日刊 社会福祉ニュース・レビュー*21日・社会福祉士の資格と就職説明会&相談会・社会福祉士になるには

<日刊 社会福祉ニュース ソーシャル・ニュース・レビュー>
福祉ニュース・クリップ*特集:地域福祉・コミュニティ
 筆者による、社会福祉関連の動向、情報のブックマーク

<下記の各記事タイトル(赤色)をクリックすると、全文が読めます>
<帰れない赤ちゃん>面会もなく、病院で200日 (毎日新聞10月20日(水)8時12分配信) - Yahoo!ニュース
 埼玉県立小児医療センター(さいたま市岩槻区)は、低体重や重い疾患を持って生まれた乳幼児を救う新生児集中治療室(NICU)を備え、退院後も母子を支援する。
 低出生体重児の救命率が上がってきたが、流通科学大の加藤曜子教授(児童家庭福祉)は「低体重児を産んだ母親の中には、子を持つ心構えなく妊娠してしまった女性もいる。通常以上の育児支援が必要だ」と指摘する。同センターでは治療が終わっても家に帰れず、直接乳児院に入る例が増えている。04~06年度は毎年2人だったが、09年度は9人。入退院時の生活を支援するソーシャルワーカーの平野朋美さん(51)が03~09年度の例を調べたところ、6割の家庭が経済的に困窮していた。育児を手伝う家族がいない。心の病がある。複数の問題を抱えた母親も目立つ。 生後2カ月で細菌性髄膜炎を発症して入院した彩ちゃん=同=の母親はまだ10代だった。夫の借金が原因で、彩ちゃんの入院中に離婚。母親は返済のために働き、子育てできる状況ではなかった。入院期間も延びている。NICUを出てから乳児院に移るまで平均120日程度だったのが、2年ほど前から200日を超えている。背景にあるのが乳児院の問題だ。埼玉県こども安全課によると、県内(さいたま市除く)では乳児院の定員不足により08年度10人、09年度は20人の「赤ちゃん難民」が生まれ、県外の施設に入所した。しかも職員体制が整わないことから、健康上問題のある子は敬遠されがちだ。病気の後遺症でけいれん発作を繰り返す彩ちゃんも3カ所で断られ、1歳半までセンターで暮らさざるを得なかった。「人生の出発点から行き場のない赤ちゃんがいる。それを親の責任と切り捨てず、社会としてどう育てるか、考えるべきではないでしょうか」。平野さんの問いかけは重い。

伊達・社会福祉協議会、独居老人に「見守りカード」配布 室蘭民報ニュース2010年10月20日(水)朝刊
 伊達市東地区社会福祉協議会(鍋田久男会長)は、同地区在住の75歳以上の独り暮らし123人を対象に、緊急連絡先などを記入する「見守りカード」を配布した。市の独居高齢者向け「救急医療情報キット」を参考に、同協議会が独自の取り組みで安心を確保する。 カードはA4判。住所と生年月日、身内など最寄りの緊急連絡先、かかりつけの医療機関、服用中の薬―といった項目に記入してもらい、本人が体の不調などで119番通報した際に、救急隊の処置や搬送に役立てるのが狙い。市でも65歳以上の独居で健康上、不安を抱える市民の申請に基づき、同様の内容を紙に記入して冷蔵庫に保管する情報キットを提供している。同協議会の佐藤英輔事務局長(75)は「誰しも健康に不安はある。万が一に備えて」と申請不要な協議会独自のカードを作成した。また、自治会長や民生委員の連絡先記入欄、市内の無料送迎バス運行表も載せるなど工夫を凝らした。

ボランティア広めたい 道都大生が広報誌編集 北広島市社協に協力-北海道新聞[札幌圏](10/19 14:01)
 「北広島のボランティア活動に理解を深めてほしい」と、道都大ボランティア研究部が、北広島市ボランティアセンターの広報誌「じゃがいも」(A4判4ページ)の編集に取り組んでいる。市内で開かれた福祉関係の行事や、ボランティアの募集記事を掲載する。 社会福祉学部の1~4年25人で構成。ボランティアセンターを運営している北広島市社会福祉協議会から提案を受け、編集に携わることになった。 誌名は「慈愛・慈善・恩恵」が花言葉のジャガイモからとった。「花言葉の意味が広く市民に広がるように」との願いを込めた。今年5月ごろから、部内で担当者4人が編集会議を開き、紙面の構成などを検討した。 7月に発行した第1号では、各家庭の不用品を販売し、売上金を福祉活動に役立てる市内のイベント「友愛セール」を紹介。「毎年楽しみ」「やりがいがあった」と話す来場者やボランティアの声を載せた。紙面にはこのほか、ボランティアの募集記事も掲載している。 「じゃがいも」は社協などで配布している。年3回の発行で次回は11月を予定。同部は「編集活動を継続させ、後輩たちにも引き継いでいきたい」と話している。

