タグ:お知らせ ( 337 ) タグの人気記事

卒業式 修了式を迎える学生とご家族の皆様へ
 日本福祉教育専門学校の社会福祉士養成学科や社会福祉士養成科等にて1年間学んできた学生の皆さん、4年間学んだソーシャルケア学科の皆さんには、卒業までにいろいろなご苦労、出来事があったと思います。
 本当にお疲れ様でした。
 また、学生の皆さんの、学科の運営、実習、当ブログ筆者の講義等へのご協力に感謝しています、ありがとうございました。
 専任教員としてブログ筆者には、時に至らない点がありましたが、今後に活かしていきたいと願っています。
 学生の皆さんとは、限られた時間でしたが共に過ごすことが出来ました。皆さんとの交流は、筆者にとって貴重な宝であり、自分の力になりました。お別れをとても名残惜しく思っています。
 そして、学生を支え続けて下さったご家族の皆様に、心から御礼を申し上げます。ありがとうございました。


 24日の修了・卒業式を一つの区切りとして、皆さんは社会福祉士、つまりソーシャルワークの専門職としてスタートすることになります。
 私たちソーシャルワーカー、社会福祉専門職の使命は、様々な困難、それぞれの痛みのなかにある人々の生きることを支えることにあります。併せて、広く社会を捉え、専門職として社会貢献や、支え合うコミュニティ、まちづくり等を実践することも今日、求められています。大きな使命と意義がある仕事です。
 修了式を迎え、専門職となる皆さんの、それぞれの分野の職場、コミュニティ、社会における実践に、期待しています。

 4月から、専門職として歩みだす皆さんにいくつかの助言です。
 一、職場の先輩、同僚、関係者、当事者や地域の人々が教えてくれることを大切に聞きましょう。
 出会うすべての人は、皆さんにとっての教師です。
 二、それぞれの職場の仕事の進め方、慣行には、経緯や背景、何らかの理由があり、そこに新たに加わる皆さんには、謙虚に学び続ける姿勢が求められています。さわやかな謙虚さ、開かれた態度は、専門職として必要な知識・技術を効率良く吸収するためにも不可欠なものです。
 三、職場のチームワーク、人間関係、職員の相互支援を大切にしましょう。皆さんは新人なのですから、率先して動いて働きましょう。
 四、専門職である自分を支えてくれるネットワーク(職場内、職場の外の友人や学校の友人、専門職団体、教員等)を構築しましょう。燃えつきの予防、ストレスのセルフケアの拠り所です。
 五、狭い視野は思い込みのもとであり、短気は挫折のもとです。広い視野と長期的な視点で、大局を見ましょう。
 六、他者の生きることを支援する実践が最も重要なものですが、自分が活きる生活も大切です。
 自分自身のた生き方が充実しているのかを自らに問いかけ続けましょう

 今日、ワーク・ライフ・バランスが福祉や介護、医療、保育、教育の専門職にとっても、重要な課題の一つです。これは、仕事と生活の調和であり、やりがいや充実感を持ちながら働き、家庭や地域生活などにおいても、人生の段階に応じた希望、生き方を実現することです。もし、このバランスが保てないと、燃え尽きのリスクの一つともなり得ます。
 生活を総合的に支援する専門職は、自らのワーク・ライフ・バランスを実現し、家庭や地域でも役割を果たすことにより、利用者とその家族や関係者、社会に対するモデルとなるべきでしょう。

 専門職となった皆さんを、孤立し困難の暗闇のなかで待っている人々がいます。暗闇を照らす灯火は、皆さん一人ひとりです。人々は、皆さんの輝きの訪れを求めています。
 皆さんが学んだ、ソーシャルワークの価値や理念、理想は、これまでは講義のことばや教科書のなかの文章としてありましたが、これからは違います。皆さんの実践するフィールドの現実、人々とその語りのなかに存在し、また皆さんの内面に宿るものです。
 そして、これからの場所、経験、出会う人々から学ぶべきことが、皆さんを待っています。
 人を支援する実践から学ぶことはとても多いのです。人を支ええようとして関わるなら、援助者自身の至らなさを感じるときもありますが、自他の新たな可能性や力を見出すときもあります。気付き、学び、考え、語ることが、人間を支援する力の源泉の一つとも言えるでしょう。
 すべての人、出来事から学ぶという謙虚な姿勢を持つならば、必ず実践のなかで自分の感性が磨かれ、今月より来月、今年より来年と成長することが出来ます。専門職としての技術や知識のみではなく、自らを省みること、内面を見つめ直して更に深く豊かなものにしていくことが全人的な成長への道です。
 人間の生きる過程は、学び続ける過程です。新たな実践からの学びに、勇気をもって前に進みましょう

 ソーシャルワークの専門職を志した皆さんにとって、自らの役割、仕事、生き方の幕が開きます。たくさんの貴重な出会いが待っています。
 皆さんと、これから出会う利用者、来談者は未来の種子であり、相互の生の拡充のために皆さんが必要とされています。
 皆さんの働きが、孤立、恥、不自由、困窮、痛み苦境の中にある人々に寄り添い、認め合い、繋がり、支え、励ます、これらによって、全人的な成長の豊かな実を結ぶことを願っています。 


 また、実務上の留意点を数点挙げます。
一、支援に関わる実務スキルの修熟に努め続ける。
ニ、日々の実務の優先順位を明確にして、確実に取り組む。
 特に、グループワークのレクレーションや外出等のプログラムは、段取りが重要である。
三、職場環境には適度に適応する。過剰な適応=頑張りすぎや、反発=突っ張ることをしない。ありのままの自然体で働く。
四、行き過ぎた完璧主義の放棄=小さなことにくよくよしない。
 慢性疲労のリミッターが必要である=疲れ果てない働き方を。無理をしない。
五、適切に人に頼ることも必要である。
 自分の弱さ、至らなさを自覚し、受容し、周囲の人々と共に働く。

 なお、1年間の学びでは、ソーシャルワークを完全に身に付けるには充分とは言えません。上記のことも気に留めながら、着実に実力を蓄えていきましょう。
 新しい環境には慣れるまで少し疲れることもあるかもしれませんが、あまり力まずに、気長に、専門職としての成長と、自分の生活の充実を図って下さい。過剰に焦ったり、緊張しなくても、新たな職場、繋がりが、皆さんを待っていて、受け入れ、認めてくれると思います。
 社会福祉・ソーシャルワークの仕事は、実務に就いた後も、学び続け、自己研鑽に励むことが求められます。職場の先輩や同僚、もしくは学友と支え合いながら、これからも更に専門性を向上させていくことに期待します。

 例年、秋頃の本校同窓会総会には、多くの修了・卒業生の方が集まります。学校からの案内、学校HP等で後日、お知らせします。

 また、社会福祉士試験の結果が不合格だった方は、次年度の試験に再挑戦しましょう。重要なのは、気落ちせず、次回に向けて着実に学習を継続すること、しかし焦らないことだと思います。励ましと応援の気持ちが伝わることを願っています。再挑戦を、当講座も可能な限りサポートします。

 また、様々なところで、出発する皆さんに挨拶を送ります。
 山梨県立大学のソーシャルワーク演習の学生の皆さん、ご卒業、おめでとうございます。社会福祉や教育、行政、企業等、それぞれの進路でのご活躍を願っています。
 国立武蔵野学院附属児童自立支援専門員養成所の皆さんも、児童福祉、行政等の場でのご活躍を祈念しています。

 
 最後になりましたが、これからの皆さん自身の人生の、ご多幸、ご健康を、筆者は祈念しています。
 拙い文章ですが、皆さんへのお祝いと応援、感謝の挨拶を贈ります。
 またお会いできる日を楽しみにしています。

