人気ブログランキング |

<   2011年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by yrx04167 | 2011-07-31 00:53
相談援助の理論と方法 前期第16回講義レジュメ3 2011/07/28 5・6時限
日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成科(夜間部トワイライトコース)

14章 相談援助のための交渉の技術・続き
2節 交渉の方法と留意点
1 交渉という技術 テキストP298

・交渉は、コミュニケーション技術が必須である。当事者との相互理解を可能ならしめるコミュニケーションが基盤となる。

*コミュニケーションの範
・当事者
・インフォーマル関係者(家族、親族、近隣者、住民、ボランティア、団体など)
・フォーマル関係者(専門職、NPO、行政など)

*コミュニケーションの方
①一対一でのインタビュー
②グループ・インタビュー
⑨セミナー形式での情報交換
④クライエント訪問
⑤交渉(プロジェクト)評価へのクライエントの参加
⑥組織化されたクライエントへのフィードバック

*交渉のためのコミュニケーションに求められるもの
・交渉にかかわることで、何が他では得られない点か、ユニークな点かを理解する。
・提案者の判断を押し付けず、当事者の意見、希望を注意深く聞く。
・どのようなことを、なぜ行っているかを十分に説明する。
・これからどうしようとしているのか、事前に説明する。
・わかりやすい言葉を使って説明する。
・当事者に進捗状況を逐次伝える。
・当事者が常に進行の方向性について意思決定するように働きかける。
・契約の締結の際は、必ず当事者がかかわる。
・内容を変更するときには、事前に伝えて了解をとる。
・必要とするときに、適切に連絡や接触がとれる状態にする。
・締め切りの期日は守る。
・進捗に沿って記録を残す。
・当事者の生活全般に配慮した姿勢を見せる。
・この交渉(プロジェクト)にとどまらず、幅広く当事者の役に立つように努める。

*当事者の思いを引き出す語り掛
 ① 当事者の感情に配慮する。
 ② 当事者の決意を引き出す。
 ③ 選択肢や目標を導き出す。

*当事者の視点で問題を探索するはたらきかけ
 ① 問題を掘り下げる。
 ② 問題の意味を明らかにする。振り返りと同意。
 ③ 当事者自身の特徴に気づかせる。

*非言語的表現の3種
 ① メンバー間の関係に関するもの(友情、同意、好意など)
 ② 意見に対する反応
 ③ 対話の同調、笑い、姿勢など

・他者の発言時にみられる合意、非合意の表情や態度、テーマへの関心のもち方、発言時以外の他者への関心などは、重要な情報源となる。

2 組織内の異なる部署との交渉 テキストP301
*多職種チームワーク

 これは、当事者、家族、専門職が取り組むチームである。
 組織内の異なる部署との交渉に有効である。
 また、当事者を巻き込むので、当事者自らが力をつけることのサポートとなる。

*チームワークに必要なポイント
・当事者を巻き込む
・異なった専門職
・異なった専門経験
・利用が可能な参照機能
・目標等を共有するネットワーク機能
・マネジメント機能

*二種類の「多職種チームワーク」 テキストP302 表14-3 参
・multidisciplinary teamwork
 かかわる専門職種の独立性を残しつつ、最小限つながっている。

・interdisciplinary teamworkの特
 ①共通目標の設定
 ②情報の共有
 ③成果の共有
 ④責任の共有
 ⑤当事者の積極的な参加 

・関連する情報は、必要最低限「秩序ある共有」を行なう。
 全体を意識し、一側面として専門性を発揮したサービスを提供する。
 当事者も参加し、共通の目標に向かい、チーム全員がその達成に向けた成果を共有し、責任を負う。

*多職種チームワークinterdisciplinary teamworkのメリット
・総合的な視点から、目標等を決定し、アセスメント、介入、評価ができる。
・秩序あるかかわりができる。
・専門職間、当事者との間で幅広い技術の共有ができる。
・ケアの質の向上、記録の一体化、当事者参加を図ることができる。

*その葛藤の要
・専門職がチームワークの訓練をしていない。
・システム指向の教育をしていない。
・専門職が部分的な活動に自由にかかわることの制限。
・専門職間の葛藤、新メンバー適応、「当事者のため」と「チームのため」の間の葛があり得る。

