タグ:相談援助の理論と方法 ( 193 ) タグの人気記事

相談援助の理論と方法・基盤と専門職 練習問題・中級編 

*社会福祉士 受験対策

問題30 アセスメントに関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 利用者の抱える生活問題だけでなく、その人の自助能力にも目を向ける。
B 家族や友人、近隣、専門家から利用者に関する情報を収集する時は、あらかじめ利用者の了解を得ておくことが重要である。
C 利用者を取りまく人間関係や組織,機関との関係性を視覚的に把握・理解する方法としてエコ・マップを作成する。
D アセスメントは、助言者が行うもので有り、利用者の意向を反映する必要はない。

(組み合わせ)
  A  B  C  D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ×
3 ○ × ○ ×
4 × ○ × ○
5 × × ○ ○


問題31 ケアマネジメントに関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A アセスメント、ケアプランの作成、ケアプランの実施、モニタリングなどの一連の過程で構成される。
B サービス調整は、フォーマルなサービスに限られる。
C ケアカンファレンスにおいて、ケアマネージャは、メンバーの役割調整も行う。
D ケアプランの作成は、利用者及びその家族との、協働作業によって進められる。

(組み合わせ)
  A  B  C  D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ×
3 ○ × ○ ○
4 × ○ × ○
5 × × ○ ○



*解答は下記をクリック

More<続き・解答→→→>
[PR]
相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級編 

*社会福祉士 受験対策

問題28 次の記述のうち、バイステック(Biestek,F)の七つの原則をして誤っているものを一つ選びなさい。

1 秘密保持の原則
2 個別化の原則
3 受容の原則
4 クライエントとの協働の原則
5 意図的な感情表出の原則


問題29 面接に関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 面接技法が用いられるのは、直接援助技術に限られる。
B 面接は、援助者と利用者との対等な関係を基本とする。
C 面接技法としては、言語的なコミュニケーションとともに、非言語的なコミュニケーションも重視する。
D 面接の場所は、面接室で行うのが適切であり、利用者の生活の場での面接は適切でない。

(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○×○
2 ○×××
3 ×○○×
4 ×○××
5 ××○○

More<解答と解説⇒⇒⇒⇒>
[PR]
相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級編 

*社会福祉士 受験対策

問題30 グループワークの援助媒体に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。

1 ソーシャルワーク関係
2 メンバーの相互作用
3 プログラム 
4 社会資源
5 スーパービジョン


問題31 ソーシャルサポートネットワークに関する次の文書の空欄ABCに該当する語句の組み合わせとして、正しいものを一つ選びなさい。

 社会福祉実践において、デイサービス事業やショーステイ事業などに代表されるような公的機関や専門職が提供する( A )サポートと、家族や近隣者など( B )サポートがあり、意図的に各種サポートの有機的な連携を活用しながら利用者を支援する方法の一つとして( C )がある。
<組み合わせ>
     A B C
1 インフォーマル   フォーマル       社会活動
2 フォーマル    インフォーマル     ケアマネジメント
3 オフィシャル   フォーマル        社会活動
4 フォーマル    インフォーマル     スーパービジョン
5 インフォーマル  ファーマー       ケアマネジメント


*解答は下記をクリック

More<続き・解答→→→→>
[PR]
相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級編 

*社会福祉士 受験対策

問題27 「終結」に関する次の記述のうち,正しいものの組み合わせを一つ選びなさい。 

A 利用者は、終結後に改めて相談することができない。
B 今後いくつか解決すべき問題はあるものの、その解決を利用者が自らの力で対応できる場合は終結することがある。
C 援助者は、意図的に終結を準備する。
D 終結は、援助過程の一部ではない。

(組み合わせ)
1 AB
2 AC
3 BC
4 BD
5 CD


問題28 次の記述のうち、正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A アドボガシーとは、援助過程において援助者が、利用者の権利を擁護するための活動である。
B エンパワメント・アプローチとは、利用者の潜在能力や可能性の強化と環境の改善を含めた主体的な問題解決を支援する援助方法である。
C ワーカビリティとは、利用者を取りまいているフォーマル及びインフォーマルなネットワーク状況を確認して、支援体制を強化していく方法である。
D コンサルテーションとは、関連機関や関連領域の専門家との相談等により、援助者が専門的助言や示唆を受けることである。

