タグ:その他の科目 社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士 ( 72 ) タグの人気記事

第30回社会福祉士国家試験受験対策、精神保健福祉士受験対策
<受験対策 重要項目1 現代社会と福祉を中心に
 以下のキーワード 理解していますか?>
「福祉活動参加指針」とは、「国民の社会福祉に関する活動への参加の促進を図るための措置に関する基本的な指針」 (平成5年,厚生省)

「ゴールドプラン21」とは、「今後5か年間の高齢者保健福祉施策の方向」 (平成11年,厚生省)

「地域福祉計画の策定指針」とは、「市町村地域福祉計画及び都道府県地域福祉支援計画策定指針の在り方について(一人ひとりの地域住民への訴え)」 (平成14年,社会保障審議会福祉部会)

「地域福祉のあり方研究会報告書」とは、「地域における『新たな支え合い』を求めて-住民と行政の協働による新しい福祉-」 (平成20年,これからの地域福祉のあり方に関する研究会)

「21世紀福祉ビジョン」 (1994年(平成6年))

「21世紀に向けての社会保障−社会保障構造の在り方について考える有識者会議」 (2000年(平成12年))

社会保障構造改革の方向(中間まとめ) (1996年(平成8年))

社会保障の目的 ①生活の保障・安定,②個人の自立支援,③家庭機能の支援
1999年(平成11年)版厚生白書

社会保障改革大綱 (2001年(平成13年))

第3次男女共同参画基本計画 (2010年(平成22年)12月閣議決定)

全国母子世帯等調査

国民生活基礎調査

女子差別撤廃条約

ワークフェア
TANF(Temporary Assistance for Needy Families)
ポスト福祉国家

ニューパブリックマネジメント(NPM)
ジョンソン(Johonson,N.)

「今後の経済財政運営及び経済社会の構造改革に関する基本方針」(骨太の方針)  2001年(平成13年)

純粋公共財

準市場
ルグラン(LeGrand,J.)

ディーセント・ワーク
ILO(国際労働機関)
国際労働基準
児童労働者

社会的排除と社会的包摂
ルノアール(Lenoir,R.)
住宅政策
雇用や教育

「貧困と社会的排除に抗するナショナル・アクション・プラン」 欧州委員会

「社会的な援護を要する人々に対する社会福祉のあり方に関する検討会」報告書 2000年(平成12年) 厚生労働省社会・援護局

福祉国家
国民皆保険・皆年金 1961年(昭和36年)

エスピン・アンデルセン(Esping-Andersen,G.) 『福祉資本主義の三つの世界』
自由主義と保守主義

日本型福祉社会
自助努力や相互扶助

ウェッブ夫妻(Webb,S&B.) 1897年『産業民主制論』
ナショナル・ミニマム

ベヴァリッジ 『大英社会主義社会の構成』
ベヴァリッジ(Beverridge,W.) 『社会保険及び関連サービス』

「潜在能力(ケイパビリティ)」 セン(Sen,A.)

エクスプレスト・ニード
ノーマティブ・ニード
コンパラティブ・ニード
フェルト・ニード

運営適正化委員会

<社会福祉士、精神保健福祉士国家試験受験予定の皆様へ>
 6000人の読者の皆様(この1週間の当ブログを閲覧された方々)。
 社会福祉士等の国家試験に挑戦する方は、ここが踏ん張りどころです。少しの隙間の時間でも、当ブログを活用して受験対策を進めて下さい。応援しています。


地域福祉の理論と方法 前期第12回講義レジュメ

筆者の担当講義 精神保健福祉学科、社会福祉学科にて。

 地域福祉においても、コミュニティにおいて多文化共生を図っていくことは、重要な課題である。また、ノーマライゼーションの具現化も推進していくことは、従来からの、また現在進行系の課題でもある。

 これらの具体的な方策として、福祉教育がある。学童と地域住民が対象である。地域福祉活動の担い手を育てていくために、また共生のまちづくりのために必要不可欠なプログラムである。

 教育現場における、いのちの尊重、いじめの予防、ハンディキャップの理解、ピアサポートの推進のためにも、福祉教育への期待がある。

 体感治安の悪化等、今日のコミュニティの課題は山積している。福祉教育による福祉的な文化、共助の活動の促進が求められている。


3章1節 地域福祉の推進と福祉教育

1 住民の福祉意識と福祉教育 テキストP58

福祉教育の意義

・住民主体による地域福祉活動の促進

・福祉コミュニティの構築

 共生の文化

・コミュニティ・エンパワメント

*施設= 地域コンフリクト

 紛争事態(conflict)