*効果的多職種チームワーク実現のために
・チームメンバーの相互理解・尊重、受容等が欠かせない。
相互信頼、コミュニケーション、相互評価、相互の補完が期待できる。

*レジュメ4に続く

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 前期第14回講義レジュメ1 7/14 コミュニケーション、質問技法 社会福祉士養成
12章3節 面接において用いる技術とコミュニケーション 1 面接において用いる技術
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 前期第14回講義レジュメ2 7/14 ソーシャルワーク・面接技法 社会福祉士養成科
12章3節 面接において用いる技術とコミュニケーション *基本的応答技法(面接技術)
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 前期第14回講義レジュメ3 7/14 面接の構造、生活場面面接とは 社会福祉士養成科
12章3節 面接において用いる技術とコミュニケーション


社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 受験対策夏期講習 低所得者に対する支援と生活保護制度 重要ポイント2 社会福祉士・精神保健福祉士共通
◎生活保護法の「四つの基本原理」 など


日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
社会福祉士及び介護福祉士法

社会福祉士国家試験受験対策コース受講者募集 日本福祉教育専門学校・高田馬場校舎
 社会福祉士国家試験合格をめざす方(一般・通信・通学課程の方等)を対象として「受験対策コース」を開講いたします。来年1月の国家試験に万全を期して、本校講師陣が全力でバックアップいたします。
1.対象者 社会福祉士国家試験受験有資格者及び取得見込みの方で、平成23年1月の国家試験を受験予定の方。
2.授業科目 国家試験全出題科目
3.開講日 毎週火曜・金曜の夜間に開講します(但し、一部休講日あり)。
4.開講期間 第1クール 8/16~10/21のうち全18回
<社会福祉関連情報 ソーシャル・ニュース・レビュー 特集:児童・子ども虐待>
筆者による、社会福祉関連の動向、情報のブックマーク
 児童虐待相談、強制立ち入り調査、児童相談所、虐待対応件数
 学校居場所支援、鷹の子の部屋、DuplexFamily
 虐待経験
 
<下記の各記事タイトル(赤色)をクリックすると、全文が読めます>
児童虐待相談 5万超 子どもの心を殺さず、育むために  西日本新聞 2011年7月23日
 引用「厚生労働省によると、全国の児童相談所が2010年度に受けた児童虐待の相談件数が、速報値で5万5152件に上り、1990年度の集計開始から20年連続で増加した。東日本大震災で集計できなかった宮城県、福島県、仙台市を除いた数字だが、5万件を超えたのは今回が初めてで、過去最多を更新した。九州7県の合計も、前年度より30%近く増えて4309件だった。福岡県(2政令市を含む)1767件、大分県905件、熊本県(児童相談所を新設した熊本市を含む)663件の順で多く、大分県は66%、熊本県は87%も増えた。
 厚労省も言うように、虐待事件が各地で大きく報じられ、市民の危機意識が高まり、相談件数の増加につながった側面もあるのではないか。大分県の場合、昨年4月に24時間対応の専用電話を開設するなど、相談窓口を拡大したことが増加の一因とみている。現場には「相談件数が増えるだけ、多くのSOSを見つけることができる」と前向きにとらえる声も少なくない。
 児童福祉法の改正で、児童相談所による強制立ち入り調査が導入されたほか、今春の民法改正により、来年4月には親権の最長2年間停止が可能になる。こうした強制的な親子分離策によって、虐待を防止するための制度は整ってきた。一方で、児童相談所などの児童福祉施設が、増える相談の対応に追われ、きめ細かなケアができないのも事実である。全国の児童福祉司は10年度までの10年間で1・8倍増えたが、虐待対応件数はそれを上回る3・1倍の増加だ。すべてを都道府県や政令市が持つ児童相談所などに頼るのは、物理的にも限界といえる。
引用ここまで

引用
子供を叱るとき強く叩いてしまう親は2割 テレネック 2011年7月27日
 ネットエイジア株式会社はこのほど、携帯電話を使って児童虐待などについて約二千人に調査した。自分の子供と同居している人に、「子供を叱るときに度を越して叩くことがあるか」と尋ねたところ「あてはまる」が19.5%もいた。また「子供に大声で怒鳴ることがある」と答えた人は61.5%で、「子供を叱りすぎて反省することがある」は47.9%、「子供を無視してしまうことがある」は17.7%、「子育てを放棄したくなることがある」は11.8%、「自分が虐待しているのではないか不安になることがある」と答えた7.7%だった。

