人気ブログランキング |

<   2011年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

相談援助の理論と方法 講義レジュメ スーパービジョン5
*社会福祉士養成科トワイライトコースにて講義
9章3節 コンサルテーション
概要:コンサルテーション

・コンサルテーションとは,独立して仕事をする能力のあるワーカーが,業務遂行上,ある特定の専門的な領域の知識や技術について助言をえる必要のある時,その領域の専門家つまり,コンサルタントと相談することを言う。
・日本においては、重要性が指摘されているにもかかわらず、十分に体系化されていない。

・コンサルテーションは、専門家であるコンサルタントと、現在の仕事上の問題に関してコンサルタントの援助を必要としているコンサルティの、2人の専門職が交わる過程である。また,問題とはコンサルティが仕事上で直面し,他の専門家の領域の問題だと判定された問題である。

・コンサルテーションとは、ある領域の専門職が,自分の担当しているケースの援助に当たって,他領域の専門的な知識が必要となった場合に,その知識を十分にもっていないために,その領域の専門職にアドバイスをもとめる過程のことである。
・ソーシャルワーカーは、関連する事柄のすべてに精通していることはなく、クライエントの援助に関して、他領域からの専門的なアドバイスを必要としている。それらの専門職から有効なアドバイスを受けて,援助に生かせることも重要な技術なのである。

<テキスト解説>
1 コンサルテーションの意義 テキストP201

・専門職の養成に対するニーズが高まり、スーパービジョンは浸透しつつある。
・クライエントのニーズの複雑・多様化により、専門的知識・情報の不足もあり、苦慮するワーカーも少なくない。
・スーパービジョンとは別に、コンサルテーションの活用も有効な手段である。
・しかし、対人援助の領域では、この両者が混同や誤用され易い。

2 コンサルテーションとは
・業務遂行上、特定の専門的な領域の知識や技術について助言を得る必要があるとき、その領域の専門職から助言を受け、新しい情報・知識・技術を習得する過程である。その専門職をコンサルタント、受け手をコンサルティーと呼ぶ。

*コンサルテーションの特
・機関外あるいは他の部門からの人材に依頼し実施
・コンサルタントは、直接、援助活動に関与しない(原則)
・専門分野に関する特別な知識や技能を教示する内容である
・機関(所属部門)の管理者としての機能を有しない

・ケースの全般的なことではなく、特定の問題についてその専門家(上司や業務管理者ではない)に助言を求めること。

3 ワーカーとコンサルタントの関係 テキストP202
・スーパービジョン関係は、専門的援助関係と共通する特徴がある。また組織内におけるスーパーバイザーは、ワーカーの業務に管理責任をもち、指導、評価を行なう。
・コンサルテーションにおける、ワーカーとコンサルタントは、任意で対等な関係である。パートナーシップに基づく。
・コンサルタントは、助言はするが、ワーカーの業務には責任を負わない。
・その助言は、問題解決の方法を専門的に示唆するものではある。しかし具体的な問題解決の業務に有効とは限らない。コンサルタントの助言を採用し、実行するかは、ワーカーの裁量に任されている。

4 コンサルテーションの形
・コンサルタントは、内科医、精神科医などの医療専門職、臨床心理士、弁護士など必要に応じ、外部講師に依頼する。
逆に、社会福祉専門職が福祉関連企業等に、コンサルタントとして招かれることもある。
・会議への参加と助言、サービスへの助言等、多様な手法がある。
コンサルタントを個人、集団あるいは組織で受ける場合もある。
・他分野の専門性を必要とする場合、コンサルタントからの指導が有効である。

*補足:コンサルテーションのタイプ
①実際の援助を行っている時にコンサルタントはいないタイプ(非参加型コンサルテーション)
②援助を行っている時にコンサルタントがおり,何らかの役割を果たしているタイプ(参加型コンサルテーション)
③コンサルタントは直接的に情報を入手するが,その時には積極的に関与はしないタイプ(観察型コンサルテーション)である。
・観察型コンサルテーションにおいて、コンサルタントは、直接的観察やビデオ等から処遇に関する情報を入手し,後に,コンサルティからの要請でコンサルテーションを行う方法である。

*「非参加型コンサルテーション」は、更に分類ができる。
・個別指導型
専門家が個別的に相談にのり,アドバイスする。
・並列的ピア・コンサルテーション
同僚が1対1で,お互いにコンサルテーションし合う。
・ファシリテイター付のグループ・コンサルテーション
 グループによるコンサルテーションで,進行役がいるもの。
・グループ・コンサルテーション
・ピア・グループ・コンサルテーション
 同僚が上下の関係なく,グループで行うコンサルテーション。

*参加型コンサルテーションは、更に分類ができる。
・ジョイント・ワーク
 コンサルタントとコンサルティが個人や家族の処遇に共同で取り組む。
・リブ・コンサルテーション
 面接にコンサルタントも同席するが,コンサルタントとしての役割に徹する。

5 スーパービジョンとコンサルテーション
・ワーカーの養成・訓練はスーパービジョンによって行ない、やがて独り立ちする。その後、コンサルタントの活用に移行すると考えられる。
アメリカなどでは、スーパービジョンからコンサルテーションへと切り替える時期の見極めが重要とされる。また、スーパービジョンとコンサルテーションを併用する時期を設ける方法が有効とされる。
・日本においては、コンサルテーションやスーパービジョンの実践方法や人材が確立されていない。スーパービジョンとコンサルテーションを、当初から併用することが現実的である。
・ケースカンファレンスにおける医療・保健・リハビリテーションなどの専門職からの助言は、スーパービジョンなのかコンサルテーションなのか「判断は難しい」(テキスト)。
業務に責任を負う他領域の専門職が、助言する場合は、スーパービジョンと考えてよい。

*スーパービジョンとの相違
・スーパーピジョンの機能として,管理的機能と教育的機能と支持的機能がある。しかし、コンサルテーションには、ワーカーを管理したり,教育したりするものではないし,しいて言えば,他領域からその専門的知識でワーカーの仕事を支持するものと言うことができる。


*講義レジュメ等 下記をクリック
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法講義レジュメ スーパービジョン1 燃え尽き症候群バーンアウトとは 社会福祉士養成科

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法講義レジュメ スーパービジョン2 スーパービジョン支持的機能とは 社会福祉士養成科


社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法講義レジュメ スーパービジョン3 教育的機能、管理 調整的機能とは 社会福祉士養成科

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法講義レジュメ スーパービジョン4 グループスーパービジョンとは 社会福祉士養成科

日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です

社会福祉士及び介護福祉士法


*レジュメ続きは下記をクリック

More *用語解説 ⇒⇒ ⇒⇒ ⇒⇒
相談援助の理論と方法 講義レジュメ スーパービジョン4
*社会福祉士養成科トワイライトコースにて講義
9章2節 スーパービジョンの方法と留意点
1 スーパービジョンの形態 テキストP196
*個人スーパービジョン

・スーパービジョンの原型であり、スーパーバイザー-スーパーバイジーの1対1で実施される。
・個別スーパービジョンでは、スーパーバイザーはケースワークと同じような面接技法を用い、また、スーパーバイジーの援助記録をもとにディスカッションが行われることが多い。
・スーパーバイジーの自己覚知や自己実現を含む個別の課題、関心に合わせて実施できる。
 これらを掘り下げることが可能である。

・しかし、スーパーバイザーの人材の課題や、スーパービジョンの時間の確保が困難という問題もある。

*グループスーパービジョン
・スーパーバイジーが複数で、グループ形式のスーパービジョンの形態をさす。
・個別に深く検討できないという問題がある反面,スーパーバイザー以外にも他参加者から多様な意見,評価,示唆,支持を得ることができ,スーパーバイジー同士が相互に影響し合い、それぞれ学びあうことが可能である。その機能は個別スーパービジョンと同様であり,方法は,事例研究的方法,ロールプレイ,共通の課題について検討する共同参加型法などがあり,目的に合わせて使い分けることが望ましい。

・グループ・スーパービジョンは、グループを活用してスーパーバイジー同士の相互作用による質的な向上を目指すものであり、その過程は、グループワークの過程とほぼ同じである。
<詳細は後述>

*ライブ・スーパービジョン
・スーパービジョンとして、「今,この場で」(here and now)職員の指導や援助を行う方法である。
・面接や指導等の実践場面で,スーパーバイザーがスーパーバイジーの関わり方を指導したり,効果的な関わり方を実際にモデルとして見せることをさす。スーパーバイザーは,スーパーバイジーの感想や意見を交えながら,方法・技術そして援助の基本的な考え方にも及んで教育的にスーパービジョンを行う。
・ライブ・スーパービジョンは実践場面で起きていることを中心に行われるため,教育的スーパービジョンとしての効果が高い。
・ライブ・スーパービジョンは、スーパーバイザーとスーパーバイジーが進行中のケース(事例)に一緒にあたる、つまり、実際にクライエントに接しながら(援助しながら)行われる。

*ピア・スーパービジョン
・一般的に,スーパービジョンとは,実践への経験および知識をもつスーパーバイザーによって実施されるが,ピア・スーパービジョンとは,上下関係の生じない仲間や同僚間で行われるスーパービジョンのことである。
・ピア・スーパービジョンにおいて、ソーシャルワーカーや学生同士が互いに事例を出し合ってスーパービジョンを行うこともある。