施設の社会化論の限界性

住民運動論,受苦圏・受益圏

地域= 施設間関係

*共生

 高齢者と他の世代,障害者と健常者,外国人と自国民の共生,さらに,組織と個人の共生,自然界との共生など

*共生社会

 協働しながら共に「生きる」社会


 福祉教育の目標と方法とは


2 地域福祉の主体形成 テキストP59

・住民の主体形成を促していく

・大橋謙策の地域福祉の主体形成 四つの側面

地域福祉計画策定主体の形成、

地域福祉実践主体の形成、

社会福祉サービス利用主体の形成、

社会保険制度契約主体の形成


*個人の主体性の内実とソーシャルワークによるアプローチ テキストP60

予防できる力  意識啓発、情報提供、各種講座の企画

発見できる力  アセスメント、社会福祉調査

選択できる力  ケアプラン、関連情報の提供

契約できる力  契約行為、権利擁護、苦情解決

活用できる力  サービス提供、サービス評価

実践できる力  ボランティア、当事者活動、学習機会

参画できる力  地域福祉計画などの策定、オンブズマン

創造できる力  サービス開拓、NPO活動、福祉文化の創造


2節 地域福祉の推進と福祉教育

 福祉教育は、人間教育でもある。ハンディキャップ等の違いがあっても相互に受け容れ合うコミュニティをつくる取り組みである。それぞれの個性を認め合い、一人ひとりが主体性をもって生きる、より自分らしく生きるための教育である。

1 福祉教育の展開 テキストP62

■福祉教育実践の萌芽期 テキストP62

◆昭和20年代の福祉教育実践 

例えば,昭和22年に徳島県で展開された「子供民生委員制度」,また,昭和25年に神奈川県で始まった「社会福祉研究普及校制度」,昭和28年の鳥取県における「社会福祉普及校活動」などがある。

昭和46年には全国社会福祉協議会に設置された福祉教育研究委員会が「福祉教育の概念について」をまとめた。


■学校福祉教育の拡大と福祉教育研究 テキストP63

◆「学童・生徒のボランティア活動普及事業」

昭和52年から国庫補助事業として「学童・生徒のボランティア活動普及事業」が実施されている(平成6年度からは都道府県・指定都市ボランティアセンター活動事業の一環として事業が実施されている。指定期間は3か年)。

ボランティア協力校

「福祉協力校」


◆地域における福祉教育の展開

平成4年の文部省・生涯学習審議会答申は,豊かな生涯学習社会を築くためにボランティア活動の環境の整備が必要であると指摘。

「奉仕等体験学習研究推進校指定事業」(昭和63年度~),「生涯学習ボランティア活動総合推進事業」(平成3年度~),「勤労体験学習総合推進事業」 平成5年度~),「いきいき体験活動モデル推進事業」平成6年度~)などの取り組みが見られる。


■地域を基盤とした柵祉教育の展開と社協のかかわり テキストP64

2 今日的な福祉教育 福祉と教育の接近性 テキストP65

・1995(平成7)年には日本福祉教育・ボランティア学習学会が設立され、実践と研究が拡充される時期。

・2005(平成17)年、社会福祉協議会における福祉教育推進検討委員会が設置

 「地域福祉を推進するための福祉教育とは、平和と人権を基盤にした市民社会の担い手として、社会福祉について協同で学びあい、地域における共生の文化を創造する総合的な活動である」と定義。


3節 福祉教育の概念と内容 テキストP68

1 福祉教育の定義

・大橋謙策(全国社会福祉協議会福祉教育研究委員会委員長 1982(昭和57)年)

大橋は地域福祉の推進と福祉教育の課題との一致点に注目した。


*福祉教育が求められる背景

・高齢化社会の進展

障害者とともに生きる福祉まちづくり

・子ども、青年の発達の歪み、

・国際化時代における飢え・貧困、

地域の連帯力、地方自治能力の形成

・福祉教育の定義「憲法で第13条、第25条等に規定された基本的人権を前提にして成り立つ平和と民主主義社会をつくりあげるために、歴史的にも社会的にも疎外されてきた社会福祉問題を素材として学習することであり、それらとの切り結びをとおして社会福祉制度・活動への関心と理解をすすめ、自らの人間形成をはかりつつ、社会福祉サービスを利用している人々を社会から、地域から疎外することなく、共に手をたずさえて豊かにいきていく力、社会福祉問題を解決する実践力を身につけることを目的に行われる意図的な活動である」。