居場所ない子どもに安心の場 学習支援の部屋 三鷹市で開始 -マイタウン多摩 asahi.com朝日新聞 2011年07月29日
 学習支援を通じて、家や学校に居場所がない子どもたちが安心して過ごせる場所を作ろうという取り組み「鷹の子の部屋」が来月、三鷹市で始まる。精神的に孤立している子どもたちを地域で支え、児童虐待の発見にもつなげようとする試みだ。「鷹の子の部屋」は、福祉施設職員や主婦、大学生らが虐待予防を目的につくる任意団体「DuplexFamily」が主催。8月29、31両日、三鷹市内で開かれる。同団体のメンバーや地域住民らが、夏休みの宿題を中心に、子どもたちの勉強の手助けをする。同団体は2010年2月、設立された。呼びかけたのは、都内の福祉施設に勤める佐藤孝典さん。長年、福祉の現場で働いてきた経験から、「子どもたちがSOSを出せる場所が少ない」と危機感を持っていたという。以来、専門家や虐待経験を持つ学生らを呼んだシンポジウムを2回開いた。その度に賛同者が増え、今回、会場を提供してもらえることになり、「鷹の子の部屋」の開催に踏み切った。地域の民生委員の力を借りて、孤独を感じる子どもたちに参加を呼びかけたいという。

福島南相馬の小学生 避難・疎開・健康の不安、再会・普通の生活に戻りたい 文通で深まる絆 避難準備区域の石神第二小4年生 (毎日新聞2011年7月25日 東京夕刊)
 「放射能が早くなくなって、みんなと勉強したりたくさん遊びたい」。東京電力福島第1原発から30キロ圏内の緊急時避難準備区域にある福島県南相馬市立石神第二小学校。10キロ離れた小学校を間借りして授業を再開したが、転校が相次ぎ、児童は3分の1に減った。残った4年生27人が全国10都県に避難した同級生全員に手紙を送ったところ、7月になって続々と返信が届いている。約30通の返信には、避難生活での不安や古里への思いがつづられていた。
◇「もしみんなが原発のびょうき、こうじょうせんがんになったら、ぜったいわたしはなおるのをみまもる」
 4月1日時点で494人が在籍していた同小の全校児童は現在175人。震災前に78人いた現4年生のうち51人は学校を移らざるを得なくなり、夏休み中にさらに4人が転校する。児童は毎朝7時、マスクに長袖姿でいったん同小に集まり、バスで30キロ圏外の市立上真野小に移動する。
 「こっちで頑張っていることを伝えよう。遠くで暮らすみんなの思いも聞こう」。担任の横山雄彦(かつひこ)教諭(44)が6月に呼び掛け、全員で手紙を書いた。外で遊べない悔しさや、全国から支援物資が届くことへの感謝の気持ち、転校した子の体調を気遣う言葉など、思い思いの心境を記した。
 転校生のうち田村明日香さん(10)は、原発事故後、同県喜多方市の体育館で避難生活を送り、東京で働くことになった父と一緒にいったんは上京。しかし、都内の避難所が閉鎖。喜多方市の体育館でボランティアをしていた斎藤久美子さん(48)が「里親役」となって引き取り、父と離れ暮らす。
 同級生からの手紙に明日香さんは「手紙を読んだときないてしまいました。もう一回だけでいいからみんなにあいたいです」「もしみんなが原発のびょうき、こうじょうせんがんになったら、ぜったいわたしはなおるのをみまもる」と返事を書いた。「手紙をもらってうれしかった。返事が来たらまた書きたい」と語る。
 多くの児童たちが、避難当初のつらさを記した。県の北端、新地町に避難した男子児童は「原子力にちかいところからひなんしてきたから、きらわれると思っていた」と打ち明けた。埼玉県に移った女子児童は「お父さんがどこか住める場所をさがしてことわられて、そのくり返しでした」と振り返った。
 願いは、早く古里に戻ること。「早く原発をなおして下さい。ひなん生活じゃなくて、ふつうのおちついた生活をしたいです」(福島県伊達市に避難した女子児童)、「今はたいへんな時だけど石二小の全員でのりこえよう。みんなあえる日までがんばろう」(埼玉県に避難した男子児童)
 文通は今後も続ける予定だ。横山教諭は、「一刻も早く元の生活を取り戻したいという子どもたちの思いが伝わってくる。手紙を出し合うことで全国に散らばった仲間との絆が深まれば」と話している。


