛筆(予備も)、プラスチック消しゴム等を準備する
 受験票で持ち物を確認すること。
 必要に方は下記も持参。
 調節可能な上着(カーディガンやトレーナー、パーカー等)を準備する。
 冷え性の方は、膝掛・座布団も準備する。
 指先を暖める使い捨てカイロ等。

・交通経路と所要時間等を確認する余裕のある移動時間が安全である<天候も要注意>
・前日や当日、胃にもたれるトンカツを食べるのは、縁起のためでも避ける。キットカットが良いだろう。

2.夜は早めに布団に入る。すぐ眠れなくても焦らず、ゆったり、暖かく過ごす

3.当日の朝は時間に余裕を持って、会場へ 
 当日は、試験会場の近所の人も、7時までに必ず起きる。
 開場時間の前に、会場に確実に入場できるようなゆとりを持って到着する。交通や会場付近の思わぬ混雑で慌てないように、時間に余裕を持って移動する<要注意>
 ただし、寒い戸外で長時間待たないように。
 万が一、交通機関が大幅に遅れた場合は、必ず遅延証明を受け取る。
 また、必ず朝食も食べること
 飲み物等は持参した方が安心できるかと思われる

4.緊張し過ぎるのは禁物である。会場では、知り合いを見かけたら声を掛け合うなどの工夫で、緩和できる。
 適度なリラックスで試験に臨む。開始前に、肩や首を回す、深呼吸等を行う。
 会場についたらトイレの位置を確認。 
 試験中のトイレ等、心配事は、係員に確認する。
 昼休みは昼食を食べる、知り合いと話す等、気分転換を。午前の部の自己採点はしてはならない。

5.試験問題のなかで、初めて目にする言葉・名称が登場しても焦らないこと
 先ず、問題の出題形式、文章を確認する
・問題を解くときに、先ず頼るのは
 ①覚えてきた知識であり、
 次に②ソーシャルワーク的な思考法、
 最後は③一般常識で判断することになる。
 簡単には諦めないことが大切である。
 分からない問題は、焦らず、先ずはよく読み、そして考える。
 それでも駄目ならば、運に委ねて、次の問題を頑張るだけである。
 マークシートへの解答のマークミスに気をつける。
 
6.試験終了の合図があるまで、決してあきらめない。
 万が一、体調があまり良くなくても(睡眠不足等)、最善をつくす

7.どうしても分からない問題があったら、最終手段として、自分の「ラッキーナンバー」を決めておいて解答とする。

8.試験終了後は、1人で落ち込まないようにする
 合格者を含めて、多くの受験者が終了後に落ち込む傾向である。
 不安は、知り合い等に話す。クラスやゼミ、スクーリングの知人等との「打ち上げ」はおすすめできる。

*相談援助の理論と方法等の事例問題は、社会福祉士の倫理綱領、行動規範なども参考にする

下記をクリック 社会福祉士の倫理綱領 直前に必読
社会福祉士の倫理綱領  日本社会福祉士会



社会福祉士 精神保健福祉士国家試験
公益財団法人社会福祉振興・試験センター


生活困窮者自立支援法
・平成25年12月に公布、平成27年4月施行。
・目的
 生活保護に至る前の段階の自立支援策の強化を図るため、生活困窮者に対し、自立相談支援事業の実施、住居確保給付金の支給その他の支援を行うための所要の措置を講ずる。

自立相談支援事業の実施及び住居確保給付金の支給(必須事業)
 福祉事務所設置自治体は、「自立相談支援事業」(就労その他の自立に関する相談支援、事業利用のためのプラン作成等)を実施する。
 自治体直営のほか、社会福祉協議会や社会福祉法人、NPO等への委託も可能(他の事業も同様)。
福祉事務所設置自治体は、離職により住宅を失った生活困窮者等に対し家賃相当の「住居確保給付金」(有期)を支給する。