*福祉教育とは

・社会福祉問題を学習素材とする。

・体験学習を重視する。

・福祉社会の主体形成を図る。

・社会福祉制度や活動への関心と理解をすすめる。

・人権教育が基礎にする。


2 福祉教育の目標 テキストP68

・多様な教育活動や福祉活動を通して、共に生きる力を獲得する。

⇒福祉教育はその取り組みを通して,地域福祉、障害者等への理解を進める,

他者への思いやりや人権尊重を育む,

自らの人間形成を図るなどの意義がある。


*対人関係をはぐくむ力の形成

・多世代交流

・多様性多文化共生によるコミュニティ


*社会的な有用感や感動体験を得ること

・ボランティア体験

・自らの自信となり、生きる意欲-自尊感情


*問題を解決していく力の形成

・地域福祉の担い手

⇒地域福祉への市民的参加を促す。


*基本的人権を尊重する態度

・いのちの大切さ、平等


<補足 福祉教育の目標>

・福祉的な心情や態度を培う。

・社会福祉についての知的理解・関心を深める。


<当ブログバックナンバー>
 2017年7月26日 朝日新聞朝刊 全国 「悩む職員の心のケア」(やまゆり園事件が残したもの:下)
 朝日新聞から取材を受け、障害者福祉施設等において支援、ケアを担う現場職員を支援する必要性を筆者は提言した。
 また、筆者の開発した「福祉施設職員のストレスケア研修」プログラムは、福祉施設の現場を支えたいという想いから開発し、施設職員のストレス対処、感情労働、セルフケアをサポートするために実施を続けていること等をコメントした。

 離職、職業訓練(求職者支援制度)を経て、介護施設へ就職をした元訓練生の介護職員対象のグループインタビュー、ヒアリング等から、彼ら彼女らの介護現場における離職等につながり得るストレス要因について考察したものである。 


<参考 子ども福祉と里親 社会的養護を考える>
 「ダルデンヌ監督が2003年に来日した際、少年犯罪についてのシンポジウムで聞いた“赤ちゃんの頃から施設に預けられた少年が、親が迎えに来るのを屋根にのぼって待ち続けていた”という衝撃的な話に着想を得て作られた。親に見捨てられた少年シリルが、初めて信頼できる大人であるサマンサに出会うことで、心をひらき、人を信じ、善悪を学び、成長していく。サマンサもまたシリルに愛情を与えることで、自分の内にある母性に気づき、人を守ることの責任と喜びを知っていく。どんなに厳しい境遇におかれても、人は誰かとつながることで一筋の光を見出せる――」引用

[PR]
ケアマネジャー(介護支援専門員)受験対策
 模擬問題 介護支援分野

問題1 介護保険法における介護支援専門員の義務として正しいものはどれか。2つ選べ。
1 基準遵守義務
2 医療機関指導義務
3 資質向上努力義務
4 要介護度改善義務
5 保険者奉仕義務

問題2 介護保険法における保険者として正しいものはどれか。1つ選べ。
1 年金保険者
2 全国社会福祉協議会
3 国民健康保険団体連合会
4 都道府県
5 市町村及び特別区

問題3 介護保険法に定める保健福祉事業として正しいものはどれか。3つ選べ。
1 介護保険施設の運営事業
2 指定居宅介護支援の事業
3 日常生活自立支援事業
4 指定地域相談支援事業
5 要介護被保険者を現に介護する者の支援のために必要な事業

<解答は、記事の最後に掲載>


当ブログ筆者の公開講座>
「地域にあると嬉しい“サロン”と“居場所”」 ルーテル学院大学教員 関屋 光泰
10月10日(火) 午後1時30分~ 3時30分 を担当します。

介護予防ボランティア養成講座
 介護予防に興味がある方、
 身近に交流する場所を開きたい方、
 地域で何か活動したいという方、ぜひご参加下さい!

◆日時<全4回+実習>午後1時30分~3時30分(毎週火曜日)
 平成29年10月3日、10日、17日、31日
 (および10月4日~10月30日の間に体験実習1日
◆受講料
 無料
◆定員・対象
 20名(申込者多数の場合抽選) 三鷹市在勤、在住、在活動者
◆申込
 9月26日(火)までに、電話またはFAX、メールで①名前②年齢③住所④電話・FAX番号⑤メールアドレス⑥ボランティア経験の有無(有の場合は活動内容)⑦受講動機についてお伝えください。
◆主催、問い合わせ
 電話:0422-76-1271 FAX :0422-76-127


<当ブログバックナンバー>
 2017年7月26日 朝日新聞朝刊 全国 「悩む職員の心のケア」(やまゆり園事件が残したもの:下)
 朝日新聞から取材を受け、障害者福祉施設等において支援、ケアを担う現場職員を支援する必要性を筆者は提言した。
 また、筆者の開発した「福祉施設職員のストレスケア研修」プログラムは、福祉施設の現場を支えたいという想いから開発し、施設職員のストレス対処、感情労働、セルフケアをサポートするために実施を続けていること等をコメントした。 