<参考HP 下記をクリック>
児童虐待の防止等に関する法律

*同法より抜粋
(目的)
第一条  この法律は、児童虐待が児童の人権を著しく侵害し、その心身の成長及び人格の形成に重大な影響を与えるとともに、我が国における将来の世代の育成にも懸念を及ぼすことにかんがみ、児童に対する虐待の禁止、児童虐待の予防及び早期発見その他の児童虐待の防止に関する国及び地方公共団体の責務、児童虐待を受けた児童の保護及び自立の支援のための措置等を定めることにより、児童虐待の防止等に関する施策を促進し、もって児童の権利利益の擁護に資することを目的とする。
(児童虐待の定義)
第二条  この法律において、「児童虐待」とは、保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう。以下同じ。)がその監護する児童(十八歳に満たない者をいう。以下同じ。)について行う次に掲げる行為をいう。
一  児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。
二  児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること。
三  児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置、保護者以外の同居人による前二号又は次号に掲げる行為と同様の行為の放置その他の保護者としての監護を著しく怠ること。
四  児童に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応、児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力(配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。)の身体に対する不法な攻撃であって生命又は身体に危害を及ぼすもの及びこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動をいう。)その他の児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。
(児童に対する虐待の禁止)
第三条  何人も、児童に対し、虐待をしてはならない。


<関連記事>
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース*特集:子どもの貧困・児童虐待*健康格差、虐待家庭・社会的孤立
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース*特集:貧困・生活保護・就職難*貧困家庭・子ども、就職内定率
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース*特集:貧困と子ども*ひとり親家庭学習指導・無料、貧困と虐待、女性と貧困



日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です

社会福祉士及び介護福祉士法.

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by yrx04167 | 2011-07-29 06:20
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by yrx04167 | 2011-07-28 20:06
<社会福祉関連情報 ソーシャル・ニュース・レビュー 特集:貧困・生活保護>
経済協力開発機構(OECD)貧困率調査

筆者による、社会福祉関連の動向、情報のブックマーク
<下記の各記事タイトル(赤色)をクリックすると、全文が読めます>
東日本大震災後に生活保護702世帯 - 毎日jp(毎日新聞 2011年7月9日 東京朝刊)
 引用「厚生労働省は8日、東日本大震災の影響で生活保護受給を始めた被災者は5月末までに全国で702世帯(宮城県の一部を除く)に上ると発表した。被災地別では、福島第1原発事故で避難世帯が多数生じた福島県が391世帯(56%)で最多だった。このほか宮城県180世帯▽茨城県78世帯▽岩手県43世帯など。世帯構成別では、働ける世代が世帯主とみられる「その他世帯」が347と突出。高齢者世帯139▽障害・傷病者世帯138▽母子世帯78。生活保護の相談は5月末までに全国で2621件あり、申請は972件。
引用ここまで

引用
就学援助6人に1人 32市町村で増加 - 琉球新報 2011年7月26日
 経済的な事情で学用品や修学旅行費、給食費などの就学援助を受ける沖縄県内小中学生の2010年度の人数が09年度比1319人増の2万5237人、全児童生徒数に占める受給割合も前年度比1・03ポイント増の17・12%と受給者数、割合ともに過去最多を更新したことが25日、県教育庁財務課のまとめで明らかになった。6人に1人が就学援助を受けている状況で、県内41市町村中32市町村で受給割合が増加した。県教育庁財務課は「不況の影響で受給者数が増え続けているとみられる。景気が回復しない限り、この傾向が続くのではないか」と話している。
 生活保護法に基づき国庫補助金で措置される「要保護」は10年度2409人で、09年度2302人から107人増えた。生活保護に準じる家庭に対し、市町村教育委員会が独自の基準で認定し、一般財源で措置する「準要保護」は10年度2万2828人で、09年度2万1616人から1212人増加した。自治体別に見ると、沖縄市(24・89%)、那覇市(22・64%)、宜野湾市(19・93%)、嘉手納町(19・27%)、北谷町(18・27%)など都市部や基地所在市町村で軒並み県平均を上回る認定率となった。

貧困率最悪 総合的対策待ったなし-北海道新聞[社説]7月24日
 全国民の中で生活に苦しむ人の割合を示す「相対的貧困率」が2009年の厚生労働省の調査で、過去最悪の16・0%となった。 国民の6人に1人が、年間112万円未満で生活していることになる。生活保護51 件費の水準にすら達しない金額だ。
 経済協力開発機構(OECD)の2000年代半ばの貧困率調査でも、日本は加盟30カ国中、4番目に悪かった。この格差を驚く人も多いのではないだろうか。
 貧困率が悪化したのは、所得の低い65歳以上の高齢者や非正規労働者の割合が増えたためとされる。 非正規労働者は全労働者の3分の1を超えた。小泉純一郎政権が規制緩和の一環として、労働者派遣法の対象業種を拡大して以来、増加傾向が続いている。
 中でも、問題があるのは登録型派遣だ。派遣労働者の約7割を占めるが、仕事があるときだけ雇用され、身分が不安定だ。規制緩和によって労働現場に何が起こったのか。十分検証しながら、少しでも雇用改善につながるような論議を国会に求めたい。
 非正規労働者は、厚生年金や健康保険が適用されない場合がほとんど。政府の「社会保障と税の一体改革案」でも正規労働者並みの扱いを求めており、早期の実現が必要だ。
 東日本大震災により、被災した企業から雇い止めされる派遣労働者も増えている。手をこまねいていては、貧困率はさらに悪化する。多くの政策を網の目のように張り巡らすことで、困窮にあえぐ人を救いたい。