(組み合わせ)
  A  B  C  D
1 ○ ○ × ○
2 ○ × × ×
3 × ○ ○ ○
4 × ○ ○ ×
5 × × ○ ○


*解答は下記をクリック

More*解答⇒⇒⇒
[PR]
相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級編 

*社会福祉士 受験対策

問題30 アセスメントに関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。 

A 利用者の身体的、心理的な状況に重点を置き、利用者を取り巻く環境については把握する必要はない。
B 適切な援助計画を作成するために行う。
C 利用者の問題状況や、解決すべき問題について把握することである。
D 実施された援助が、効果をあげているかどうかを評価することがある。

(組み合わせ)
  A B C D
1 ○ ○ × ×
2 ○ × ○ ×
3 × ○ ○ ×
4 × ○ × ○
5 × × × ○



問題31 利用者との援助関係を作る際の基本となる自己覚知に関する次の記述のうち適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 援助者が利用者を理解するためには、援助者自身の自己覚知が前提となる。
B 自己覚知とは、利用者自身が置かれている状況を、本人に理解させることである。
C 自己覚知とは、援助者自身のものの味方や考え方について、自ら理解することである。
D 援助者の個人的な見方や考え方が、利用者をありのままに理解することを妨げる場合もある。

(組み合わせ)
  A  B  C  D
1 ○ ○ × ×
2 ○ × ○ ○
3 ○ × × ○
4 × ○ ○ ×
5 × × ○ ○



*解答は下記をクリック

More*解答⇒⇒⇒⇒
[PR]
相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級編 

*社会福祉士 受験対策

問題27 記録の作成に関する次の記述のうち、適切なものの組み合わせを一つ選びなさい。 

A 利用者の感情や心の動き、仕草や表情、援助者自身がうけた印象も記述する。
B 責任の所在を明確にする必要がないため、記録者名を表示しなくてもよい。
C 記録した人がわかれば、他人にわからない略語を使用してもよい。
D 「いろいろ」や「長時間」のように抽象的な表現を避け、具体的に表現する

(組み合わせ)
1 A B
2 A D
3 B C
4 B D
5 C D


問題28 セルフヘルプ・グループに関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 自助集団とも呼ばれる当事者の組織である。
B 相互支援や社会からの支援を求めて組織された、「親の会」や「患者の会」等がある。
C 自立生活センターをつくり、仲間同士によるピア・カウンセリング活動等を展開してきた障害者の団体等がある。
D 専門家が指導援助を行なうことを目的として組織した、当事者集団のことである。

(組み合わせ)
  A  B  C  D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ × ○ ×
3 ○ × × ○
4 × ○ ○ ×
5 × ○ × ○


*解答は下記をクリック

More*解答と解説⇒⇒
[PR]
相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級編 

*社会福祉士 受験対策

問題30 関連援助技術に関する次の組み合わせのうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A ネットワーク ――――― 利用者を中心として効果的な援助を組み立てる支援関係網のことである。
B スーパービジョン ――― 教育的,管理的,支持的な機能をもつ指導の方法である。
C カウンセリンク ―――― 心理的な問題を中心とした援助のことである。
D コンサルテーション ―― 施設の運営管理のことである。

(組み合わせ)
  A  B  C  D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ×
3 ○ × × ○
4 × ○ ○ ×
5 × × ○ ○



問題31 ケアマネジメントに関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 利用者の生活の質(QOL)の向上のために,利用者の二一ズに沿いながら,提供するサービスの調整を図る。
B 地域で生活をする利用者が「自分の人生を自分で責任をもって決定していく」過程を支援する。
C ケアプランは,利用者の身体的自立を支援することを目的とするものであり,利用者が生活する地域特性とは関係なく作成される。
D 有効に機能するためには,地域の関係機関・施設,団体等が組織化され,地域でのネットワークが確立していることが必要である。