 介護留学生支援、外国出身の介護福祉士(在留資格「介護」の創設)の増員と並行して行うべきことがある。
 障害者福祉施設の支援員、高齢者福祉のケアワーカー、児童福祉施設の指導員や保育士等、現場の福祉施設職員への支援である。
 介護福祉、社会福祉領域の従事者の離職率の高さ、つまり福祉の現場から人が逃げていくかの様な状況を放置せず、改善を図らなければならない。介護士や支援員等、福祉施設職員の働く環境の問題等の課題がある。
 専門職キャリアの入口の支援だけではなく、職員の研修や個別の支援、メンタルヘルスへのサポートを拡充すべきと考える。
 <「全国社会福祉教育セミナー2016(主催 日本社会福祉教育学校連盟 日本社会福祉士養成校協会 日本精神保健福祉士養成校協会 於:淑徳大学)」における筆者の報告に、加筆したものである>



<参考情報>
「子ども達の選択肢を増やす」方法を一緒に考えましょう!
引用「子どもの未来を一緒に考えましょう
○先生方、教育関係者のみなさん
 学校と家庭の信頼構築に、地域を活用しませんか。
 負担を少しだけ地域に分散しませんか
 
○塾の先生、経営者の皆さん
 多様な学びの中に、塾をしっかり位置づけませんか。
 横の連携を強めませんか

○NPOの皆さん
 地域資源を活用して、持続可能な学習支援に踏み出しませんか

○議員の皆さん
 グローバル時代に生きる子ども達の「未来を支援する政策」を一緒に考えませんか

 専門家や実践家の意見を一度聞いてみましょう。話し合いをしましょう。
 皆で子どものたちの未来を応援するため、知恵を出し合いましょう。

 【講師】
  「多様なキャリア形成を目指して」
  ○道中 隆(関西国際大学教授)
  「フリースクールの実践からみえてきもの」   
  ○北村 真也(京都府認定フリースクール学びの森塾長
 【パネラー】
  ○久下明美(スクールソーシャルワーカー)
  ○山口 真史 (new-look 代表理事、TOB塾 代表)
  ○川本 貴弘(映画監督)

 【日時】 9月30日(土) 13:30~16:30
 【会場】 阪神尼崎駅前 土井ビル4F 会議室
 【対象】 教育・子育てに関心ある人
      ※子連れの方は、年齢等の事前確認をお願いします。
 【参加費】500円(資料代)
 【定員】100人
 【主催】NPO法人シンフォニー/9・30実行委員会(吉田実行員長)
 【後援】兵庫県教育委員会(申請中)、尼崎市教育委員会、近畿ろうきん地域共生室、日本政策金融公庫」引用ここまで 

引用「豊中つばめ塾 9/15開講レポート
豊中つばめ塾では、経済的な事情で塾に通っていない中学生に無料で学習支援をしています。みんなで一緒に勉強しませんか?webサイト、twitterからお気軽にお問い合わせください」引用ここまで

引用「介護福祉士養成専門学校が置かれる状況は、全国的に厳しい。YMCA介護福祉士科にはかつて1学年80人在籍したが、3年前から20人前後しか埋まらない。打開策として、高齢者施設に呼びかけ、賛同を得た5施設と留学生向け奨学金制度を創設。15年秋にベトナムで50人以上を面接して対象者12人を選んだ。今では総勢34人の外国人が通う。
 ベトナムの看護師資格を持つジェムさんらが介護福祉士科に進むのは来年。井之上校長は「彼女らを単なる労働力とは考えていない。施設の将来を担う人材として、人生の最期に触れる介護の意義や価値を教えます」と熱を込める。
 外国人受け入れは、08年に設けられた国の経済連携協定から始まった。対象はインドネシア、フィリピン、ベトナムの3ヵ国。施設で働きながら介護福祉士を目指せ、4年間で資格を取れば、その後も就労可能だ」引用ここまで


<模擬問題 解答>
問題1 答 1 3
介護保険法
(介護支援専門員の義務)
第六十九条の三十四  介護支援専門員は、その担当する要介護者等の人格を尊重し、常に当該要介護者等の立場に立って、当該要介護者等に提供される居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービス、介護予防サービス若しくは地域密着型介護予防サービス又は特定介護予防・日常生活支援総合事業が特定の種類又は特定の事業者若しくは施設に不当に偏ることのないよう、公正かつ誠実にその業務を行わなければならない。
2  介護支援専門員は、厚生労働省令で定める基準に従って、介護支援専門員の業務を行わなければならない。
3  介護支援専門員は、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術の水準を向上させ、その他その資質の向上を図るよう努めなければならない。

