2015年 06月 28日 ( 1 )

障害者に対する支援と障害者自立支援制度 練習問題 中級
<社会福祉士・精神保健福祉士共通科目受験対策講座web>

問題1 障害者運動及び民間活動に関する次の記述のうち,正しいものを2つ選びなさい

1 1970年代に入り,アメリカの自立生活(Independent Living)運動は,重度の身体障害児をもつ親の会の活動として出発し,発達保障という考え方を提唱した。
2 我が国における精神障害者の家族会の全国組織は,1940年代後半に設立されたが,精神障害者本人による全国組織はまだ設立されていない。
3 1950年代に,知的障害児の親の会として出発した全日本手をつなぐ育成会(当時は,全日本精神薄弱児育成会)は,現在では知的障害者の本人部会を設けている。
4 我が国における小規模作業所づくりは,1980年代から精神障害者の自主運営活動として始まったが,1990年代に入り,知的障害者や身体障害者の作業所づくりが始まった。
5 障害者インターナショナル(DPI)は,1981年の国際障害者年を契機に設立され,身体障害にとどまらず知的障害や精神障害等様々な種類の障害のある人が活動する場となっている。

問題2 国際生活機能分類(ICF)に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい

1 2001年の国際生活機能分類(ICF)において、生活機能は「心身機能・身体構造」,「活動」,「参加」から構成され,背景として環境因子,個人因子の各要因の、相互作用モデルが採用された。
2 国際生活機能分類(ICF)における「活動」とは、日常生活動作だけでなく様々な生活行為である。
3 国際生活機能分類(ICF)で介護者は、背景のうちの「個人因子」に含まれる。
4 国際生活機能分類(ICF)の環境因子には、他の人々の社会的な態度による環境の持つ影響力が含まれる。
5 国際生活機能分類(ICF)の活用で、生活機能や疾病等の共通理解が進むと期待されている。


日刊 福祉施設 社会起業ニュース 関連情報クリップ
廃校舎を農業交流の場に bj秋田が活性化策 校庭の草刈り作業に取り組む国際教養大と秋田大の学生
2015/06/22 06:05 【河北新報】

引用「秋田市上新城地区の農業者とプロバスケットボールTKbj秋田が昨年設立した農業法人「上新城ノーザンビレッジ」が、廃校となった旧上新城中を拠点に、農業で地域を活性化する計画を進めている。21日、住民と大学生のボランティアの協力を得て校舎を清掃し、交流拠点とする準備作業に励んだ。夏以降、そば打ちや農作業などの体験イベントを開く。
 住民らは市中心部から車で約30分という立地を生かし地域活性化を図ろうと、bj秋田と協力し法人を設立。築24年とまだ新しい校舎を市から借り受け、校庭でブルーベリー栽培を始めるなど、交流の場づくりに取り組んでいる。同地区の斉藤さん(71)は「校舎に入るのは5年ぶりで懐かしかった。人がたくさん来るようになればにぎやかになる」と喜んだ。
 7月にも地元産ソバを使ったそば打ち体験などを始めるという。ノーザンビレッジの柳智仁さん(27)は「地元はもちろん、将来は首都圏や仙台圏からも農業体験に来てもらえる場所にしたい」と意気込む」。引用ここまで

徘徊高齢者の早期発見へ、携帯電話で県警のメールサービス「無事かえる協力ネット事業」開始 寒河江市
2015/06/23 11:48 【山形新聞】

引用「寒河江市は、県警のメール配信サービスと連携し、行方不明となった認知症高齢者の早期発見に結び付ける「さがえ無事かえる協力ネットワーク事業」を開始した。自治体が主導して高齢者保護に県警の同サービスを積極活用する県内初の試み。
 市は昨年から認知症高齢者見守り事業「無事かえる」支援プロジェクトをスタートさせ、市民の積極的な声掛けを通して高齢者保護を促す啓発活動を展開している。しかし、徘徊(はいかい)しているのかは区別が付きにくく、気掛かりな高齢者を見つけても声を掛けにくいことが課題だった。
 そこで、登録されたメールアドレスへ県警が防犯や行方不明者などの情報を配信する「やまがた110ネットワーク」のサービスに着目。名前や年齢、背丈、服装、顔写真といった詳しい情報を誰もが共有できることを生かし、メール登録の普及を通して市民の積極的な捜索や声掛け活動に結び付けることにした。
 市高齢者支援課の川部裕子地域包括支援係長は「できる限り登録の輪を広げ、市民一丸となった見守り態勢を具体化させたい」と話した」。引用ここまで

ホスピタル・クラウン(道化師)のパフォーマンスに患者ら笑顔 国立病院機構山形病院
2015/06/26 22:29 【河北新報】

引用「道化師(クラウン)が23日、山形市の国立病院機構山形病院を訪れ、皿回しなどのパフォーマンスを披露した。次々と繰り出される技に、入院中の重症心身障害者や看護師ら約100人から大きな歓声が上がった。
 訪問したのはNPO法人日本ホスピタル・クラウン協会(名古屋市)理事長で、「クラウンK」として活動する大棟耕介さん(46)。風船やボールなどの小道具を巧みに操り、椅子を額に載せると拍手が沸いた。
 赤平諭美子看護師長(36)は「普段出合えない新たな刺激があった。患者さんたちが笑顔で喜ぶ姿を見られたことが何よりうれしい」と話した。東日本大震災の被災地も訪れている大棟さんは「クラウンの育成にも力を入れ、今後も東北で広く活動していきたい」引用ここまで