就労準備支援事業、一時生活支援事業及び家計相談支援事業等の実施(任意事業)
福祉事務所設置自治体は、以下の事業を行うことができる。
・就労に必要な訓練を日常生活自立、社会生活自立段階から有期で実施する「就労準備支援事業」
・住居のない生活困窮者に対して一定期間宿泊場所や衣食の提供等を行う「一時生活支援事業」
・家計に関する相談、家計管理に関する指導、貸付のあっせん等を行う「家計相談支援事業 」
・生活困窮家庭の子どもへの「学習支援事業」
 その他生活困窮者の自立の促進に必要な事業

・費用
自立相談支援事業、住居確保給付金:国庫負担3/4
就労準備支援事業、一時生活支援事業:国庫補助2/3
家計相談支援事業、学習支援事業その他生活困窮者の自立の促進に必要な事業:
国庫補助1/2

[PR]
社会福祉士養成科 科長 荻原康一先生 通夜・告別式のお知らせ 
訃報

 本学 社会福祉士養成科 科長 荻原康一氏が、2017年1月5日(木)深夜に永眠されました。
 通夜、葬儀・告別式は下記の通り執り行われます。
 通夜・告別式のお知らせ 日本福祉教育専門学校HP
 ここに故人のご冥福をお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます。

 2017/01/08 日本福祉教育専門学校
学校法人敬心学園
日本福祉教育専門学校

 荻原康一先生は、優れた研究者であり、社会福祉士養成を担った教育者として、またお人柄も優れた人でした。
 先生との、あまりにも突然のお別れに、今は驚きと悲しみしかありません。
 先生は、最期の日まで専門職教育の重責を担っていました。
 日本福祉教育専門学校において、職務のなかで倒れられた荻原康一先生、
 研究者として駆け抜けた荻原先生に、心から追悼の想いを捧げます。

 当ブログ筆者


日本福祉教育専門学校 公式チャンネル より 社会福祉士養成科 荻原先生の授業
[PR]
第29回社会福祉士国家試験受験対策 直前講座
 福祉サービスの組織と経営 ポイント確認問題


問題1 福祉施設における人事管理に関する次の記述のうち,適切なものを一つ選びなさい。
1 ドラッカーが捷唱した「目標による管理」は,目標の設定と結果に基づく評価とのシステム化により,従業員満足ではなく組織業績向上を目的とした管理手法である。
2 人材を評価する場合の評価基準としては,個々の法人が求める人材像を基準とする。
3 人材を評価する場合,評価者が陥りやすいエラーとして対比誤差があるが,これは職員同士を対比し評価 してしまうエラーである。
4 考課者訓練とは,考課する職員が考課される職員に対して行う訓練をいう。
5 360度評価(多面評価制度)は,評価者である上司が職員の能力や業績だけでなく性格.志向.特技などを多面的に評価することである。

問題 2 福祉施設、福祉サービスの管理運営を考える上で基礎となるサービスマネジメント論に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい。

1 サービスにとって重要な要素は,人と人とが接する部分であり,施設・設備などの物的要素はサービス水準には影響を与えない.
2 サービスが集合的に捷供されていても,同じ場にいる他の利用者が,そのサービスの水準に影響を与える要素にはなりにくい。
3 サービスは,無形性や同時性といった特徴があり,有形の製品と比較して,利用者が質の評価を行うのは難しい。
4 サービスの捷供者が適切なスキルを有していれば,状況が変わっても,提供されるサービスの水準が変動することはない。
5 サービスの質を評価する次元のなかに,利用者やその家族の満足を含めることは妥当ではない。


当ブログ筆者の説明会
社会福祉協議会における社会福祉士
支え合うコミュニティを創る地域福祉

2017年1月14日(土)13:30から16:00

 学校と学科の説明、キャンパスツアーの他に、当ブログ筆者が下記の内容のミニ講義のプログラムを担当します。
 社会福祉士は、相談援助等のソーシャルワークの専門職です。地域への働きかけであるコミュニティワークも重要な仕事の一つです。
 その役割をいくつか挙げます。
 誰もが住み慣れたコミュニティで暮らし続けるため、ケアを必要とする高齢者や障害者、子ども、家族、生活困窮者を支えるためのソーシャルサポートネットワークを構築する、
 相談援助の専門職として総合相談を行う、
 共に生きるコミュニティづくり、見守りや支え合いの活動を推進し、地域福祉活動と専門職の相談やアウトリーチによって社会的孤立を防ぐ、
 ボランティアを必要とする人、志願する人を繋ぎ、コーディネートを行い、交流を促進する
 ハンディキャップを持つ人々への理解を広げるため、子どもや住民に福祉教育プログラムを実施する。
 
