<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第30回社会福祉士国家試験合格率30 .2 %
社会福祉士国家試験の合格基準99点以上 総得点150点に対し、得点99点以上の者
 総得点の60%程度を基準 正答

 2017年2月の社会福祉士、精神保健福祉士試験に合格された皆さん、おめでとうございます。
 社会福祉士等の資格取得はゴールではなく、専門職としてのキャリアのスタートです。
 つまり、社会福祉士の資格と、その専門性、技術を用いて、人々と共に何をしていくのか、どのようになっていこうとするのかが重要です。様々な生活問題が存在する社会の中で、専門職としてのあり方が問われているのでしょう。
 また、専門職としての自己研鑽、学びは生涯続くものです。

*本当に支援を必要としている子ども、家族に出会うために 訪問こそ個別支援の基本
 子どもと家族の生活困窮、虐待等家族問題、子育て支援、心身の健康問題、学力格差、社会的孤立など生活問題の世代間連鎖は、地域福祉にとって待ったなしの重要な課題です。
 この記事を読む方々の中には、社会福祉士として、児童福祉、家族福祉、子育て支援領域で実践をはじめる人たちもいることでしょう。児童相談所等の行政機関、児童養護施設等です。
 児童虐待(疑を含む)、ネグレクト被害の子どもに向き合い、成長を支えることも課題となるでしょう。
 一方、訪問等で、親をねばり強く支えること、アウトリーチによるニーズの発見も求められています。
 生活の現場への訪問こそ社会福祉士にとって個別支援の実践の中で、昔も今も要の一つと言えるでしょう。
 本当に支援を必要としている子ども、家族につながるための手段として、アウトリーチの具体的な実践が求められています。高校の中の居場所カフェ等、様々な形態のアウトリーチの要素が含まれる事業が各地で行われています。
 
 子どもの多様性を尊重し、自己肯定感を高める、生活と学習の意欲を高めるグループワークも求められていると言えるでしょう。
 経験の貧困を補い、自然との関わりの機会も生み出すキャンプ等の形態のグループワークが必要です。
 社会的孤立を克服するための交流、繋がりを創り出すことも、グループワークの力が求められています。
 これらはソーシャルワークの歴史のなかで、セツルメントや青少年団体、児童福祉の領域で行われてきたものが、再び期待されています。

*セツルメントの歴史から学ぶ 地域の人々のなかへ
 中長期的に地域の理解ある住民サポーター=インフォーマルサポートを巻き込んだ地域活動づくりも課題です。
 地域のなかで、住民の支え合いの力によって、子どもの貧困、虐待、いじめなどを防ぐためのサポートを行っていくこと。
 問題が発生することの予防、ライフステージにまたがる長期的な、縦割りではない包括的な支援が課題です。
 行政機関や、専門職に全て任せておけば解決してくれるのではなく、住民こそ主役であり、皆が協働して、地域の力を結集して取り組むことが重要であると考えられます。
 社会福祉士のコミュニティワーク、ネットワークづくりの専門技術によるファシリテーションが求められているのです。
 セツルメントの実践の歴史から学び、地域の人々のなかへ入っていくことが、今日の最重要な課題と言えるでしょう。
 人間と人間との交流によって格差を超えること、理解の不足や誤解ではなく相互理解と受容を、排除や対立ではなく尊重と相互支援を生み出すのは、交流の力、ソーシャルワークの働きです。

*多問題家族と世代間連鎖 ソーシャルワーカーのミッション 
 特に多問題家族は、拒絶もあるかもしれませんが、訪問による理解と個別支援を必要としています。
 これらの家族は、心身の健康問題と経済的貧困、暴力、依存症、家族問題が重複している傾向があります。
 世代間連鎖もみられますが、しかし、未来は変えることが出来ます。
 そのためには、ソーシャルワークによる寄り添った支援が求められているのです。
 深刻な生活困窮、健康問題、家族関係の問題を抱える当事者と、背景には子育て・養育能力の低下もあります。
 訪問によって困難を抱える家族への理解を深め、専門性の発揮が期待されています。

