人気ブログランキング |

日刊 社会福祉ニュース ホームレス越冬・医療支援、ホームレス追悼集会、震災ホームレス・生活保護

<社会福祉情報 ソーシャル・ニュース・レビュー 特集:ホームレス・越冬・医療福祉相談、生活保護、自立支援>
筆者による、社会福祉関連の動向、情報のブックマーク
<下記の各記事タイトル(赤色)をクリックすると、全文が読めます
名古屋越冬支援 ホームレス列に元派遣若者 医療福祉相談も :暮らし(TOKYO Web)東京新聞:2012年1月13日
 引用「厳しく冷え込んだ昨年十二月二十八日夕方。名古屋駅の高層ビル群の間近にある名古屋市の西柳公園に、炊き出しの親子丼を求めて百五十人ほどのホームレスや日雇い労働者らの列ができた。官公庁の窓口が閉まる年末年始に、路上で生活を送る人たちが深刻な状況に陥らないようにと、労働組合やキリスト教団体など十四団体でつくる「名古屋越冬実行委員会」が実施する「越冬活動」は今年で三十七回目。
 支援団体「笹島診療所」(同市)のメンバーたちは「体調はどう?」「三十日までなら無料宿泊所に入れますよ」などと声を掛けて回った。かぜなど体調不良を訴える人は公園の一角にあるテントに案内し、ボランティアの医師が診察。数日分の薬を処方する。越冬活動が終わる三日夜まで、声掛けと診察は続いた。
 十二月二十九日からたき火を囲む二十代男性がいた。愛知県内の工場で派遣社員として自動車部品の製造に従事していたが、同月二十五日に派遣切りに遭い、寮を追われた。九州の出身。地元で働いたが仕事がなくなり、家族を頼って岡山県で派遣社員として働いていた。休みにハローワークで正社員の口を探したものの、見つからない。東日本大震災で仕事がなくなると契約の更新を断られ、仕事がある愛知県へとやってきた。「三月末まで雇う」という約束だったが、タイの洪水の影響で部品供給が滞り、仕事がほとんどなくなった。直前に「契約の更新はできない」と言われ、最小限の荷物をまとめて寮を出た。名古屋市のビジネスホテルに泊まりハローワークで仕事を探したが、見つからないままお金を使い果たした。屋外で夜を明かすのは初めて。横になる場所もなくほとんど眠れない。「自分たちの都合で突然“寮を出ろ”はひどい」と憤る。
 笹島診療所のメンバーは生活保護の申請も選択肢の一つと説明したが、男性は「働き続けていないと、次に働くときにしんどい思いをするので」と一時的に身を置きながら仕事が探せる名古屋市の自立支援センターの利用を希望した。
 同日に生活保護を申請した五十代男性は、長年、愛知県内の土木会社に勤めてきた。しかし、最近はほとんど仕事がなくなり、職場の人間関係も悪くなって昨年十一月末に退職、寮も出た。雇用保険もなく、サウナや漫画喫茶で寝泊まりしながら日雇いの仕事でしのいできたが、年末になって仕事がなくなった。お金もすぐ尽き「死のうかなと思った」と振り返る。二十八日夜に偶然、越冬活動を知り、二十九日から名古屋市港区の無料宿泊所に入ることができた。「自分が生活保護を受けられることも知らなかった」という男性は、じっくりと職を探すつもりだ。
 リーマン・ショック後の二〇〇八年末から〇九年にかけての越冬では公園を埋め尽くす数百人が集まったものの、年々集まる数は減っている。診療所の活動に参加する日本福祉大の山田壮志郎准教授は「それだけ生活保護を受けるようになった人が増えたということだろう」と分析する。長年活動に携わる藤井克彦さん(69)は「本来は就労対策で支えなければならない人たちが支えられておらず、生活保護の受給者が増えるのは当然。就労対策にしっかりお金を掛けていくべきだ」と話す。
<働ける世代の生活保護申請> 生活保護を受給している人は2011年9月現在、全国で過去最多の206万5896人。リーマン・ショック以降問題になっているのが働ける世代の受給で、働き盛り世代を含む「その他世帯」は全国で149万7000世帯中、25万4000世帯。09年1月の約2倍、10年前の約4倍に増えている。
引用ここまで