 つまり、共生のコミュニティ、福祉のまちづくり、ノーマライゼーションの具現化を進めることに、社会福祉協議会の社会福祉士の実践の中心があります。
 今回のオープンキャンパスでは社会福祉協議会について、当ブログ筆者が、分かりやすくご説明いたします。
 社会福祉協議会には、毎年、当学科の学生も数多く就職しています。
 社会福祉士の仕事について知りたい、社会福祉協議会のことを知りたいという方、ぜひご参加ください。

地域包括ケアシステムの構築、コーディネーション、連携、協働とは 相談援助の基盤と専門職 当ブログ筆者の講義レジュメの概要

当ブログ筆者の論文
『福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発』
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号
37頁から55頁 平成27年4月
ISSN 0919-2034



<コミュニティと社会福祉 ニュースリンク>
児童養護施設に太陽光発電寄贈 近畿電力と社団法人が提携
2017/1/7 07:00神戸新聞

上記の記事から引用 「新電力の近畿電力(兵庫県尼崎市)は、一般社団法人「全国環境対策機構」(大阪市) 略
 関西圏内の児童養護施設に太陽光発電設備を寄贈する。同法人は、持続可能な社会の実現に向けた環境教育などを実施」 引用ここまで

震災避難者の生活再建支援拠点に 福島県が秋田市の団体に委託
2017/01/05 15:25 【秋田魁新報】

上記の記事から引用 「秋田市のNPO法人あきたパートナーシップが2016年度から、秋田県と青森、岩手の3県で東日本大震災で福島県から避難する人たちの交流会を開いている。震災直後から被災地ボランティアや避難者への訪問相談などを続けてきた活動が評価され、北東北3県に避難者の生活再建支援拠点を置く福島県の事業の委託団体に選ばれた」 引用ここまで

昔遊びで子どもとお年寄り触れ合う 秋田市仁井田
2017/01/07 【秋田魁新報】

上記の記事から引用 「子どもとお年寄りが触れ合う世代間交流会が6日、秋田市の大住地区コミュニティセンターで開かれ、約150人がこまやけん玉、あや取りなどを一緒に楽しんだ。
 市南部市民サービスセンターの主催。子どもたちに昔ながらの遊びを体験してもらうとともに、幅広い世代が交流することで住民間のつながりを深めようと毎年開催している」 引用ここまで

解答は下記をクリック

More  解答⇒⇒⇒
[PR]
第29回社会福祉士国家試験、精神保健福祉士受験対策 直前講座
 地域福祉の理論と方法 ポイント確認問題
 精神保健福祉士共通科目


問題1 地域における福祉ニーズを把握する方法に関する次の記述のうち,最も適切なものを一つ選びなさい。

1 地域福祉ニーズを把撞する際に.事前に地域踏査を実施すると客観的なニーズ把握を阻害するので実施する必要はない。
2 小地域単位での住民懇談会は,住民の意見や困りごとを把撞する磯会にはなるものの.参加者が限定されることから地域福祉ニーズの把握方法としては好ましくない。
3 当事者や当事者グループから面接等を通して意見を聴くことは,当事者が日ごろ感じているニーズの把握につながるが,主観的なものになりがちなので適さない。
4 調査票を活用して行う統計的調査は,特定地域の全般的傾向を把撞するのに適しており,地域福祉ニーズの把握方法としては最も優れている。
5 専門職がニーズを抱える住民宅を訪問したり,住居が生活する地域に出向いていくアウトリーチは,地域福祉ニーズを把握する方法の一つである。


問題2 事例を読んで,A福祉活動専門員が状況を改善していくためにとる行動に関する次の記述のうち,最も適切なものを一つ選びなさい。


〔事 例〕
 B市では,知的障害者入所施設の利用者の地域移行を進めていたところ,地元の住民が共同生活介護(ケアホーム)の設置に反対する活動を始めていた。
 そこで施設の職員から相談を持ちかけられた社会福祉協議会のJ福祉活動専門員は,地域におけるコンフリクトの収拾をはかろうと活動を始めた。