*ギャンブル依存症、地域精神医療 精神保健福祉士の課題
 精神保健福祉士にとって、アルコール依存症やギャンブル依存症、摂食障害等は支援の課題の一つです。
 子どもにとって、親の依存症は生活問題として大きなものです。世代間連鎖にも繋がるものです。
 子どもの貧困にとって、アルコール依存症は要因の一つであると言えるでしょう。

 社会福祉士はそのキャリアの開始において、年齢も、経緯が幅広いことに特徴があります。22歳でスタートする人も、今回の国家試験でも61際以上の方々が全国で400人おられます。精神保健福祉士も同様です。
 地域福祉には生活者としての経験が、就労支援等、社会経験が活かされる領域もあります。
 社会福祉士、精神保健福祉士としてスタートする皆さんのご活躍を祈念しています。
 (以上、ブログ筆者コメント)

1 試験日 平成30年2月4日(日)
2 試験地 24都道府県
3合格発表日 平成30年3月15日(木)14時
4 合格発表  厚生労働省および公益財団法人社会福祉振興・試験センターで合格者の受験番号を掲示
5受験者数  43 ,937人
6 合格者数   13,288人
7 合 格 率   30 .2 %
 合格基準(合格ライン)は、総得点150点に対し、得点99点以上の者


第30回社会福祉士国家試験問題 共通科目 専門科目


<第29回社会福祉士国家試験問題>
第29回社会福祉士国家試験問題 共通科目 午前

第29回社会福祉士国家試験問題 専門科目 午後


第19回精神保健福祉士国家試験問題 専門科目


第30回社会福祉士国家試験 ルーテル学院大学

「社会福祉士現役合格率は76.5%(全国平均合格率30.2%)でした。現役の受験者数10名以上の都内私立大学の中で合格率第3位です」


筆者のコメントが新聞に掲載されました 福祉施設職員のストレスケア、メンタルヘルス、感情労働とは

新聞に筆者のコメントが掲載されました「ルーテル学院大の関屋光泰 助教は、東京都内を中心に約60カ所の障害者施設などで職員向けのストレスケア研修を行ってきた。「忙しい時に利用者への言葉がきつくなり、そんな自分を責めてしまう」、研修の受講者からは、そんな悩みが多く寄せられる。<略>「自分が理想とする支援ができず、自己嫌悪に陥る職員も多い。職員のケアの必要性に目を向けるべきだ」と訴える」抜粋
(やまゆり園事件が残したもの:下)地域に開く、支え合い歩む
2017年7月26日 朝日新聞朝刊 全国


東京都福祉保健局(委託の研修事業)登録講師派遣事業 講師派遣を希望する事業所の方へ


関屋光泰『職業訓練生たち-1年目職員が感じた介護&ストレス』
「介護人材Q&A 2015年2月号 介護職員「こころの健康管理」その施策と工夫」,産労総合研究所

ブログ筆者の論文 要約
 離職、職業訓練(求職者支援制度)を経て、介護施設へ就職をした元訓練生の介護職員対象のグループインタビュー、ヒアリング等から、彼ら彼女らの介護現場における離職等につながり得るストレス要因について考察したものである。


当ブログ筆者の論文 リンク

関屋光泰(2010)「簡易宿泊所街・横浜寿町地域における民間支援活動-歴史的経緯の概要」『研究紀要』第18 巻第1 号 学校法人敬心学園日本福祉教育専門学校福祉文化研究所,39-48頁


当ブログ筆者執筆
精神保健福祉援助演習(専門)第2版
精神保健福祉士シリーズ 10
福祉臨床シリーズ編集委員会 編

ISBN978-4-335-61117-9
発行日 2016/02/22 弘文堂

第8章 地域における精神保健問題(依存症と生活困窮)

ファシリテーター養成講座 福祉のまちづくりを協働して推進する
ルーテル学院大学

引用「地域福祉ファシリテーターとは?
 地域の福祉課題や地域の中で支援を必要としている人を発見し、自らが持つ能力や人脈、社会資源を生かしながら、具体的な「新たな支え合い」活動を企画・実施する中核となる人々のことを指します。この講座では、講義だけでなく、体験的な演習やフィールドワークを盛り込み、講座修了後には、具体的な「新たな支え合い活動」が実際に展開されることを目標としています」引用ここまで