・アメリカ合衆国では、スーパービジョンを終了し、自立したワーカーが自主的に学習集団をつくって活動している形態をピア・スーパービジョンと呼んでいる。

*セルフ・スーパービジョン
・ワーカーが自分自身で行なうスーパービジョンである。
困難な場面において、状況(出来事、自身の気持ち、自分自身の行動、その結果)など、記録等を活用し、過去の自らを客観視して、自身に助言を行なう。

2 スーパービジョン関係形成の重要性 テキストP198
・効果的にスーパービジョンが行われるかは、スーパーバイザーとスーパーバイジーの関係が重要となる。

*スーパービジョン関係とは
・スーパーバイザーとスーパーバイジーとの間に結ばれる関係をスーパービジョン関係という。スーパービジョン関係を通してスーパービジョンは行なわれる。

・スーパービジョンの支持的機能では、困難な状況にあるワーカーを支え、自分自身と向き合うようにはたらきかける。ワーカーは、スーパーバイザーに受容、共感されることによって安心を得、自己覚知を深める。葛藤を抑圧することなく自己開示する勇気を得る。
スーパービジョン関係は、情緒的な関係であるといえる。

・教育的機能からは、スーパービジョン関係は、専門職として必要な知識・技術・価値を伝授する専門職業的な関係である。
施設・機関、専門職としての要請からくるものである。
・管理的機能からは、スーパーバイザーは、ワーカーが組織の目的や方針に沿って、一定水準のサービスの実施を図る管理上の責任がある。

*援助関係のモデルになるスーパービジョン関係
・ソーシャルワークにおいて、専門的援助関係が重要な要素であったように、スーパービジョンにおいてはスーパービジョン関係が重要な要素となる。
この二つの関係には同様の感情面での困難が出現する。二つの関係にはつながりがある。これをパラレルプロセスという。
・パラレルプロセスは、スーパービジョン場面における対人援助場面の無意識の繰り返しである。「模倣」テキスト参照
・パラレルプロセスに象徴されるが、スーパービジョン関係は援助関係のモデルになる。
よい援助関係を形成するためには、よいスーパービジョン関係が必要である。

*将来のスーパーバイザー養成のために
・ワーカー自身が、スーパーバイジーとして体験したスーパービジョン関係をモデルに、新たなスーパービジョン関係を築く。

○補足:グループ・スーパービジョンの過程と実際
・施設や機関の状況から、個人スーパービジョンを行なうには時間的な制約もある場合など、1人のスーパーバイザーによるグループ・スーパービジョンが極めて効果的に目的を達成できる。
・グループ・スーパービジョンの過程とは,グループワークにおける準備期,開始期,作業期,終結期とほぼ同じである。
グループワークでの援助者の役割をスーパーバイザー,メンバーを援助者と置き換えることによって理解できる。

<グループ・スーパービジョンの過程>
1.準備段階

 準備段階としては,援助者が採用される,あるいは配属された時点から,スーパーバイザーとの出会いが始まる。職員となり、職場の方針,目標,仕事内容の説明を受けることになる。また,スーパービジョンのシステムについても説明を受けることになる。

2.開始段階
 開始段階としては,スーパーバイザーとグループのメンバー,つまり指導する者と学ぶ者との職務上の関係が始まる段階である。開始期では,施設・機関側からみるスーパービジョンの目標を明らかにすることから始まっていく。
 スーパービジョンは,メンバーを交えて彼らのニーズに基づく目標を設定することになる。次に,目標達成方法を互いに討論し,決定していく。また,グループ指導方法,会合時間,回数,開始日,グループ・スーパービジョンでの内容はメンバー以外には秘密保持をすることなどの具体的内容の契約をすることにする。

3.作業段階
・作業段階においては,まずメンバーはスーパーバイザーやほかのメンバーと親しくなると同時に,互いを内密に評価判断していく段階でもある。メンバーは参加する援助者相互の知識や経験を共有化することによって,視野をより拡大してくことができる。メンバーはグループに対して信頼度を深めかつ安心感をもつことができるようになると,ほかのメンバーを恐れずに意見を述べることができるようになり,自立した知識や技術の把握が可能となってくる。ほかのメンバーから支持をされる場合もあれば,厳しい指摘を受けることがあるかもしれない。しかし,困難な事例に直面しているほかのメンバーの苦悩や問題の解決の場面にともに参加し,同じ経験をすることができることから,仲間が苦悩し,それを互いが助け合い,支え・支えられる関係がいつしかグループに芽生えてくる。グループの許容的雰囲気のなかで自由な発言ができるようになり,そのことから専門職者としての態度や判断力を発達させ,かつ自立した知識や技術を身につけていくことになる。
・この段階におけるスーパーバイザーに要求される技術としては,援助者が自分のグループに必要とされる技術と同じものである。例えば,焦点を合わせた傾聴法,質問技術,無言の意味を理解する技術などの面接技術,あるいは感情移入技術,感情を分かち合う技術,障害を指摘する技術,情報を分かち合う技術などである。

4.終結段階
・終結段階では,スーパービジョンの目標を達成したことから,指導内容を終結するという段階を迎える。

<グループ・スーパービジョンの方法>
・グループ・スーパービジョンでは,個人に対するスーパービジョンと同様に,援助者の援助過程記録,いわゆるケース記録を討論の主たる資料に使用する。参加する援助者が交代でケースや課題を提出する場合,ほかの援助者に意見を求めたい援助者が毎回ケースや課題を捏出する場合,あるいは1人の援助者が一定の期間にわたって継続してケースや課題を提出するなどの方法がある。
・グループ・スーパービジョンの場合,個人スーパービジョンと比べて,そのほかのいろいろな方法も可能になる。例えば,実際のケースを材料にして,あるいは複数の登場人物によるロールプレイングができる。これを討論の教材にしながら教育的目的や支援的、運営的な目的を達成することができる。
これをビデオに録画したり,テープレコーダーで録音したりして面接技術や集団援助技術の学習や評価検討の材料とすることも可能である。
 また,共通する特定のテーマについての研究会や専門家を招いての講演会なども可能である。さらに,自分たち自身が企画運営するグループとして自発的な現任訓練なども可能であろう。
 しかし,援助者の専門的知識や経験の程度によって,あるいはスーパーバイザーが要請をしたり援助者自身が要請をした場合などは,個人スーパービジョンとの効果的な組み合わせをする必要がある。


*講義レジュメ等 下記をクリック
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法講義レジュメ スーパービジョン1 燃え尽き症候群バーンアウトとは 社会福祉士養成科

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法講義レジュメ スーパービジョン2 スーパービジョン支持的機能とは 社会福祉士養成科


社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法講義レジュメ スーパービジョン3 教育的機能、管理 調整的機能とは 社会福祉士養成科

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 震災障害者・死亡率調査、ホームレス文学 支援、貧困家族 連鎖 シングルマザー相談
 障害者の死亡率2倍。死者は1568人、東日本大震災。在宅の身体障害者等の災害時の保護、移動が課題-毎日新聞調査


日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です

社会福祉士及び介護福祉士法
相談援助の理論と方法 講義レジュメ スーパービジョン3
*社会福祉士養成科トワイライトコースにて講義
9章1節 スーパービジョンの意義と目的・続

3 スーパービジョンの必要性と機能
*支持的機能は、レジュメ2を参照。
②教育的(学習的)機能 テキストP192

・スーパーバイザーが責任を持って、スーパーバイジーが能力を最大限活かしてより良い実践ができる様に援助する過程ともいえる。

・スーパービジョンを通して、技術を身につける、専門的な判断能力の習得、態度や倫理を身につけることが求められる。
・実務と並行した、専門職養成の継続である。

*ワーカーの学習の動機づけを高める
専門職として成長するために、実務に並行して、継続した研修・学習が必要である。
 スーパーバイザーは、ワーカーの関心、課題に合わせて、自ら学習に取り組む意欲を 略。

*具体的なケースを通して理論と実際を結
・混乱・困難な場面には、学んだ理論を単純に個別のクライエントに当てはめることは 略
・蓄積された経験と実践知、実践的スキルも必要になる。これらと理論の往復が求められる。スーパーバイジーは、具体的な実践によって 略 スーパービジョンはその学習の手段の一つである。

*ソーシャルワーク実践に必要な知識・技術・価値を伝授する
・本来、教育的スーパービジョンの中核をなす機能といえる。
専門職としての知識・技術・価値が同時に発揮されて、援助行為は成り立つ。
・知識・技術は、実践分野によって、共通基盤の他に、特殊なものが必要とされる。
スーパービジョンによる伝授が不可欠である。
 価値に関しては、 略

③管理的・調整的機能
・組織、チームに属するワーカーにとって、組織やチームの環境が、実践に影響を及ぼす。 
 例:略
・管理的なスーパービジョンが必要となる。

*ワーカーが能力を発揮できる職場環境を整える
・職場環境の整備とは、人間関係の調整等を含む。
・社会福祉基礎構造改革以降、サービスの質向上に取り組む組織が多い。
組織によっては、組織運営管理に偏重し、職員管理・教育、サービス(品質)管理が行なわれ、ワーカーは、組織の方針に沿い、結果として“よいサービス(品質)をつくる組織人”の力量が求められる。 略