1 福祉活動専門員は,住民主体という原則を尊重すべきと考え,最終的には地域住民の判断に委ねるべきであると施設側に伝えた。
2 地域住民の総論賛成,各論反対という利己的な姿勢や差別意識を非難し,住民側に認識を変えるよう働きかけた。
3 障害者の地域移行は市の障害福祉計画にも目標を定めていることから,行政が住民を説得すべきであると考え,地域住民にW市に掛け合うよう伝えた。
4 地域住民の障害者に対する理解を深める契機だととらえ,障害のある人が地域で暮らすことについて地元住民と話し合う機会を持つことにした。
5 こうしたコンフリクトは長引くことが想定できるため,施設側に別の場所での共同生活介護(ケアホーム)の設置を勧めた。

2016 社会福祉士国家試験 1月公開模試 平成29年1月7日(土)
日本福祉教育専門学校


第28回社会福祉士国家試験合格発表2016年 正答と合格基準 合格体験報告会 日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科合格率84.9%62人合格
 一般養成施設ルート(通学)合格者数全国第1位。



当ブログ筆者の説明会
社会福祉協議会における社会福祉士
支え合うコミュニティを創る地域福祉


 学校と学科の説明、キャンパスツアーの他に、当ブログ筆者が下記の内容のミニ講義のプログラムを担当します。
 社会福祉士は、相談援助等のソーシャルワークの専門職です。地域への働きかけであるコミュニティワークも重要な仕事の一つです。
 その役割をいくつか挙げると、次のようになります。
 住み慣れたコミュニティで暮らし続けるため、ケアを必要とする高齢者や障害者、子ども、家族、生活困窮者を支えるためのソーシャルサポートネットワークを構築する、
 相談援助の専門職として総合相談を行う、
 共に生きるコミュニティづくり、見守りや支え合いの活動を推進し、地域福祉活動と専門職の相談やアウトリーチによって社会的孤立を防ぐ、
 ボランティアを必要とする人、志願する人を繋ぎ、コーディネートを行い、交流を促進する
 障害者等への理解を広げるため、子どもや住民に福祉教育プログラムを実施する。
 
 つまり、共生のコミュニティ、福祉のまちづくりを進めることに、社会福祉協議会の社会福祉士の実践の中心があります。
 今回のオープンキャンパスでは社会福祉協議会について、当ブログ筆者が、分かりやすくご説明いたします。
 社会福祉協議会には、毎年、当学科の学生も数多く就職しています。
 社会福祉士の仕事について知りたい、社会福祉協議会のことを知りたいという方、ぜひご参加ください。

地域包括ケアシステムの構築、コーディネーション、連携、協働とは 相談援助の基盤と専門職 当ブログ筆者の講義レジュメの概要

貧困問題と相談援助 当ブログ筆者の講演 音声記録の一部を公開中

当ブログ筆者の論文
『福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発』
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号
37頁から55頁 平成27年4月
ISSN 0919-2034


当ブログ筆者執筆の新刊
精神保健福祉援助演習(専門)第2版
精神保健福祉士シリーズ 10
福祉臨床シリーズ編集委員会 編

ISBN978-4-335-61117-9
発行日 2016/02/22 弘文堂

第8章 地域における精神保健問題 依存症と生活困窮(pp.171-178)


<コミュニティと社会福祉 ニュースリンク>
「町にお返し」障害者30人が清掃活動 三木
2016/12/29 05:30 【神戸新聞】

上記の記事から引用「就労継続支援A型作業所「やさしいつながり」の利用者約30人が28日、市役所や神戸電鉄の駅前など市内5カ所で清掃活動に取り組んだ」ここまで引用

地域の高齢者におせち料理配達へ 京都
2016/12/30 11:03 【京都新聞】

上記の記事から引用「京都府のNPO法人「まごころサービスあい・愛」で29日、地域の高齢者宅に配達するおせち料理の調理が行われた。地元産野菜をふんだんに使ったおせち料理を準備した。
 外食店などが閉まる正月を、1人暮らしの高齢者も楽しく迎えられるようにと、毎年、法人が運営するデイサービスの利用者など、地元住民が購入している」ここまで引用

