人気ブログランキング |

日刊 社会福祉ニュース・レビュー*特集:地域福祉・コミュニティ*乳児院越境入所、福祉避難所、成年後見

<日刊 社会福祉ニュース ソーシャル・ニュース・レビュー>
関連ニュース・クリップ*特集:地域福祉・コミュニティ
 筆者による、社会福祉関連の動向、情報のブックマーク

<下記の各記事タイトル(赤色)をクリックすると、全文が読めます>
乳児院、虐待増え満杯 7県市33人が越境入所…本社調査 : 育児ニュース : YOMIURI ONLINE(読売新聞)2010年9月27日
 親と暮らせない乳幼児を預かる乳児院が都市部を中心に満杯状態となり、他都府県の施設に預けた子供が全国で33人(2009年度)に上ることが、読売新聞の調査でわかった。乳児院の子供の3人に1人が虐待を受けていたとみられ、保護者による虐待増加が背景にある。都道府県と政令市を対象にした本紙調査で「管内の乳児院が満杯となり、他都府県の施設に入所させた」としたのは5県2市。内訳は埼玉県20人、川崎市4人、滋賀県、さいたま市3人、千葉、山梨、香川県1人。受け入れ先は東京都27人、群馬県、京都府2人、奈良、徳島県1人だった。預けた後も児童相談所職員や保護者らは何度も施設に足を運ぶため、離れていると負担は大きいという。厚生労働省によると、全国の乳児院数と入所者数は、1996年が117か所2644人、2008年は121か所3124人。この間、平均入所率は71%から84%に上昇し、08年10月時点で100%以上の自治体は5県2市、90%以上も14道府県11市に達した。一部の自治体では施設不足が常態化しているが、多くは「将来の入所者数を予測しにくい」として施設の拡充には慎重だ。年間入所率が90%を下回ると、国の運営費が削られることも、増設に踏み切れない一因となっている。
 乳児院とは、児童福祉法に基づく児童福祉施設。児童養護施設が主に2歳以上を養育するのに対し、おおむね0~2歳の乳幼児を預かる。社会福祉法人などが設立し、主に国と自治体からの事業費などで運営している。

県総合防災訓練、福祉避難所を設置|中南信ダイジェスト|信濃毎日新聞[信毎web] 9月27日(月)
 26日に安曇野市で開かれた県総合防災訓練では、災害時の避難所に特別な配慮が必要な障害者らのための「福祉避難所」の設置、運営も訓練した。会場の同市豊科南中学校の体育館には、市内の障害者やその家族らでつくる5団体から約50人が集まり、避難所でどんな支援が必要か、どんな工夫をすれば快適に生活できるかを考えた。

東京に福祉施設製品ショップ 県内からはマヨやせっけん - マイタウン長野 asahi.com :10年9月27日
 長野県内を始め、全国各地の福祉施設で作られている食品や工芸品などを集めて販売する店が、東京都杉並区にできた。店名は「にぎやかな風」。店長の茶谷恒治さん(38)が全国を歩き、障害のある人が手間ひまかけて作った約220品をそろえた。県内からも、手作りマヨネーズや肌に優しいせっけんなどが店頭に並ぶ。「売る場所」を増やすことで、障害者の工賃アップにつなげたいという。 「障害者産品のセレクトショップ」が実現した。 厚生労働省によると、福祉作業所などと言われる施設は全国に約4千カ所あり、約9万人が働いている。ただ、平均工賃は月1万9千円ほどにとどまっている。茶谷さんは「どこも売る場所がないのが悩み。それを解消できれば工賃も上がり、彼らの自立に近づく」と考えた。「障害者は、手間ひまかけて商品を作っている」と茶谷さん。昨春から仕入れ先を探して全国を訪ね歩き、それを改めて実感したという。