*しかし、ソーシャルワークは結果のみを求めるものではなく、援助のプロセスに本質がある。また援助関係のあり方は、一般的サービス業務における、スタッフが顧客と結ぶ関係とは質や深度において、根本的に異なる。
・管理的スーパービジョンにおける職場環境の整備、運営管理と調整 略

*ワーカーが組織の一員として活動できるようにする
・第一義的な目的は、組織の専門的機能が発揮されるよう、ワーカーを管理することである
・ワーカーは組織の機能・サービスを代表する。
 組織の目標や理念、方針の達成に向けて、ワーカーの援助活動が適切なものになるように管理 略

*3つの機能の関連
・スーパービジョンの三つの機能は、互いに関連し合い、一体的なものである。
 どの機能に重点がおかれるかは、スーパーバイザーの立場や権限、両者の関係、組織のなかでの位置づけにより異なる。
・三つの機能を重複させる、あるいは使い分けることで、効果的なスーパービジョンを行うことができるのである。ただし、支持的機能は、教育的・管理的機能の前提 略。

○補足:スーパービジョンの機
・スーパービジョンは、施設や機関などの職場内で職場の上司(先輩)が新人スタッフに対して行うのが通例である。
 「職場外」のスーパービジョンは、ほとんどは、「一対多数」の研修会等の形 略

・スーパービジョンは、新人のワーカーや実習生に対して行われることが多いが、熟練した援助者にもスーパービジョンの必要性はある。

・通常のスーパービジョンは、定期的に継続して行われるが、加えてスーパーバイジーの困難時にも臨時に行なわれる場合もある。これらは、事前の契約で確認される。

○補足:スーパービジョンの手段
①話し合い

・実践に関して話し合い、スーパーバイザーからの助言等が行なわれる。


②記録を用いる
・事前にスーパーバイジーは,スーパーバイザーに報告する「記録」を用意する。

③ロールプレイを活用する

・役割演技・ロールプレイは、基本的な技法を学ぶために用いることが多いが, 略

④録音テープ,ビデオテープ,メールを用いる
・実際の場面をテープによって再現する。紙の記録よりも臨場感が伝わる。繰り返し検討できるので自己学習も可能である。
・スーパービジョンの方法は多様になっており,最近では実習先の学生と教員がメールを用いて、 略

*解説:ロールプレイ(役割演技)
 場面と登場人物の役割が設定され,筋書きのない即興劇を演じること。今日では,援助や治療だけでなく,学習そのものを目的 略

<続く>

*講義レジュメ等 下記をクリック
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法講義レジュメ スーパービジョン1 燃え尽き症候群バーンアウトとは 社会福祉士養成科

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法講義レジュメ スーパービジョン2 スーパービジョン支持的機能とは 社会福祉士養成科


社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第30回講義レジュメ1 ナラティブアプローチとは 12/19 社会福祉士養成科夜間部

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 震災障害者・死亡率調査、ホームレス文学 支援、貧困家族 連鎖 シングルマザー相談
 障害者の死亡率2倍。死者は1568人、東日本大震災。在宅の身体障害者等の災害時の保護、移動が課題-毎日新聞調査


日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です

社会福祉士及び介護福祉士法
<社会福祉情報 ソーシャル・ニュース・レビュー 特集:震災と障害者・子ども。ホームレス支援>
筆者による、社会福祉関連の動向、情報のブックマーク
<下記の各記事タイトル(赤色)をクリックすると、全文が読めます
障害者の死亡率2倍。死者は1568人、東日本大震災。在宅の身体障害者等の災害時の保護、移動が課題-35市町村、毎日新聞調査 - 毎日jp(毎日新聞2011年12月24日 東京朝刊)
 引用「東日本大震災の被害が最も大きかった東北3県の沿岸部自治体で、身体、知的、精神の各障害者手帳の所持者に占める犠牲者の割合は約2%に上り、住民全体の死亡率に比べ2倍以上高かったことが、毎日新聞の調べで分かった。多くの犠牲者は自宅など施設以外の場所にいて、移動が困難だったり状況を把握できず津波から逃げ遅れたとみられる。障害者が抱える災害時のリスクをどう減らすかが改めて問われている。
 調査は10月、3県の沿岸部のうち犠牲者が出た35市町村を対象に実施、33市町村(宮城14、岩手9、福島10)が回答した。仙台市と岩手県陸前高田市は「障害者の死者数を把握できない」として数値の回答はなかった。33市町村の死者は計1万3619人で、全体に占める割合は約0・9%。身体、知的、精神の各障害者手帳の所持者(計7万6568人)に限ると犠牲者は1568人で、死亡率は約2%に達していた。
 障害者が亡くなる率が特に高かったのは宮城県沿岸部。599人の障害者が亡くなった石巻市は7・4%。538人は身体障害者で、うち256人が肢体不自由だった。視覚障害者と聴覚障害者もそれぞれ30人以上亡くなった。市障害福祉課は「施設入所者やデイサービスを受けていた人たちの死亡例は、ほとんどなかった。自力で動けなかったり、津波が迫るのが分からず自宅などで逃げ遅れたケースが多かった可能性がある」と指摘する。
 宮城県女川町では75人の障害者(身体69人、知的4人、精神2人)が犠牲になり、死亡率は14%に達した。同県南三陸町(8・2%)、岩手県山田町(5・4%)、福島県新地町(3・9%)などの死亡率が高かった。
引用ここまで

原発事故で避難の小中学校、再会のつどい クリスマスプレゼントに - 福島県富岡町毎日jp(毎日新聞)2011年12月23日 21時13分
 引用「東京電力福島第1原発の事故で全域が警戒区域となった福島県富岡町の子供たちが、震災後初めて一堂に会するイベント「再会のつどい」(富岡町教委主催)が23日、同県天栄村のリゾート施設で開かれた。保護者、教師を含め約1100人が再会を喜び合い、一足早い「クリスマスプレゼント」となった。震災前、四つの町立小中学校には1422人の児童・生徒がいたが、事故で全員が全国各地に避難した。9月には同県三春町内に小中学校を再開させたが、在籍はわずか80人で、約95%が県内外に散らばったままだ。つどいには児童・生徒808人、保護者200人、教師71人が参加し、キャンドル作りや昼食を楽しんだ。子供たちは友達のほおをさすったりしながら「元気だった?」などと近況を確かめ合った。
 秋田県に避難中の中3、倍賞さん(15)は富岡一中時代のクラスメートと再会。来年はいわき市内の高校への進学を考えており、「寂しい時、やっぱり友達は大切だと感じた」と話した。発生時、富岡一小で1年生を担任し、現在は郡山市立小に勤務する日和田教諭(55)は「みんな元気でうれしかった。また富岡町に戻れるのがベストだけど、放射能の問題が解決しないと難しい」と話した。

ホームレス生活の泣き・笑い・喜びが生み出す新ジャンル「路上文学賞」ドキュメント20min.  J-CASTテレビウォッチ
 【 12月26日(月)NHK 総合/デジタル総合 深夜00:40 ~1:00  ドキュメント20min. ホームレス生活の泣き・笑い・喜びが生み出す新ジャンル「路上文学賞」

作家・星野智幸が企画し審査委員長を務める「路上文学賞」の応募資格はただ一つ。路上生活の体験者であることだ。応募作品は社会の基準や評価を全く気にしない自由な言葉でつづられている。食べ物を得るというただそれだけの喜び、身の回りの常識に潜む危うさ、生かされることへの感謝…。そこには社会がホームレス20+ 件に対して抱く「絶望」というイメージとは違う豊かな世界観を持った人々の姿があった。路上でひそかに泣き、笑い、生きている路上生活者たちの日々に文学が生まれる瞬間を見つめる。

ホームレスの男性に水かけ殴る蹴る暴行、重傷負わせる  小中学生か少年ら5、6人逃走 東京都江東区大島の公園 - BIGLOBEニュース 産経新聞12月12日(月)14時37分
 東京都江東区大島の都立大島小松川公園で11日未明、ホームレスの60代男性が、小中学生とみられる少年ら5、6人に暴行され、胸の骨を折るなどの重傷を負っていたことが12日、警視庁城東署への取材でわかった。少年らは男性のバッグを盗んで逃走しており、同署は傷害と窃盗事件として捜査している。同署によると、男性は11日午前2時15分ごろ、同公園のトイレ個室内で寝ていたところ、突然、少年らに水をかけられた。少年らは男性に殴る蹴るなどの暴行を加えたうえ、衣料品や食料品が入ったバッグを盗んで逃げた。同署によると、少年らは小学校高学年から中学生ぐらいで、自転車3台に乗っていたという。

asahi.com(朝日新聞社):小学生か5人、ホームレス襲い重傷負わせ荷物を盗む 東京・江東 - 社会 2011年12月12日13時45分
 東京都江東区大島9丁目の都立大島小松川公園で11日午前2時20分ごろ、ホームレスの60代男性が「子どもたちに殴られた」と近くの城東署東大島駅前交番に届け出た。男性は肋骨3本が折れるなど重傷を負っており、城東署が傷害などの容疑で調べている。 城東署によると、男性は11日午前2時15分ごろ、同公園のトイレ個室内で寝ていたところ、扉の上からいきなり水をかけられた。トイレを出たところ、少年5人に殴られた後、自転車で引きずり回されるなどしたという。男性は、5人は小学校高学年から中学生くらいで、自転車で逃げたと話しているという。男性の衣類などが入ったショルダーバッグがなくなっており、同署は5人が盗んだとみて調べている。