北九州でホームレスの追悼集会-マイタウン福岡・北九州 asahi.com:2012年01月04日
 引用「NPO法人北九州ホームレス支援機構のメンバーやボランティア、路上生活者ら約200人が3日、ホームレス状態で亡くなったり、遺族などの引き取り手がなかったりした人たちの冥福を祈る追悼集会を北九州市小倉北区の勝山公園で開いた。同機構はこれまで80人余りの故人を追悼してきた。今回は昨年9月に30代で亡くなった市出身の男性の碑が新たに加わった。参加者は「この命、忘れません」という呼び声とともに1分間黙祷をし、花を捧げた。数年前、駅の通路で寝起きしていたという市内の男性(63)は今、生活保護を受けてアパートで暮らしている。「オレも一時、外で寝ちょったけ、かわいそうだと思って弔いに来た。自分は今も身内と行き来があるので、同情します」と話した。

路上の闇から光 元ホームレス、長男と12年ぶり再会-職も家族も失ったパパだけど…生活保護で自立 阪神大震災17年 -神戸 - 毎日jp(毎日新聞2012年1月4日 大阪朝刊)
 阪神大震災(95年)をきっかけに職や自宅、家族を失って、00年にホームレスになった男性が、生活保護を受けて生活を再建し、ホームレスへの声掛け活動を続けている。「生活保護制度を知らないままだったら、今の自分はない」と思うからだ。
 17年前、野村さん(55)=神戸市東灘区=は外資系生命保険会社神戸支店の営業マンだった。年収は約1200万円。兵庫県西宮市内にローンで一戸建てを買い、家族4人で暮らしていた。ところが震災で勤務先が神戸から撤退。被災地に家族を残して単身赴任するより、半壊の自宅に住み続けて損害保険会社の代理店を営む道を選んだ。年収は約3分の1になり、月10万円の住宅ローン返済のため、深夜もマージャン店で働いた。だが、99年、損保の合併を機に契約解除を告げられた。自宅を手放し、離婚。死に場所を求めてさまよい、福井県で警察に保護され、実家に身を寄せた。00年11月、夜に帰宅すると鍵がかかっていた。「親にも見捨てられた」と思い、戻る場所がなくなった。捨てられた本や家電製品を集めて売り、路上で暮らした。しかし、03年夏に意識が薄れて動けなくなり、ホームレス支援団体の助けで病院へ。大腸ポリープの破裂などが見つかり、半年間入院した。入院中に団体が手続きしてくれた生活保護のおかげで、退院後はアパートに住むことができた。04年末にはスーパー店員の職を見つけ、生活保護も脱した。かつてのホームレス仲間の生活保護申請や家探しを手伝い、今もホームレスを見ると声を掛ける。
 昨年6月、長男(26)から電話が入った。「来年結婚する女性を紹介したい」。12年ぶりに聞く声に涙があふれた。数日後に会うと長男は立派に成長していた。「希望を持って生きていけば、きっといいことがある」。東日本大震災で人生が変わった人たちに送りたい言葉だ。

ホームレス把握へ 今月 全国で実態調査 | 社会 - 財経新聞2012-01-13
 厚生労働省はホームレスの実態把握と自立支援に向けたデータを得るため、今月、ホームレスの実態に関する全国調査を実施する。調査結果は4月に公表する予定。
 調査では性別・年齢・生年月日、調査場所、路上生活で寝ている場所が一定の場所で決まっているかどうか、その具体的場所(公園・道路・河川・駅舎など)、寝場所をどのようにしてつくっているか(廃材・ダンボール・寝袋・毛布など)、路上生活をしてどの程度になるか(期間について)、収入の入る仕事をしているか、している場合はどのようなものか(建設日雇い、廃品回収、運搬作業・その他の雑業など)、収入がある場合の最近3か月の平均月収、仕事以外での収入の有無(ある場合は年金・家族からの仕送り、友人などからの支援など)。路上生活で特に困っていること(食べ物・寝る場所・雨や寒さ・入浴や洗濯ができす清潔に保てない・ホームレス同士のいざこざ・孤独や不安など)、路上生活に至ったいきさつ、路上生活に入るまでに住んでいた地域。現在の健康状態、福祉制度の利用状況、利用したい支援、就職支援を含め自立についてのアンケートなど細部にわたり回答を得たい考え。同省ホームレス自立支援係は調査結果を分析のうえ、施策に反映させたいとしている。
 同省によるとホームレスは昨年1月現在で1万890人いることが確認されており、現在も景況の悪さから1万人を超えていると予測されている。
引用ここまで