問題2 答 5
 介護保険における保険者は、市町村および特別区(東京23区)である。

問題3 答1 2 5
1、2、5、が介護保険法の領域である。
 3「日常生活自立支援事業」は社会福祉法の領域、4「指定地域相談支援事業」は障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律で定められている。

 介護保険法とは、老人福祉・保健制度を改善し,介護を社会全体で支えていく仕組みをつくっていくために,ドイツの介護保険制度を参考にしながら,新たな高齢者介護システムの検討が進められて,高齢者介護・自立支援システム研究会の報告書がまとめられた。
 1995年には、老人保健福祉審議会での審議が始まり,1996年11月には、介護保険関連3法案が国会に提出された。
 介護保険法は1997年12月に公布,2000年4月1日に施行(平成9年法律123号)。

[PR]
相談援助 第1回講義レジュメ1 
保育士養成課程にて、当ブログ筆者が講義

保育 児童福祉と相談援助
子どもと家族の生活困窮 多問題家族、アルコール依存症等のメンタルヘルス、働き方
 児童虐待、子どもの貧困、ドメスティックバイオレンス、非行問題等も扱っていく(次回以降)
 子どもと家族の相談の今日的な課題である。
 問題の改善、痛みの緩和、困難な状況のなかでの希望を探っていく。
 多くの人々は、多様な生活問題のなかで、困難のなかで希望を抱く事すら恐れているとも言える。

 相談援助は、理論と実践知(臨床の知)の両方が重要である
 当ブログ筆者の実践の経験:生活保護受給者への訪問、セルフネグレクト、アルコール依存症と支援の拒絶
 ホームレス自立支援施設の相談員としての実践、利用者の沈黙


・社会福祉、ソーシャルワークにとって家族問題は昔も今も主要なテーマである。児童家庭福祉として。
*家族関係の問題の解決を目指すことこそ、相談援助の主要な役割の一つである。

・今日、アウトリーチ(=専門職が非自発的クライエントのところまで出向く援助の方法)が必要とされている。
 待ちの姿勢からの転換が求められる。
*解決への方策、知恵、力、希望を携えて出向いていく働きである。

*ソーシャルワークを構成する要素
①ソーシャルワークの価値・倫理
②ソーシャルワークの専門知識
③ソーシャルワークの方法・技能・技術
・ソーシャルワークの価値、知識、技術は、相互に関連し、どれが欠けてもソーシャルワークは成り立たない。

*ソーシャルワークのメソッド(方法)前半
 ソーシャルワークは、具体的には下記の援助方法・技術のレパートリーを総合的に用いて、対象(個人、グループ、コミュニティ等)を援助する専門技術である。これらは、相互に関連する。
 特に要となる、ケースワーク(=相談援助)、グループワーク、コミュニティ・ワークを三大援助技術と称する。

1.直接援助技術の概要
① ケースワーク・個別援助技術

・相談援助のこと。クライエントとソーシャルワーカーが面接場面を構成し,クライエントの社会環境や人間関係の調整,社会福祉サービスの提供、クライエントの内面の支援等を行なうことで課題の解決を図る。
 危機介入、課題中心等のアプローチがある。
*今日的な課題:アウトリーチの必要性。

 虐待を受けた子どもと接していくなかで、その子どもたちが親から受けた虐待行為を、子どもから聞き取り、傾聴し共感すること、痛みに寄り添うこと-共感疲労を生じる。

②グループワーク・集団援助技術
・小集団を対象とし、グループでの活動や経験を通じ、また集団の持つ諸特性を活用して、グループと個々のメンバーの成長や課題の解決を図る。
・専門的援助関係、相互作用、プログラム活動、社会資源により援助が行なわれる。
*今日的な課題:各領域の自立支援の具体的なプログラムの必要性。

2.間接援助技術
①コミュニティ・ワーク 地域援助技術 

・地域援助技術とは、地域社会で生じる福祉問題を、地域社会・住民自らが主体的・組織的・計画的に解決できるように、ソーシャルワーカーが行なう援助の過程及び技術・方法である。
・地域援助技術とは、地域の組織化、福祉資源の開発、連絡調整等を行い、住民の地域福祉活動を側面から援助する。
*今日的な課題:孤立・孤独死等の潜在的な地域福祉の問題に対する支援の必要性。
 ソーシャル・インクルージョンの具体化。

②社会福祉調査・ソーシャルワーク・リサーチ 
 社会福祉サービスや政策の評価,ニーズや問題の把握,個別ケースでの介入や援助の効果測定,ソーシャルワークに必要な知識や理論構築といった,ソーシャルワークに関連するさまざまな質的・量的リサーチの総称。
*今日的な課題:エビデンス・ベースド・プラクティス(EBP)による支援の必要性。

