人気ブログランキング |

日刊 社会福祉ニュース 生活保護受給者の就労支援・清掃ビルメンテナンス・横浜寿町ドヤ街、失業求職

<社会福祉関連情報 ソーシャル・ニュース・レビュー 特集:貧困・就労支援・生活保護>
身体障害者フライングディスク大会

筆者による、社会福祉関連の動向、情報のブックマーク
<下記の各記事タイトル(赤色)をクリックすると、全文が読めます
生活保護受給者を対象に就労支援、中区寿地区でプログラム実施 清掃ビルメンテナンス /横浜市:神奈川新聞社2011年10月7日
 引用「横浜市は7日から、中区寿地区(=簡易宿泊所地域)の生活保護受給者を対象にした新たな就労支援プログラムを開始する。民間団体や地域と連携して行うもので、市によると、政令指定都市では初の取り組み。市保護課などによると、プログラムは社会福祉法人「神奈川県匡済会」が主体となり、寿地区関連団体や県ビルメンテナンス協会が協力。プログラムは2カ月単位で、参加者は掃除や水やりなど生活リズムを整えるための「生活訓練」や模擬面接など就職活動に向けた「社会訓練」、同協会の会員から清掃技術を学ぶ「技術習得訓練」を受講。修了後は就労支援専門員などのサポートを受けながら就職活動を行っていく。同課などの調査によると、寿地区は日雇い労働経験者が多く、常用雇用経験者が少ない。人間関係がうまくいかずに職を転々とする受給者も多く、就労支援をしても「日雇いしかしたことないから」と消極的なケースも少なくないという。プログラムでは、過去に最も就職実績のある清掃業務に絞って技術習得訓練を実施。集団で受講することで、人間関係の構築方法も学べる。2010年3月時点での市内の生活保護受給者は約6万5千人で人口の約1・78%。02年度の約4万人から1・6倍に増加しており、中区は約9千人で18区中最多という。プログラムは11年度に3回実施。各回20人が参加し、受講料は無料。
引用ここまで

*参考HP
 医療法人 ことぶき共同診療所

抜粋 横浜・寿町の入り口にことぶき共同診療所はあります。 当診療所は、「ドヤ街」という地域に特徴的な精神疾患 (神経症、うつ、不眠症、アルコール依存症、薬物依存症など) に主として対応しています。精神科デイケア、鍼灸も併設しており、患者さんの全般的なケアをしながら、
ドクターはじめ明るいスタッフが、日々地域に根ざした活動を行っています。

失業率低下・改善は、「求職断念」反映か 円高・景気、雇用に壁   :日本経済新聞2011/10/1
 引用「総務省が30日発表した8月の完全失業率は4.3%で、前月に比べ0.4ポイント低下と大幅に「改善」した。だが、実際は失業者が職探しをあきらめて労働市場から退出したことによる、見せかけの持ち直しという側面が強い。円高や景気の不透明感から「求める仕事がなさそうだ」と思う求職者が増えている公算が大きい。完全失業率は、仕事を探していた「完全失業者」が労働力人口にどれだけいるかを示す指標。学生や専業主婦などは、非労働力人口となり計算から外れる。職探しをあきらめて労働市場から退出した人も非労働力人口として失業率に含めない。雇用情勢をみるには失業者だけでなく非労働力人口の確認も必要だ。8月の完全失業者数は270万人となり、前の月に比べて24万人減った。解雇などで失業した人が9万人減ったほか、自発的に離職した人も18万人減った。これだけ見ると、雇用情勢は改善しているように読める。だが、8月の非労働力人口は前月に比べ20万人増えた。男性が19万人増と大きく伸びた上、女性も2万人膨らんだ。高齢化でリタイアしている人が増えていることから構造的に非労働力人口は増加傾向にあるが、8月の伸びは特に大きい。厚生労働省がまとめたハローワークでの雇用情勢をみると、有効求職者数は前月比0.8%減の260万人と2カ月連続で減った。「職探しをしばらく様子見する人が増えている」(ハローワーク新宿)との指摘が聞かれる。また、東日本大震災の影響で調査が一部地域しか実施できていない岩手・宮城・福島の3県は、データから除かれている。被災地を加えれば失業者はさらに多いはずだ。厚労省によると、8月の雇用調整助成金の対象者は96万人と半年ぶりに100万人を割り込むなど明るい兆しもある。一方で「円高を理由にした非正規労働者の雇い止めも出ている」(同省)という。
引用ここまで