岡山で「成年後見」県民フォーラム 弁護士ら担い手不足の懸念指摘 - 山陽新聞地域ニュース9/26 23:30
 認知症や障害で判断能力が不十分な人の財産管理や福祉契約を代行する成年後見制度について考える県民公開フォーラムが26日、岡山市北区柳町の山陽新聞社で開かれ、弁護士や行政書士らが制度の課題や現状を話し合った。2000年4月のスタートから10年を迎えた同制度への関心を高めようと、県行政書士会とNPO法人おかやま成年後見サポートセンターが初めて主催した。県内の弁護士や福祉職でつくる高齢者・障害者支援ネットワーク理事長の竹内俊一弁護士や同センターの川口隆志理事長、社会福祉士ら5人がパネルディスカッション。後見人になるための申し立て手続きの煩雑さや高齢化社会が進む中で今後の担い手不足が懸念されるなどの課題を挙げ、「受け皿を広げるため(親族や弁護士ら以外の第三者が後見人となる)市民後見人を増やすことが大切」と意見を出し合った。

障害者スポーツ大会 リレーなどで汗 三重 - MSN産経ニュース2010.9.27 02:07
 名張市の障害者福祉施設の利用者らが体のハンディにもめげずに家族や介護者らといっしょに心地よい汗を流す同市障害者スポーツ大会が26日、約590人が参加して同市夏見の市総合体育館で行われた。今回で10回目を迎え、市内の各施設や市社会福祉協議会などで組織する同大会実行委員会の主催。午前の部では車いすの障害者がさおで菓子の入った袋を釣り上げたり、大きな鞠を転がしてコースを折り返すリレーに懸命に取り組んだ。午後の部では輪投げやグラウンドゴルフなどを体験したほか紅白の玉入れなどが行われ、参加者はスポーツの秋の一日を満喫した様子だった。


<社会福祉士の仕事 Web オリエンテーション 下記をクリック>
社会福祉士の資格と仕事<社会福祉士 Web オリエンテーション・全般の解説>

社会福祉士 Webオリエンテーション 各分野の紹介1 医療ソーシャルワーカー
社会福祉士 Webオリエンテーション 各分野の紹介2―児童福祉
社会福祉士 Webオリエンテーション 各分野の紹介3―高齢者福祉
社会福祉士の資格・仕事 Web オリエンテーション 各分野の紹介4-社会福祉行政機関
社会福祉士 Web オリエンテーション 各分野の紹介 5 貧困・低所得者支援と生活保護の施設・事業
社会福祉士 Web オリエンテーション 各分野の紹介6 地域福祉 コミュニティ・ワーク

*社会福祉士とは・・・ 「社会福祉士及び介護福祉士法」により定められた、相談援助、運営管理等、ソーシャルワークに携わる専門職の国家資格です。
 各種の相談機関、福祉行政機関、福祉施設・団体、医療機関などにおいて,専門的知識と技術をもって,福祉サービス利用者の相談援助や,地域への援助、施設・団体の運営管理等を行う社会福祉専門職です。
 児童、医療、コミュニティ、障害者、貧困・低所得、女性、高齢者等、多岐にわたる領域で、他者を支え、社会に貢献する仕事・職業です

*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 また、社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部です
 日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科


*進路検討中の皆様にお知らせ-説明会-
9月28日19時から「社会福祉士の役割と展望」 日本福祉教育専門学校|イベント
*社会福祉士=相談援助の専門職 になるには-
 相談援助の専門職=社会福祉士の資格、役割と展望、当学科・カリキュラム等について、その概要を専任教員が、ご説明します。ご質問も歓迎です!!
 社会福祉士に関心をお持ちの皆さま、どなたでもお気軽にご参加ください!!

 ■会場:日本福祉教育専門学校 高田馬場校舎
参加費:無料(どなたでも参加できます。)

<お問い合わせ・参加申し込み先  下記のフォームをクリック>
 学校法人敬心学園 日本福祉教育専門学校
 電話:0120-166-255

<交通アクセス>
JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿専「高田馬場駅」徒歩7分
 案内図です

f0206007_12231036.gif

by yrx04167 | 2010-09-27 12:55 | Comments(0)