 2017年3月24日  社会福祉士受験支援講座・教員日記 筆者

*下記は、明日以降、補足します。お待ち下さい。筆者
<登校日における最後の講義 2017年2月23日 当ブログ筆者>

1.他者への共感や尊重が伴わない支援、その技術は虚しい

・クライエントへの尊重や歓迎の感情や、笑顔の節約は良くない。共感が伴わない支援、その技術は虚しいものである。ほほえみや理解の出し惜しみは、人間にとっての最高の贈り物を出し惜しみしているのと同じである。(キューブラー・ロス)

2.利用者との「補充関係」、実践を通じた援助者の成長
◆援助者のセルフケアと成長 支援の根源的なもの メイヤロフ
・支援とは-人間的な成長のための支援であり、援助者も支援を通じて成長する。
 苦境にある人の支援、その人の全人的な成長のための働きかけである。援助者自らも、支援という働きのなかで成長する、自己実現である。
 補充関係。援助者は、クライエントから必要とされることによって、世界のなかに自らの居場所を獲得する。自らが承認される場である。
 
自信を持つ-自身の居場所でもある、自らが必要とされる場所 
 燃えつき、実践のストレスは、援助者の働き方、生き方を含めた全人的な問題であり、援助者も自らの生の拡充を求めていきたい。

3.社会正義か愛か ソーシャルワークの価値
・正義は愛に先行し、愛は正義を全うする。 エミール・ブルンナー

4.実践は砂の城か
・誰も敗者とならぬ戦いに参加しよう。たとえ死が訪れても、その行いは永遠なり。
 ウィリアム・モリス The Day is Comingより


*筆者宛てのメールはこちら*
<ご感想など、当ブログ筆者へのコメントを、フォームから送信して下さい。匿名も可です>

[PR]
第29回社会福祉士国家試験 合格者発表  社会福祉振興・試験センター
2017年3月15日合格発表
午後2時 

第29回社会福祉士国家試験 合格基準及び正答
合格基準 総得点150点に対し、得点86点以上の者 略
 受験者数   45,849人
 合格者数   11,828人
 全国平均合格率  25.8 %


【速報】2017/03/15
 社会福祉士・精神保健福祉士国家試験合格発表 日本福祉教育専門学校


 2017年3月15日に、社会福祉士、ならびに精神保健福祉士国家試験合格発表がありました。
 以下、厚生労働省発表より。
<大学卒業以上・実務経験者対象学科 日本福祉教育専門学校>
社会福祉士養成学科 【昼間1年 通学】 89.4%(76名合格)
 一般養成施設ルート(昼間通学)合格者数 全国第1位

社会福祉士養成科 【夜間1年 通学】91.4%(74名合格)
一般養成施設ルート(夜間通学)合格者数 全国第1位
(参考)トワイライトコース合格率 92.6%(50名合格)


<高等学校以上対象学科>
ソーシャル・ケア学科 【昼間4年 通学】 25.0%


<通信教育課程>
社会福祉士一般養成通信課程 【通信1年7ヵ月】 55.5%(127名合格)

——-【精神保健福祉士】——-
第19回精神保健福祉士国家試験
全国平均合格率 62.0%

<大学卒業以上・実務経験者対象学科>
精神保健福祉士養成学科 【昼間1年】 88.0%(66名合格)
一般養成施設ルート(昼間通学)合格者数 全国第1位

精神保健福祉士養成科 【夜間1年】 85.2%(46名合格)
一般養成施設ルート(夜間通学)合格者数 全国第1位

<通信教育課程>
精神保健福祉士一般養成通信課程 【通信1年7ヵ月】 66.4%(75名合格)
一般養成施設ルート(通信)合格者数 全国第1位

 当ブログ閲覧者の方で、社会福祉士や精神保健福祉士国家試験に合格された皆様、おめでとうございます。
 特に、日本福祉教育専門学校の社会福祉士養成学科と社会福祉士養成科、ソーシャルケア学科、社会福祉士通信課程 、山梨県立大学の学生の皆様、合格おめでとうございます。
 これまでの受験勉強お疲れ様でした。
 ブログ筆者も一緒に心から喜んでいます。
 この資格取得がゴールではなく、専門職として就職し、実践を開始することがソーシャルワーカーとしてのキャリアのスタートです。
 閲覧者の皆様、日本福祉教育専門学校を旅立つ皆様のご活躍を祈念しております。
 社会福祉士受験支援講座・教員日記 筆者


<日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科>
平成 29 年 3月 22 日(水)18:30開始
「合格したての現役学生による国家試験報告会」



<重要なお知らせ>
 個人ブログである、社会福祉士受験支援講座・教員日記のリニューアルを実施中です。
 当ブログ全体、それぞれの記事等、リニューアルを行う予定です。
 閲覧者の皆様にはご不便をお掛けしています。ご容赦ください。
 何卒、よろしくお願い致します。

 社会福祉士受験支援講座・教員日記 筆者


*筆者宛てのメールはこちら*
<ご感想など、当ブログ筆者へのコメントを、フォームから送信して下さい。匿名も可です>



「貧困問題と相談援助」 当ブログ筆者の講演 音声記録の一部を公開中

当ブログ筆者の論文
当ブログ筆者の論文 「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発」
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号 37頁から55頁 平成27年4月



[PR]
<参考 情報提供>
子どもの貧困にむきあう  公開研究会
一般公開・無料・申し込み不要・先着順
2017年3月12日(日) 13時00分~17時45分(開場12:30)

13:00~14:40 第1部 映画上映会「さとにきたらええやん」
15:00~16:30 第2部 講演会 講師 荘保共子氏
 映画の主人公の一人、荘保さんご自身に「こどもの里」での取り組みと、中学校区を拠点にした学校教員との連携の取り組みについて、語っていただきます。
(会場:慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール)
慶應義塾大学教職課程センター 公開研究会 研究交流・懇親会

映画「さとにきたらええやん」 以下、公式HPから引用
「大阪市西成区釜ヶ崎。“日雇い労働者の街”と呼ばれてきたこの地で38年にわたり取り組みを続ける「こどもの里」。
 “さと”と呼ばれるこの場所は、障がいの有無や国籍の違いに関わらず、0歳からおおむね20歳までの子どもが無料で利用することができます。学校帰りに遊びに来る子、一時的に宿泊する子、様々な事情から親元を離れている子、そして親や大人たちも休息できる場として、それぞれの家庭の事情に寄り添いながら、地域の貴重な集い場として在り続けてきました。
 本作では「こどもの里」を舞台に、時に悩み、立ち止まりながらも全力で生きる子どもたちと、彼らに全力で向き合う職員や大人たちに密着。子どもたちの繊細な心の揺れ動きを丹念に見つめ、子どもも大人も抱える「しんどさ」と、関わり向き合いながらともに立ち向かう姿を追いました。

 1977年、釜ヶ崎のこどもたちに健全で自由な遊び場を提供したいとの思いから、こどもたちの遊び場(ミニ児童館)「子どもの広場」としてスタート。
 1980年に現在の場所で「こどもの里」を開設以降、放課後の子どもたちの居場所としてだけでなく、生活の不安定さに揺れる子どもたちや親たちのサポートをし続けている。家庭環境によって行き場のない子どもたちのニーズも高まり、緊急一時保護の場、生活の場の提供も。
 2013年、大阪市の「子どもの家事業」を廃止を受けて存続が危ぶまれたが、「特定非営利活動法人(NPO法人)こどもの里」を設立し、現在も変わらず、こどもが安心して遊べる場の提供と生活相談を中心に、常にこどもの立場に立ち、こどもの権利を守り、こどものニーズに応じる、をモットーに活動を続けている」引用ここまで




