日刊 社会福祉ニュース・レビュー貧困・無縁・支援、40歳以上引きこもり、孤独死、雇用無料電話相談

<日刊 社会福祉ニュース ソーシャル・ニュース・レビュー>
関連ニュース・クリップ*特集:貧困・無縁・生活保護
 筆者による、社会福祉関連の動向、情報のブックマーク

関連ニュース タイトル一覧
<下記の各記事タイトル(赤色)をクリックすると、全文が読めます>
無縁仏が急増!? 大阪市の慰霊祭では過去最多1500人超 都市部で顕著 - MSN産経ニュース2010.9.8 00:00
 引用「死亡後、遺骨の引き取り手がいない大阪市内の無縁仏を供養する慰霊祭が8日、大阪市設南霊園(同市阿倍野区)で行われる。今年の対象者は過去最多の1524人に達し、10年前の1・8倍。全国の都市部では無縁仏は急増しており、高齢者の所在不明が相次ぐ中、関係者らは「無縁仏の増加は現代の人間関係の希薄化の象徴」と話している。慰霊祭で供養されるのは、平成20年9月から1年間に5カ所の大阪市立斎場で火葬された後、引き取り手がなかった無縁仏。年々増加傾向にあり、20年前(平成2年)の慰霊祭では413人、10年前(平成12年)は840人だった。大阪市によると、これらのほとんどは、本人の身元が判明しても家族の行方がわからない人。8割以上を生活保護受給者が占めるという。専門家らは「無縁仏は全国的に急増している」と指摘しているが、1人暮らしの高齢者が多く、「あいりん地区」(西成区)など日雇い労働者も多い大阪市は、特に顕著だとされる。身寄りのいない高齢者らの生活や葬儀をサポートしている財団法人「日本ライフ協会」(東京)は、家族の所在が判明しても「墓がない」との理由で遺骨の引き取りを拒否されたり、「子供に迷惑をかけたくない」と自ら無縁仏を選ぶ高齢者もいるという。
引用ここまで

引用
ホームレス支援雑誌「ビッグイシュー」が映画祭-渋谷「アップリンク」で /東京 (シブヤ経済新聞 9月6日(月)21時15分配信) - Yahoo!ニュース
 ホームレスが路上販売する雑誌「ビッグイシュー日本版」を発行する「ビッグイシュー日本」(東京事務所=新宿区)は9月11日より、渋谷・宇田川町のミニシアター「アップリンクファクトリー」(渋谷区宇田川町、TEL 03-6825-5502)で映画上映イベント「貧困を超えよう! 希望映画祭」を開催する。NPO法人「ビッグイシュー基金」との共催。ビッグイシューは雑誌販売を通じてホームレスの自立を支援することを目的に、1991年にイギリスで活動をスタート。日本版は2003年9月に創刊し、自立を目指す野宿生活者を対象に収入を得る機会を提供している。今月11日に迎える同誌創刊7周年を記念し「若者をホームレスにしない」をテーマに展開する複合イベント「ビッグイシューウィーク」の一環。「大切なのは貧困の中にある『希望』なのでは」(ビッグイシュー日本スタッフの佐藤えり子さん)との思いからセレクトした国内外9作品を、渋谷で上映する。上映するのは、スポーツを通して生きる希望を見出していくホームレスのストリートサッカーチームをとらえた「ホームレスワールドカップ」(2008年)、アフリカ・ウガンダの子どもたちが逆境に負けずに全国ダンス大会に挑む姿を追う「ウォーダンス」(2007年)など貧困問題を扱ったドキュメンタリーが中心。会場では、世界各国のビッグイシューや日本版の創業期のノート、パイロット版なども展示紹介する。佐藤さんは「混迷の度を深める社会不況の中、これらの作品を通じて貧困の状況を知ってもらいたい。その上で暗くなるのではなく、その中から希望を感じてもらえれば」と期待を寄せる。創刊7周年にあたっては、「若いホームレスの方が東京に増えており、ビッグイシュー販売者の平均年齢も若年化している。こうした社会に対して何ができるのか、市民のみなさまと一緒に希望を持ちながら考えいきたい」と話す。