ホームレス支援本格化、食事会や訪問、食料や衣料支援 宇都宮のボランティアネットワーク 下野新聞「SOON」12月16日 朝刊
 NPO法人とちぎボランティアネットワーク(とちぎVネット)が仙台市のNPO法人と連携し、宇都宮市内でホームレスの支援活動を本格化している。とちぎVネットは「宇都宮の支援体制は弱い。ホームレスの自立には地域の人々の支えが必要」と活動への理解を求めている。 とちぎVネットは4月から、寄付された食材を生活困窮者らに配るフードバンク事業を開始。さらに路上生活者支援のノウハウなどを持つNPO法人の「ワンファミリー仙台」、「ふうどばんく東北AGAIN」と連携し、9月から宇都宮市内を夜間巡回して路上生活者の食料支援などを続けている。 これまでの活動を通じて、JR宇都宮駅周辺に約40人のホームレスがいることが判明。東日本大震災で被災後、家族とトラブルとなり路上生活を始めた人もいたという。
 11月末に食事会を開き、参加した5人のホームレスに衣料品などを支給した。食事会は27日午後6時半から、宇都宮市中央1丁目の市総合福祉センターでも行う。

雇用・生活支援ワンストップサービス 仕事の紹介、生活保護、住宅手当、生活福祉資金貸付などの相談 いなまい・ドットコム2011/12/13放送
 年末年始を前に伊那保健福祉事務所は13日、生活困難な人達を対象としたワンストップサービスを行いました。雇用、生活支援ワンストップサービスは、仕事の紹介に加え、生活保護や住宅手当に関する相談など仕事を失った人への生活支援を行うもので、県内5か所で行われています。伊那市のサンライフ伊那内にある伊那緊急求職者サポートセンターには相談者が訪れていました。この他、生活福祉資金貸付や多重債務などの相談も行ないました。
引用ここまで

<人生相談>
親が貧乏だと、子供も貧乏しなくちゃならないのですか?   生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)2011年8月31日 4:46

引用「30代既婚女性です。両親が貧乏だと、子供も貧乏しなくちゃならないのですか?
 私の両親は、貧乏です。日々の生活は出来ますが、きっとこれから病気や不測の事態が起きた時には対応することが難しいでしょう。そんな時は、子供が親の費用を負担するしかないのでしょうか?
 もちろん、全く負担したくないわけではありません。しかし、将来的に両親に何千万とかかるのが予想されます。その金額すべて、負担するとなるととても重荷に感じています。私たちの生活も見直さないといけないですし、仕事も考え直さないといけません。親が貧乏だと、子供も貧乏を強いられるのでしょうか?
 私の両親にばかり費用がかかり、一生懸命働いている夫にも申し訳ないですし、欲しいものを我慢しなくてはならない子供にも申し訳なく思います。

貧乏と金持ちは連鎖するのか?  : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)2011年9月4日 0:31
 数年前から(30歳~)感じています。
 特に学費・住宅資金について親の経済状態がもろに影響しますね。きっかけは周りの友人何人かを見て強く思いました。
 学生時代の奨学金が無い子or何百万有る子、住宅資金として多額な頭金を用意してもらえる子orしてもらえない子では預金や娯楽費に廻せる額、精神的負担が大きく違いすぎ・・・。ポンと費用を親が出してくれると言う状態・・・正直に羨ましいです。
 私は奨学金をまだ返済中で、住宅費用も一円も頼れません。でもしかたありません。親は選べないから。
 ただの愚痴になってしまい、お目を汚し失礼しました。

シングルマザーで子供2人。パート月収15万円で生活できますか? : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)2011年10月17日 22:49
 近々、離婚することなりました42歳女性です。
 現在フルタイムのパートで手取り15万の収入です。来年より、子供(小学生2人)と3人で新しい生活を始める予定です。
 現在、引越し先を探しており、家賃の負担が大きく悩んでます。実家に帰ると仕事をやめることになり、田舎なので職があるかも微妙です。離婚理由が夫の借金癖等なので、養育費は一応決めてありますがあてにならないと思っています。
 家賃  5万
 光熱費 2万
 食費  3~4万
 雑費  1~2万
 保険  2万←学資保険(1人分)と掛け捨て保険
 やっぱり、むずかしいでしょうか?実家に帰ろうか、収入を増やすために、仕事を増やそうか、悩んでます。
引用ここまで

<相談事例
 「職場のいじめ」メール相談事例(2011年4月分)NPO法人労働相談センター
引用「*生命保険の営業所。上司からのパワハラが理由で退職させられる。他の上司や本社のコンプライアンス窓口に相談したが、相手にしてもらえない。

*勤続20年、50代の看護師。健康を害し病気休業した。職場復帰に伴い、今までの外来から夜勤のある病棟勤務を命じられた。親の介護や母子家庭の事情を説明しても、夜勤ができなければ非正規社員にすると言われている。

*保険会社。半年に一回の資格査定で成績が悪いと「嘱託」に落とされ、給料も無くなり保険証も返さなければならない。3年前から辞めたいのに辞めさせてくれない。自殺でもすれば辞めさせてくれますか。どうしたら辞められるでしょうか。

*正社員として入社したのに、実際は契約社員で3年たつ。

*上司が異常すぎる。時間の概念がまるでなく食事も休憩もさせずに一日中会議をし、逆に本人は平気で4時間も遅れてくる。「自分は知能指数が高い」と客の前でも豪語し、部下の賃金をかってに下げ、机を移動し、気が狂ったように怒ったり、趣味のメイド喫茶で宴会をさせられたり・・・あげたら切りがない。3年いたら、適応障害になってしまった。

*有給休暇の申請をしたら、上司から「自身で有給休暇の代替要員を確保せよ。確保できない時は有給休暇の申請をしてはいけない」と言われた。

*大病院の事務員。有給休暇について上司から話があった。「社会人のマナーとして10日以上とるのは控えてほしい。与えられた日数の半分くらい使うのが、一般企業の常識。」「あまり有給休暇を使うと考課の評価対象になる」「うちの部署だけ暇だと思われ、リストラの対象となる」というもの。全く納得できない。

*上司が社内メールで執拗な嫌がらせ、誹謗中傷を続けている。全く根拠のない「架空請求」などをでっちあげてくる。「架空請求」は会社も事情聴取したが、勿論そんな事実はないのに上司へのお咎めはない。

*仕事のストレスから適応障害になり医師の勧めから病気休職を提出したら、会社は「一旦退職する形にしてもらう」「彼氏がいるのに何故結婚しないのか。結婚して一度やめて、病気が治ったらパートで来たらいい」とひどい事を言う。

*トラック運転手。仕事中、交通事故を起こしてしまった。相手は3ヵ月(診断書)の怪我を負い、責任は私にある。会社は突然給料を26万円から11万円に下げてきた。これでは生活できないので辞めたいが、会社から「廃車や被害者への損害分を全額払え」と請求されるのではないかと心配。
引用ここまで

*関連記事 バックナンバー 下記をクリック
日刊 社会福祉ニュース・レビュー*貧困・生活保護・ホームレス 関連記事・ニュース バックナンバー総集編
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 生活保護保護率、非正規労働者・失業・貧困原因、貧困ビジネスの報復、夫の失業相談
 生活保護「受給者過去最多」にカラクリか?見落とされた「保護率」、働く世代含む「その他の世帯」伸び突出

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 貧困、過労自殺・就活自殺、ワーキングプア、就職活動やる気無、震災被災地支援
 若年層を襲う過労自殺・就活自殺の多発、就活自殺はこの1年で倍増

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 特集:失業・貧困・自殺 震災失業・内定取消,介護失業,西成暴動動画1990、失業離婚
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 震災と貧困、就学支援金申請殺到、東北高校生進学断念、絶望ハードワーキングプア
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 生活保護ケースワーカパンク、失業生活保護急増、子ども手当差押、人口の2割が貧困
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 生活保護家庭の子ども学力・学歴・教育支援・連鎖、シングルマザー雇用、貧困集会
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 生活保護受給205万人、不況 希望退職、引きこもり・職場いじめ相談、友達間格差拡大


社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 低所得者に対する支援と生活保護制度 重要ポイントレジュメ総集編 社会福祉士精神保健福祉士受験対策共通


日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です

社会福祉士及び介護福祉士法

社会福祉士国家試験合格率 2011年3月 
 日本福祉教育専門学校社会福祉士養成学科合格率96.1% (現役のみ)

*第23回(平成22年度)社会福祉士国家試験 合格実績
 社会福祉士養成学科(昼間部)合格率96.1% (受験者76名 合格者73名

<全国受験者数・合格率(第23回)>
・受験者数 43568人
・合格者数 12255人
・全国受験者合格率 28.1%

毎年2,000件以上の求人が日本福祉教育専門学校就職センターに寄せられます
 2011-11-17現在、就職センターに届いている求人数は1,491件。
 昨年同時期より13%増加
■社会福祉士系:259件
■精神保健福祉士系:80件
■介護福祉士系(手話・音楽も含む):797件
■言語聴覚士系:355件

 昨年度は2,126件の求人をいただきました。
入学予定・検討中の皆様へお知らせ 社会福祉士養成学科・養成科、入学前教育『社会福祉入門講座(全6回)』1月から開講!
*1月より入学前教育『社会福祉入門講座(全6回)』を開講します。
 日本福祉教育専門学校では、入学前教育として、入門講座を開講しています。
 社会福祉士養成学科(昼1年)と社会福祉士養成科(夜1年)が合同で開講する『社会福祉入門講座』-1年間という短い期間で国家試験にチャレンジするみなさまに、1年間の授業の理解により役立つことを目的として開講します。
 すでにご入学が決まっている方、これから受験される方問わず、4月の授業開講までの貴重な日時を活用し、可能ならば受講されるよう、ご案内いたします。
 なお、講座は6回開講しますが、ご都合のよい日程のみ受講することも可能です。
 受講料は無料です。
 平成22年度社会福祉士国家試験96.1%(全国第1位)の本校社会福祉士養成学科・養成科の専任講師陣が担当する講座をぜひ受講してください!