伊賀市役所監視カメラ 「犯罪者扱い」撤去の声 三重 (産経新聞10月20日(水)7時57分配信) - Yahoo!ニュース
 伊賀市役所の収税課に設置されている監視カメラに対し、伊賀の生活と健康を守る会など5団体で組織する市諸要求実現各界連絡会(北田保世話人)が19日、内保博仁市長に撤去を求めた。カメラは納税相談に訪れた市民の挙動を職員がモニターで見ることもでき、同課は「暴力ざたになりそうな事案が相次いだので設置した。周囲に安心を与えることと、職員の安全を守ることにつながる」と説明しているが、連絡会は「納税者を犯罪者扱いするのと同じ」と反発している。県内では鈴鹿市なども設置しているが、撤去要望に対する伊賀市の対応が注目されそうだ。監視カメラは、同課の天井近くに設置され、カウンターとその周りの光景を撮影。同課の課長席などからモニターで常時見られ、映像は一定期間の保存が可能となっている。カメラの近くには「監視カメラ作動中」の看板が掲げてある。同市では、昨年7月に定めた要綱に基づき、社会福祉事務所や印鑑証明などの自動交付機付近などに監視カメラを設置。収税課には6月26日に設置された。

中古暖房機のリサイクル活動 (2010年10月19日 18:58 更新)IBC NEWS
 これから訪れる冬を前に、盛岡市民福祉バンクでは市民から寄せられた古くなった暖房器具を修理するリサイクル活動が行われました。盛岡市民福祉バンクでは昭和51年から30年以上にわたって毎年この時期に一般家庭などで不要になった暖房器具をリサイクルして販売しています。リサイクル活動は毎年たくさんのボランティアに支えられ、きょうも電気の専門知識を持った東北電力の社員などおよそ30人のボランティアが参加しました。市民から寄せられた器具はストーブやファンヒーター、コタツのほか乾燥しがちな冬に必要な加湿器といったものもあります。リサイクルされた暖房器具は今週土曜日、23日から盛岡市内の福祉バンクなどで販売される予定です。


明日(21日)開催-進路検討中の皆様にお知らせ 下記をクリック
*社会福祉士の資格と就職・転職の説明会&相談会-社会福祉士のお仕事<筆者の担当企画>
 10年10月21日(木)18:30から20時。日本福祉教育専門学校 高田馬場校舎にて。
 どなたでも参加できます。参加無料


 日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科

*社会福祉士=相談援助の専門職 になるには
 今回の説明会は、相談援助の専門職=社会福祉士の資格、仕事の内容・役割、就職・転職、社会福祉士養成学科・養成科のカリキュラム等について、その概要を、現役の社会福祉士である専任講師(筆者)が、ご説明します。

 社会福祉士の資格や仕事、就職等に関心をお持ちの皆さま、お気軽にご参加ください!!
 当日は、社会福祉士や本学科に関するご相談なども受け付けます。

<社会福祉士の資格と就職・転職の説明会&相談会>
 日時:2010年10月21日(木) 18時30分から20時
■会場:日本福祉教育専門学校 高田馬場校舎
参加費:無料(どなたでも参加できます。)

<お問い合わせ・参加予約先  下記の予約フォームをクリック>
 学校法人敬心学園 日本福祉教育専門学校
 電話:0120-166-255

<交通アクセス>
JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線「高田馬場駅」徒歩7分
 案内図です

*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部です

*社会福祉士とは・・・ 「社会福祉士及び介護福祉士法」により定められた、相談援助、運営管理等、ソーシャルワークに携わる専門職の国家資格です。
 各種の相談機関、福祉行政機関、福祉施設・団体、医療機関などにおいて,専門的知識と技術をもって,福祉サービス利用者の相談援助や,グループワーク、施設の運営管理、地域福祉活動等を行なう社会福祉専門職です。
 社会福祉士は、子ども、医療、コミュニティ、障害者、貧困、女性、高齢者、更生保護、行政等、多岐にわたる領域で、他者を支え、社会に貢献する仕事・職業です


<社会福祉士の仕事 Web オリエンテーション 下記をクリック>
社会福祉士の資格と仕事<社会福祉士 Web オリエンテーション・全般の解説>
社会福祉士 Webオリエンテーション 各分野の紹介1 医療ソーシャルワーカー
社会福祉士 Webオリエンテーション 各分野の紹介2―児童福祉
社会福祉士 Webオリエンテーション 各分野の紹介3―高齢者福祉
社会福祉士の資格・仕事 Web オリエンテーション 各分野の紹介4-社会福祉行政機関
社会福祉士 Web オリエンテーション 各分野の紹介 5 貧困・低所得者支援と生活保護の施設・事業
社会福祉士 Web オリエンテーション 各分野の紹介6 地域福祉 コミュニティ・ワーク
[PR]
by yrx04167 | 2010-10-20 12:46 | Comments(0)