日刊 社会福祉ニュース 児童虐待死・大阪府が全国最多、虐待連鎖・再生産、虐待電話相談、専業主婦羨望

<社会福祉関連情報 ソーシャル・ニュース・レビュー 特集:児童虐待・家族子ども福祉・コミュニティ>
筆者による、社会福祉関連の動向、情報のブックマーク
<下記の各記事タイトル(赤色)をクリックすると、全文が読めます
児童の虐待死、大阪府が全国最多 3年半で15人。 全国の虐待死は120人 読売新聞調査 : 関西発 YOMIURI ONLINE(読売新聞2011年11月1日)
 引用「2008年から11年6月の3年半に、大阪府は、児童虐待による死者数が15人と全国最多だったことが読売新聞の集計でわかった。東京10人、神奈川、埼玉各9人など大都市圏が続く。専門家は「都市部は地域のつながりが薄く親子が孤立し、虐待が起きやすい」と指摘、積極的な介入支援を求める。
 警察庁や都道府県警の統計を分析した。この3年半に虐待死した子供(18歳未満)は全国で120人にのぼり、70~90%が0~5歳に集中していた。鳥取、島根など12県で死者がゼロだった。けが人などを含めた被害者の総数は全国で1190人で、これも大阪が91人で最も多く、埼玉79人、神奈川77人が続いた。
 09年には大阪市西淀川区で、暴行や食事制限などを受け、ベランダに放置された当時9歳の女児が衰弱死。社会に衝撃を与える事件が相次いだ。そのたびに、おかしいと感じる近隣住民がいながら早期通報に至っていないことが指摘された。大阪府家庭支援課は「地域の見守りが薄れるのは都市部の特徴。虐待を見逃さないよう親子を支えることが必要だ」とする。今年2月に府の責務を明確にした「府子どもを虐待から守る条例」を施行。市町村に対し、今年度から児童相談所OBの派遣を始めた。大阪市も、夜間の緊急通報に即応するため職員を宿直させたり、迅速に安全確認に向かうため、消防に出動を要請したりしている。
 才村純・関西学院大教授(児童福祉論)は「大阪は生活保護を受ける人が多く、経済的困窮で親が余裕を失って育児ストレスを抱えている可能性もある。地域からの孤立を防ぐには、家庭への訪問を増やすなど、『おせっかい型』の支援を強化すべきだ」と話す。
引用ここまで

児童虐待死
児童虐待防止マラソン
児童虐待対応件数
児童虐待防止「オレンジリボン・キャンペーン」サッカー
家庭の収入、専業主婦、家計格差、家族格差
夫婦児童虐待
児童虐待から高齢者虐待へ

児童虐待防止に向け、電話相談開設 0570ー011ー077  中京テレビ11/1 12:39 NNNニュース

 引用「11月は児童虐待防止推進月間。児童虐待の相談が増える中、1日から全国一斉に子どもたちを救うための電話相談が行われた。この日、全国20か所の虐待防止の活動をする民間団体が協力して、一斉に電話相談がスタート。名古屋でも、子育てやしつけ、虐待に悩んでいる親を対象に専任のスタッフ2人が電話で対応した。名東区では先月、中学生が自宅で暴行を受け死亡する事件もあり、愛知県の児童虐待の相談件数は増加。深刻な社会問題になる中での取り組みとなっている。電話相談は今月7日まで行われる。
 全国子育て・虐待防止ホットライン0570ー011ー077(月ー土、午前10時ー午後5時)

児童虐待防止、走ってPR 保育士らのグループと県:滋賀(CHUNICHI Web中日新聞:2011年11月1日)
 保育士や児童福祉司らでつくるマラソングループ「CFRびわこ」と県は29、30両日、琵琶湖岸170キロ余りを交代で走りながら児童虐待防止を訴える活動をした。11月の児童虐待防止推進月間に合わせた活動。総勢170人が参加し、虐待防止を意味する「オレンジリボン」のたすきをつないだ。CFRのメンバーたちは29日、草津市の県立琵琶湖博物館を出発。高島市の県立びわ湖こどもの国まで、反時計回りで110キロを走破した。県のメンバーたちは30日、大津市の浜大津港を出発。時計回りで60キロを走った。大勢の保護者や子どもたちが、ゴールで出迎えた。高島市の川島美穂さん(36)は「地域や仲間とのつながりがあれば母親のSOSにきっと気づいてもらえる。マラソン活動は、つながりの大切さを教えてくれた」と話した。
 CFRびわこ代表で保育士の里内智子さんは「大勢の高校生も参加してくれた。みんなで子どもを育てる意識がないと、子どもを守れない」と訴えた。