生活保護の入居支援費、無免許業者も不正請求か : 社会 : YOMIURI ONLINE(2011年7月26日 読売新聞)
 福岡市内の不動産仲介業者が生活保護の入居支援費を水増しするなど不正請求していた問題で、不正が疑われている業者に宅地建物取引業の免許がない業者が含まれていることが、市の調査で明らかになった。市は仲介業者の免許の有無を確認しておらず、チェックの甘さが改めて浮き彫りになった。福岡市などによると、無免許だったのは同市内の業者で、複数のホームレスに賃貸住宅を仲介し、敷金、礼金などを水増し請求、不正に受け取っていた疑いがある。元ホームレスの男性2人と福岡市内に所有するマンションの賃貸契約を結んだ不動産会社によると、いずれの物件も敷金、礼金を徴収していないのに、業者が福岡市に提出した見積書には敷金、礼金計約15万円が計上されていたという。同社の社長は「無免許業者の仲間が福岡市内の公園などを回り、ホームレスに住まいを世話していた」と証言する。


<参考・関連する法律 下記をクリック>
生活保護法
ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法


*関連記事 バックナンバー 総集編 下記をクリック
日刊 社会福祉ニュース・レビュー*貧困・生活保護・ホームレス 関連記事・ニュース バックナンバー総集編
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース・レビュー*特集:貧困・低所得者支援・生活保護*無料学習教室、貧困シェルター
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊社会福祉ニュース・レビュー特集:貧困ホームレス生活保護*無料学習教室、ホームレス共同経営雑誌売店
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース*特集:貧困・孤立*関係の貧困、子どもホームレス、シェルター、シングルマザー
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース*貧困・無縁社会とは*教育格差、無縁社会対策・地域、消費者金融・自己破産



日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です

社会福祉士及び介護福祉士法.
低所得者に対する支援と生活保護制度
 練習問題

社会福祉士・精神保健福祉士共通科目受験対策

問題1 生活保護法に基づく保護施設に関する次の記述のうち,正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい

A 救護施設は,心身に著しい障害があるために日常生活を営むことが困難な要保護者を入所させ,生活扶助を行うことを目的とする施設である。
B 更生施設は,心身上の理由により養護及び生活指導を必要とする要保護者を入所させ,生業扶助のみを行うことを目的とする施設である。
C 授産施設は,心身の理由又は世帯の事情により就業能力の限られている要保護者に対して,就労又は技能の修得に必要な機会及び便宜を与えて,その自立を助長することを目的とする施設である。
D 宿所提供施設は,住居のない要保護者の世帯に対し住宅扶助を行うことを目的とする施設である。
<組み合わせ>
  A   B  C  D
1 ×  ×  ×  ○
2 ×  ○  ○  ○
3 ○  ×  ○  ○
4 ○  ×  ×  ×
5 ×  ○  ×  ×


問題2 公的扶助・生活保護法に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい

1 公的扶助は、素行調査(尾行・監視など)をその前提条件として,要保護者の申請に基づき,国や地方自治体が実施する補足的給付である。
2 日本国憲法の規定する生存権の保障を国が実体的に具現するための一つとして制定されたのが生活保護法である。
3 生活に困窮する国民の最低生活保障を国がその恩恵・慈善において行う原理が生活保護法に規定されている。
4 生活保護法第2条は「国民は,この法律の定める要件を満たす限り,この法律による保護を,無差別平等に受けることができる」とあるが、生活困窮に陥った原因による差別は当然に許されている。
5 生活保護法第4条は,「保護は,生活に困窮する者が,その利用し得る資産,能力その他あらゆるものを,その最低限度の生活の維持のために活用しなくても行われる。」と規定している。