[PR]
こども⾷堂見学会 参加型パネルディスカッション 活動のノウハウを学ぶ ボランティア、地域参加、⾷を通じたまちづくり  2018年3月18日(日)食でつながるフェスタやまなし 以下、案内から引用
「こども⾷堂、子どもの居場所づくり等、⾷を通じた参加の場づくりの取り組みが増えています。
 先輩団体や仲間と出会い、今後の活動に活かすノウハウを⼀緒に学びながら、活動、ネットワークづくりのきっかけにしませんか」
 (子ども食堂等活動見学会は後述)
3月18日(日)10:30から16:00 ポスター展⽰は10時開始
会場 やまなしプラザ1階オープンスクエア&生涯学習推進センター交流室A・B
(JR甲府駅 南口より徒歩7分)
参加費 無料(予定) 定員 120名(申込先着順)

内容
講演 11:00から12:00 「居場所づくりから⾒えた、互いに⽀え合う社会づくり」
 近藤 博⼦さん(気まぐれ⼋百屋だんだん店主 東京都⼤⽥区)

分科会 13:00〜14:20
1.こども⾷堂・こどもの居場所
 事例 ひがしっこ⼦ども⾷堂(甲府市)、みんなの広場・市川三郷(市川三郷町)、ふえふきこどものたまり場プロジェクト(笛吹市) 他
2.⾷を通じた地域づくり・地域貢献
事例 甲府・⾷事サービスをすすめる会(甲府市)、社会福祉法⼈四葉会フォーリーブス甲府ふれあい⾷堂(甲府市)、レイホーさろん(富⼠吉⽥市)

全体会 14:30〜16:00
 パネルディスカッションを通して、これからの居場所づくりがどうしたら広がるか、深めていきます。
 コーディネーター:平野 覚治さん(全国⾷⽀援活動協⼒会専務理事)
〈登壇者〉各分科会コーディネーター・調整中
 星合 深妃さん(Happy Spaceゆうゆうゆう/笛吹市)、内藤 陽⼀さん(育みの会/甲府市)、近藤 博⼦さん(気まぐれ⼋百屋だんだん)

活動見学会
〔参加希望の⽅は 申込フォーム から申込/現地集合・解散/先着順・⼈数限定〕
1.定員10名 甲府・⾷事サービスをすすめる会(甲府市)
2.定員10名 ひがしっこ⼦ども⾷堂(甲府市)
3. 定員15名 フォーリーブス甲府ふれあい⾷堂(甲府市)

主催 食でつながるフェスタやまなし実行委員会
一般社団法人育みの会  甲府・食事サービスをすすめる会
生活協同組合パルシステム山梨  特定非営利活動法人Happy Space ゆうゆうゆう
事務局 一般社団法人全国食支援活動協力会

申込み⽅法
申込フォームから必須事項を入力
事務局 一般社団法人 全国食支援活動協力会
電話03-5426-2547
東京都世田谷区上用賀6-19-21 

*当ブログ筆者も「食でつながるフェスタやまなし」3月18日に参加予定です。
子ども食堂・居場所づくり、食の支援に関心をお持ちの皆様、ぜひご参加ください。お待ちしています!

 食でつながるフェスタやまなし」3月18日についての報道記事


=============================================

【福岡県】 2018年3月17日(土)12:45~16:45
広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin福岡&九州サミット
場所:クローバープラザ クローバーホール
催:広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin福岡実行委員会