オレンジリボンキャンペーン 昨年度の県内の児童虐待対応は876件、過去最多 11/1 17:21 テレビ岩手 NNNニュース
 今月の児童虐待防止推進月間に合わせて、盛岡市ではシンボルのオレンジリボンとチラシが配布されました。きょうは盛岡広域振興局や県福祉総合相談センターの職員など9人が街頭に立ち、児童虐待防止のシンボル、オレンジリボンとチラシ、およそ700セットを道行く人に手渡しました。県保健福祉部児童家庭課によりますと、昨年度の県と各市町村の児童虐待対応件数は、876件と過去最大ということで、職員たちは子どもの心身の成長に甚大な影響を及ぼす虐待を未然に防ぎましょうと呼び掛けていました。

子ども虐待防止キャラバン隊、「全力で虐待防止に取り組む」、知事メッセージ伝える - 2010年4月鈴鹿市児童虐待事件を受けて 伊賀タウン情報 YOU 2011年11月 1日 18:04 ニュース
 引用「県の「子ども虐待防止キャラバン隊」が名張、伊賀両市役所を訪れ、前田國男副市長に鈴木英敬知事のメッセージを手渡した。県は、2004年度から「子どもを虐待から守る条例」を施行し、毎年11月を「子ども虐待防止啓発月間」と定め、啓発活動を展開。2010年4月に鈴鹿市内で児童虐待事件が発生したことを受け、「子ども虐待防止キャラバン隊」を結成し、県内の市町を回り啓発を呼び掛けている。同日、午後3時から名張市役所で行われた伝達式には市や警察関係者、民生委員ら約15人が出席。県健康福祉部こども局の福田圭司室長が「全力をあげて子ども虐待防止に取り組み、三重の子どもたちの命と未来と笑顔を守る」との知事メッセージを前田副市長に伝達した。
 県などによると、2010年度の県内の児童虐待相談件数は858件(前年度比317件増)と過去最高を記録。そのうち名張市は72件(同1件増)で、伊賀市は75件(同51件増)と増加傾向にある。前田副市長は「相談件数が年々増える厳しい状況であるが、皆さんの支援をいただきながら虐待のない明るい社会を作っていきたい」とあいさつした。

児童虐待防止:サッカーJ2・京都サンガが一役、推進大使に /京都 - 毎日jp(毎日新聞2011年11月2日 地方版)
 児童虐待防止の「オレンジリボン・キャンペーン」を推進する大使にサッカーJ2の京都サンガFCが任命された。府庁でこのほど、今井浩志・京都パープルサンガ社長に任命状が交付された。安藤淳選手、森下俊選手も来庁。山田啓二知事からオレンジリボンのワンポイント入りのチームフラッグも贈られた。東京ヴェルディ戦(12日、西京極)で、リボン配布などの啓発活動がある。1歳の女の子の父親でもある森下選手は「(児童虐待などの)ニュースを見ると心が痛む。PR活動で少しでも輪を広げることができれば」と述べた。
引用ここまで