<参考資料 下記をクリック>
ビッグイシュー日本版|NEWS&TOPICS

 引用:ビッグイシューとは、1991年にイギリスで誕生したホームレスが販売する雑誌。物を提供するチャリティではなく、雑誌販売というビジネスを通じて「チャンス」を提供し、ホームレスの自立を応援しています。そして2010年9月11日、ビッグイシューは創刊7周年を迎えます。私たちは、この機会を第二の創業と捉え、これまでの活動を総括するとともに、新たな試みにチャレンジしていきたいと思います。

ビッグイシュー7周年記念ブログ : 映画祭&ギャラリー展
 引用:貧困を超えよう!「希望映画祭」 「世界に広がる社会的企業・ビッグイシュー展」同時開催
 日本初、アップリンクとともに、ビッグイシューが開催する「貧困と希望」を考える映画祭です。
 鎌仲ひとみ監督の三部作や、トークショーは、「希望」のヒントになることと思います。スクリーン、トークショー、会場内展示「世界に広がる社会的企業、ビッグイシュー展」を通じて、そこに「希望」を見つけ、この生きづらい時代を生き抜く知恵と方途にして頂けることを強く願っています。
●9月11日(土曜日)~9月16日(木曜日)*9月12日を除く
●場所:アップリンク・ファクトリー@渋谷駅より徒歩10分
●詳細はこちら→ http://www.uplink.co.jp/factory/log/003688.php


福岡市:困窮者の家探し支援 「貧困ビジネス」対策、専門員配置 - 毎日jp(毎日新聞2010年9月8日 西部朝刊)
 福岡市は、困窮者を囲い込み、生活保護費を吸い上げる「貧困ビジネス」対策などとして、ホームレス状態から自立する人の住宅探しをサポートする「適正住宅調査情報提供事業」を始める。専門員2人を配置するための補正予算案約550万円を9月定例会に提案し、10月以降の開始を目指している。市保護課によると、貧困ビジネスは、生活保護を受けるホームレスがアパートなどに入居する際、低家賃の物件を提供しながらも、保護費から支給される家賃や敷金を上限額まで請求し、差額を搾取する業者のこと。市内で貧困ビジネスと確認された業者はないが、ある不動産業者のホームページで家賃3万円程度で紹介されている物件が、生活保護受給者が申し込むと市の上限である3万7000円となった例もあるという。専門員は、市のホームレス相談窓口で、月平均100件の生活保護相談を受ける博多区役所保護3課と連携。相談者が住宅探しをする際の基本的なアドバイスをするほか、探してきた物件の家賃などが相場と照らし合わせて適正かどうか判断する。

長野県弁護士会、無料電話相談を実施 - MSN産経ニュース2010.9.8 18:40
 長野県弁護士会は失業により生活に困窮している人を対象とした無料の電話相談「雇用・失業と生活困窮ナイター相談」を9、10日の2日間にわたり実施する。解雇や雇い止め、派遣切りなどの雇用や失業に関する相談、生活困窮に陥り生活保護などセーフティーネットが必要な人の相談を受け付ける。弁護士会は今年度に貧困問題対策本部を設置して相談態勢の拡充に努め、今後常設的な相談窓口を創設していくとしている。相談は午後6時~9時。北信地区(電)026・232・2104、東信地区(電)0268・27・6049、中信地区(電)0263・35・8501、諏訪・南信地区(電)0266・58・5628。ただし東信と諏訪・南信地区は10日のみ実施する。