<参考>
権利擁護セミナー
「精神障害がある人の権利擁護―病院・地域での支援を考える」

日時:2017年3月25日(土)PM1:30~4:30
会場:兵庫県私学会館(JR・阪神元町駅 東出口北側 徒歩5分)
 078(331)6623 (http://www.hyogo-shigaku.or.jp)

講演 PM1:30~2:50
 原昌平さん(読売新聞大阪本社編集委員・精神保健福祉士) 
鼎談 PM3:00~4:30
 岩尾俊一郎さん(岩尾クリニック院長・精神科医師)
 北村拓也さん(すずらん法律事務所・弁護士)
 原昌平さん(上記)
受講対象者:精神保健福祉士、施設職員、社会福祉士、保健師、臨床心理士、
当事者、家族、法律家など
参加費:無料
主催:NPO法人権利擁護・神戸心の相談センター
申し込み:NPO法人権利擁護・神戸心の相談センターへFAX・E-mailで。
FAX:078-754-7326 E-mail: officeあっとkobe-cocoro.org
(氏名、職種、所属、所属の住所、電話番号、E-mailアドレス、
その他質問事項を記載してください)


社会福祉協議会における社会福祉士の仕事、その実際
2017年3/12(日)13:30~16:00
会場 日本福祉教育専門学校 本校舎

 社会福祉士養成学科(通学1年)と社会福祉士養成科(夜間通学1年)の学科説明、社会福祉士の資格と仕事の概要を解説します。
<お問い合わせ先 会場> 
 学校法人敬心学園 日本福祉教育専門学校
 電話:0120-166-255



貧困と社会福祉士の実践 公的扶助ソーシャルワークとは 当ブログ筆者の公開講座

貧困問題と相談援助:当ブログ筆者講演の音声記録の一部を公開中
[PR]
 社会福祉士受験支援講座・教員日記は、2009年3月のブログ開設から今日までに、450万PV(アクセス)を頂きました。
 日々、2500人を超える方々に閲覧頂き、1ヶ月では10万PV(アクセス)を頂いております。
 閲覧して下さっている皆様、ありがとうございます。
 閲覧中の皆様に下記のお知らせです。


当ブログ筆者の公開講義 平成 29 年 2月 23 日( 木)18:30から19:30 
「貧困問題とソーシャルワーク」
 当ブログ筆者担当の社会福祉入門講座(一般公開)

 会場:日本福祉教育専門学校 電話:0120-166-255
当ブログ筆者が担当


公的扶助ソーシャルワーク 子どもの貧困、生活困窮家族と社会福祉士の実践
 今回の公開講座は、貧困問題と社会福祉士による支援の実際、子どもの貧困、世代間連鎖、アルコールや薬物依存症等のメンタルヘルス、医療ソーシャルワークの課題等を当ブログ筆者が解説します。
 また、貧困問題の改善を図るソーシャルインクルージョンなどの社会福祉の理念もお話しします。
 これらのテーマを、社会福祉士として貧困の現場に20年間ほど取り組み続けてきた当ブログ筆者(専任教員)が、はじめての方にも分かりやすく解説します。

 生活困窮者自立支援制度による自立相談支援事業や困窮世帯の子どもの学習支援等、貧困問題への新たな支援事業も開始されました。
 当学科の卒業生のなかにも、これらの相談事業を担い、自立と社会参加に向けた支援、生活や就労の意欲の向上、繋がりの構築、福祉制度の活用とプラン作成、生活の助言等を通じて、生活問題の解決とメンタルヘルスを支援しています。
 生活困窮家庭と子どもへの包括的な支援は、医療ソーシャルワーカーやスクールソーシャルワーカー等の社会福祉士にとっても、更に重要なテーマとなりました。
 
 今回は、貧困・低所得者支援に関連する生活や家族の問題と、相談援助やグループワーク等、ソーシャルワークなどを重点的にお話しします。
 テーマに関心をお持ちの方、社会福祉士を目指す方等を対象とした公開の社会福祉入門講座(本校入学前講座)です。
 一般公開、参加無料。ブログ閲覧中の皆様、関心をお持ちの皆様、ご参加下さい。

<内容予告 貧困問題とソーシャルワーク>
・貧困問題とは何か。社会的排除とは。
・ソーシャルワークによる生活困窮者への支援、エンパワメントを中心として。
・相談援助(ケースワーク)の仕事の実際。人間を支える仕事である。
 個々の自分らしさ、人間らしさが活かされる仕事でもある。
 社会福祉士は、新たな支援の事業、プログラムを創造していく。
 エンパワメントとは、自らの力で問題に取り組み、変化を起こす力を高めることを目指す支援。

・ブログ筆者の貧困・生活困窮者支援領域のソーシャルワーク実践
 筆者の、生活困窮者、生活保護受給者を対象としたソーシャルワーク実践。グループワーク等の実際。事例も用いて解説。

・貧困による健康と生活、家族の破壊 繋がりの困窮
・子どもの貧困、生活困窮の世代間連鎖等、子どもの健康や教育の格差。
 スクールソーシャルワークの課題。貧困と教育。
・生活困窮化に対するソーシャルワーク
・心身の健康破壊、社会的孤立、コミュニケーション・繋がりの貧困とは。
・虐待、ドメスティックバイオレンスDV被害。
・アルコール・薬物等の依存症問題、メンタルヘルス等の健康問題の重複
 貧困・生活困窮者と医療ソーシャルワーク。
 
・貧困問題の改善を目指して-生活困窮者の相談援助、グループワーク 社会福祉士
・社会的孤立、心身の健康破壊からの回復を目指す相談援助
・生き方を支えるソーシャルワーク。


貧困問題と相談援助:当ブログ筆者講演の音声記録の一部を公開中

会場:日本福祉教育専門学校 (1階窓口で使用教室をお問い合わせ下さい)
参加費:無料(どなたでも参加できます)

<お問い合わせ先> 
 学校法人敬心学園 日本福祉教育専門学校
 電話:0120-166-255


日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です

社会福祉士及び介護福祉士法


当ブログ筆者執筆の新刊
精神保健福祉援助演習(専門)第2版
精神保健福祉士シリーズ 10
福祉臨床シリーズ編集委員会 編

ISBN978-4-335-61117-9
発行日 2016/02/22 弘文堂

第8章 地域における精神保健問題 依存症と生活困窮(pp.171-178)
<概要>
 簡易宿泊所街「寿町」の精神科診療所におけるアルコール依存症と薬物依存症患者の支援の実践から、回復を図るグループワークや相談援助の課題等を考察した。
 生活保護を受給し簡易宿泊所に居住するアルコール・薬物依存症患者の回復の鍵を握るものとして、レジリアンスを挙げた。具体的には失敗を繰り返しても援助者と繋がり続け、危機を回避するための協働や、訪問やグループワーク等による社会的孤立を防ぎ、全人的な支援の持続が有効であると論じた。

当ブログ筆者の説明会
社会福祉協議会における社会福祉士の仕事
 コミュニティワークの実際

会場 日本福祉教育専門学校 本校舎
2017年2月18日(土)13:30から16:00

<お問い合わせ先 会場> 
 学校法人敬心学園 日本福祉教育専門学校
 電話:0120-166-255


2017年 3/1(水)18:00から19:00
 平日オープンキャンパス&個別相談会

 会場 日本福祉教育専門学校 高田校舎
 社会福祉士養成学科(通学1年)と社会福祉士養成科(夜間通学1年)の学科説明、社会福祉士の資格と仕事の概要を解説します。




映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』公式サイト
引用「イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。
 これはもはや遠い国の見知らぬ人の話ではない。
 前作の『ジミー、野を駆ける伝説』を最後に映画界からの引退を表明していた、イギリスを代表する巨匠ケン・ローチ監督。しかし、現在のイギリス、そして世界中で拡大しつつある格差や貧困にあえぐ人々を目の当たりにし、今どうしても伝えたい物語として引退を撤回してまで制作されたのが本作『わたしは、ダニエル・ブレイク』である」引用ここまで
[PR]
当ブログ筆者の説明会
社会福祉協議会における社会福祉士の仕事
 コミュニティワークの実際