日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
社会福祉士及び介護福祉士法


*解答は下記をクリック

More * 続き・解答 ⇒⇒⇒⇒⇒⇒
<社会福祉関連情報 ソーシャル・ニュース・レビュー 特集:地域福祉>
筆者による、社会福祉関連の動向、情報のブックマーク
<下記の各記事タイトル(赤色)をクリックすると、全文が読めます>
飯舘村102歳男性も自殺 福島県内、自殺者2割増、4~6月 東日本大震災・福島原発事故(毎日新聞2011年7月9日)
 引用「警察庁の統計(速報値)によると、4~6月の福島県内での自殺者は160人。昨年同期と比べ岩手県(105人)、宮城県(130人)が減ったのに対し、福島は約2割増えている。飯舘村では4月12日に家族と避難の話し合いをしていた102歳の男性が自殺。今月1日には川俣町の計画的避難区域で一時帰宅中の58歳女性が焼身自殺したとみられるなど、避難にかかわる例が目立つ。
 高齢者の生活相談に応じている福島県社会福祉協議会の担当者は「今後は自殺や孤独死の防止が最大の課題。相談もせず亡くなってしまう人が多いが、少しでも話せば楽になる時もある。どんなことでもいいので電話してみてほしい」と呼びかける。相談は高齢者総合相談センター(024・524・2225)へ。
引用ここまで

引用
「お墓にひなんします」 南相馬の93歳自殺 福島原発事故・東日本大震災:-(毎日新聞2011年7月9日)
 「私はお墓にひなんします ごめんなさい」。福島県南相馬市の緊急時避難準備区域に住む93歳の女性が6月下旬、こう書き残し、自宅で自ら命を絶った。東京電力福島第1原発事故のために一時は家族や故郷と離れて暮らすことになり、原発事故の収束を悲観したすえのことだった。遺書には「老人は(避難の)あしでまといになる」ともあった。
 女性は同市原町区の静かな水田地帯で代々続く田畑を守り、震災時は長男(72)と妻(71)、孫2人の5人で暮らしていた。長男によると、以前から足が弱って手押し車を押していたが、家事は何でもこなし、日記もつけていた。第1原発の2度の爆発後、近隣住民は次々と避難を始めた。一家も3月17日、原発から約22キロの自宅を離れ、相馬市の次女の嫁ぎ先へ身を寄せた。翌日、さらに遠くへ逃げるよう南相馬市が大型バスを用意し、長男夫婦と孫は群馬県片品村の民宿へ。長距離の移動や避難生活を考え、長男は「ばあちゃんは無理だ」と思った。女性だけが次女の嫁ぎ先に残ることになった。4月後半、女性は体調を崩して2週間入院。退院後も「家に帰りたい」と繰り返し、5月3日、南相馬の自宅に戻った。群馬に避難している長男にたびたび電話しては「早く帰ってこお(来い)」と寂しさを訴えていたという。長男たちが自宅に戻ったのは6月6日。到着は深夜だったが、起きていて玄関先でうれしそうに出迎えた。だが緊急時避難準備区域は、原発事故が再び深刻化すればすぐ逃げなければならない。長男夫婦が「また避難するかもしれない。今度は一緒に行こう」と言うと、女性は言葉少なだった。「今振り返れば、思い詰めていたのかもしれない」と長男は話す。
 住み慣れた家で、一家そろっての生活に戻った約2週間後の22日。女性が庭で首をつっているのを妻が見つけ、長男が助け起こしたが手遅れだった。
 「長寿をお祝いされるようなおばあちゃんが、なぜこんな目に遭わなければならないのですか……」。遺書の宛名に名前のあった知人が声を詰まらせた。
 ◇女性が家族に宛てた遺書の全文(原文のまま。人名は伏せています)
 このたび3月11日のじしんとつなみでたいへんなのに 原発事故でちかくの人達がひなんめいれいで 3月18日家のかぞくも群馬の方につれてゆかれました 私は相馬市の娘○○(名前)いるので3月17日にひなんさせられました たいちょうくずし入院させられてけんこうになり2ケ月位せわになり 5月3日家に帰った ひとりで一ケ月位いた 毎日テレビで原発のニュースみてるといつよくなるかわからないやうだ またひなんするやうになったら老人はあしでまといになるから 家の家ぞくは6月6日に帰ってきましたので私も安心しました 毎日原発のことばかりでいきたここちしません こうするよりしかたありません さようなら 私はお墓にひなんします ごめんなさい

生活保護停止219世帯に 南相馬市、日弁連が批判(共同通信2011年7月22日)
 福島県南相馬市で、福島第1原発事故による東電からの仮払い補償金や震災義援金を収入とみなされ、生活保護を打ち切られた世帯が219世帯に上ったことが22日、日弁連の調査で分かった。日弁連は同日「義援金などは収入認定するべきでない。被災自治体は人道にかなう運用を行い、国も自治体を適切に指導すべきだ」との会長声明を発表。声明は市や厚生労働省に送付する。