「親には生きていてもらわないと困る」 “消えた高齢者”の背景にある引きこもり問題の根深さ|「引きこもり」するオトナたち 2010年9月9日|ダイヤモンド・オンライン
 「引きこもり」の人たちの多くは、働きたくても体が動かない。そして、不安や対人緊張などから、なかなか社会に出られずにいるが、事実上放置されたまま、高年齢化、長期化している傾向も浮き彫りになってきている。しかし、「引きこもり」に対する内閣府の調査でさえ、30代が半数近くと最も多かったにもかかわらず、39歳までのデータしか採っていないため、40歳以上の「引きこもり」の実態については、いまも全体像が明らかにされていない。様々な事情で社会から離脱し、「引きこもり」生活を送る人たちは、妻(夫)がいた場合でも愛想を尽かされたりしていて、結果的に親元で同居していることが多い。そんな彼らにインタビューすると、親も高年齢化やリストラなどによって会社を退職。すでに年老いた親は年金生活に入っていて、本来なら現役世代のはずの人たちが働くことのできないまま、収入の多くを親の年金に頼っているという実態である。 「親には生きていてもらわないと困る。年金の収入がなくなってしまうから…」ある「引きこもり」当事者は、そう漏らしていた。家族は、そんな彼らの存在に対して、地域の中で知られないよう、こっそり隠そうとするために、家族そのものが地域から離脱していく。誰にも相談できないし、黙っていると誰も助けてくれない。家族も個々も地域の中で孤立している。



<社会福祉士の仕事 Web オリエンテーション 下記をクリック>
社会福祉士の資格と仕事<社会福祉士 Web オリエンテーション・全般の解説>

社会福祉士 Webオリエンテーション 各分野の紹介1 医療ソーシャルワーカー
社会福祉士 Webオリエンテーション 各分野の紹介2―児童福祉
社会福祉士 Webオリエンテーション 各分野の紹介3―高齢者福祉
社会福祉士の資格・仕事 Web オリエンテーション 各分野の紹介4-社会福祉行政機関
社会福祉士 Web オリエンテーション 各分野の紹介 5 貧困・低所得者支援と生活保護の施設・事業
社会福祉士 Web オリエンテーション 各分野の紹介6 地域福祉 コミュニティ・ワーク

*社会福祉士とは・・・ 「社会福祉士及び介護福祉士法」により定められた、相談援助、運営管理等、ソーシャルワークに携わる専門職の国家資格です。
 各種の相談機関、福祉行政機関、福祉施設・団体、医療機関などにおいて,専門的知識と技術をもって,福祉サービス利用者の相談援助や,地域への援助、施設・団体の運営管理等を行う社会福祉専門職です。
 児童、医療、コミュニティ、障害者、貧困・低所得、女性、高齢者等、多岐にわたる領域で、他者を支え、社会に貢献する仕事・職業です

*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 また、社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部です
 日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科

*進路検討中の皆様にお知らせ 下記をクリック
<日本福祉教育専門学校・オープンキャンパスのご案内:9/12(日)13:20~15:30 *会場:日本福祉教育専門学校 高田馬場校舎 *参加費:無料(どなたでも参加できます。)予約不要です>
<9/12(日)13:20~15:30 オープンキャンパス・説明会>
 本校社会福祉士養成学科・養成科(大卒者等対象の、1年制の社会福祉士養成課程の昼間部及び夜間部)の専任教員が、当学科や社会福祉士について、説明します。
 ご質問や資格に関するご相談も歓迎です!!
 社会福祉士の資格、仕事、カリキュラム等について関心をお持ちの方、どなたでも気軽にお立ち寄りください。

■会場:日本福祉教育専門学校 高田馬場校舎
参加費:無料(どなたでも参加できます。)

<お問い合わせ先  下記のフォームをクリック>
 学校法人敬心学園 日本福祉教育専門学校
 電話:0120-166-255

<交通アクセス>
JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿専「高田馬場駅」徒歩7分
 案内図です
[PR]
by yrx04167 | 2010-09-08 21:33 | Comments(0)