会場 日本福祉教育専門学校 本校舎 参加無料 参加申し込み制
2017年2月18日(土)13:30から16:00


 当ブログ筆者も、20年間程、社会福祉士として地域密着のソーシャルワーク実践を続けてきました。コミュニティワーク、アウトリーチ、社会福祉調査等。
 これら地域福祉実践の経験と知識を、現場直結のソーシャルワーク専門職教育に活かしています。

 18日の説明会では、カリキュラムの説明、キャンパスツアー等の他に、当ブログ筆者が下記の内容のミニ講義のプログラムを担当します。ご質問も歓迎です。

コミュニティの未来を創る専門職 ソーシャルワーカー
 社会福祉士は、ソーシャルワーク専門職であり、地域社会の支援活動であるコミュニティワークも重要な仕事の一つです。
 その役割をいくつか挙げると、次のようになります。

コミュニティワーク実践 共生のコミュニティを目指して
1. ソーシャルサポートネットワークの構築
 住み慣れたコミュニティで暮らし続けるため、サポートを必要とする子どもと家族、高齢者や障害者、生活困窮者等を支えるためのソーシャルサポートネットワークを構築し、ノーマライゼーションの具現化を図る。多様な人々の社会参加の促進でもある。
 言い換えると、コミュニティで支え合う人と人とのつながりを生み出すこと。そして、共助、相互支援のプロジェクトを共に創造する。

2.総合相談とアウトリーチ 社会的孤立から脱するために
 相談援助の専門職として総合相談を行う。コミュニティで生きる人々の、それぞれの自分らしい生活、生き方を包括的に支える。
 コミュニティの住民の多様なニーズに対して、行政や既存の福祉サービスだけでは、十分には対応しきれない分野もある。それぞれのコミュニティ主体、住民が主役のローカル・プロジェクトの役割も求められている。
 共に生きるコミュニティづくりや、見守りや支え合いの活動を推進し、住民参加の地域福祉活動と専門職の相談やアウトリーチの協働によって社会的孤立を防ぐ。
 コミュニティの中で孤立しサポートを必要としている人々に寄り添い、自分らしい生活を支える専門職である-人間のつながりを拡げながら。
 
3.ボランティアのコーディネート業務、ボランティア活動の促進
 地域社会への参加の意識や、ボランティア活動への関心が高まっている。
 ボランティアを必要とする人、志願する人を繋ぐコーディネートを行い、多様な人々の交流を促進する。
 他者に役立つ何かをしたい、自分たちのまちが住み易くなるように何かをしたい等の思いを持ち、コミュニティへの貢献を望む人々を媒介し、地域福祉活動を促進する。ボランティアにとっての自己実現、自分自身の人間的成長、新しいつながり、生きがいを深める支援でもある。
 コミュニティとの協働によって、地域のプロジェクトの立案、開発し、人々と共に実現していく。

 活発化する民間企業の社会貢献活動とコミュニティとの間を橋渡しする。
 企業の社会的責任として、会社施設の地域住民等への提供、社員のボランティア活動支援等が今日的な課題となっている。企業の社会貢献活動の活性化は、地域社会における企業活動にとって不可欠であり、営利だけではない多様な価値を社員、コミュニティと共有することが企業活動にとっても必要であるという意識が高まっている。

4.福祉教育プログラムを実践する
 障害者等への理解を広げるため、ボランティア活動への意識を高めるため、子どもや住民に福祉教育プログラムを実施する。学校やコミュニティに出向き、体験型学習プログラムを実施する。
 ボランティア活動や障害者等に対する理解を深め、将来の地域福祉活動の担い手を育てていく。

支え合い、共助のまちづくりに貢献するコミュニティワーカー
 つまり、共生のコミュニティ、福祉のまちづくりのために地域福祉を推進することに、社会福祉協議会の社会福祉士の実践の中心があります。
 コミュニティとそこに生きる一人ひとりに深く関わり、社会に貢献する仕事です。

 今回のオープンキャンパスの体感プログラムでは、これらの社会福祉協議会の社会福祉士の仕事の実際について、当ブログ筆者が分かりやすくご説明いたします。
 社会福祉協議会には、毎年、当学科の学生も数多く就職しています。
 今回のテーマやコミュニティワークについて知りたいという方、ご参加ください。

<お問い合わせ先> 
 学校法人敬心学園 日本福祉教育専門学校
 電話:0120-166-255



「貧困問題と相談援助」 当ブログ筆者の講演 音声記録の一部を公開中


当ブログ筆者の論文
当ブログ筆者の論文 「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発」
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号 37頁から55頁 平成27年4月


当ブログ筆者の出張講義 福祉施設職員研修 無料>
東京都の登録講師派遣事業
「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修」講座番号85

内容 介護、福祉職員のストレスへの対処や燃えつきの予防、心身の健康のセルフケアを支援する研修

「生活困窮者、生活保護受給者対象のグループワーク」講座番号79
内容 貧困、生活保護受給者対象のグループワークプログラムと留意点等を、ブログ筆者の実践や事例に基づき解説

「障害者福祉施設におけるグループワークの基礎」講座番号52
内容 福祉施設におけるグループワークのプロセス、方法、プログラム等の援助技術の基礎を解説。

「福祉施設職員の職業倫理、ハラスメント予防」講座番号86
内容 福祉施設職員に求められるモラルや福祉マインドの基礎と、ハラスメントの予防を含めて解説。

 上記はブログ筆者 関屋光泰が担当する研修です。
この講座は、東京都福祉保健局の委託による、福祉・介護・保育事業所対象の職場研修です。ブログ筆者が講師として出向きます。
詳しくは下記をクリック
東京都社会福祉協議会登録講師派遣事業

<ブログ記事 バックナンバー>
当ブログ記事バックナンバー 福祉施設職員研修



当ブログ筆者担当の講座
社会福祉入門講座
平成 29 年 2月 23 日( 木)18:30から19:30
「貧困問題とソーシャルワーク」 講義 当ブログ筆者

会場 日本福祉教育専門学校
社会福祉士養成学科・養成科 入学前講義


社会福祉士及び介護福祉士法
[PR]
<ご案内>
シンポジウム 社会的養護を担う人の育成 <「育ち」「育て」そして、子どもと一緒に「育つ」>
 社会的養護における「育ち」「育て」を考える研究会 主催


下記は案内文より抜粋、引用
 「本研究会は、国立武蔵野学院(児童自立支援施設)が事務局となり、社会的養護関係者・関係団体が一堂に会し、社会的養護のもとで暮らすすべての子どもの「育ち」「育て」について、種別を超えて検討する研究会です。
 今年度の研究テーマは、「社会的養護を担う人の育成」とし、平成28年度、平成29年度の2年間をかけて研究する予定としています。
 今回の研究会シンポジウムは、会のメンバーだけではなく、社会的養護関係者及び児童福祉や教育等に関心のある学生などより多くの人たちに集まっていただき、「社会的養護を担う人の育成」を考えるための基調講演を行い、あわせて、このテーマについて広く考えるためのシンポジウムを行いたいと思います」。 引用

