社会福祉士教員の日記(ブログ筆者、社会福祉士養成学科等)11月21日 緩和ケアとソーシャルワーク1

ブログ講師(日本福祉教育専門学校専任講師、社会福祉士)の日記
<ブログ講師の担当講義の概要など、社会福祉士養成学科・養成科等>


2012/11/21(水)
相談援助演習 後期第9回の概要(1-2時限 社会福祉士養成学科にて)
<今回のテーマ>
緩和ケアとソーシャルワーク①

1 概要
*ターミナルケアとは terminal care

*ホスピスとは hospice
 近代ホスピスの発祥:1967年にイギリスに設立されたセント・クリストファー・ホスピス
 シシリーソーンダース

*緩和ケアとは palliative care
・1990年、世界保健機構(WHO)はがん医療における終末期医療を含む新しいケアの考え方を"緩和ケア(palliative care)"と呼ぶことを提言している。
 この中で、「緩和ケアとは、治癒を目指した治療が有効でなくなった患者に対する積極的な全人的ケアである。痛みやその他の症状のコントロール、精神的、社会的そして霊的問題の解決が最も重要な課題となる。緩和ケアの目標は、患者とその家族にとってできる限り可能な最高のQOLを実現することである。末期だけでなく、もっと早い病期の患者に対しても治療と同時に適用すべきである」としている。

*死の受容のプロセス
 悲嘆と受容

・エリザベス・キューブラー・ロス『死ぬ瞬間』
・否認
・怒り
・取引
・抑うつ
・受容

*精神的ケアの要点
1)ベッドサイドマナー

*癌性疼痛マネジメント
 薬物治療,神経ブロック,放射線治療など

*参考:看取り介護とは
*看取り介護の具体的支援内容
①入居者に対する具体的支援(例)
②家族に対する支援

*事例
 ホスピスに勤務し、燃え尽き(バーンアウト)の援助者。

<詳しくは、演習時に配布のレジュメ、講義を参照のこと>

社会福祉士専門科目 国家試験受験対策 社会調査の基礎 受験対策ポイント 総集編 : 社会福祉士受験支援講座・教員日記

地域福祉の理論と方法 ポイント10 第三者評価、コミュニテイオーガニゼーションとは 社会福祉士受験対策 : 社会福祉士受験支援講座・教員日記
 *オンブズパーソン  *福祉オンブズマン、オンブズパーソン  *苦情処理制度  *サービスの質
 *第三者評価  *障害者・児施設サービス評価基  *ISO など
地域福祉の理論と方法 重要ポイント9 シーボーム報告とは 社会福祉士 精神保健福祉士受験対策練習問題 : 社会福祉士受験支援講座・教員日記
<ポイント レジュメ掲載>
 *シーボーム報告  *ウルフェンデン報告  *バークレイ報告  *グリフィス報告
 *社会サービス  *国連・障害者の十年  *ICF(国際生活機能分類)
 *アウトリーチなど
地域福祉の理論と方法 重要ポイント8 ホームレス自立支援とは 社会福祉士精神保健福祉士受験対策 : 社会福祉士受験支援講座・教員日記
*ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法  *子育て支援総合コーディネーター
 *福祉有償運送  *個人情報保護 など
地域福祉の理論と方法 重要ポイント7 赤十字、共同募金とは 社会福祉士・精神保健福祉士共通科目受験対策 : 社会福祉士受験支援講座・教員日記
*共同募金 *コミュニティ・チェスト *配分委員会 *ボランティア *日本赤十字社 *子育てサークル
*配食型食事サービス *企業の社会貢献活動 *メセナ *フィランソロピー *マッチング・ギフト制度
*1%クラブ  *寄付の文化 など

社会福祉士教員の日記(ブログ筆者、社会福祉士養成学科等) 11月12日 : 社会福祉士受験支援講座・教員日記
相談援助実習指導 後期第7回(1-2時限 社会福祉士養成学科にて)
*ドメスティック・バイオレンスとソーシャルワーク
社会福祉士教員の日記(ブログ筆者、社会福祉士養成学科等) 11月15日 : 社会福祉士受験支援講座・教員日記
 相談援助の理論と方法 第29回講義(社会福祉士養成科トワイライト 6-7時限) 
*ドナ C.アギュララ『危機介入の理論と実際―医療・看護・福祉のために』の概要



日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
社会福祉士及び介護福祉士法

<進路検討中の方等にお知らせ>
社会福祉士 仕事の実際 説明会・相談会
 日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
12/19(水)18時から19時半 参加費:無料(どなたでも参加できます)
 担当:当ブログ筆者(専任講師、社会福祉士)

相談援助の専門職=社会福祉士は、児童や障害者、高齢者等の福祉機関・施設、医療機関において、虐待や貧困などの問題にも取り組む仕事です。
*お問い合わせ先 日本福祉教育専門学校 電話:0120-166-255

[PR]
by yrx04167 | 2012-11-26 12:51 | Comments(0)