3月の有効求人倍率0・52倍=求職者2人に1人分の求人のみ

3月の有効求人倍率0・52倍、2002年以来の低水準

<本文より引用、抜粋>
 厚生労働省は1日、3月の有効求人倍率(季節調整値)は0・52倍で、2002年4月以来の低水準となったと発表した。
 有効求人倍率は、求職者1人につき、何人分の求人があるかを示す数値。0・52倍は、ほぼ求職者2人に1人分の求人しかないことを示している。2月より0・07ポイント悪化しており、依然として下げ幅の大きい状態が続いている。
引用ここまで


<こちらも学習にご活用下さい。>
日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科

*08年度「社会福祉士 受験支援セミナー」 受験対策用のポイント解説&練習問題
[PR]
by yrx04167 | 2009-05-01 10:44