③ソーシャルアドミニストレーション・社会福祉運営管理 
・社会福祉分野の公私の機関,施設,団体の運営管理技術の体系をさす。
*今日的な課題:NPOへの期待と運営の課題。

④ソーシャルアクション・社会活動法
・社会的に弱い立場にある人々の権利擁護、福祉の向上を目指し,その必要に対する社会資源の開発,社会参加の促進,社会環境の改善,政策形成等を図るための組織的活動である。
*今日的な課題:新たなニーズに対して、当事者・住民・専門職の協働による社会資源の開発が求められる。

⑤ソーシャルプランニング・社会福祉計画法
 主に地域福祉領域等での目標設定、各種福祉計画の立案である。

 <次回に続く>

当ブログ筆者の論文
当ブログ筆者の論文 「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発」
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号 37頁から55頁 平成27年4月



<参考 子どもの貧困 子どもの居場所関連情報>
なくそう!子どもの貧困 全国ネットワーク
なくそう!子どもの貧困 全国ネットワーク Facebook


<子どもの貧困対策 全国キャラバンin千葉 開催概要>
公益財団法人 あすのば HPより 

引用「日時●2017年7月2日(日)
第一部10時〜12時10分 第二部13時10分〜16時
会場●千葉市文化センター 5階セミナー室 アクセスはこちら
主催:公益財団法人 あすのば
後援:内閣府、千葉市、千葉県社会福祉協議会、千葉県社会福祉士会、ちばこどもおうえんだん
協力:市川てらこや、てらこやちば
助成:公益財団法人 キリン福祉財団

プログラム
▼第一部(全体会)10時00分~12時30分
主催者挨拶(小河光治・あすのば代表理事)
パネルディスカッション『地域で子どもを支えるために、いま必要なこと』
飯田拓郎 氏(てらこやちば学生代表・千葉大学3年)
仙田昌義 氏(総合病院旭中央病院小児科医)
田中千鶴子 氏(松戸市スクールソーシャルワーカー)
県内の若者
コーディネーター・村尾政樹(あすのば事務局長)
【50音順】

▼第二部(意見交換会)13時10分~16時00分
来賓挨拶(千葉市長 熊谷俊人 氏)
第一部ふりかえり/後援団体によるリレートーク/
学生企画・グループワーク『世代を越えて考える子どもの貧困対策』/意見交換など
参加費 無料/定員  120人

以下、引用
【「法成立4周年・あすのば設立2周年のつどい」開催!】
引用「すすめよう!子どもの貧困対策 法成立4周年・あすのば設立2周年のつどい」が、6月17日(土)10時から、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・代々木)で開催され、140人が参加しました。
学生らの座談会「多様な進路について考える」
「高校までは児童養護施設で暮らし高校卒業後、大学進学したが現実の大学生活が進学前に聞いていたこととの大きなギャップで退学。自分で事業を起こしたりしてきた」と発言。
「普通科の全日制高校を中退したら『高校に所属していないとホントに孤立するんだ』と実感した。その後、通信制高校に編入したが定時制や通信制の卒業生には進路未定者がかなり多いのが現実。私は大学進学したいと思ってなんとか進学できたが、つらい状況の子どもたちも多いと思う」
「父子家庭で中学のころ父が『大学進学は無理』と話していたこともあり、就職に有利と聞いて商業高校に進学。病気だった父が高校2年のときに亡くなった。それでもなんとか進学も考えて、高校の先生に相談したがダメだった」などと発言しました。
「あすのば3ヶ年中期ビジョン」を村尾政樹・事務局長が発表。5月の学生たちの宿泊研修での議論をまとめ「今までつながった子ども・若者とつながり続け、頼り合える関係性もつくり、仲間たちと子ども・若者を支える支援の輪を広げながら子どもの貧困対策をすすめる。子ども・若者にとって分かりやすい、いつでも・どこでも・誰でも頼れて活用できる情報をまとめて、まだ届いていない子ども・若者に届ける」などの意見も発表しました」引用ここまで

