相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級*セルフヘルプ・グループ*社会福祉士 受験対策

相談援助の基盤と専門職・理論と方法 練習問題・中級編 

*社会福祉士 受験対策

問題27 記録の作成に関する次の記述のうち、適切なものの組み合わせを一つ選びなさい。 

A 利用者の感情や心の動き、仕草や表情、援助者自身がうけた印象も記述する。
B 責任の所在を明確にする必要がないため、記録者名を表示しなくてもよい。
C 記録した人がわかれば、他人にわからない略語を使用してもよい。
D 「いろいろ」や「長時間」のように抽象的な表現を避け、具体的に表現する

(組み合わせ)
1 A B
2 A D
3 B C
4 B D
5 C D


問題28 セルフヘルプ・グループに関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 自助集団とも呼ばれる当事者の組織である。
B 相互支援や社会からの支援を求めて組織された、「親の会」や「患者の会」等がある。
C 自立生活センターをつくり、仲間同士によるピア・カウンセリング活動等を展開してきた障害者の団体等がある。
D 専門家が指導援助を行なうことを目的として組織した、当事者集団のことである。

(組み合わせ)
  A  B  C  D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ × ○ ×
3 ○ × × ○
4 × ○ ○ ×
5 × ○ × ○


*解答は下記をクリック



==============================

<解答>

問題27  解答 2
A ○
B × 責任の所在を明確にする必要があるため、記録者名の記入は必要である。
C × 情報は共有するのものであるから、明確に伝わる必要がある。
D ○  同上。
16回27


問題28  解答 1
A ○ セルフヘルプ・グループ=自助集団(グループ)
B ○ 
C ○ 障害者による、重要な自助集団の活動である。IL運動とも称される。
D × 当事者が自主的に運営するものである。
16回28



<お知らせ 下記をクリック>
10月23日(金)18時20分から、社会福祉士「受験対策勉強会」<公開・無料講座>―在学中の学生等が対象の、社会福祉士国家試験の受験対策授業を公開します。筆者が「相談援助の理論と方法」等の重要ポイントを解説します。本校の実際の授業を試したいという方はもちろん、どなたでも参加出来ます。
[PR]
by yrx04167 | 2009-10-20 12:52 | Comments(0)