================

当ブログ筆者のメモ 「子ども食堂」に関連して>
 「子ども食堂」は、全国的に増加している。地域福祉活動におけるトレンドと言えるだろう。
 活動形態、発展の多様性がみられるが、活動を中止している食堂もある。
 多くの人々が担い、支えている意義ある活動である。運営上の課題も顕在化しつつある。
 以下に筆者のメモを掲載したい。
1.「子ども食堂」の多様なかたち 食堂か居場所か
 「子ども食堂」は多様な形態がある。月1回から2回の開催が多い。常設型(朝食、昼開催)食堂もみられる。
 従来からの高齢者の食の支援が、子どもと家族に対象を拡大したところ(高齢者給食拡大型)、
 子どもの居場所づくり、学習支援、グループ活動に伴って食の支援を行うところ(学習・居場所づくりと食の支援)、
 子育て支援に伴って、親子の食事の場を設ける(親子カフェ)、コミュニティ食堂等が挙げられる。

2.「子ども食堂」は誰が食事に来るのか 誰でも、小学生、保育園入園前幼児
 子ども食堂の対象を、子どものみ(年齢設定)、子どもと家族、誰でも、高齢者と子ども、地域限定等、多様なかたちがある。
 夕方以降開催の子ども食堂は、小学生中心。学習支援、グループ活動を併せて行う食堂もある。小学生以上の子どもの食事を含む生活支援、学習習慣の確立など、多くの成果が期待できる。送迎等の支援が必要となる。
 平日昼開催は、保育園入園前の幼児と家族、高齢者が中心。子育て支援、保育園待機児童問題、多世代交流と大きな意義がある。

3.会場、担い手、支援は 
 会場は地域差がみられるが、公民館、社会福祉福祉施設、店舗、個人宅、寺、キリスト教会等である。
 地域福祉領域では、地域活動への空き家活用が注目されている。
 運営している人々も、地域住民のボランティア、民生委員・児童委員、PTA、学生ボランティア、高齢者福祉・障害者福祉・児童福祉従事者や市民活動、退職教員等、多様である。
 支援している組織も、社会福祉協議会、各生活協同組合等である。

4.子ども食堂は何を目指しているのか
 多くの場合、子どもの生活問題、子育て支援の必要性、虐待、社会的孤立、孤食等の報道から、「子どもが食に困っているのを放っておけない、自分も何かをしたい」というコミュニティ、生活者としての当事者意識から出発する。
 生活問題を抱える子どもの個別支援か、居場所・交流・ソーシャルサポートネットワークづくりと捉えるか。どちらも食という生活の不可欠なものが媒介となった民間・非専門性の支援といえる。
 加えて、コミュニティの皆で子どもを育てる、孤食の解消を含めて家族支援、多世代交流、食の支援、食の安全、食の支援を出発に自然体験、農業体験など子ども食堂が目指すものは多様である。

5.課題 要支援の子どもにどのように出会うか 子どもたちの問題とは
 「生活困窮のなかにある子ども」「社会的に孤立している家族」「児童虐待予防」等を支援の目標と設定する場合、子どもと子育て支援のニーズをキャッチする仕組み、待っているだけではないアウトリーチの活動が必要となる。地域によっては、取り組む事業もみられるが、全国的には大きな課題である。
 今日、子ども達は、困窮等の生活問題、虐待等家族問題、学びと遊びの環境、多世代の交流、孤食や栄養等の機会へのアクセスの困難がある。もちろん、経済的困窮のみが問題ではない。食を入り口とした、非専門職による多様なサポート、繋がりの接点という役割を子ども食堂は果たしているのではないか。

 「他人事」から「我が事」への転換の場
 子ども食堂・居場所づくりは民間、ボランタリーな支援であって、公的支援の代替ではない。公的施策ではなしえないボランティアの特徴がある。家庭でもなく、教育・福祉機関でもない、コミュニティの大人による支援である。多世代の住民相互の支援を生み出す場でもある。共助の接点、相互支援のファシリテーションの場でもある。
 子ども食堂の活動の場は、「他人事」であった地域の子どもの問題を、「自分のこと」とする転換の場である。それは無関心からサポートへ、傍観から主体的な活動に換わる舞台とも言える。