引用「地域担当を務めるあすのばの学生スタッフ、Aさんです!
にょんです。年度初めのキャラバンを担当させていただいています。
 祖父・父・母・私・弟と一般的な家庭で生活していましたが、小学生の時に家庭内別居状態になり、中学生の時に正式離婚、母子家庭となりました。当時から現在まで母がパートを掛け持ちして生活費を稼いでいます。生活保護を受けることも考えたそうですが、車をとられてしまうと生活できないので断念。県営住宅も当たりませんでした。
 両親の喧嘩を聞くことになる家に帰ることが嫌で、友達の家や学校で多くの時間を過ごすようにしていました。
 田舎町なので千葉市などの都会に比べて支援も少なく、また情報も入って来づらく、私が高3のときにあすのばで活動を始めてから知る制度もありました。
 十数年間千葉県で生きてきて、他県に比べて千葉は福祉の分野で遅れているというか、あまり興味を持っていないイメージがあります。しかし実際、千葉県にも苦しんでいる子は多くいます。少しでも千葉に住む子どもたちにとって生活しやすい環境になるよう、千葉で育ったものとして訴えていきたいと思っています。
 当日は県内の若者として私と私の10年以上の付き合いになる友人も登壇します。お互いに苦しい状況を支え合ってきた仲間ですので、想いを聞いていただければと思います。
 子どもたちのために自分ができること
 2015年度の子どもの貧困率が発表され、以前の16.3%から13.9%に減りました。数字が減ったのは喜ばしいことですが、実情を見てみると、まだ苦しんでいる子どもたちは多くいます。私自身もう調査に含まれる子ども世代ではないですが、いまだに苦しむこともたくさんあります。17歳を過ぎたからと言って、その苦しみから簡単に抜け出せるわけではありませんし、過ぎたからこそやってくる苦しさもあります。
 経験者として、また声をあげられる者として、子どもたちの声を社会に伝えていき、多くの人を巻き込むことが、私にできることだと思っています。
 子どもたちをサポートしていくこともまた私にできることです。大人でも友達でもないからこそできる関わり方を通して、子どもたち想いをしっかり拾っていきたい」引用ここまで


内閣府 子どもの貧困対策 子供の貧困対策に関する大綱等


【カナエール2017夢スピーチコンテスト 横浜会場】
◆日時:2017年7月1日(土)13:00~16:30(12:30開場)
◆会場:鶴見公会堂 神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2−1
 児童養護施設からの進学を支援する奨学金支援プログラム「カナエール」
 カナエール 夢スピーチコンテスト 2017は東京、横浜、福岡の3都市で開催されます。
 「「カナエール」は児童養護施設を退所した後、専門学校や大学等へ進学する子どもたちを支援する奨学金支援プログラムです。なんらかの事情で親と生活できず、児童養護施設で生活した子どもたちの大学等の進学率は23%(全国平均77%)※1。また、進学できても学業とアルバイトの両立は厳しく、経済的理由等により中退してしまう割合は25%と、全国平均の3倍近くにもなります ※2。
※1 厚生労働省「社会的養護の現状について」2015年調べ
※2 NPO法人ブリッジフォースマイル2016年調べ」
 NPO法人ブリッジフォースマイル


ファシリテーター養成講座 福祉のまちづくりを協働して推進する
ルーテル学院大学

[PR]
更生保護制度 大学 社会福祉士受験対策講座
当ブログ筆者の、大学における第29回社会福祉士国家試験受験対策講座 レジュメ概要1


*保護処分
少年事件の処分
児童自立支援施設等送致,保護観察,少年院送致
 講義にて解説。

家庭裁判所調査官
 講義にて解説。

・少年法では、非行少年を
犯罪少年(14歳以上で罪を犯した少年)、
触法少年(14歳末満で刑罰法令に触れる行為をした少年)、
虞犯少年(性格・環境から見て将来罪を犯すか、刑罰法令に触れる行為をなすおそれのある少年)の3種に区分している。

*少年院
 初等,中等,特別,医療の4種類
 一般短期処遇, 特修短期処遇及び長期処遇の区分 略 講義にて解説。

・少年鑑別所

*婦人補導院

*児童自立支援施設
 講義にて解説。

*1899(明治32)年、留岡幸助の家庭学校(感化施設-児童自立支援施設の源流)
 1899年,東京巣鴨に私立の感化施設「巣鴨家庭学校」を創設。1914年,北海道遠軽に「北海道家庭学校」を創設。
 「徳育、知育」
 労働により人間形成
 自然的環境
 家庭的雰囲気を重視した施設経営

*感化法
小河滋次郎
(明治33年法律37号)
感化院の設置

1.更生保護制度の概要
*「更生保護」とは<23回試験、24回試験出題>

「この法律(更生保護法)は、犯罪をした者及び非行のある少年に対し、社会内において適切な処遇を行うことにより、再び犯罪をすることを防ぎ、又はその非行をなくし、これらの者が善良な社会の一員として自立し、改善更生することを助けるとともに、恩赦の適正な運用を図るほか、犯罪予防の活動の促進等を行い、もって、社会を保護し、個人及び公共の福祉を増進することを目的とする」更生保護法第1条 