【社会福祉士入門講座(全6回)】
■第1回:1/13(金)19:00~21:00
     『日本の社会福祉発展の歩み』 担当講師:土井直子先生
■第2回:1/20(金)19:00~21:00
     『社会福祉士の役割と展望』 担当講師:東康祐先生
■第3回:2/3(金)19:00~21:00
     『介護保険制度は4月からどう変わるか』 担当講師:矢部広明先生
■第4回:2/17(金)19:00~21:00
    『貧困問題とソーシャルワークの実践』 担当講師:当ブログ筆者
■第5回:3/2(金)19:00~21:00
     『児童虐待の実態と課題』 担当講師:小川ヒロ子先生
■第6回:3/16(金)19:00~21:00
     『わたしはこうして合格した(在校生)』 担当:在校生有志

 受講をご希望の方は、下記までお電話ください。ご希望の受講日をお知らせください。
<ご予約先>
日本福祉教育専門学校 入試・広報センター 
TEL:0120-166-255

■日本福祉教育専門学校
 JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線「高田馬場駅」下車
参加費:無料(どなたでも参加できます。)
<お問い合わせ先 下記のフォームをクリック>
 学校法人敬心学園 日本福祉教育専門学校
 電話:0120-166-255


日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です


第23回(平成22年度)社会福祉士国家試験 
 日本福祉教育専門学校社会福祉士養成学科 合格率96.1%
 (受験者76名 合格者73名 現役のみ)

 
<参考:全国受験者数・合格率(第23回)>
・受験者数 43568人  ・合格者数 12255人
 全国受験者合格率 28.1%

毎年2,000件以上の求人が日本福祉教育専門学校就職センターに寄せられます

 2011-11-17現在、就職センターに届いている求人数は1,491件。
 昨年同時期より13%増加
■介護福祉士系(手話・音楽も含む):797件
■社会福祉士系:259件
■精神保健福祉士系:80件
■言語聴覚士系:355件

 昨年度は2,126件の求人をいただきました。

*社会福祉士とは
  「社会福祉士及び介護福祉士法」により定められた、相談援助、運営管理等、ソーシャルワークに携わる専門職の国家資格です。
 各種の相談機関、福祉行政機関、福祉施設・団体、医療機関などにおいて,専門的知識と技術をもって,福祉サービス利用者の相談援助や,グループワーク、施設の運営管理、地域福祉活動等を行なう社会福祉専門職です。
 社会福祉士は、子ども、医療、コミュニティ、障害者、貧困、女性、高齢者、更生保護、行政等、多岐にわたる領域で、人々を支援するために相談等の実務を担っています。
社会福祉士及び介護福祉士法
相談援助の理論と方法 講義レジュメ スーパービジョン2
*社会福祉士養成科トワイライトコースにて講義
9章1節 スーパービジョンの意義と目的
2 スーパービジョンの歴史的変遷 テキストP187
<アメリカにおけるスーパービジョンの発展>
*スーパービジョンの萌芽期(1880年代~1920年代

・慈善組織協会における友愛訪問員の教育・訓練に発祥がある。
・個別援助の進展と、COSの有給専門ワーカーの雇用もあり、本格的にスーパービジョンが発展し始めた。

*スーパービジョンの確立期(1920年代~1960年代)
・1920年代、ケースワークの焦点は、リッチモンドの理論から、個人の心理・精神内界へと移った。
それとともに、スーパービジョン関係が「治療的関係」であることが強調された。
 
・1930年代、社会福祉の財政が縮小し、効率的なサービス提供が求められた。福祉機関の管理運営的なニーズが高まり、スーパービジョンにおいても管理的機能が発展した。

・1950年代、教育と管理的機能を、同時並行で一人のスーパーバイザーにより可能か議論が行われた。

*スーパービジョンの発展期(1960年代以降)
・1960年代、グループワークやコミュニティ・オーガニゼーションへのスーパービジョンの適用が図られた。それぞれの方法論に合った理論化が行われたわけではない。
・また貧困問題の顕在化により、社会改良が焦点化し、スーパービジョンが軽視された。

・1970年代、ワーカーのストレスやバーンアウトが顕在化した。
この軽減のため、スーパービジョンの支持的機能が注目された。

<わが国におけるスーパービジョンの発展>
*スーパービジョンの導入期(1950年代~1960年代)

・1950年代にスーパービジョンが導入された。心理学等の影響から、内容は困難事例の心理分析・評価が中心であった。限られた病院等が導入したに過ぎない。
・福祉事務所に「査察指導員(指導監督を行う所員)」が設置され、スーパービジョンが制度として導入された。しかし、査察指導員自身が専門性をもたない場合も多い。

*スーパービジョンの展開期(1970年代~1980年代)
・1970年代、援助関係やワーカー自身の自己覚知がスーパービジョンに取り入れられた。
・1980年代、スーパービジョンが専門職養成の過程として位置づけられ始めた。専門職団体等で、研修に「スーパービジョン」という言葉が使われ、演習プログラムが取り入れられた。

*スーパービジョンの確立に向けた発展期(1990年代以降)
・社会福祉基礎構造改革、契約制度への変革は、クライエントの選択、質の高いサービス、効率のよい総合的なサービス提供、連携などが重視されるようになった。高度な知識や技術をもつ専門職の養成が求められた。
・加えて、介護支援専門員(ケアマネジャー)のように、医療や保健など隣接領域の専門職もソーシャルワークに参入し、スーパービジョンは幅広く必要とされている。

*解説:査察指導 supervision
 スーパービジョンの訳。指導・監督ともいう。対人援助を行うソーシャルワーカーに対し,相談・援助活動を適切・有効に行っていけるよう支援していくこと。その機能として,ワーカーに対して行う業務管理,教育,個別支援などがあげられる。生活保護領域でこの職務を行う職員を査察指導員と規定している。
・社会福祉法第十五条「福祉に関する事務所には、長及び少なくとも次の所員を置かなければならない。ただし、所の長が、その職務の遂行に支障がない場合において、自ら現業事務の指導監督を行うときは、第一号の所員を置くことを要しない。
一  指導監督を行う所員
二  現業を行う所員
三  事務を行う所員
(略)
3  指導監督を行う所員は、所の長の指揮監督を受けて、現業事務の指導監督をつかさどる」


3 スーパービジョンの必要性と機能
・スーパービジョンには,①支持、②教育,③管理・運営の機能が含まれる。
*スーパー・ビジョンは、管理的機能や、援助的機能を有する援助者・学生の成長、教育、訓練法の一環である。
①支持的機能
スーパーバイジーに対する、援助的な機能である。

*スーパービジョンの三つの機能のうち、最近は「支持的機能」への関心が高まっている。

・バーンアウト 略

・自己覚知 略

・自己実現 略

<続く>

*講義レジュメ等 下記をクリック
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第30回講義レジュメ1 ナラティブアプローチとは 12/19 社会福祉士養成科夜間部

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第30回講義レジュメ2 実存主義、フェミニストアプローチとは 12/19社会福祉士養成科

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第30回講義レジュメ3 解決志向アプローチとは 12/19社会福祉士養成科夜間

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 特集:貧困・生活保護 震災と生活保護、相対的貧困率悪化、就学援助、ホームレス
 就学援助6人に1人 32市町村で増加 - 沖縄県内 7月バックナンバー

日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です

社会福祉士及び介護福祉士法
相談援助の理論と方法 講義レジュメ スーパービジョン1
*社会福祉士養成科トワイライトコースにて講義
9章1節 スーパービジョンの意義と目的 
 解説:燃え尽き症候群(バーンアウト)

 スーパービジョンの今日的な課題として、専門職のストレス、バーンアウトが挙げられる。

◆燃えつき症候群の原因と症状
・アメリカの心理学者フロイディンバーガー(Freudenberger, H. J.)が提唱した概念である。まじめで人一倍がんばる勤勉な人が,何らかのきっかけでまるで燃え尽きたように活力を失ってしまう,心身の疲労状態をさす。無気力,抑うつ,しらけ気分,落ち着きのなさ,体力低下,不眠などの症状が現れる。エネルギッシュで気が短く,高い理想をもって仕事に励む性格傾向の人に発症しやすい。