 再びのセツルメントか
 子ども食堂を担う方々からのヒアリング等のなかで、大学や学生への期待を聴かせて頂くことがある。学生は、かつてのセツルメントのように、子ども食堂の活動とそのなかの人間的な交流によって、地域の問題に気づき、自らのあり方を問い直し、相互の成長に繋がることが出来るのだろう。学生は特に、今、何が出来るのかよりも、どのようになっていこうとするのかが課題ではないだろうか。
 子どもの貧困、虐待等のように、子どもを巡る問題のなかには目立つものがある。しかし、他にも生活、学習、進路、人間関係、スポーツやレクレーション等の経験、心身の健康問題等、多様な問題が存在する。そして、これらの困難の原因こそ理解し、改善を広く長期的な視野で考えなければならない。学生がこれらを理解するためには、活動の場に伺うことだろう。フィールドと出会うこと、出会った子どもに寄り添い、子どもの今と未来を考えることが必要なのだろう。

 共生、共助、多様性のコミュニティづくりのアクション
 子ども食堂・居場所づくり・食の支援、ボランティアは更なる拡がりの途上である。子どもを巡る多くの困難を、子どもと大人、子どもと子ども、親と住民が出会い、交流し、話し合い、共に取り組む。困難を抱えた個々の子どもに寄り添い、皆が考え、連携して支え合っていく。この子ども食堂が新たなコアとなる共助のコミュニティが中心となって、様々な生活を考えてゆくプロセスを共に創っていく。
 つまり、子ども食堂は、食事の提供自体が目的ではなく、食の支援からはじまる総合的な地域活動・アクション、共生のコミュニティづくりである。
 筆者の(個人的)メモ ここまで


参考
 埼玉県[子ども食堂]一覧等
抜粋「調査項目:活動場所 公民館、コミュニティセンター等 25ヶ所 32.9%、
店舗(飲食店でない店舗も含む) 24ヶ所 31.6%、
個人宅 6ヶ所 7.9%
NPO、団体所有の施設、事務所等 6ヶ所 7.9%
デイサービス、介護保険事業所 3ヶ所 3.9%
病院、診療所内 2ヶ所 2.6%
市町村社協所有の施設等 2ヶ所 2.6%
生協、生活クラブの施設 2ヶ所 2.6%
寺院 2ヶ所 2.6%
放課後児童クラブ 1ヶ所 1.3%
その他、未回答 3ヶ所 3.9%
 調査項目:活動回数 定期
 月1回 31ヶ所 40.8%
 月2回 16ヶ所 21.1%
 月6回 1ヶ所 1.3%
  週1回 9ヶ所 11.8%
 調査回答状況:76か所から回答 市町村及び埼玉県こども食堂ネットワークが把握している範囲での照会調査のため、県内全ての「こども食堂」を反映したものではありません」

抜粋「「子供食堂」とは:近年、地域住民等による民間発の取組として無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供する子供食堂等が広まっており、家庭における共食が難しい子供たちに対し、共食の機会を提供する取組が増えています。

 食育の推進という観点から見た子供食堂の意義について:子供食堂の活動は様々ですが、親子で参加する場合も含め、
(a)子供にとっての貴重な共食の機会の確保
(b)地域コミュニティの中での子供の居場所を提供 等の積極的な意義が認められます。

 地域と子供食堂の連携の必要性:地方自治体は、地域住民、関係機関、関係団体・NPO等と適切に連携して、地域における食育を推進する役割を担っています。
 地方自治体が、子供食堂を、そうした連携先の一つとして位置づけ、連携を深める中で、子供食堂の取組に地域ぐるみで協力し、子供食堂の活動遂行に役立つような環境整備を行うことが期待されます。
なお、国や地方自治体は、子供食堂の多くが民間のNPOや個人の善意に基づき、発足、運営されていることに十分留意し、子供食堂の自主的・自発的な取組を最大限尊重し、個人やNPOの善意で行われている子供食堂の活動の趣旨を理解することが必要です」ここまで


子ども食堂サポート 参考資料 
 「地域の多様な機関との連携によるこども食堂の発展を願い、地域資源につながることで、活動の可能性を広げる好事例をまとめました。 PDFでダウンロード可能です」 一般社団法人全国食支援活動協力会


[PR]