児童や家庭に対する支援と児童家庭福祉 練習問題初級 貧困母子家庭救済、母子一体の原理とは。孤立死予防

<児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度 練習問題・初級>
<社会福祉士国家試験専門科目>
<この4月から学習を開始した受講生向き>


問題 次の文章の空欄A,B,Cに該当する語句の組み合わせとして,適切なものを一つ選びなさい

 昭和初期には,世界大恐慌,東北,北海道の大凶作の後を受けて多くの社会問題が発生した。親子心中だけでも,大正14年から昭和2年まで311件もあり,実子殺し,貰い子殺し,農村子女の身売り等の悲惨な状況の中で欠食児童は20万を超えていた。
 こういった状況に対処すべく,昭和4年「 A」 が制定され,生活扶助,……(中略)……助産等が実施され,貧児の施設収容も行われた。昭和8年には児童虐待防止法,「 B」 が制定され,幼少年の虐待防止を図るとともに,多年の懸案であった要教護児の早期発見に資することとなった。また母子心中,欠食児童の増加等にかんがみ,昭和12年には12歳未満の子を有する貧困母子家庭救済のために,「 C 」が生まれた。(厚生省児童家庭局編『児童福祉三十年の歩み(抜粋)』昭和53年)
   A     B       C
1 恤救規則--感化法----母子保護法
2 救護法---少年教護法--母子保護法
3 救護法---感化法----母子保護法
4 救護法---少年教護法--母子福祉法
5 恤救規則--少年教護法--母子福祉法

<関連ニュースクリップ>
孤立死・孤独死や虐待予防 社会福祉協議会と宮崎県など「地域見守り」へ連携
 宮崎日日新聞 2月13日(木)

引用「孤立死や虐待を防ごうと、宮崎県や県社会福祉協議会などは12日、13の民間事業者・業界団体と、住民の異変について情報提供で連携する協定を結んだ。民間事業者は業務上、異変を感じたら必要性や緊急性に応じ市町村窓口や警察、消防に通報する。県や県社協は民間事業者に対する協力要請や、市町村への制度周知といった支援を行う」。引用ここまで

<番組情報>
オイコノミア「アーユー下流?」 オイコノミア ぎゅっと!
引用「あなたは上流?中流?下流?日本では今、格差が広がりつつあるというが本当?これまで放送したテーマの中から反響の大きかったものを選び、1本に濃縮してお送りする」。引用ここまで
NHKEテレ 5月 6日 火 午前0時00分~午前0時25分(=月曜24時00分~)


コミュニティ・ソーシャルワーカーになるには CSWと貧困問題
 5/22(木)18時から19時半 会場:日本福祉教育専門学校高田校舎

 ドラマ『サイレント・プア』で話題の社会福祉協議会で働くコミュニティ・ソーシャルワーカー。地域の貧困等に向き合う社会福祉士の相談援助について、貧困問題に取り組み20年の当ブログ筆者(本校専任講師)が解説します。
参加無料、一般公開

貧困問題と相談援助:当ブログ筆者講演の音声記録の一部を公開中

<ブログ記事 バックナンバー>
社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験対策 学習に役立つリンク集 関連法編1 福祉六法、介護保険法等 <第26回社会福祉士国家試験問題と正答> 社会福祉士受験支援講座・教員日記

心理学理論と心理的支援 練習問題初級 ウェクスラー式知能検査法とは。 引きこもりニート自立支援NPO 社会福祉士受験支援講座・教員日記

相談援助の理論と方法Ⅰ第3回講義レジュメ後半 ソーシャルワークの技能、実践知とは。 孤独死特殊清掃 社会福祉士受験支援講座・教員日記

現代社会と福祉 練習問題初級 恤救規則、日本の救貧制度とは。 ALS患者コミュニケーションと脳波センサー 社会福祉士受験支援講座・教員日記

低所得者支援と生活保護 練習問題初級 生活扶助とは。 生活保護受給高齢者・依存症者の農業、西成 釜ヶ崎 社会福祉士受験支援講座・教員日記


*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部(通学)です
日本福祉教育専門学校 公式チャンネル - YouTube


*解答・解説:母子一体の原理、感化法等 下記をクリック



答2
 救護法---少年教護法--母子保護法

*解説
・母子一体の原理
 児童養育における母親の役割の重要性に対する信念に基づいて,母と子の福祉は一体として保障されるべきであるとする母子福祉の規範。日本では,1920年前後からこの原理に基づく児童保護政策の必要性が議論され,37年にはこれを基本理念に掲げる母子保護法が制定された。戦後も児童福祉・母子福祉政策の理念として使用されたが,これに対しては,児童と女性それぞれの個人としての人格尊重の立場からの批判が提起されてきた。

・少年教護法
 懲戒的性格の強い感化法に代わる法律として,1933年に成立した(昭和8年法律55号)。14歳未満の少年に対する教育的保護や少年鑑別機関の設置,少年教護委員の設置,感化院を少年教護院と改称し小学校令に準拠した教育を行うこと等が規定された。これにより,福祉的な本法と,犯罪少年を主な対象とする刑事的性格の強い旧少年法との二本立ての体制となった。本法は児童福祉法の制定(1947年)により廃止された。

・救護法
 第一次世界大戦後の不況,金融恐慌を背景に,従来の「人民相互ノ情誼」を前提とした恤救 (じゅっきゅう) 規則にかわって,制定された法律(昭和4年法律39号,1932年7月施行)。1946年(旧)生活保護法が制定されるまで,わが国の一般救貧法として機能した。対象者は,65歳以上の老衰者,13歳以下の幼者,障害者など。救済内容は,生活扶助,医療扶助,助産扶助,生業扶助。実施機関は,市町村。居宅保護を原則とし,収容保護,委託保護を容認。

・感化法
 小河滋次郎,留岡幸助らの努力により,1900年に制定された非行少年の教育保護を目的とした法律(明治33年法律37号)。不良少年,犯罪少年,親による懲罰として懲戒場に入れられる少年などの処遇機関として,感化院の設置を定めている。しかし,感化院が全道府県に設置されたのは,1915年のことであった。1933年に少年教護法に改正され,1947年,児童福祉法に吸収された。

**筆者宛てのメールはこちら**
<ご感想、ご意見など、当ブログ筆者へのコメントを、このフォームから送信して下さい。匿名も可です>


<当ブログ筆者も執筆の2冊、新刊2014年5月10日発行 中央法規出版>
「2015社会福祉士国家試験過去問解説集」日本社会福祉士養成校協会編集
ISBN 978-4-8058-5001-5
HPより「充実した解説で合格力の基礎をつくる最新の第26回を含む3年分、450問を選択肢ごとに詳しく解説。過去2年分も最新の制度、統計情報にアップデートし、出題傾向と試験対策がわかる科目別ポイントを解説した問題集。次回試験に完全対応。基本の理解、実力試し、傾向対策、総復習で、着実に学習効果を発揮する、試験当日まで手放せない一冊。

「2015精神保健福祉士国家試験過去問解説集」
 ISBN 978-4-8058-5002-2 中央法規出版


<電子ブックでお試し・立ち読み クリック>

<当ブログ筆者も執筆、新刊2014年4月19日発売>
「クエスチョン・バンク QB 社会福祉士国家試験問題解説2015」
23回から26回4年分の過去問題集 
図表が多く"わかりやすさ"にこだわった過去問題集の最新刊
ISBN978-4-89632-525-6
MEDICMEDIA メディックメディア

[PR]
by yrx04167 | 2014-05-04 23:52 | Comments(0)