*燃えつき症候群は、 医療・保健、福祉、教育など、対人援助サービスの従事者に多く見られる。
*具体的な症状として、極度の身体の疲労感や感情の摩滅した状態を経験する。
*原因は、当人の主体的条件だけに帰せられるのではなく、職域で対応しなければならない問題が増加する一方で、そのための資源や支援体制が十分でないなど、客体的要因も大きい。

*職業としての対人援助だけでなく、家族の介護や子どもの養育などもバーン・アウトの原因になり得る。

◆燃えつき症候群とストレス症状
(後述)

■ストレッサー
(後述)

◆燃えつき症候群への対応(個人的レベル)
(後述)

■チーム・アプローチ
(後述)

<テキスト解説>
1 スーパービジョンとは テキストP185から

・社会福祉サービス機関では,新人や中堅専門職の技術の向上,労働環境の向上,管理・運営,効果的な実践,機関内の人間関係機能の向上をめざして監督・指導が行われる。この過程もしくは方法をスーパービジョンとよぶ。

*スーパービジョンの定義 ⇒ テキストP185参照
 スーパーバイザーが行なう、ソーシャルワーク専門職を養成する過程である。

*スーパービジョンの構成要素 P186
・スーパービジョンの機能を実施する人をスーパーバイザー(supervisor)と呼ぶ。
スーパービジョンはその目的,機能に応じて,機関内または機関外の経験保持者がその任にあたる。

・スーパービジョンを受ける側をスーパーバイジー(supervisee)とよぶ。

・スーパービジョン関係を通して、スーパービジョンは実施される。

*その他の要素
①契約

・スーパービジョンの前提として、スーパーバイジーとスーパーバイザーの双方が、目標や課題等について協議し、確認のうえ、開始することが必要となる。

②過程
・スーパーバイジーの専門職養成の過程である。
 ソーシャルワークの過程と重複する。

③相互作用
・スーパーバイジーとスーパーバイザー、両者の相互作用により進められる。

◆燃えつき症候群とストレス症状
・セリエ(Selye, H.)
「生物組織内に非特異的に生じてきた,あらゆる変化よりなる特異的症候群で発現されたある状態」と定義

急性ストレス(acute stress)と慢性ストレス(chronic stress

■ストレッサー
・ストレッサーとは、ストレスを引き起こす因子
例えば,病気やけが,災害,犯罪被害といった非日常的な出来事から,転居,進学,就職や転職,異動,昇進,結婚,子どもの誕生,身近な人との死別

◆燃えつき症候群への対応(個人的レベル)
・ラザラス(Lazarus, R. S.)らの「ストレス―対処理論」によれば,ある刺激がストレスとなるかどうかは,人間と環境の関係を個人がどのように認知的評価(appraisal)をするかによる

ストレス・マネジメントとは

■チーム・アプローチ



<続く>

*講義レジュメ等 下記をクリック
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第30回講義レジュメ1 ナラティブアプローチとは 12/19 社会福祉士養成科夜間部

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第30回講義レジュメ2 実存主義、フェミニストアプローチとは 12/19社会福祉士養成科

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第30回講義レジュメ3 解決志向アプローチとは 12/19社会福祉士養成科夜間

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 特集:貧困・生活保護 震災と生活保護、相対的貧困率悪化、就学援助、ホームレス
 就学援助6人に1人 32市町村で増加 - 沖縄県内 7月バックナンバー

日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です

社会福祉士及び介護福祉士法

ご感想、ご意見など、当講座・サイトの筆者(編集・管理人)へのコメントを、このフォームから送信してください。お名前・アドレス等は記入無しも、匿名も可です。
◆燃えつき症候群とストレス症状
・セリエ(Selye, H.)は,生理学的な研究を通して,「生物組織内に非特異的に生じてきた,あらゆる変化よりなる特異的症候群で発現されたある状態」と定義している。言い換えると,何らかのストレッサーが作用して出現した状態をストレスとよんだのである。ストレスという概念は,心理学や社会学など行動科学の分野でも取り入れられ,生体内の反応にとどまらず,心理状態や生活状況の変化を意味するようにもなった。ストレス理論や危機理論においては,生活ストレス(life stress)や社会ストレス(social stress)とも表現される。また,ストレスの持続期間の違いが,ストレスの性質やプロセスを特徴づけることに着目して,急性ストレス(acute stress)と慢性ストレス(chronic stress)とに区分する考えもでてきた。

■ストレッサー
・ストレッサーとは、ストレスを引き起こす因子となるものである。例えば,病気やけが,災害,犯罪被害といった非日常的な出来事から,転居,進学,就職や転職,異動,昇進,結婚,子どもの誕生,身近な人との死別といった,多くの人が経験するような日常的な出来事に至るまで,さまざまなものがストレッサーとなりうる。ただし,ストレッサーとなるかどうか,またどの程度のストレスを引き起こすかについては,大きな個人差がみられる。

◆燃えつき症候群への対応(個人的レベル)
・ラザラス(Lazarus, R. S.)らの「ストレス―対処理論」によれば,ある刺激がストレスとなるかどうかは,人間と環境の関係を個人がどのように認知的評価(appraisal)をするかによると考えられている。そして,ストレスとなりうる状況下では,それをどのように認知的評価をし,どのような行動をとるかが,ストレスを緩和するうえでの鍵となる。
・ストレス・マネジメントとは、ストレスに対して積極的に対処することで,ストレスを緩和していこうとする方法である。日常生活において避けられないストレスとうまく付き合うことで,ストレスからの悪い影響を防ごうという考え方に基づく。具体的には,ストレスへの認知的評価を変えたり,ストレスを緩和させる対処を習得したりするような,さまざまなプログラムが考案されている。


・クライエントの問題やニーズに対する複数の専門職による働きかけ。ただし,複数の専門職が分離して,別々に働きかけるのではなく,目標や価値観を共有し,異なった専門性や役割を担当し,なおかつそれが連携,統合されて実施されることに意義がある。近年の専門分化や専門職の高度化が進むにつれ,チーム・アプローチが求められるようになってきたが,今後,より効率的・効果的なチーム運営の方法が展開される必要がある。


*社会福祉士・精神保健福祉士受験対策
社会保障 受験対策重要ポイントレジュメ  各回をクリック
受験対策:社会保障 重要ポイント 1  社会保障の歴史、福祉国家

社会保障 重要ポイント 2  ナショナル・ミニマム論、社会的排除、インクルージョン

社会保障 重要ポイント3  社会保障の財政・機能・課題

社会保障 重要ポイント4  社会保障制度の国際比較

社会保障 重要ポイント5  年金制度の沿革と体系

社会保障 重要ポイント6  年金制度の現状と課題

社会保障 重要ポイント7  医療保険制度の沿革と体系

社会保障 重要ポイント8  医療保険制度の現状と課題

社会保障 重要ポイント9  介護保険制度の概要・制度の枠組み

社会保障 重要ポイント10  介護保険制度の概要・費用負担

社会保障 重要ポイント11  労災保険

社会保障 重要ポイント 12  雇用保険

社会保障 重要ポイント13 ―民間保険と社会保険

社会保障 重要ポイント14―社会保険の管理運営

相談援助演習 後期レジュメ 緩和ケア・ターミナルケア・ホスピス・看取り3
 社会福祉士養成学科2クラスBグループ
<レジュメ続き>
*家族へのケア

 家族の一員が避けられない死に直面する事は、患者のみならず、やがて残される家族にとっても大変つらい喪失の体験である。医療従事者は家族がその事態に前向きに立ち向かい、家族全員が悔いのない別れをし、患者との死別後にも遺族の心が癒されるよう心理的、社会的援助を行う必要がある。

1.家族とのコミュニケーションの重要
 家族の話を誠意を持って良く聴き、十分なコミュニケーションを図ることが大切である。
 医療従事者からの一方的な説明は、家族の知りたいこととずれる場合がある。病状を説明したり、末期であることを伝えたりする場合、単なる情報提供ではなく、情報を分かち合い、共に悩み、どうするのが最も良いかを共に考える態度が必要である。
 特に死亡直前には、家族に対していくら説明を繰り返しても説明し過ぎることはない。できれば家族に説明を求められる前に、こちらから先に説明する位の配慮が必要である。
 「今何が一番ご心配ですか?」「今何かお尋ねになりたいことはありませんか?」と声をかけることも大切である。

2.予期悲嘆への援
 家族は医師などから患者の死が避けられないものであると告げられたときから、死を予期した予期悲嘆に襲われる。予期悲嘆を一定の経過で乗り越えつつある家族にとっては、やがてくる死別の悲嘆とその後の心理過程(悲嘆作業)が比較的順調に経過することがある。よって、医療従事者は、家族の予期悲嘆に対して適切に対処していかなければならない。それと同時に病的悲嘆を呈する家族に対しては、時に応じてカウンセリングや精神科医の診察を勧めることも必要である。
 死別後の遺族が「愛した人らしい死であった」、「可能な限り最善を尽くせた」と感じられるよう、家族の話への傾聴、理解と共感、感情の表出の保障、励ましなどの精神的援助が必要である。また、患者ができるだけ安楽に過ごせるように努めることや、家族が患者と共に過ごせる場所と時間を提供したり、家族の休養や気分転換への配慮も必要である。さらに、死別後の経済的支援や人的支援など、必要な社会資源の利用についてもサポートする。
 家族に患者の身の回りの世話などを行ってもらうことにより、患者のために家族ができることがあると感じられるようにしたり、「お疲れになったでしょう、少し休まれたら如何ですか?」など看病疲れに対する配慮をする。