<シンポジウム 社会的養護を担う人の育成>
日 時 :平成29年2月25日(土)14:00~17:00(受付13:30~)
場 所 :国立障害者リハビリテーションセンター 学院 講堂
内 容 :1.あいさつ及び平成28年度研究会テーマの趣旨説明
2.基調講演 「社会的養護を担う人の育成について(仮題)」
3.シンポジウム
4.報告(研究進捗状況と今後の方向性) 研究会委員
参加者 :社会的養護関係者及び児童福祉や教育等に関心のある学生など 約200名(申し込み先着順)
参加費 :無料


参加申し込み:平成29年1月23日(月)受付開始 2月15日(水)締め切り
(締め切り後の応募でも参加可能とのことです)
参加申し込み等の詳細は案内文


社会的養護における「育ち」「育て」を考える研究会
 つながりのある健やかな「育ち」「育て」を目指して
 設置要項(抜粋

 「社会的養護の下で暮らす全ての子どもの、つながりのある健やかな「育ち」「育て」を目指して、各関係団体が十分な協働・連携のもと、人材育成等ケアの質の向上を図るために継続的な検討を実施し、研修のあり方等について計画を策定する場が必要であることから、社会的養護関係者からなる本研究会を設置するものである」 引用ここまで


<当ブログ筆者より>
 当ブログ筆者は、.国立武蔵野学院 附属児童自立支援専門員養成所において、公的扶助論の非常勤講師も務めています。

 上記のお知らせを頂いたので、ご案内をします。


 国立武蔵野学院は、大正8年 (1918年) 3月開設された児童自立支援施設である。
 児童自立支援施設の源流は、留岡幸助の家庭学校等の感化施設の実践にある。
 現在の児童自立支援施設は、児童の問題行動、とりわけ「非行」を中心に指導、支援を行っている。平成9年の児童福祉法改正によって、それまでの「教護院」から児童自立支援施設に名称が変更され、「家庭環境その他の環境上の理由により生活指導等を要する児童」も対象に加えられた。また、通所、家庭環境の調整、地域支援、アフターケア等の拡充を図りながら、非行問題を抱える児童の支援と、他の施設では支援が困難な児童の支援施設としての役割を果たしている。
 専門職による「枠のある生活」を基盤とした生活支援によって、子どもの健全で自主的な生活を志向し、家庭的・福祉的な支援の方法によって、児童の育ちなおしや立ち直り、社会的自立を目指した支援が実践されている。
 児童自立支援施設は、少年法に基づく家庭裁判所の保護処分等により入所する事例もあり、児童福祉法では、都道府県等に児童自立支援施設の設置義務が課せられ、その殆どが公立施設である。

児童自立支援施設
施設数  定 員  現 員
58か所 4,024人  1,548人
(施設数:平成23年10月/家庭福祉課調べ)
(定員・現員:平成23年3月末/福祉行政報告例)

児童福祉法(昭和22年法律第164号)
第44条 児童自立支援施設は、不良行為をなし、又はなすおそれのある児童及び家庭環境その他の環境上の理由により生活指導等を要する児童を入所させ、又は保護者の下から通わせて、個々の児童の状況に応じて必要な指導を行い、その自立を支援し、あわせて退所した者について相談その他の援助を行うことを目的とする施設とする。

社会的養護とは、保護者のない児童や、保護者に監護させることが適当でない児童を、公的責任で社会的に養育し、保護するとともに、養育に大きな困難を抱える家庭への支援を行うことである。
 社会的養護は、「子どもの最善の利益のために」と「社会全体で子どもを育む」を理念として行われている。
[PR]
 医療ソーシャルワーカーとは、病院やクリニックの相談員として働く社会福祉士
 医療機関の相談員として、医療に関わる患者本人やその家族等の人々の心理社会的問題への相談援助を行っています。
 医療の現場における、ソーシャルワークの専門職として社会福祉士と精神保健福祉士があります。心理社会的な問題に対し、ソーシャルワークを用いて援助しています。
 今日の医療は、QOL(クオリティ・オブ・ライフ 生活の質、生命の質)尊重の治療、ケアを、多職種によるチームで行うことを目指しています。


 今回の説明会では、社会福祉士養成学科(通学1年制昼間部)や社会福祉士養成科(同 夜間部)の卒業生の多くが活躍する、医療機関において相談援助を行う社会福祉士=「医療ソーシャルワーカー MSW」の仕事の実際を中心にお話します。

 当ブログ筆者も社会福祉士として、医療機関に勤務し、生活困窮者の精神科医療に関わる相談援助や、グループワーク、精神科リハビリテーションを約20年間、実践してきました。

 また毎年、社会福祉士養成学科学生の20%程が、医療機関に医療ソーシャルワーカーとして就職していきます。当学科では最も人気のある就職先です。

医療ソーシャルワーカーの仕事の実際とは
 病院やクリニック等で、入院・通院中の患者やその家族の方々の、病気やケガの療養と、関連する心理社会的な問題について相談援助等を行う専門職です。
 つまり、病気によって失業、子育ての困難、在宅生活における不自由、経済的困窮等の生活問題が生じることがあります。
 逆に、仕事や人間関係におけるストレス、食生活や生活環境の問題等が、心身の健康を損なう要因の1つになることもあります。
 人間と生活の全体を捉えた医療ソーシャルワーカーによる相談援助が、医療機関において求められています。

 医療機関において医療ソーシャルワーカーは、健康問題に伴う患者の心理的不安、社会的な痛み、喪失への悲嘆、患者の家族の予期悲嘆、障害やターミナルの受容等に寄り添い、相談援助等のソーシャルワークによって支援していきます。
 患者の権利擁護や、患者・家族と医療専門職や病院との関係の形成、調整、媒介を行っています。

 病気と、生きていることに意味を見出す、自己を見つめることを支えるソーシャルワーク。
 ひとりの人間と人間として向き合い、感情表現を支えること等の課題。


 医療ソーシャルワーカーの相談室に持ち込まれる相談内容とは
 病気や療養に伴う不安や、痛み・後遺症・ハンディキャップの困難、家族関係の問題、貧困、社会的孤立などの生活問題についてです。
 また、退院して自宅等で療養する準備や、メンタルヘルスやアルコール依存症の相談、学校や職場に復帰するために障害となる問題の解決等の役割を担っています。
 これらの心理社会的問題が放置されれば、入院による治療や退院後の療養や通院の継続が難しくなります。

 人間を支援し社会貢献の専門職
 医療ソーシャルワーカーは、ソーシャルワークによって問題の解決を図り、患者のいのちと健康、その人らしい生き方を支えます。
 つまり、病気や後遺症等の困難に対して、入院からリハビリテーション、退院後の地域生活に向けて、総合的に支援する相談援助の専門職です。
 具体的には、入院、転院や退院等の相談、退院後の在宅療養、在宅生活支援、制度の案内、訪問看護等の社会資源との連携、家族関係の調整等。

 なお、厚生労働省は、「医療ソーシャルワーカー業務指針」として、下記のように医療ソーシャルワーカーの職務を通知しています。その概要を紹介します。
(1)療養中の心理的・社会的問題の解決
受診や入院、在宅医療に伴う不安等の問題の解決を援助し、心理的に支援する。
各種福祉サービス等の活用や、傷病や療養に伴って生じる家族関係の葛藤等の調整を行う。

(2) 退院援助
退院後の、在宅医療に伴う患者、家族の不安等の問題の解決を援助する。
傷病や障害の状況に応じたサービスの利用の方向性を検討し、退院後の各種施設やサービスの活用等を支援する。

(3)社会復帰援助
(4)受診・受療援助
診断、治療内容に関する不安がある場合、患者、家族の心理的・社会的状況を踏まえて、その理解を援助する。
また、心理的・社会的原因で症状の出る患者について情報を収集し、医師等へ提供し、人間関係の調整、社会資源の活用等による問題の解決を援助する。