公園開放 自由に遊ぶ バルーンアート、洋菓子作り ひたちなかで市民団体イベント
2016/12/25 00:00 【茨城新聞】

上記の記事から引用 「屋外に遊び場を設けて子どもたちに自由な発想で遊んでもらうイベント「ぼうけんあそびば プレイパークであそぼう」が24日、ひたちなか市で開かれた。親子連れなど約110人がブルーシートを使った遊びやバルーンアートに挑戦するなど、思い思いの遊び方で楽しんだ。
 イベントは「プレイパークひたちなか」が主催、子育て世代の居場所づくりを進めるNPO法人「たまり場ぽぽ」などが共催。子ども自ら遊びを考えて自由に楽しんでもらうのが狙い」ここまで引用

解答は下記をクリック

More 解答⇒⇒⇒
[PR]
by yrx04167 | 2017-01-04 10:44
第29回社会福祉士国家試験、精神保健福祉士受験対策 直前講座
 地域福祉の理論と方法 ポイント確認問題
 精神保健福祉士共通科目


問題1 事例を読んで.社会福祉協議会及びH福祉活動専門員の取り組みに関する次の記述のうち,最も適切なものを一つ選びなさい。
 〔事 例〕
 A市では.B町の町内会の役員より社会福祉協議会に,B町には高齢者や障害者が気軽に集ったり,交流できるような場がなく,そのような場が必要ではないかという声が寄せられた。
 そこで、C福祉活動専門員は.ふれあい・いきいきサロンの立ち上げも視野に入れながら行動を開始した。

1 要望を受けてB町内会役員へのヒアリングや住民懇談会を企画し.地域の住民の抱えている福祉課題の背景を把握することにした。
2 B町内会の役員など地域住民の主体的な行動に期待して,社会福祉協議会としては相談に乗る程度にとどめ, しばらくは様子を見ることにした。
3 ふれあい・いきいきサロンなどでは.運営の世話をするボランティアと利用する住民とを明確に分けた方が運営がしやすいため,まずはボランティアと参加者の名称づくりから始めることにした。
4 サロン活動では,プログラムが重要になるため福祉活動専門員として,サロンで使えるレクリエーションの技術を磨けるように各種の研修会に参加した。
5 地域包括支援センターの保健師や居宅介護支援事業所の居宅介護支援専門員と会合をもち,介護予防通所介護や通所介護の事業所が地域のなかで不足していないか調べることにした。

問題2 地域福祉の推進に携わる人材や機関に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい。

1 小学生と中学生は,地域認知症の人々や家族を支えるための「認知症サポーター養成講座」により拳成される認知症サポーターになることはできない。
2 「障害者自立支援法の一部改正」により,地域自立支援協議会の設置や運営について,同協議会が障害者に対する直接的な相談支援機能を有することが法律上明記された。
3 地区社会福祉協読会,校区福祉委員会,町内会・自治会などを基盤とした住民による小地域の福祉活動では,住民講談会を通じての協譲や見守り活動は行われているが,食事サービスやサロン活動などの直接的な支援は実施されていない。
4 地域包括支援センター運営協識会には,市町村や地域のサービス事業者の代表などが入ることになっているが,介護保険制度の被保険者は公正 ・中立性の確保の観点から入ることはできない。
5 「地域福祉のあり方研究会報告書」では,住民の地域福祉活動で発見された生活課題を共有化し,社会資源の調整や新たな活動の開発,ネットワーク形成を図るといった役割を担う地域福祉のコーディネーターが必要であるとされた。

注1 「障害者自立支援法の一部改正」とは,「障がい者制度改革推進本部等における検討を踏まえて障害保健福祉施策を見直すまでの間において障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律」(平成 22年 12月)のことである。
2 「地域福祉のあり方研究会報告書」とは,「地域における『新たな支え合い』を求めて-住民と行政の協働による新しい福祉--」(平成 20年,これからの地域福祉のあり方に関する研究会)のことである。


