相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級編-コミュニティワーク

相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級編 

*社会福祉士 受験対策

問題28 グループワーク・集団援助技術の活動内容を表した次の文章の空欄A,B,Cに該当する語句の組み合わせとして,正しいものを一つ選びなさい。        15回28

 「ソーシャル・グループワークとは,ソーシャルワークの一つの方法であり,[ A ]なクループ経験を通じて,[ B ]の[ C ]に機能する力を高めまた個人・集団・地域社会の諸問題により効果的に対処し得るよう,人びとを援助するものである」(コノプカ(Konopka,G.)の定義)
<組み合わせ>
    A    B    C
1 個別的  集団  教育的
2 客観的  杜会  福祉的
3 対人的  地域  健康的
4 情緒的  家族  心理的
5 意図的  個人  社会的



問題29 コミュニティワーク・地域援助技術に関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。   15回29
A 地域における福祉二一ズを明らかにし,関係機関が連携してその改善に取り組む。
B 地域住民の福祉活動への参加を促進する。
C 社会福祉サービスを効果的,効率的に運営管理する方法である。
D 地域で社会資源の開発をすすめる。

(組み合わせ)
  A B C D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ○
3 ○ × × ○
4 × × ○ ○
5 × × ○ ×



*解答は下記をクリック



============================

<解答>

問題28  解答 5 
 コノプカは、『ソーシャル・グループ・ワーク』において「ソーシャル・グループワークとは、ソーシャルワークの一つの方法であり、意図的なグループ経験を通じて、個人の社会的に機能する力を高め、また個人、集団、地域社会の諸問題に、より効果的に対処しうるよう、人々を援助するものである」と定義している。


問題29  解答2
A ○
B ○
C × これは、運営管理・アドミニストレーションの課題である。
D ○ 必要なサービス等がみとめられた時は、開発するのも地域援助技術に含まれる




<こちらもご活用ください  下記をクリック>
社会福祉士「受験三点セット」参考書等の紹介⇒受験勉強中の方々にオススメ

社会福祉士 受験対策サイト集

社会福祉士・入門書のご案内(1)⇒入学予定・検討中の方々にオススメ

<解説:当講座の使用方法 社会福祉士 精神保健福祉士受験対策>
[PR]
by yrx04167 | 2009-10-19 12:52 | Comments(0)