【放射能漏れ】福島・飯舘を離れた両親、苦渋の決断「いつ戻れる…」+(1/3ページ) - MSN産経ニュース 2011.7.3
 東京電力福島第1原発事故で計画的避難区域に指定された福島県飯舘村。4月の指定から2カ月余り、村民の9割、村役場も村外に移り、「とどまる」と頑張ってきた両親が3日、隣接する南相馬市へ避難した。「いつ戻れるのか。避難しても、これから先が心配だ」。震災から間もなく4カ月。各地で復興の兆しがみえる中、生まれ故郷が失われ、いつ終わるとも分からない両親の避難生活が始まった。
 両親の引っ越しを手伝いに約2カ月ぶりに訪れた故郷の飯舘村。すでに村民のほとんどは避難している。田畑や道路脇に雑草が目立ち、「人手がなくなったんだ」と実感した。
 実家の玄関を開けると、妙な臭いがした。「かびくさいでしょう。原発事故があってから、窓を開けていないから」と母(54)が言った。窓はテープで目張りされ、閉め切ったままだった。といっても、事故対策はそのくらいだ。最も放射線量が高かったとされる事故直後も、母は「ガソリンがないから」と徒歩で通勤し、父(61)も外で草むしりをしていた。原発事故前に父が植えたアスパラガスは、事故で収穫されることなく、背丈ほどの高さに伸びていた。昨年、会社を退職した父は、農業一本で暮らすことを目指していた。



<ブログ記事>
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 前期第14回講義レジュメ1 7/14 コミュニケーション、質問技法 社会福祉士養成
12章3節 面接において用いる技術とコミュニケーション  1 面接において用いる技術
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 前期第14回講義レジュメ2 7/14 ソーシャルワーク・面接技法 社会福祉士養成科
12章3節 面接において用いる技術とコミュニケーション  *基本的応答技法(面接技術)
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 前期第14回講義レジュメ3 7/14 面接の構造、生活場面面接とは 社会福祉士養成科
12章3節 面接において用いる技術とコミュニケーション


日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です

社会福祉士及び介護福祉士法.
相談援助の理論と方法 前期第15回講義レジュメ1 2011/07/21 5・6時限
社会福祉士養成科(夜間部トワイライトコース)

13章 相談援助のための記録の技術
1節 記録の意義とその活用方法 テキストP264
1 記録の意義

・記録業務と記録の活用。

・記録のミクロ・レベルの機能:業務の記録。
 記録のメゾ・レベルの機能:機関・施設としての責任の明確化
 記録のマクロ・レベルの機能:地域への施設・機関が果たすべき責任の明示

・クライエントへのサービス向上、機関の運営の活性化、ソーシャルワークの向上を目指すために、記録の役割がある。地域における実践も記録を要する

*記録業務のサイクル
1.記録を活用する目的を明確に設定し、
2.目的を達成するための作成方法と内容・様式等を決定し、
3.記録を効果性・効率性から見直し、評価・修正を行い、
4.記録を活用する

・記録はソーシャルワーク実践のなかの、管理業務として位置づけられる。

2 記録の活用目的 テキストP265
<ポイント

 記録の目的は,援助過程で直接活用することのほか,業務の管理,法的義務,教育,調査・研究資料など、多岐にわたる。

<解説>
*診断主義におけるケース記録の目

・サービスを適切にするための援助
・責任を果たすうえでの検討と評価を行うための管理
・知識の交換と技術の向上を図るための教育・指導
・新知識を発見し、社会計画や社会予防に資するための調査

・当時すでにケースワークの記録の意義は、相談というミクロ・レベルから、社会計画というマクロ・レベルまでを網羅していた。
・心理社会的アプローチでは、ケースワークの実務の向上やクライエントの保護の手段として、記録に残すことの必要性を述べている。

岡村『ケースワーク記録法
「記録は、専門的職業性と運営管理上の事務的能率の二重性がある」と記され、記録により専門的技術と知識に対する社会的信用を得ることが、専門的職業成立のためには必要であると指摘した。

*ケーグル(J・D.Kagle)記録の枠組(2000年
・目的は、サービスの供給の促進とであるとし、よりよいサービス提供が記録の主たる目的に位置づけられてきたと指摘した。
<ケーグルの枠組み。記録の活用とその対象を明確にした>
・クライエントのニーズの明確化、
・サービスの文書化、
・ケースの継続を維持する、
・専門職間のコミュニケーションの促進する、
・クライエントと情報を共有する、
・スーパービジョン、コンサルテーション、同僚間の再検討を促進する、
・サービスの過程とその影響をモニターすること、
・学生・専門職を教育する、
・管理上の課題に対してデータを提供する、
・調査・研究のためにデータを提供する。