<当ブログ筆者より>
 第29回社会福祉士、精神保健福祉士国家試験を受験する学生、当ブログ受講生の皆様へ。
 新年のご挨拶をお届けします。
 そして、勉強初めですね。新年も祝い終わって、さあ、机の前に座って、学び初めましょう。

 忘れてはいけないことは、社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験の合格が、皆さんの4年間(1年間)の終着駅ではありません
 目指すゴールは、社会福祉学を修めて、ソーシャルワークの技術の基礎を身に付け、その専門職として、人と社会に貢献する実践にあります。
 今の受験対策の学習は、そのための旅の途中、通過点です。
 だから、明けない夜はありません。夜明け前、闇が濃くなる時間帯も、もうすぐ過ぎます。
 これまで4年間(1年間)の、講義と演習、実習、ゼミ、卒業論文、サークル活動、個別の学習指の努力の実を結ぶ国家試験まであと少しです。
 誰より生きづらさを抱えた人々が、相談の専門職=ソーシャルワーカーとなった皆さんを待ち焦がれています。
 最後まで共に最善を尽くしましょう。
 新年、心を新たに、限りない前進を。

 
2016 社会福祉士国家試験 1月公開模試 平成29年1月7日(土)
日本福祉教育専門学校


第28回社会福祉士国家試験合格発表2016年 正答と合格基準 合格体験報告会 日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科合格率84.9%62人合格
 一般養成施設ルート(通学)合格者数全国第1位。



当ブログ筆者の出張講義 福祉施設職員研修 無料>
東京都の登録講師派遣事業
「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修」講座番号85

内容 介護、福祉職員のストレスへの対処や燃えつきの予防、心身の健康のセルフケアを支援する研修

「生活困窮者、生活保護受給者対象のグループワーク」講座番号79
内容 貧困、生活保護受給者対象のグループワークプログラムと留意点等を、ブログ筆者の実践や事例に基づき解説

「障害者福祉施設におけるグループワークの基礎」講座番号52
内容 福祉施設におけるグループワークのプロセス、方法、プログラム等の援助技術の基礎を解説。

「福祉施設職員の職業倫理、ハラスメント予防」講座番号86
内容 福祉施設職員に求められるモラルや福祉マインドの基礎と、ハラスメントの予防を含めて解説。

 上記はブログ筆者 関屋光泰が担当する研修です。
この講座は、東京都福祉保健局の委託による、福祉・介護・保育事業所対象の職場研修です。ブログ筆者が講師として出向きます。
詳しくは下記をクリック
東京都社会福祉協議会登録講師派遣事業

当ブログ筆者の論文
『福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発』
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号
37頁から55頁 平成27年4月
ISSN 0919-2034



<コミュニティと社会福祉 ニュースリンク>
地域食堂を開設 阪神・淡路の助け合い原点 宝塚
2016/12/30 07:01神戸新聞NEXT

上記の記事から引用「地域の子どもや高齢者が集まって一緒に食事をする「地域食堂」。
 16年3月から始め、月1回開催する地域食堂も、阪神・淡路大震災からの延長線上にある。独居老人の抱える孤独や、子どもの居場所をどうするか。民生委員・児童委員の活動などで直面した問題の解決の糸口が地域食堂だった。
 「1人暮らしでも、独りぼっちじゃない。子どもを安心して育てられる。みんながそう思える地域は強い。この実践は将来、必ず実を結ぶ」
 間もなく震災から22年。絆を固め、防災力を高める取り組みは終わらない」ここまで引用
 安否確認
 まちづくり協議会

施設奉仕5年、高齢者ら笑顔 浜松、ダウン症の高校生
(2016/12/31 静岡新聞)

上記の記事から引用「(略) 高齢者福祉施設で約5年間にわたりボランティア活動を続けている。ダウン症という障害を抱えながら一生懸命に働く姿は、利用者を元気づけ、施設には笑顔があふれている。
 この奉仕活動で10月に県公立高校PTA連合会の「高校生善行表彰」を受賞し、12月には浜松市の「青少年の表彰」で特に顕著な善行のあった青少年に贈られる「善行賞」も授与された」ここまで引用


*解答は下記をクリック

More *解答は ⇒⇒⇒⇒⇒
[PR]