3.死の受容への援
 患者の死を家族が受容できるよう援助することは容易ではなく、患者の死がなかなか受け入れられない家族が存在する。患者のそばに付き添ってもらい、しっかり現状を見てもらうことも必要である。「非常につらいことですが、残り時間が短いようで、心の準備が必要のようです。」といった言葉がけを感情を込めてしていくことにより、家族の受容が進むこともある。
 また、家族の中の高齢者や子供に、患者が末期の状態であることが知らされていないことがあるが、これら人たちが患者の突然の死に遭遇するより、たとえ悲しくても心の準備ができるので、患者の死が近いことを知らされていたほうが良い。
 末期の状態で次第に衰弱し、心停止の状態になった時には、心マッサージなどの蘇生術は施さないのが普通であるが、家族と予め十分話し合っておくことが重要である。
 たとえば「とてもつらいことですが、日にちの問題になりつつあります。患者さんに負担をかけることはしたくないので、心臓マッサージや人工呼吸などは控えたいのですが、それでよろしいでしょうか?」というように、感情を共有しながら説明する必要がある。

4.臨終時の家族ケア
 死が近づくにつれて呼吸状態は不安定になり、努力呼吸、肩呼吸などが始まる。苦しそうな息遣いをしている患者を見ている家族はいたたまれなくなる。このような時には「衰弱が進むとあのような息づかいになります。しかし、患者さんはもう苦しみから開放されています。見ていてこちらが苦しくなりますが、患者さんは苦しくありませんから安心されていいですよ」といった説明をすると良い。痛みに苦しみながら亡くなった患者さんを家族が看ていた場合、残された家族にとっていつまでもトラウマとなって残るので、安らかな死を迎えられることは、家族が患者の死を受容するためにも大切である。
 また、患者が呼びかけにも応じなくなると家族はどうしてよいかわからなくなる。ただじっと、何もしないで患者のそばにいることはとてもつらいことである。そのような時、「時々手や足をなでてあげて下さい、そして時々呼びかけてあげて下さい、それで患者さんは安心されますから」と家族にもできることを伝える。
 そして、家族にとって、看取りに間に合うことは死の受容への大きな要因と考えられる。臨終までの時間は家族にとって死にゆく患者との回想の時であり,最期の別れの重要な時間でもある。死にゆく患者の周囲を家族が取り囲みながら,十分に別れができる環境を整えることが大切である。呼吸が止まっても十分な時間をかけ、家族が患者とお別れができるまで死の宣告はしないようにする。必要に応じて、家族の到着を待って死亡宣告を行う調整も時には必要になる。また、医療従事者は臨終の意義を心に受け止め,家族への連絡のタイミングに配慮する必要がある。
 真の看取りは家族が主役なのであり、医療従事者は温かくその場を提供しているという気持ちが大切である。

5.遺族のケア
 どんな遺族でも「もう少し世話をしてやればよかった」、「十分世話ができたのだろうか」と思うことは多い。このような時、ケアに関わったスタッフが家族とともに患者の思い出をたどり、できるだけの事はしたということを確認することは、残された家族にとって深い心の癒しになる。「最後まで良く見てさしあげれられ、患者さんはお幸せでしたね」と、看取ったことへの労いの言葉をかける。そして,死後の処置の参加について家族の気持ちを確認し、希望すれば一緒にする。
 死別後の具体的な遺族ケアについては、以下のような内容がある。
(1)亡くなった後、家族が挨拶に来られたときには時間と場所をとって、ゆっくり面談を行う
(2)遺族会を行う
(3)お通夜や葬儀に参列する
(4)弔電を送る
(5)退院時にお別れ会をする
(6)死亡後に定期的な手紙を送る(49日 3ヶ月 6ヶ月 1年後など


*スピリチュアル(霊的)苦痛の緩和の重要性と困難さ WHO
 WHOは「パリアティブケア(緩和ケア)の実施にあたっては、人間として生きることが持つ霊的な側面を認識し、重視すべきである」としている(1990)。
 人が人間として生まれ、生き、死を迎えるにあたり、人間としての根源的な存在意義に対して抱く強い疑問と、模索しながらたどりつく回答は、尊厳ある人の死にとっては極めて重要な側面といえる。しかし、霊性(spirituality)という言葉のもつ意味の理解が困難なことから、一般の医療現場では患者が死に直面して抱く霊的苦痛はしばしば見逃され、あるいは無視される。したがって霊的苦痛に対する関わりには戸惑いや敬遠を伴いがちとなり、霊的ケアの具体的な実践は困難なことが多い。霊的苦痛の緩和は緩和ケア(ターミナルケア)に当たる医療従事者にとっての今後の重要な課題と言える。
(後述)

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助演習レジュメ 緩和ケア・看取り1 ホスピス・精神的苦痛の緩和とは 社会福祉士養成学科

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助演習レジュメ 緩和ケア・看取り2 ホスピス・社会的・経済的苦痛の緩和とは 社会福祉士養成学科

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第30回講義レジュメ2 実存主義、フェミニストアプローチとは 12/19社会福祉士養成科

日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科

*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です

社会福祉士及び介護福祉士法


*レジュメ続き

More *レジュメ・続き ⇒⇒⇒⇒⇒⇒
相談援助の理論と方法 第30回講義レジュメ3 12月19日 6・7時限
日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成科(夜間部トワイライトコース) 担当:当ブログ筆者

3節 その他の実践アプローチ・続き
3 解決志向アプローチ テキストP176
*起源と基礎理

・このアプローチは、面接展開方法、面接技法としてソーシャルワークのなかで活用されてきている。
・バーグやシェザーらによるブリーフセラピー(短期療法)の流れを汲む、心理臨床におけるアプローチである。
・社会構成主義等の影響も受け、直接的因果論や客観的事実を否定し、現在・未来志向の短期アプローチであるといえる。

*解決志向アプローチのキーワード
・解決構築

 このアプローチは、クライエントが抱いている問題解決のイメージを、ワーカーとの協働作業(面接過程)のなかで、つくり上げていく方法をとる。

・ソリューション・フォースト
 解決の過程は、クライエントの抱く具体的解決イメージに基づき、そのペースで進める。

*適用対象・適用課題
・主に個人、家族等に適用される。不登校、暴力・虐待等や、依存症、精神疾患、教育者やワーカー等の支援者側が抱える課題などにも適用される。

*支援焦点
・クライエントの解決へのイメージに焦点をあて、問題解決の実現により社会的機能を高めることに焦点がある。

*支援展開
・クライエントは(自分自身に関する)専門家であると捉え、純粋にクライエントの語りを傾聴=「無知の姿勢」、資源はクライエント自らがもち、「クライエントから教わる」姿勢=「ワン・ダウン・ポジション」により面接を展開する。

*特徴的な技法・面接態度
・ミラクル・クエスチョン
問題解決後の生活の様子や気持ちについて、想像を促がす質問
・スケーリング・クエスチョン
経験内容や今後の見通しなどについて、数倍に置き換え、評価する質問
・コービング・クエスチョン
問題を切り抜けてきた対処方法への質問
・サポーズ・クエスチョン
視点・考えを現在から未来へ移動させることを意図した質問

4節 アプローチを巡る課題
1 実践的側面

・ソーシャルワーク実践展開において、各アプローチを意識的に活用することは、一般化してこなかった。
・日本の福祉実践は、入所施設実践を中心に展開されてきた(昨今は、コミュニティ実践が強調される)。
そこでは、「生活ケア」が中核となり、施設ソーシャルワーク=レジデンシャル・ソーシャルワークが成熟しなかった。
 個別支援へのアプローチの活用には課題が存在している。
 実践の蓄積が少ないということである。
 一方、エンパワメントアプローチやナラティブアプローチなどの新興アプローチに対しては、比較的受容される傾向が見受けられる。しかし、支援視点の受容に留まる。
・しかし、各領域の「個別支援計画」を立案する必要からも、アプローチの活用が求められる。

・ソーシャルワークのアプローチ テキストP179図 参照

2 教育的側面
・アプローチ問題の教育的側面とは、これまでのソーシャルワーク教育において、各アプローチが十分に教授されてきたのかという課題である。スキルの獲得までは達せず、アプローチの概略の紹介にとどまっていたのが事実であろう(テキスト)。
・ソーシャルワーク教育において、アプローチの基礎的スキルが定着していないのであれば、実践現場においての活用は不可能である。
・ターナーは、大学院教育において、実践の備えとして、三~四の理論が教えられるべきであると述べている。
・日本においても、今後、個別・具体・特殊な対象に実践を展開するための方法・スキルとして実践アプローチを「ソーシャルワーク実践理論」として構成し、知識とともにスキルレベルにおいても教授し、定着させ、使用可能なものとしていくことが必要であろう。
・アプローチに関するスーパービジョンも含め、ソーシャルワーク教育の刷新が求められる。

