人気ブログランキング |

ニュース:高齢者福祉施設に古民家活用

中信社会福祉協会:高齢者と障害児の施設、古民家改修し開設-松本 /長野
引用「



社会福祉法人「中信社会福祉協会」はこのほど、松本市芳川村井町の木造2階建て古民家を改修し、障害者向けの入居施設「やまぶき」と宅幼老所「都波岐(つばき)の杜(もり)」を開設した。

 都波岐の杜は高齢者デイサービスと障害児の日中活動の場という機能を併せ持つ。古民家は築45年で、延べ床面積は約420平方メートル、敷地面積は約840平方メートル。総事業費は約3500万円。このうち、福祉サービスの拠点となる古民家や空き店舗などの再生のため、建物改修を推進する日本財団から1950万円の助成を受けた。
 毎日新聞
引用ここまで
by yrx04167 | 2009-04-10 21:13