人気ブログランキング |

日刊・社会福祉ニュース・レビュー*孤独死防止住民活動、澤田美喜ホーム、生活保護子ども支援、ALS原因

<日刊 社会福祉ニュース ソーシャル・ニュース・レビュー>
筆者の関連ニュース・クリップ
 筆者による、社会福祉関連の動向、情報のブックマーク

*新着ニュース・情報 タイトル一覧
<下記の各記事タイトル(赤色)をクリックすると、全文が読めます>
孤独死防止へ住民主体の「見守り」活動広がる、自治体も後押し/神奈川 - 速報:@niftyニュース
・孤独死の早期発見や単身高齢者らの安否確認を目的とした住民主体の「見守り」活動が、県内に広がっている。日々の近所付き合いの中で、気に掛け、異変のいち早いキャッチにつなげる試みだ。訪問介護などの公的サービスでは目が届きにくく、緊急対応に限界があるため、自治体もセーフティーネットの新たな形になると期待し、後押ししている。横浜市保土ケ谷区の県営住宅・千丸台団地では、地区社会福祉協議会が住民から合鍵を預かり、異常に気付いた場合の通報や安否確認に役立てている。既に約180人が登録。室内で倒れたもののすぐに発見され、一命を取り留めた女性がいるなど、成果は大きい。新たに市の助成でベランダに回転灯を付ける運動を始め、枕元などにあるスイッチを押せば、音と光で周囲に異常を知らせられるようにした。「さりげない見守り」を実践するのは、同市都筑区の市営住宅・勝田団地だ。自治会や民生委員らがネットワークをつくり、夜に照明が点いていない居室がないか目を配る。活動の趣旨を寸劇で紹介するなど、住民の理解と協力を得るための工夫も重ねる。県によると、2005年に約22万6千世帯だった県内の高齢単身世帯は今後急増し、20年に42万6千世帯に達する見通し。現状でも、自宅でみとられないまま息を引き取るなどした単身高齢者は年間1500人前後(県警集計)に上っているが、県は「孤独死はさらに増える」とみており、10年度は新たに県営住宅で実態調査を行なう。

澤田美喜さんの「遺志」後世に、母屋保存へエリザベス・サンダースホームOBら/大磯 - 速報:@niftyニュース
・「ママちゃま」へのささやかな恩返しを―。戦後に駐留した米兵と日本人の間に生まれ、捨てられるなどした孤児を大磯町の広大な敷地に引き取り、約2千人を育てた澤田美喜さん(故人)が暮らした母屋を保存する活動が始まっている。孤児院「エリザベス・サンダースホーム」を巣立ち、たくましく社会で生きてきたOBたちが力を合わせ、澤田さんの遺志を伝える「象徴」として後世に残していく。澤田さんは三菱財閥の創設者、岩崎弥太郎の孫娘。外交官の澤田廉三氏と結婚し、国際舞台で幅広い人脈を培った。敬虔なクリスチャンでもあり、「占領下の落とし子」ともいわれた孤児の育成に使命感を抱き、生涯情熱を注いだ。1948年、大磯駅前の愛宕山の敷地(約3・5ヘクタール)に私財を投じエリザベス・サンダースホームを設立。幼稚園と小・中学校の聖ステパノ学園もつくり、孤児たちに教育を授けた。「16年間過ごしたホームはわが家。ママちゃまは母親同然。ここが帰るふるさと」。埼玉県で車整備工場を営むOB会会長の森博さん(54)は懐かしそうに話す。「下を向くな。胸を張って堂々と生きなさい」。いわれなき差別にさらされた孤児たちを厳しくしつけ、自立を見守ってきた澤田さん。5月に没後30年を迎える。「ホームの原点である建物を守り、その歴史やママちゃまのボランティア精神を語り継いでいきたい」。5月9日午前11時から敷地に立つ「海の見えるホール」で「澤田美喜没後30年の集い」が開かれる。一般参加も受け付け、母屋の見学も予定している。参加費500円(修繕基金用)。先着200人。問い合わせは、OB会。
・エリザベス・サンダースホーム:施設名は澤田さんが広く寄付を募った際、協力した英国人女性の名に由来する。孤児の多くは日本よりも偏見の少ない米国に養子として送り出された。現在、小中一貫校の聖ステパノ学園には一般家庭の児童生徒が多く通学するなど役割は大きく変わっている。