(5) 経済的問題の解決
(6) 地域活動
地域の保健医療福祉システムづくりに参画を行う。

【2月4日の説明会 13時半開始】
 今回のオープンキャンパスでは、学科説明等に加えて、『医療ソーシャルワーカーの仕事の実際』を学科卒業生の医療ソーシャルワーカーのミニ講演を予定しています。質問等も歓迎です。
 医療ソーシャルワーカーをはじめ、人間を支え社会に貢献する専門職である社会福祉士の資格と仕事に関心をお持ちの皆さま、ぜひ、ご参加ください。


当ブログ筆者担当の講座
社会福祉入門講座
平成 29 年 2月 23 日( 木)18:30から19:30
「貧困問題とソーシャルワーク」 講義 当ブログ筆者

会場 日本福祉教育専門学校
社会福祉士養成学科・養成科 入学前講義



貧困問題と相談援助:当ブログ筆者講演の音声記録の一部を公開中
[PR]
第29回社会福祉士国家試験 受験生の皆様へ応援メッセージ 平成29年1月実施 平成28年度
 2017年1月29日は、社会福祉士国家試験のいよいよ当日になります。
 専門学校や大学における、筆者の講義を受講した学生の皆さん、また当ブログを閲覧して下さっている受験生の皆様のご健闘を、当ブログ筆者は願っています
 横浜、千葉、埼玉、東京等、各地の試験会場で、最善を尽くして下さい。
 とりわけ、日本福祉教育専門学校の社会福祉士養成学科と社会福祉士養成科、ソーシャルケア学科、本校通信課程等の受験対策講座、山梨県立大学等において、筆者の講義を受けて下さった皆さんを、全力で応援しています。
 社会福祉士及び精神保健福祉士であるソーシャルワーカーとなった皆さんを、支援を必要としている多くの人々が待っています。
 もちろん、資格取得はゴールではなく、成長する専門職のスタートとも言えます。
 そのスタートのときが来ました。
 あと一息、ここが正念場です。皆で共に頑張りましょう!!
 当日の朝、東京の試験会場(ビックサイトの建物内)には、応援に行く予定です。皆さんの元気な姿を見れることを願っています。


<出題等の予想>
・問題の形態は、「正しい(適切)なものを1つ(2つ)選びなさい」。しかし、注意して当日に望む。
・問題の難易度は、前回(28回)程度と思われる。近年登場した用語(例 ハームリダクション)等も現れるので、難しくなった印象を与えるか。

*出題予想
・地域包括ケア、住民参加型の地域福祉活動(例 「子ども食堂」。認知症カフェ)
 多職種連携、チーム

・スーパービジョン、専門職の燃えつき

・グループワーク、アルコール依存等と自助グループ

・ニーズ発見、アウトリーチ
 高齢者や生活困窮者等の社会的孤立予防

・児童虐待、家族問題

・セクシャル・マイノリティ、性同一性障害

・様々な産業の職場のメンタルヘルス、ストレスチェック

・多様性の尊重、ソーシャルワークの価値


*ソーシャルワーク専門職のグローバル定義 2014年7月
 「ソーシャルワークは、社会変革と社会開発、社会的結束、および人々のエンパワメントと解放を促進する、実践に基づいた専門職であり学問である。社会正義、人権、集団的責任、および多様性尊重の諸原理は、ソーシャルワークの中核をなす。ソーシャルワークの理論、社会科学、人文学、および地域・民族固有の知を基盤として、ソーシャルワークは、生活課題に取り組みウェルビーイングを高めるよう、人々やさまざまな構造に働きかける。
この定義は、各国および世界の各地域で展開してもよい
 2014年7月IFSW(国際ソーシャルワーカー連盟)
 (社会福祉専門職団体協議会国際委員会、日本福祉教育学校連盟による日本語定訳)
*ポイント
民族固有の知
社会変革
社会開発
社会的結束の促進


 試験の直前になりましたが、受験生の皆さんの最優先の課題は、当日の朝、元気に各試験会場に到着することです。
 明日の試験を思い煩うのではなく、今日は身体と頭、心を休めましょう。
 焦らず、慌てずに、学校・大学の友人や知り合い、職場の同僚などに、メールを送るなどもしてみましょう。
 少し、落ち着けるかと思います。

 前日までは、最後の踏ん張りどころです。苦手科目の重要事項を再確認しつつ、自分のペースを大事にしましょう。
 当日は、これまでの自分の学びに自信を持って、不屈の精神で最後まで諦めず、やり抜きましょう。
 自分の努力を信じて気負い過ぎずに、落ち着いて一問ずつ解いていきましょう。
 社会福祉士国家試験の受検生の皆様のご健闘を祈念しています。
 
2017年1月28日 社会福祉士受験支援講座・教員日記 筆者 関屋光泰


以下は、試験当日に向けたアドバイスです。
1.試験に用いる鉛筆(予備も)、プラスチック消しゴム等を準備する
 受験票で持ち物を確認すること。
 必要に方は下記も持参。
 調節可能な上着(カーディガンやトレーナー、パーカー等)を準備する。
 冷え性の方は、膝掛・座布団も準備する。
 指先を暖める使い捨てカイロ等。

・交通経路と所要時間等を確認する余裕のある移動時間が安全である<天候も要注意>
・前日や当日、胃にもたれるトンカツを食べるのは、縁起のためでも避ける。キットカットが良いだろう。

2.夜は早めに布団に入る。すぐ眠れなくても焦らず、ゆったり、暖かく過ごす

3.当日の朝は時間に余裕を持って、会場へ 
 当日は、試験会場の近所の人も、7時までに必ず起きる。
 開場時間の前に、会場に確実に入場できるようなゆとりを持って到着する。交通や会場付近の思わぬ混雑で慌てないように、時間に余裕を持って移動する<要注意>
 ただし、寒い戸外で長時間待たないように。
 万が一、交通機関が大幅に遅れた場合は、必ず遅延証明を受け取る。
 また、必ず朝食も食べること
 飲み物等は持参した方が安心できるかと思われる

4.緊張し過ぎるのは禁物である。会場では、知り合いを見かけたら声を掛け合うなどの工夫で、緩和できる。
 適度なリラックスで試験に臨む。開始前に、肩や首を回す、深呼吸等を行う。
 会場についたらトイレの位置を確認。 
 試験中のトイレ等、心配事は、係員に確認する。
 昼休みは昼食を食べる、知り合いと話す等、気分転換を。午前の部の自己採点はしてはならない。

5.試験問題のなかで、初めて目にする言葉・名称が登場しても焦らないこと
 先ず、問題の出題形式、文章を確認する
・問題を解くときに、先ず頼るのは
 ①覚えてきた知識であり、
 次に②ソーシャルワーク的な思考法、
 最後は③一般常識で判断することになる。
 簡単には諦めないことが大切である。
 分からない問題は、焦らず、先ずはよく読み、そして考える。
 それでも駄目ならば、運に委ねて、次の問題を頑張るだけである。
 マークシートへの解答のマークミスに気をつける。
 
6.試験終了の合図があるまで、決してあきらめない。
 万が一、体調があまり良くなくても(睡眠不足等)、最善をつくす

7.どうしても分からない問題があったら、最終手段として、自分の「ラッキーナンバー」を決めておいて解答とする。

8.試験終了後は、1人で落ち込まないようにする
 合格者を含めて、多くの受験者が終了後に落ち込む傾向である。
 不安は、知り合い等に話す。クラスやゼミ、スクーリングの知人等との「打ち上げ」はおすすめできる。