*記録の目的に沿った記録業務の内容例
A.援助実践の自己内省のための記録の活

・ミクロ:援助内容の内省作業
・メゾ:把握状況の検討、面接情報・アセスメント・ モニタリング・援助計画

B.業務・援助の情報の管理・確認
・ミクロ:援助計画見直し、援助・会議の準備作業
・メゾ:①管理体制の把握-ケースマネジメント、運営管理
 ②会議結果の把握-ケースカンファレンス、スタッフミーティング
 ③確認作業体制の把握-スーパービジョン、コンサルテーション。
・マクロ:社会への説明責任。第三者評価、個人情報開示
            
C.調査・研究のための記録の活用
・ミクロ:クライエントへの講査、データの活用
・メゾ:調査データの活用(フォーカスグループ)
・マクロ:地域住民対象の調査結果の活用

D.教育・訓練のための記録
・ミクロ:面接記述方法の習得、実習指導
・メゾ:グループ研修会企画・報告、実習生の閲覧など実習指導、方法の訓練計画・報告
・マクロ:家族の会開催通知・報告、予防プログラムの報告、広報・普及

<レジュメ2に続く

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 社会福祉士国家試験受験対策コース受講者募集 受験生の皆様へ 日本福祉教育専門学校・高田馬場
 社会福祉士国家試験合格をめざす方(一般・通信・通学課程の方等)を対象として「受験対策コース」を開講いたします。来年1月の国家試験に万全を期して、本校講師陣が全力でバックアップいたします。
1.対象者 社会福祉士国家試験受験有資格者及び取得見込みの方で、平成23年1月の国家試験を受験予定の方。
2.授業科目 国家試験全出題科目
3.開講日 毎週火曜・金曜の夜間に開講します(但し、一部休講日あり)。
4.開講期間 第1クール 8/16~10/21のうち全18回

日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
社会福祉士及び介護福祉士法


*解答・解説は下記をクリック

More * 続き・用語解説 ⇒⇒⇒⇒⇒⇒
低所得者に対する支援と生活保護制度
(公的扶助論) 練習問題

社会福祉士・精神保健福祉士共通科目受験対策

問題1 世界の貧困克服への取組に関する次の記述の空欄A,B,Cに該当する語句の組み合わせとして,正しいものを一つ選びなさい

 2006年のノーベル平和賞が,バングラデシュの[ A ]銀行とその創設者ユヌス(Yunus,M.)に与えられた。ユヌスは貧困層の主体的努力を促すために,小規模融資(マイクロファイナンス)を取り入れ,[ A ]銀行を設立した。日本政府も同銀行に「農村開発信用事業」としておよそ30億円の資金を供与した。
 1998年にノーベル経済学賞を受賞したセン(Sen,A.)も,ユヌスと同じベンガル人である。ともに故郷の大飢饉を体験したことが活動の出発点になっている。2003年5月,センは1991年から2000年まで[ B ]を務めた緒方貞子とともに共同議長として,アナン(Annan,K.)国際連合事務総長に[ C ]委員会の最終報告書を提出した。同報告書では,世界の暴力や貧困に効果的に対処するための手段の必要性が唱えられた。

   A         B             C
1 ダッカ―国際連合人権高等弁務官―人権擁護
2 グラミン―国際連合難民高等弁務官―人間の安全保障
3 グラミン―国際連合人権高等弁務官―人間の安全保障
4 グラミン―国際連合難民高等弁務官―人権擁護
5 ダッカ―国際連合難民高等弁務官―人権擁護


問題2 公的扶助の定義についての次の記述の空欄AとBとCとDに該当する語句の組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

 公的扶助は、(  A  )をその前提条件として,貧困な生活状態にあり独力で自立した生活ができない要保護状態にある者の申請あるいは請求に基づき,国が定めた自立した生活を送るのに不足する( B )に対して,国や地方自治体が( C )によって実施する補足的給付であり,人々の最低生活の保障を目的とする、( D )な公的生活保障制度である。
<組み合わせ>
    A       B      C     D
1 資力調査    日常生活費  3割自己負担      相対的
2 素行調査    生活必需品  収入に応じた自己負担  絶対的
3 地域調査    収入     全額公費負担      予防的
4 資力調査    生活需要   全額公費負担      最終的
5 追跡調査    生活需要   共同募金        慈善的


日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
社会福祉士及び介護福祉士法


*解答は下記をクリック

More *解答・解説⇒⇒⇒⇒⇒⇒