*参考リンク 下記をクリック
聖ステパノ学園-学園の歴史
エリザベス・サンダース・ホームOB及び聖ステパノ学園OB会のホームページ



生活保護世帯の子どもに「支援員」がサポートへ/神奈川県 - 速報:@niftyニュース
・神奈川県は2010年度から、生活保護世帯の子どもたちを支援するモデル事業に取り組む。保健福祉事務所に、「生活保護・子ども支援員」を新たに置き、家庭訪問などを通じてサポート。支援プログラムづくりに取り掛かる。全国的にも珍しい試みという。県によると、県全体の生活保護の受給世帯数は2010年1月現在で9万2384世帯(政令市含む)。前年同月に比べて14・1%増と、厳しい雇用情勢を受け増加傾向にある。金銭的な理由から学校を退学・中退したり、進学をあきらめたりする子どももおり、世代間の「貧困の連鎖」が懸念されている。県生活援護課では「生活保護世帯では、進学や進路への不安を持つ子どもや、不登校、引きこもりなどの課題を抱える子どもは少なくない。金銭給付だけでなく積極的な教育支援が必要と考えた」と話す。県内6カ所ある保健福祉事務所に「生活保護・子ども支援員」を1人ずつ配置。家庭訪問などを通じて、退学や中退しない方法や進学・就職について一緒に考えたり、親の子育ての悩みなどを受け付けたりする。生活保護を所管しているのは、大部分は市のため、今回の事業の対象となるのは、09年12月現在で、県が受け持っている13町1村の1966世帯のうち、0歳から高校生年齢までの子どもがいる191世帯。

ALS・筋萎縮性側索硬化症の原因遺伝子を発見=共通メカニズム解明の可能性-広島大など - 速報:@niftyニュース
・筋力が衰える難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新たな原因遺伝子を、広島大と関西医科大、徳島大などの共同研究グループが突き止め、28日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。非遺伝性を含めたALSすべてに共通する発症メカニズムに関与している可能性があり、その解明と治療法開発を目指すとしている。ALSの約1割は遺伝性と言われ、いくつかの原因遺伝子が見つかっているが、まだ原因はほとんど分かっていない。


<その他、若者の仕事・雇用・労働を巡っての記事>
フリーターの6割が正社員を希望 - 速報:@niftyニュース
・フリーターの7割が将来に不安を感じ、6割が正社員への就業を望んでいる-。求人情報サービス「an」を運営する「インテリジェンス」(東京都千代田区)が行った調査で、フリーターの安定志向が浮かび上がった。調査は3月、15~34歳の男女計7071人を対象に実施。フリーター1620人の70.3%が「将来が不安」と答え、主婦(51.6%)や大学・大学院生(55.8%)を大きく上回った。また、正社員として就業を望むフリーターは62.2%で、2年前より17ポイントも増加。現在の勤務日数は「週5日」が39.6%で最も多い。「an」編集長の奥山真さんは「正社員や長期就業を希望するなど、フリーターに安定志向の高まりや働く意欲が強いことがうかがえる」と話している。

アラサー悲し 初就職 「非正規」が40代の2・5倍 - 速報:@niftyニュース
・アラサー世代の人は最初の就職が非正規雇用だった割合が、アラフォー世代の2・5倍-。大阪商業大JGSS研究センターの調査でこんな実態が明らかになった。 調査は昨年の1~3月に昭和41~55年生まれの男女を対象に実施。回答した2727人を(1)アラフォー世代(41~45年生まれ)(2)30代中後半世代(46~50年生まれ)(3)就職氷河期を経験した30代前半までのアラサー世代(51~55年生まれ)に分けて調べた。最初の就職が非正規雇用だった割合は、アラフォーが8・3%だが、アラサーは21・3%に跳ね上がる。30代中後半は中間の13・7%だった。 フリーターを経験したことがあるかとの質問でも、アラフォーは男女とも21・8%だったが、アラサー世代は男性が33・7%、女性は39・9%だった。 調査をした岩井紀子・同センター長は「若い層の不安定な就業状況が結婚や少子化に影響を与えているのではないか」と指摘している。