*相談援助の理論と方法等の事例問題は、社会福祉士の倫理綱領、行動規範なども参考にする

下記をクリック 社会福祉士の倫理綱領 直前に必読
社会福祉士の倫理綱領  日本社会福祉士会



社会福祉士 精神保健福祉士国家試験
公益財団法人社会福祉振興・試験センター


生活困窮者自立支援法
・平成25年12月に公布、平成27年4月施行。
・目的
 生活保護に至る前の段階の自立支援策の強化を図るため、生活困窮者に対し、自立相談支援事業の実施、住居確保給付金の支給その他の支援を行うための所要の措置を講ずる。

自立相談支援事業の実施及び住居確保給付金の支給(必須事業)
 福祉事務所設置自治体は、「自立相談支援事業」(就労その他の自立に関する相談支援、事業利用のためのプラン作成等)を実施する。
 自治体直営のほか、社会福祉協議会や社会福祉法人、NPO等への委託も可能(他の事業も同様)。
福祉事務所設置自治体は、離職により住宅を失った生活困窮者等に対し家賃相当の「住居確保給付金」(有期)を支給する。

就労準備支援事業、一時生活支援事業及び家計相談支援事業等の実施(任意事業)
福祉事務所設置自治体は、以下の事業を行うことができる。
・就労に必要な訓練を日常生活自立、社会生活自立段階から有期で実施する「就労準備支援事業」
・住居のない生活困窮者に対して一定期間宿泊場所や衣食の提供等を行う「一時生活支援事業」
・家計に関する相談、家計管理に関する指導、貸付のあっせん等を行う「家計相談支援事業 」
・生活困窮家庭の子どもへの「学習支援事業」
 その他生活困窮者の自立の促進に必要な事業

・費用
自立相談支援事業、住居確保給付金:国庫負担3/4
就労準備支援事業、一時生活支援事業:国庫補助2/3
家計相談支援事業、学習支援事業その他生活困窮者の自立の促進に必要な事業:
国庫補助1/2

[PR]
社会福祉士養成科 科長 荻原康一先生 通夜・告別式のお知らせ 
訃報

 本学 社会福祉士養成科 科長 荻原康一氏が、2017年1月5日(木)深夜に永眠されました。
 通夜、葬儀・告別式は下記の通り執り行われます。
 通夜・告別式のお知らせ 日本福祉教育専門学校HP
 ここに故人のご冥福をお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます。

 2017/01/08 日本福祉教育専門学校


 荻原康一先生は、優れた研究者であり、社会福祉士養成を担った教育者として、またお人柄も優れた人でした。
 先生との、あまりにも突然のお別れに、今は驚きと悲しみしかありません。
 先生は、最期の日まで専門職教育の重責を担っていました。
 研究者として駆け抜けた荻原先生に、心から追悼の想いを捧げます。

 当ブログ筆者  
[PR]
当ブログ筆者が全国社会福祉教育セミナーにて報告を行います(済)
第46回全国社会福祉教育セミナー2016 会場 淑徳大学 「ソーシャルワーク教育の新たな発展をめざして」
分科会第4 『一般・短期養成施設や通信課程におけるソーシャルワーカー養成の現状と課題』2016年10月30日

コーディネーター: 空閑浩人氏(同志社大学)
発題者: 山本由紀氏(上智社会福祉専門学校)
     明星明美氏(日本福祉大学福祉経営学部 通信教育)
     関屋光泰 (日本福祉教育専門学校)
主催 日本社会福祉教育学校連盟 日本社会福祉士養成校協会 日本精神保健福祉士養成校協会


分科会報告 社会福祉士養成校(通学1年 昼間部)におけるソーシャルワーク専門職養成
<抜粋>
関屋光泰 当ブログ筆者
1-1 社会福祉領域への「転職」を目指す学生と社会福祉士養成校
 日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、2004年度に設置された、大卒者等を対象とする社会福祉士一般養成施設の1年制の通学課程である。
 社会福祉士養成学科 昼間部 <定員80名>

<特徴>
①学生の子育て、家族介護との両立
学生の多様性 ボランティア等経験者、異業種からの転職、セカンドキャリア、社会福祉事業の継承者
学生による自主的な学習会。施設見学、自主ゼミ、受験対策
 当学科の学生は、大学において社会福祉以外の領域を学び、大学卒業後直ぐに当学科に進学する進路変更か、大学卒業後に社会福祉以外の職業等を経て、当学科に進学する社会人学生の両者で多数を占める。
 学生の就職先として、医療ソーシャルワーカーが最多で20%から30%であり、次いで公務員福祉職、社会福祉協議会が主要である。

 また、夜間部の社会福祉士養成科は、昼間に働きながらの学生生活である-現役社会人学生、勤労学生とも言えよう。
 同様に、精神保健福祉士養成学科と精神保健福祉士養成科の昼夜の通学課程を設けている。
 本校の特徴として、自由選択制のオープン科目が挙げられる。
 専門職養成の観点から、オリジナルの科目を開講し、介護へのロボットの応用等、フロンティアとも言える領域の学びを提供している。


*ソーシャルワーカーの養成 入学前教育から卒後教育まで繋ぐ
 社会福祉士養成校の主要な役割とは、社会福祉専門職の志願者を募り=入学前
 専門職養成教育の実施と福祉領域への就職の促進=在学中
 卒業後のスーパービジョンとネットワーク構築等、実践と生涯続く自己研鑽のフォローアップである。


 これらを繋ぎ、媒介する総合的な教育に関して述べていく。
 それは、ソーシャルワーク専門職への入口としでの学校であり、実践に就いた後も継続した自己研鑽、学習とその資源、ネットワークの媒介となる教育のあり方を探る。

<今回の報告の主要な内容>
テーマ1 
 実践に連結したソーシャルワーク教育 実践事例の活用とフィールドワークを重視
テーマ2
 入学前-在学中-実践・卒後教育を繋ぐソーシャルワーク専門職養成プロセス
 卒後教育として、認定社会福祉士課程、精神保健福祉研究科、同窓会総会等を学校として実施。
 当学科として、ソーシャルワーク実践研究会、卒業生スーパービジョン等を実施。
テーマ3
 養成校の専門職養成の課題-当日、詳細を報告


1-2 社会福祉士養成学科学生の社会福祉士への転職パターン
(1)大学卒業直後の転進
 主要には心理学部、法学部、教育学部卒業後の入学。近年は理系学部、スポーツ系学部も増加傾向にある。 略
(2)異業種からの転職
 医療事務、システムエンジニア、アパレル等 略
(3)専門性の拡充
 教育、保育、介護、からの社会福祉士への専門性拡充 略
(4)キャリアの再構築
 女性の活躍、定年退職後のセカンドキャリア等 略

 これらに加えて、社会福祉事業(施設、在宅等)の継承者。 当日、報告
 地域包括ケアを担う多様な福祉専門職の人材確保のため、社会人学生やセカンドキャリアを目指す学生のソーシャルワーク専門職養成は、重要であると考える。


1-3 入学の動機-福祉専門職への志願
 上記の専門性の拡充とキャリア構築に加えて、次のような動機を持って入学に至る。
(1)福祉の仕事への憧れ-福祉専門職への転職の源流
 人生のどの段階で抱いたものかは個人差があるが、人間と関わり支える仕事への漠然とした憧れが、転職の検討段階で復活し、動機を構成している。
 略 当日、詳細を報告

2-1 現場と繋がるソーシャルワーク教育、ドヤ街フィールドワーク 2003年から継続
 現場に直結した教育

相談援助実習指導等の演習において、自らの地域における実践を活かした事例検討やディスカッションを実施し、現場と直結した教育を行っている。
 約20年間の地域精神医療、公的扶助領域におけるソーシャルワーカーとしての実践経験と、その実践知や事例、エピソード等を講義において活用してきた。担当する講義において、専門職としての倫理や知識と、現場との往復を重視した実践的な学びを目指している。
 また、簡易宿泊所街「寿町」(横浜市中区)のフィールドワークとして、地域の医療機関や福祉施設の訪問プログラムを、地域福祉を学ぶフィールドワークとして2003年から実施している。寿町の現場を学生が体験し、また簡易宿泊所や福祉機関・施設への訪問を実施し、地域生活支援等の現状と課題を体験から学ぶプログラムとして継続している。
 加えて、児童自立支援施設の見学会と施設職員との交流のプログラムも2014年6月から実施している。
 認知症カフェ「MeMoカフェ」活動 2016年から開始 略

