人気ブログランキング |

講義:相談援助の基盤と専門職 前期・後期 シラバス・講義計画

相談援助の基盤と専門職
*社会福祉士養成学科(昼間部)1・2クラス
担当:筆者

*講義のねらい
 社会福祉士・ソーシャルワーカーの役割・意義や、ソーシャルワークの概念、特にエンパワメント、ソーシャル・インクルージョン等に関して、またソーシャルワークの形成・発展史について、理解を深める。
 加えて、ソーシャルワークの価値・倫理、知識、技術を軸として、総合的・包括的な援助、権利擁護等について理解する。
 総じて、地域社会と協働しつつ、利用者の生活支援、サービスの運営・開発、福祉問題の改善・緩和を図る専門職を目指す。

*講義の方法
 テキストを軸として、ソーシャルワークの定義、理念、価値・倫理について、フィールドや実践の現状、社会問題等と関連させた講義を行なう。また、現在のソーシャルワークに至る、形成・発展史を学ぶことにより、価値と知識の源流を探究する。加えて、新たな領域や、コミュニティワークについて実践的に学ぶ。
 これらにより、専門性の向上と、社会福祉への広い視野の獲得を図り、併せて社会福祉士試験の受験対策(練習問題・小テスト)を行なう。

*講義計画(講義の流れ)
<前期>
1.社会福祉士・精神保健福祉士の役割と意義 ―ソーシャルワークの概要
2.現代社会と地域社会 ―福祉問題とソーシャルワーク
3.ソーシャルワーク・相談援助の概念 ―ソーシャルワークの定義
4.ソーシャルワークの構成要素 ―クライエント、ニーズ、社会資源等
5.相談援助の理念① ―ソーシャルワークの価値。社会正義
6.相談援助の理念② ―権利擁護、利用者の自己決定と尊厳の保持
7.相談援助の理念③ ―エンパワメント、自立支援
8.相談援助の理念④ -ノーマライゼーション、ソーシャル・インクルージョン
9.専門職倫理① ―専門職倫理の概念、倫理的ジレンマ
10.専門職倫理② ―倫理綱領など。
11.ソーシャルワークの形成・発展史① ―ソーシャルワークの源流、前史
12.ソーシャルワークの形成・発展史② ―基礎確立期
13.ソーシャルワークの形成・発展史③ ―発展期
14.前期講義のまとめ(復習)補足
15.定期試験

<後期>
16.前期の復習。ソーシャルワークの形成・発展史④ ―展開期
17.ソーシャルワークの形成・発展史⑤―統合化。日本社会事業史①
18.ソーシャルワークの形成過程・発展史⑥ ―日本社会事業史②
19.ソーシャルワークの形成過程・発展史⑦―まとめと補足
20.総合的・包括的な相談援助の動向と背景
21.地域を基盤としたソーシャルワーク、ジェネラリスト・ソーシャルワーク①―意義
22. ジェネラリスト・ソーシャルワーク② ―特質、システム思考
23. ジェネラリスト・ソーシャルワーク③ ―ストレングス視点等
24.相談援助専門職の概念、範囲 ―福祉行政、社会福祉施設における専門職
25.予防的アプローチ、コミュニティワーク、新しいニーズ、ボランティアとの連携
26.総合的支援、スクールソーシャルワーク
27.権利擁護、入所型施設のソーシャルワーク
28.社会資源の開発、成年後見等。
29.まとめ。ソーシャルワークの新たな課題
30.定期試験

*成績評価
 講義への出席、定期試験の成績にて総合的に評価する。
 
*テキスト
 『相談援助の基盤と専門職 -新・社会福祉士養成講座6』(中央法規)



*相談援助の基盤と専門職 初回講義のレジュメ 下記をクリック
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 講義:相談援助の基盤と専門職 前期第1回 レジュメ(前編)4月9日*ソーシャルワーク概要・役割・意義

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 講義:相談援助の基盤と専門職 前期第1回レジュメ(後編)4月9日*福祉ニーズ定義・多様化
by yrx04167 | 2010-04-07 14:34 | Comments(0)