<関連の人生相談
虐待をやめたい!!夫婦で毎日虐待。夫からはDV : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞2011年10月6日)
 引用「やんちゃな男の子二人の育児に悩んでおります。親になる資格のない最低な母親です。
 海外在住で小学1年生と3年生の二人の子育てをしています。子供が言うことを聞かないと、怒鳴り散らし、ヤクザのような口調で子供と接してしまいます。それでも、思うように行かないと叩きます。情けないことに、そんなことが毎日繰り返されています。心の底からやめたいと強く思っているのですが、気づくと怒鳴り散らし、爆発しています。
 主人は私のもっと悪化したような人で、自分の気分で周りに当り散らします。私にも子供に対しても、暴力、暴言が酷いです。そして、その原因の全ては私にあるそうです。自分が悪いのですが、毎日とても悩んでいまして、どうにかしてこの状況から脱却したいと思っています。私さえ変われば、主人も変わってくれるのではないかという淡い期待もあり、仏様のように穏やかで、強く芯のある人間になりたいと願っています。
 諸事情により私は働くことができず、自由になるお金もなく、日本へ帰ることもできません。

幼児虐待した母。今は老人虐待、罵声に暴力。祖父母を助けてあげたい。 : 家族・友人・人間関係 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞2011年8月19日)
 実家から遠方で暮らしています。お盆に帰省し、あまりの状況に驚きました。数年前祖父が体調を崩し、寝ている時間が多くなりました。更に祖父母共に軽い認知症と診断されています。その2人を両親が介護する為、1年前から同居しています。祖父母の部屋は離れのようになっています。帰省中、母が離れからあまりに長い時間出てこないので、手伝うつもりで離れに向かったら、母の罵声が聞こえました。介護は大変ですし、祖父母は気が強いので、怒りたくもなるだろうと最初は思っていました。どうも様子がおかしいと思い出しました。
 特に用事もないのに離れに行く母。そして1日最低3回、1回につき2時間ほど祖父母を大声で罵倒しています。内容は様々・・・祖父母の生育環境をなじったり、高齢故にできないことを責めたり・・・人間として言ってはいけない言葉もたくさん聞こえました。祖父母が謝っても、謝り方が悪いと言って更にヒステリックになります。母が罵倒している間、祖父母の声として聞こえてくるのは謝罪の言葉だけ。あとは一方的に母が大声を出しているだけです。また、時々叩く音が聞こえてくることもありました。私は離れの廊下でその声を聞くだけで動悸がし、涙が出てきて何もできませんでした。
 私自身も、幼少時代はネグレクトされ、更に大人になるまで人間否定の言葉を投げつけられました。そのことが頭に蘇って祖父母の味方になってあげたいのに、足が前に出ませんでした。父が間に入れば一番いいのですが、父もある意味被害者なのです。子供(私)が巣立ってから母の罵倒を1人で受け続けていました。
 誰もが皆母の顔色を見ながら生活しています。でも、祖父母を助けてあげたい・・・どうしたらいいでしょうか?

収入の少なさに不安。専業主婦が羨ましい。もっと収入の良い方と・・・(独り言) : キャリア・職場 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞2011年11月2日)
引用「子ども(第一子)が産まれました。子育てをしながら日々家族が増えた事に幸せを感じているのですが、これからどうやってお金をやりくりしていこうかと不安になる事があります。健康で働いてくれる事に感謝をしていますが主人の収入は決して多くありません。ご主人の収入だけで専業主婦をなさっている方が羨ましいです。だったら収入の良い方と結婚すれば良かったのですが私が選んだ主人なので前向きに考えていかなければなりませんがふと不安になり愚痴ってしまいました。私も子どもが1歳になったら働きます。子どもの為に笑顔で頑張ります!
引用ここまで

<関連記事 バックナンバーの一部>
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 生活保護家庭の子ども学力・学歴・教育支援・連鎖、シングルマザー雇用、貧困集会
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 特集:子ども・児童虐待 所在不明児童、乳児揺さぶり、児童虐待増加
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 特集:児童虐待・子どもの貧困 虐待電話相談、相対的貧困率、福島県外転校希望
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 児童虐待医療ネットワーク・病院に専門員配置方針・厚労省、震災義援金付き商品券
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 特集:震災と児童福祉 震災孤児・遺児、親族里親支援、福島子ども交流キャンプ
東日本大震災:宮城県の震災遺児は711人―さらに増える可能性も。震災孤児は117人 - MSN産経ニュース2011.8.3



日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です

社会福祉士及び介護福祉士法

[PR]
by yrx04167 | 2011-11-06 18:58 | Comments(0)