課題:フィールドワークによる学習、活動を更に展開したい。 例:子ども食堂。
 ⇒現場との出会い、当事者との交流。学校の社会貢献活動でもある。
 学生が主体となり地域福祉活動を創り、継続していくことを理想としている。


2-2 SWの視点と思考を育てるための演習、実習指導
 実践事例による演習 
 アルコール依存症、精神疾患、地域生活支援
 社会的孤立、多問題ケース(セルフネグレクト、健康管理、金銭管理)
 生活保護受給者、単身生活、グループワーク
 倫理的ジレンマ
 事例の一部を、当日、紹介


<演習テーマ 反響の大きいもの>
*ターミナル・緩和ケア
*アルコール・薬物依存症からの回復
*女性の貧困・DV問題
*子どもの貧困、養護問題
*リワーク支援
*福祉施設職員の燃え尽き、ストレスケア(後述)

 これらを、概要の解説、映像・文献等の資料、事例検討、ディスカッションから学ぶ。
 養成校と大学人間福祉学部のソーシャルワーク演習において実施。

*グループワークの理論と方法 実践事例 
 演習として、グループワークの学びを重視している。

*ケア、相談援助の技術。
*事例を用いたアセスメントや支援計画立案


2-3 入学前-在学中-実践を繋ぐ教育
1 導入期-ソーシャルワーク専門職キャリアの入口

<学生募集(広報)活動のポイント>
一、早期教育。ニ、専門職への志願。三、個別、双方向。
毎年、定員80名の充足を継続ー専門職も志願がなければ誕生しない。

<入学前教育-各講義のテーマ>
「地域包括ケアシステムにおける社会福祉士」
「障害者支援におけるNPO法人の役割」
「家族介護とジェンダー」
「日本の社会保障制度-今、何が問題か」
「貧困問題とソーシャルワーク」
「社会福祉士の役割と展望」
 専任教員が、その専門領域を活かして、入学予定者等対象の入学前講義として毎年、実施している。

2 養成期
*社会福祉士養成学科の国家試験対策
 当学科は、学生の社会福祉士国家試験の結果は、合格率は90%台から80%台を、合格者数も併せて全国トップクラスの結果を維持してきた。

 受験対策講座や直前講座、オリジナル模擬試験の実施、通常の講義における対応、個別指導等が源にある。学生の期待も大きい。
 しかし、養成校は社会福祉士国家試験の受験予備校ではない。当然ではあるが、専門職養成こそがミッションである。
 国家試験合格、資格取得は、専門職としてのキャリアのスタートラインに過ぎず、その先の実践の質が養成校に問われていると言えよう。

*受験対策(一部)
 クラス担任の相談、個別指導。
・「ノートテイキング」等、学生のピアサポート、自主ゼミ。
・本校オリジナル「社会福祉士模擬試験」を2回実施。
・「国家試験直前対策講座」-教員が科目を分担。

*ソーシャルワークの価値の内在化
①価値の源流を伝える。
 社会福祉の歴史の重視。
②価値観を揺るがす問いかけ。
  例 死生観、「自立」、多様性の尊重。
③視野、知識の幅を拡げる。
 ⇒参考文献の紹介、回覧 <次回に掲載>
 相談援助の基盤と専門職や実習指導における、価値、倫理の学びの重視。今日の社会福祉の領域のなかで、最優先の課題とも言えよう。


3 実践期-卒後の継続教育、スーパービジョン
 本校は、認定社会福祉士の課程を設け、筆者も講師を担当している。
 ソーシャルワーク機能別科目群(障害)
 「地域生活支援と自立支援協議会」

 ソーシャルワーク機能別科目群(高齢)
 「後見制度の活用(成年)」

 精神保健福祉研究科 <次回に掲載>

 ソーシャルワーク実践研究会
 卒業生の実践報告とディスカッション、卒業生と教員、在校生の交流の場として2ヶ月に1回実施。
 当日、詳細を報告 <次回に掲載>


<次回に続く>
社会福祉教育セミナー分科会 社会福祉士養成校における専門職養成<後編>
ソーシャルワーカー卒後教育


報告者 当ブログ筆者
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科 学科長
・相談援助の理論と方法
・相談援助の基盤と専門職
・相談援助実習指導 同実習
・社会調査の基礎 等。
・社会福祉士受験対策講義

・大学人間福祉学部 非常勤講師 ソーシャルワーク演習、社会福祉士受験対策講座
・国立武蔵野学院 附属児童自立支援専門員養成所 非常勤講師 公的扶助論


・ブログ「社会福祉士受験支援講座・教員日記」 筆者 http://miseki.exblog.jp/
訪問者数 のべ1,815,000人 2009年3月開設から
 1日の閲覧者 約2500人超


福祉施設職員のメンタルヘルスの支援 職員のストレスマネジメントと施設のリスクマネジメント論文 当ブログ筆者の業績一覧

当ブログ筆者の論文
『福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発』
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号
37頁から55頁 平成27年4月
ISSN 0919-2034


当ブログ筆者執筆の新刊
精神保健福祉援助演習(専門)第2版
精神保健福祉士シリーズ 10
福祉臨床シリーズ編集委員会 編

ISBN978-4-335-61117-9
発行日 2016/02/22 弘文堂

第8章 地域における精神保健問題 依存症と生活困窮(pp.171-178)
<概要>
 簡易宿泊所街「寿町」の精神科診療所におけるアルコール依存症と薬物依存症患者の支援の実践から、回復を図るグループワークや相談援助の課題等を考察した。
 生活保護を受給し簡易宿泊所に居住するアルコール・薬物依存症患者の回復の鍵を握るものとして、レジリアンスを挙げた。具体的には失敗を繰り返しても援助者と繋がり続け、危機を回避するための協働や、訪問やグループワーク等による社会的孤立を防ぎ、全人的な支援の持続が有効であると論じた。

職業訓練生たち 1年目職員が感じた介護&ストレス ヒアリングからみえたこと 関屋 光泰
 介護職員「こころの健康管理」その施策と工夫
 産労総合研究所 2015


貧困問題と相談援助 当ブログ筆者の講演 音声記録の一部を公開中


ソーシャルワーク実践研究会 11月5日のご案内 無料
ソーシャルワーク実践研究会
2016年11月5日(土)
14:30から16:00
会場 日本福祉教育専門学校 高田校舎

 社会福祉士養成学科卒業生等の実践報告。
 今回のテーマ「地域を基盤としたソーシャルワーク実践 社会福祉士の役割の真価を問う」
 毎回、医療福祉や障害者福祉、貧困等の実践報告を行っています。

 ご予約不要でどなたでもご参加いただけます。関心をお持ちの方、在校生や卒業生はもちろん、一般の方もご参加いただけます。
 当ブログ筆者も参加予定です。会場でお待ちしています。

 「ソーシャルワーク実践研究会」とは、当学科等の卒業後の学びとフォロー、交流の集まりである。
 社会福祉士の卒業生からの実践報告やディスカッション、卒業生と在校生、教員等との交流の場となっている。
 卒業生のネットワーク構築と、卒業生の相談に応じる機会として、また卒業生の自己研鑽や社会福祉領域への定着の支援、相互支援を促進している。
[PR]