子ども29年連続の減…過去最少1694万人 - 速報:@niftyニュース
・「こどもの日」にあわせて総務省が4日発表した推計人口(4月1日現在)によると、日本の子供の数(15歳未満人口)は前年比19万人減の1694万人で、比較可能な1950年以降の最少記録を更新した。子供の減少は29年連続。総人口(1億2739万人)に占める子供の割合も13・3%と過去最低で、36年連続で低下した。
子供の数を男女別に見ると、男子が868万人、女子が826万人だった。都道府県別(2009年10月1日現在)の子供の割合は、沖縄県が17・7%で最も高く、滋賀県15・0%、愛知県14・6%が続いた。最低は秋田県の11・2%だった。前年より割合が増えたのは0・1ポイント増の11・9%となった東京都だけだった。一方、国連人口統計年鑑(07年版)で、推計時点が00年以降で人口4000万人以上の国と比較すると、総人口に占める子供の割合は、ドイツ13・6%、韓国16・8%、米国20・0%、インド35・3%などで、日本が最も低かった。


*社会福祉士受験支援講座・教員日記の最新記事 下記をクリック
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 講義:相談援助の理論と方法Ⅰ 前期第3回 レジュメ・後半 4月26日等 社会福祉士養成科
*4章2節 援助関係の形成プロセスに影響する要因、バイステックの7原則 等。

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 講義:相談援助の理論と方法Ⅰ レジュメ(前半) 前期第3回 4月26日等 社会福祉士養成科
*4章 相談援助における援助関係 1節 援助関係の意義 等。

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法Ⅰ 前期第2回講義 練習問題 4月19・23日 社会福祉士養成科
*日本社会福祉士会倫理綱領 等。

*画面右側の「つぶろぐ」も随時更新。筆者の日記などのコメントです。  更新しました!!


<こちらもご活用ください  下記をクリック>
お知らせ:当講座の使用方法について

<社会福祉士の仕事 Web オリエンテーション 下記をクリック>
社会福祉士の資格と仕事<社会福祉士 Web オリエンテーション・全般の解説>

社会福祉士 Webオリエンテーション 各分野の紹介1 医療ソーシャルワーカー
社会福祉士 Webオリエンテーション 各分野の紹介2―児童福祉
社会福祉士 Webオリエンテーション 各分野の紹介3―高齢者福祉
社会福祉士の資格・仕事 Web オリエンテーション 各分野の紹介4-社会福祉行政機関
社会福祉士 Web オリエンテーション 各分野の紹介 5 貧困・低所得者支援と生活保護の施設・事業
社会福祉士 Web オリエンテーション 各分野の紹介6 地域福祉 コミュニティ・ワーク



<当ブログ閲覧中の皆様にお知らせ 下記をクリック>
5/14(金)18時半から20時。社会福祉士の資格と仕事の説明会&相談会 参加費無料


・今回の説明会は、相談援助の専門職=社会福祉士の資格、仕事の内容、役割等について、その概要を、現役の社会福祉士である専任講師(筆者)が、ご説明します。相談業務等に携わってきた筆者が、現状を踏まえてお話しします。
 社会福祉士の資格や仕事等に関心をお持ちの皆さま、お気軽にご参加ください!!
 当日は、社会福祉士や本学科に関するご相談なども、受け付けます。
 (当日の担当が筆者に変更になりました)

■会場:日本福祉教育専門学校 高田馬場校舎
参加費:無料(どなたでも参加できます。)

<お問い合わせ・参加予約先  下記の予約フォームをクリック>
 学校法人敬心学園 日本福祉教育専門学校
 電話:0120-166-255

<交通アクセス>
JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿専「高田馬場駅」徒歩7分
 案内図です 


*社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 また、社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部です
日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
社会福祉士及び介護福祉士法
by yrx04167 | 2010-05-05 08:40 | Comments(0)