“四国発”のニュースポーツづくり地域元気に 4大学が開発、普及へ
2015/06/26 10:42 【四国新聞】

引用「スポーツで地域を元気にしようと、四国の4大学が世界ゆるスポーツ協会(本部・東京)と連携して、新しいスポーツの開発・普及に取り組むことになった。子どもからお年寄りまで全ての人が楽しめる“四国発”の独自スポーツづくりを目指し、各大学ともすでに学生への説明を終え、近く開発に向けて本格的に始動、今秋には高松市に4大学が一堂に会して自信作を披露する。
 参加大学は四国学院大(香川県善通寺市)、高知大(高知市)、聖カタリナ大(松山市)、徳島大(徳島市)。四国の地域振興について考える「四国活性化プロジェクト」(四国新聞社など四国の4新聞社主催、四国4県共催)の一環。
 タッグを組む世界ゆるスポーツ協会は「スポーツ弱者を、世界からなくす」を合言葉に今年4月に発足。アンバサダーに作家の乙武洋匡さんや元ハンドボール日本代表の東俊介さんらを迎え、約100人のメンバーが活動、ハンドソープボールやイヌティメットフリスビー、手錠バレーなどすでに40近くのユニークなスポーツを考案している。
 このほど、四国学院大で開かれた第1回の打ち合わせ会、同協会の井田将仁さんが開発のポイントなどを講義した。学生らは早速「県特産のオリーブやうちわ、げたなどを使ったスポーツはどうだろう」などと、アイデアを出し合っていた」。引用ここまで

<関連資料 バックナンバー>
貧困・低所得・生活保護 : 社会福祉士受験支援講座・教員日記



新刊 当ブログ筆者が試験問題解説を執筆 
「2016社会福祉士国家試験過去問解説集 第25回─第27回全問完全解説」日本社会福祉士養成校協会編集 ISBN 978-4-8058-5161-6
 中央法規出版 2015年5月10日発行

 450問を選択肢ごとに詳しく解説し、科目別ポイントを収載。第27回を含む過去3年分の国家試験全問題を掲載した問題集。過去2年分も最新の制度や数値にアップデートし、次回試験に完全対応。基本の理解、実力試し、傾向対策、総復習で着実に学習効果を発揮。 中央法規出版


貧困問題と相談援助:当ブログ筆者講演の音声記録の一部を公開中

当ブログ筆者の論文 最新 「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発」
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号 37頁から55頁 平成27年4月



ブログ閲覧中の社会福祉士国家試験受験生の皆様へ
<当ブログ筆者の社会福祉士 国家試験対策講座 模擬試験+ポイント解説>
 日本福祉大学の社会福祉士受験対策講座
【社会福祉士養成校協会】全国統一模試+ポイント解説講座
講座は、東京会場と岡山会場をブログ筆者が担当
10月25日(日)東京会場
10月31日(土)岡山会場

お問い合わせは日本福祉大学名古屋オフィス 電話052-242-3069



ソーシャルワークのグローバル定義 解説 2014年 社会開発、社会的結束、集団的責任とは 講義レジュメ

講義レジュメ 家族による人権侵害、虐待からの回復、自尊感情、コミュニティエンパワメントとは 相談援助

講義レジュメ グループワークの援助関係、虐待連鎖、薬物依存症の回復、治療共同体アミティとは 相談援助

<進路検討中の皆様へ 当ブログ筆者の講義見学
当ブログ筆者の授業見学会 6月 相談援助の基盤と専門職 社会福祉士養成学科の授業見学を開催
日時 6/29(月)13:00~14:30 要予約 
社会福祉士養成学科 当ブログ筆者のリアル授業見学会 予約はこちら
 お問い合せは 電話:0120-166-255


当ブログ筆者の授業見学会 相談援助の理論と方法 要予約
7/8(水)7/15(水)16:30から18:00


*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部(通学)です

日本福祉教育専門学校 公式チャンネル - YouTube

当ブログ筆者の「学生のメンタルヘルス公開講座」のレポート
学生ピアサポート活動の留意点


*解答と解説:発達保障の理論 糸賀一雄 療育実践 適応・順応訓練、
小規模作業所 共同作業所 無認可作業所,地域作業所 アクティビティ、
全日本育成会 インクルージョン 自己決定 家族支援、自立生活運動とは
 下記をクリック

*解答と解説:国際障害分類、ICF(国際生活機能分類)、
肢体不自由 脳性麻痺 中途障害、脊髄損傷 自律神経機能障害、
現実見当識訓練(Reality Orientation:RO) 教室ROとは 下記をクリック


More*解答と解説:発達保障の理論、小規模作業所、全日本育成会、自立生活運動とは ⇒⇒⇒
[PR]