<人生相談>
借金し失踪、再会した父を、心を込めて介護ができない : 家族・友人・人間関係 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞2011年12月3日)

 引用「借金が理由で失踪し、行方がわからなかった父を10年前に親戚が偶然見つけ再会しました。その直後父は脳梗塞で倒れ、半身麻痺の状態になり寝たきりではないですが介護が必要な状態になりました。
 父とはもう関わりたくないと思っていたのですが、親戚から「育ててもらった恩」「長女の役目」などと言われ私が引き受けないと仕方がない状況になってしまい同居はどうしても無理なので、私の住んでいる場所の近くにマンションを借りてそこに通うような形で介護を続けています。「それでも父親だから…」と自分に言い聞かせ今までは顔を見に通い、時間があるときは一緒に食事をしたりしていました。でも最近は「それでも父親だから…」の呪文もきかなくなりそうです。父と母は20年前に離婚していて母には何も求められないし、妹は「私は嫌!」の一点張りで当てに出来ません。
 同じように親の介護をしている知り合いは心から親を尊敬し、尽くしているのに私はそれが出来ません。「早く死なないかな」と頭によぎったときは自分自身にゾッとしました。今は私がいないと不便な事が多いので黙っていますが、父は私を娘として愛してくれていません。妹が可愛いそうです。子供の頃に言われ、成人してからも言われました。何もかも投げ出してしまいたくなります。
引用ここまで


*関連記事 バックナンバー 下記をクリック
日刊 社会福祉ニュース・レビュー*貧困・生活保護・ホームレス 関連記事・ニュース バックナンバー総集編
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 生活保護保護率、非正規労働者・失業・貧困原因、貧困ビジネスの報復、夫の失業相談
 生活保護「受給者過去最多」にカラクリか?見落とされた「保護率」、働く世代含む「その他の世帯」伸び突出

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 貧困、過労自殺・就活自殺、ワーキングプア、就職活動やる気無、震災被災地支援
 若年層を襲う過労自殺・就活自殺の多発、就活自殺はこの1年で倍増

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 特集:失業・貧困・自殺 震災失業・内定取消,介護失業,西成暴動動画1990、失業離婚
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 震災と貧困、就学支援金申請殺到、東北高校生進学断念、絶望ハードワーキングプア
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 生活保護ケースワーカパンク、失業生活保護急増、子ども手当差押、人口の2割が貧困
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 生活保護家庭の子ども学力・学歴・教育支援・連鎖、シングルマザー雇用、貧困集会
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 生活保護受給205万人、不況 希望退職、引きこもり・職場いじめ相談、友達間格差拡大


社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 低所得者に対する支援と生活保護制度 重要ポイントレジュメ総集編 社会福祉士精神保健福祉士受験対策共通


日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です

社会福祉士及び介護福祉士法

社会福祉士国家試験合格率 2011年3月 
 日本福祉教育専門学校社会福祉士養成学科合格率96.1% (現役のみ)

*第23回(平成22年度)社会福祉士国家試験 合格実績
 社会福祉士養成学科(昼間部)合格率96.1% (受験者76名 合格者73名

<全国受験者数・合格率(第23回)>
・受験者数 43568人
・合格者数 12255人
・全国受験者合格率 28.1%

毎年2,000件以上の求人が日本福祉教育専門学校就職センターに寄せられます
 2011-11-17現在、就職センターに届いている求人数は1,491件。
 昨年同時期より13%増加
■社会福祉士系:259件
■精神保健福祉士系:80件
■介護福祉士系(手話・音楽も含む):797件
■言語聴覚士系:355件

 昨年度は2,126件の求人をいただきました。


進路検討中の皆様にお知らせ 社会福祉士養成学科・養成科説明会 下記をクリック
2012年1/21(土)13:20~15:30 日本福祉教育専門学校オープンキャンパス・学科説明会
 会場:日本福祉教育専門学校 高田馬場校舎 予約不要 直接、会場へお越しください


児童相談所における社会福祉士の仕事 社会福祉士養成(学)科説明会
 1/19(木)18:00~19:00 担当:小川 ヒロ子 先生 会場:日本福祉教育専門学校高田馬場校舎

 元児童相談所所長の小川先生が、児童相談所における具体的な事例を交えながら、仕事のやりがいや魅力をお話しします。そのほか、社会福祉士の仕事内容や、本校の授業の様子などもあわせてお話しします。

by yrx04167 | 2012-01-15 13:39 | Comments(0)