(組み合わせ)
  A  B  C  D
1 ○ ○ × ○
2 ○ × ○ ○
3 ○ × ○ ×
4 × ○ × ○
5 × × ○ ○



*解答は下記をクリック

More*解答⇒⇒⇒⇒
[PR]
相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級編 

*社会福祉士 受験対策

問題28 グループワーク・集団援助技術の活動内容を表した次の文章の空欄A,B,Cに該当する語句の組み合わせとして,正しいものを一つ選びなさい。        15回28

 「ソーシャル・グループワークとは,ソーシャルワークの一つの方法であり,[ A ]なクループ経験を通じて,[ B ]の[ C ]に機能する力を高めまた個人・集団・地域社会の諸問題により効果的に対処し得るよう,人びとを援助するものである」(コノプカ(Konopka,G.)の定義)
<組み合わせ>
    A    B    C
1 個別的  集団  教育的
2 客観的  杜会  福祉的
3 対人的  地域  健康的
4 情緒的  家族  心理的
5 意図的  個人  社会的



問題29 コミュニティワーク・地域援助技術に関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。   15回29
A 地域における福祉二一ズを明らかにし,関係機関が連携してその改善に取り組む。
B 地域住民の福祉活動への参加を促進する。
C 社会福祉サービスを効果的,効率的に運営管理する方法である。
D 地域で社会資源の開発をすすめる。

(組み合わせ)
  A B C D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ○
3 ○ × × ○
4 × × ○ ○
5 × × ○ ×



*解答は下記をクリック

More*解答⇒⇒⇒⇒
[PR]
相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級編 

*社会福祉士 受験対策

問題31 ソーシャル・サポート・ネットワークに関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 隣接領域や他領域の専門家から、的確な情報と意見を求めることを目的としている。
B 援助者が、利用者と共に計画的に構成する、利用者支援のための社会関係網の活動のことである。
C 社会福祉サービスの供給,計画や実施までを包括する直接援助技術に位置付けられる。
D より安定した社会生活の継続が可能になるように,地域ぐるみの支援体制を形成することを意味している。

(組み合わせ)
  A  B  C  D
1 ○ ○ × ×
2 ○ × ○ ○
3 ○ × ○ ×
4 × ○ ○ ×
5 × ○ × ○


問題27 インテーク(受理面接)に関する次の記述のうち,適切でないものを一つ選びなさい。

1 家族構成など利用者に関する基本的な情報を収集する。
2 援助者の役割と提供できる援助内容を伝える。
3 利用者の不安と緊張を解きほぐしながら,主訴の内容を把握する。
4 援助計画を立案し,援助の具体的方法を決定する。
5 自らの機関が十分に援助できない場合には,他機関への送致や紹介を行う。   15回27



*解答は下記をクリック

More<*解答⇒⇒⇒>
[PR]
相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級編 

*社会福祉士 受験対策


問題29 グループワーク・集団援助技術において、援助者がプログラムについて留意すべき点に関する次の記述のうち,適切なものを一つ選びなさい。  14回29

1 プログラムの達成が、援助のための手段ではなく目的である。
2 プログラムの計画段階から、利用者にも参加してもらう。
3 プログラムを迅速に展開させるため,活動を援助者が代替する。
4 一度立案したプログラムは、活動終了まで変更しない。
5 プログラム活動をメンバーに委ね,援助者はそれに関与しない。



問題30 コミュニティワーク・地域福祉活動を支援する過程において実施される二一ズ把握に関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。  14回30

A 準備段階では,既存資料の収集分析や関係者からの聞き取りや,現地踏査などにより,情報を収集し二一ズ把握を行う。
B 目標設定段階では,活動計画を検討し,目標設定に必要な社会調査などを実施し,統計的な二一ズ把握を行う。
C 実践段階では,関係団体と協働して、実践が行われている途中で,ヒヤリング調査を通して関係団体のみの二一ズ把握を行う。
D 評価段階では,今後改善や開発が必要な社会資源についての二一ズ把握を行う。

(組み合わせ)
  A  B  C  D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ○
3 ○ × ○ ×
4 × ○ × ○
5 × × ○ ○


*解答は下記をクリック

More<解答⇒⇒⇒>
[PR]