3 研究的側面
・『ソーシャルワーク・トリートメント』においてターナーは、27の実践理論を紹介し、「相互連結理論アプローチ」を提唱している。
・実践理論が採用される八つの基準 テキストP181表
①その考え方は新しいものであること
②人間の状態に、クライエント集団に、社会的環境的システムに対する新しい洞察を与えること
③考え方のシステムが、専門職によって有用であると実証されていること
④知識の先端的体系が、新しい考え方を指示すること
⑤理論から生まれる介入法が倫理的であること
⑥概念と介入法が、専門織によって学習され、活用され得ること
⑦その考え方のシステムが実践と方法論の広範な連続体を取り扱っていること
⑧理論が専門職によって受け入れ始められていること
・日本において、多様化するクライエントに対応して、成果を積み重ねる必要があり、アプローチの活用が有効と考えられる。
・アプローチにクライエントを適合させるのではなく、クライエントに、課題に適合的なアプローチを選択、活用することが必要とされる。
・理論的研究に加えて、実践現場との応答作業のなかでの実証研究が必要である。
研究的循環作業が、実践場面と教育場面のアプローチ問題を解決することになる。

<続く>

*前回の講義レジュメ等 下記をクリック
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第29回講義レジュメ2 行動療法、エンパワメントアプローチとは 社会福祉士養成科
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第29回講義レジュメ3 事例研究・事例分析とは 社会福祉士養成科夜間部

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第30回講義レジュメ1 ナラティブアプローチとは 12/19 社会福祉士養成科夜間部

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第30回講義レジュメ2 実存主義、フェミニストアプローチとは 12/19社会福祉士養成科

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 特集:子ども虐待児童虐待相談、調査、福島南相馬の小学生・健康不安・疎開、
 厚生労働省 全国の児童相談所:2010年度の児童虐待相談件数、速報値で5万5152件

日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です

社会福祉士及び介護福祉士法


当ブログ筆者の新刊
精神保健福祉援助演習(専門)第2版
精神保健福祉士シリーズ 10
福祉臨床シリーズ編集委員会 編

ISBN978-4-335-61117-9
発行日 2016/02/22 弘文堂

第8章 地域における精神保健問題 依存症と生活困窮
<概要>
 簡易宿泊所街「寿町」の精神科診療所におけるアルコール依存症と薬物依存症患者の支援の実践から、回復を図るグループワークや相談援助の課題等を考察した。
 生活保護を受給し簡易宿泊所に居住するアルコール・薬物依存症患者の回復の鍵を握るものとして、レジリアンスを挙げた。具体的には失敗を繰り返しても援助者と繋がり続け、危機を回避するための協働や、訪問やグループワーク等による社会的孤立を防ぎ、全人的な支援の持続が有効であると論じた。


相談援助の理論と方法 第30回講義レジュメ2 12月19日 6・7時限
日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成科(夜間部トワイライトコース) 担当:当ブログ筆者

3節 その他の実践アプローチ
1 実存主義アプローチ

・1960年代に、クリルによってソーシャルワーク実践に導入された。
・実存主義アプローチは、キルケゴールやパスカルを源として、ヤスパースやハイデッガー、サルトルらによる実存主義に理論的基盤がある。
 実存主義は、合理主義や実証主義による客観的な人間理解を否定し、人間の自己喪失を批判し、自己の存在に関心をもつ主体的な存在(=実存)としての人間を強調し、生の過程における苦悩を必須としている。

*実存主義を理解するためのキーワード
*疎外

・自らの存在意味を理解することができず、不安定な状態にあること。実存的苦悩を抱えている。

*幻滅
 実存主義アプローチにおける介入概念であり、過去の生き方を放棄し、自我に囚われた状態から脱却する。

*適用対象・適用課題
 特定無し。「疎外」に悩むクライエントである。

*支援焦点 テキストP172
・実存主義アプローチの展開においては、自我に囚われた状態から脱するため、他者とのつながりを構築し、疎外から解放されることに焦点がある。

*支援展開 テキストP173
・実存主義アプローチによる支援過程は明確化されてはいない。
・実存主義アプローチの局面展開(3局面) テキストP173図
 第1局面「他者」に関心を向ける
第2局面「自我に囚われた状態」から抜け出す
第3局面「疎外」から解放される

・「疎外」に悩むクライエントは、自己のみに関心を払い、自我の力だけで自己を安定させようと試みている=自我に囚われた状態。その脱却は、他者に関心を向け、つながりを緊密にすることにより、クライエントが他者からみたときに必要な存在となることによる。
 それにより、クライエントは自らの意味を把握し、実存的苦悩から抜け出す。

*介入概念
<最初の局面>

 先ずワーカーが、クライエントが"関心を向ける他者"になる。
・選択の自由:クライエントの生き方の選択を尊重する
・傾注:クライエントの語りと、生きてきた世界を受容する
・苦悩における意味:他者に関心を向けることにより、クライエントは生き方を変容させ、それは過去への否定につながり苦悩が生じる。その苦悩を肯定する

<次の局面>
・これまでの生き方を「錯覚」としてとらえる。
他者とのつながりが自己を安定させることに気づき、錯覚を放棄する。
=「自我に囚われた状態」からの脱却である。

<最終局面>
・クライエントは「重要な他者」に関心を向け、つながりを形成し、「疎外」から解放される。

2 フェミニストアプローチ テキストP174
<テキスト解説>
*起源と基礎理論

 このアプローチは、ソーシャルワーカーという職業は、女性運動とともに誕生した専門職であり、フェミニズムと同根と捉えている。
 フェミニズムとは、女性に対する抑圧の原因を分析し、女性の解放を目指す思想であり、その思想を基盤としたアプローチである。
 また、ポストモダニズムを背景にしているといえる。

*フェミニストアプローチのキーワード
・ジェンダーレンズ

 ジェンダーとは、「生物学的な性別」とは異なり、「社会的・文化的に規定される性別」を示す。フェミニスト実践では、女性の社会的抑圧への繊細な視点が求められ、ジェンダーレンズはその視座・視点を意味する。

・個人的なことは政治的なこと
 フェミニズムにおいては、女性の現実、個人的経験世界を、社会的文脈のなかに位置づけ捉えることが最重要視される。

*適用対象・課題
・すべての女性のあらゆる状況に適応可能とされる。

*支援焦点
・女性に対する暴力、職業の差別・抑圧等、女性に対する社会抑圧を焦点化し、個人のエンパワメントと、抑圧の根絶を目指す社会変革の双方である。

*支援展開
・ミクロ実践とマクロ実践の双方を視野に入れた展開がなければ、目標は達成されない。女性に対する、資源へのアクセス制限、機会の不平等を正確に捉え、「公的な声」として表明し、かつ実現に向けた戦略の提示が重要になる。
・具体的には、自己主張訓練やリフレーミング、アドボカシーやネットワーキングなどの手法が活用される。

○概要:フェミニスト・アプローチ
 第二波フェミニズムの影響を受け,1970年代なかば頃から登場した,フェミニズムの視点にたって行うソーシャルワーク実践。アセスメント等の際にジェンダー概念を取り入れること,平等主義的な人間関係をワーカーとクライエントの援助関係に反映させること,援助過程においてはクライエントの自己覚醒とエンパワーメントを促す,といった特徴をもつ。女性をはじめ抑圧された人々へのアプローチとして有効な方法とされている。日本においては,1990年代になって活発化したドメスティック・バイオレンス防止やシェルター・ムーブメントがそれに該当する実践といえる。

○解説 フェミニズム feminism
 女性が男性と比べて劣位におかれているという認識のうえにたって,その状況から女性を解放していこうとする思想・運動の総称である。
 フェミニズムは,ヨーロッパとアメリカで広がった自由と平等を求める啓蒙思想や運動のなかで芽生えたが,通常二つの時代に分けられる。一つは19世紀から20世紀前半の第一波フェミニズムで,アメリカやイギリスで婦人参政権運動に携わった女性たちのなかから生まれた。
 もう一つは1960年代以降の第二波フェミニズムである。アメリカの中産階級の白人女性たちが,家庭という「私領域」に閉じこめられていることを告発し,制度や意識の変革を要求したことから生まれ,発展した。第一波の運動を支えた理論として,リベラル・フェミニズム,社会主義フェミニズムが,第二波においては,ラディカル・フェミニズム,マルクス主義フェミニズムが,その後さらにエコロジカル・フェミニズム,ポストモダン・フェミニズムなどのフェミニズム理論が形成された。

<補足解説>
○解説:性差別
 性差に起因する差別である
(後述)

○ジェンダー
 gender
(後述)
 
○家事労働
 (後述)

○福祉フェミニズム 
(後述)

○フェミニスト・セラピー 
 feminist therapy 「女性による,女性のための心理療法」。
(後述)

<レジュメ3に続く>

*前回の講義レジュメ等 下記をクリック
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第29回講義レジュメ2 行動療法、エンパワメントアプローチとは 社会福祉士養成科
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第29回講義レジュメ3 事例研究・事例分析とは 社会福祉士養成科夜間部

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第30回講義レジュメ1 ナラティブアプローチとは 12/19 社会福祉士養成科夜間部

社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 日刊 社会福祉ニュース 特集:子ども虐待児童虐待相談、調査、福島南相馬の小学生・健康不安・疎開、
 厚生労働省 全国の児童相談所:2010年度の児童虐待相談件数、速報値で5万5152件

日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です

社会福祉士及び介護福祉士法


<補足解説は下記をクリック>

More <用語・補足解説 ⇒⇒⇒⇒⇒⇒>