引用
身体障害者フライングディスク大会 OBSニュース:2011年 10月2日

 障害者スポーツ大会の正式種目にもなっているフライングディスクの大会が大分市で開かれ、熱戦が繰り広げられました。この大会は県身体障害者スポーツセンターが毎年、開いていて、今年が7回目です。2日は県内各地から60人が参加し、5メートルと7メートルの距離から直径91・5センチの的に向かってディスクを投げる競技で正確さを競いました。前半と後半に分けてあわせて20回投げて何回、円形のゴールを通せるかで得点を競います。フライングディスクは直径23・5センチで、力を抜いてバランスよく投げるのがコツということです。誰でも楽しめるスポーツとして人気があり、参加者は入賞をめざして熱戦を繰り広げていました。

スオウの木が窮状訴え 助成金増額など7項目要請 - 八重山毎日新聞2011年10月 5日
 竹富町心身障害者親の会「スオウの木の会」・共同作業所「スオウの木」は30日午後、川満栄長町長に助成金増額やバス運賃の低減、仲間港ターミナルのテナント使用料免除など7項目を要請した。要請項目はこのほか▽第3回障害者スポーツ大会参加費用の一部援助▽特別支援学校通学のための通学介助▽仲間港港湾施設駐車場の障がい者専用スペースの改善▽ターミナル内障がい者用トイレの修繕となっている。要請で代表代行の平良敦子さんは「離島地域における障がい者福祉の一層の充実、作業所存続のためにも活動への助成をお願いしたい」と述べ、要請書を手渡した。会員の松本千枝子さんも「交通費も高い。バス代の免除もないことで赤字が増えている。みんなが集まる場所としてなんとか続けていきたい」と窮状を訴えた。同会が法人化し、国・県の障がい者自立支援法関連事業を導入することで補助金・助成金の増額を見込めるとする説明を受け、川満町長は「積極的に検討させてほしい」と答え、法人化や各種事業の導入に前向きな見解を示した。



*関連記事 バックナンバー 下記をクリック
日刊 社会福祉ニュース・レビュー*貧困・生活保護・ホームレス 関連記事・ニュース バックナンバー総集編
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊社会福祉ニュース・レビュー特集:貧困ホームレス生活保護*無料学習教室、ホームレス共同経営雑誌売店
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース*貧困・無縁社会とは*教育格差、無縁社会対策・地域、消費者金融・自己破産
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 特集:失業・貧困・自殺 震災失業・内定取消,介護失業,西成暴動動画1990、失業離婚
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 震災と貧困、就学支援金申請殺到、東北高校生進学断念、絶望ハードワーキングプア
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 生活保護ケースワーカパンク、失業生活保護急増、子ども手当差押、人口の2割が貧困



*進路検討中の皆様へお知らせ 下記をクリック
説明会:はじめての人のための社会福祉士入門講座 10/28(金)18時半 日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・社会福祉士養成科
 10/28(金)18:30~20:00  会場:日本福祉教育専門学校 高田馬場校舎
 担当:当ブログ筆者(社会福祉士養成学科 専任講師) 
 相談援助の専門職=社会福祉士になるには。社会福祉分野がはじめての皆様に、社会福祉士の資格と仕事について解説します。ご質問やご相談も歓迎です。参加無料。

日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
社会福祉士及び介護福祉士法
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です
by yrx04167 | 2011-10-12 12:57 | Comments(0)