*保護観察制度<第22回試験 問題147出題> 
保護観察の目的:犯罪をした者及び非行のある少年に対し,社会内で適切な処遇を行うことにより,再犯を防ぎ,又はその非行をなくし,これらの者の自立と改善更生を助ける。

保護観察官及び保護司が協働して,指導監督及び補導援護を行う。<22回試験、26回試験>

「1号観察」保護観察処分少年
「2号観察」少年院仮退院者
「3号観察」仮釈放者,
「4号観察」保護観察付執行猶予者、 「5号観察」婦人補導院仮退院者が対象となる。
<24回試験、第26回試験 問題147、第27回試験、少年に対する1号観察、2号観察>

*保護観察の実施方法
<指導監督> 25回試験出題

 特定の犯罪的傾向を改善するための専門的処遇を実施すること。
更生保護法 (指導監督の方法)
第五十七条  保護観察における指導監督は、次に掲げる方法によって行うものとする。
一  面接その他の適当な方法により保護観察対象者と接触を保ち、その行状を把握すること。
二  保護観察対象者が一般遵守事項及び特別遵守事項(以下「遵守事項」という。)を遵守し、並びに生活行動指針に即して生活し、及び行動するよう、必要な指示その他の措置をとること。
三  特定の犯罪的傾向を改善するための専門的処遇を実施すること。
2  保護観察所の長は、前項の指導監督を適切に行うため特に必要があると認めるときは、保護観察対象者に対し、当該指導監督に適した宿泊場所を供与することができる。

<補導援護> 25回試験出題
社会生活に適応させるために必要な生活指導、生活環境の改善。
更生保護法 (補導援護の方法)
第五十八条  保護観察における補導援護は、保護観察対象者が自立した生活を営むことができるようにするため、その自助の責任を踏まえつつ、次に掲げる方法によって行うものとする。
一  適切な住居その他の宿泊場所を得ること及び当該宿泊場所に帰住することを助けること。
二  医療及び療養を受けることを助けること。
三  職業を補導し、及び就職を助けること。
四  教養訓練の手段を得ることを助けること。
五  生活環境を改善し、及び調整すること。
六  社会生活に適応させるために必要な生活指導を行うこと。
七  前各号に掲げるもののほか、保護観察対象者が健全な社会生活を営むために必要な助言その他の措置をとること。

*遵守事項
*一般遵守事項 <24回試験、27回試験出題>

*特別遵守事項 <24回試験、26回、27回試験出題>

更生保護法 第五十一条  保護観察対象者は、一般遵守事項のほか、遵守すべき特別の事項(以下「特別遵守事項」という。)が定められたときは、これを遵守しなければならない。
2  特別遵守事項は、次条の定めるところにより、これに違反した場合に第七十二条第一項、刑法第二十六条の二 及び第二十九条第一項 並びに少年法第二十六条の四第一項 に規定する処分がされることがあることを踏まえ、次に掲げる事項について、保護観察対象者の改善更生のために特に必要と認められる範囲内において、具体的に定めるものとする。
一  犯罪性のある者との交際、いかがわしい場所への出入り、遊興による浪費、過度の飲酒その他の犯罪又は非行に結び付くおそれのある特定の行動をしてはならないこと。
二  労働に従事すること、通学することその他の再び犯罪をすることがなく又は非行のない健全な生活態度を保持するために必要と認められる特定の行動を実行し、又は継続すること。
三  七日未満の旅行、離職、身分関係の異動その他の指導監督を行うため事前に把握しておくことが特に重要と認められる生活上又は身分上の特定の事項について、緊急の場合を除き、あらかじめ、保護観察官又は保護司に申告すること。
四  医学、心理学、教育学、社会学その他の専門的知識に基づく特定の犯罪的傾向を改善するための体系化された手順による処遇として法務大臣が定めるものを受けること。
五  法務大臣が指定する施設、保護観察対象者を監護すべき者の居宅その他の改善更生のために適当と認められる特定の場所であって、宿泊の用に供されるものに一定の期間宿泊して指導監督を受けること。
六  善良な社会の一員としての意識の涵養及び規範意識の向上に資する地域社会の利益の増進に寄与する社会的活動を一定の時間行うこと。
七  その他指導監督を行うため特に必要な事項


*1777年、『イングランドおよびウェールズにおける監獄事情』公刊-ジョン・ハワード
<ポイント>

*1888年(明治21年)、「静岡県出獄人保護会社」を金原明善が創設。

*大正2年、原胤昭『出獄人保護』が著された。
○原胤昭 (1853-1942)
東京出獄人保護所を開設

*更生保護制度 科目のポイント
 第29回社会福祉士国家試験 出題予想

*更生保護制度の出題基準
1.更生保護制度の概要
2.更生保護制度の担い手
3.更生保護制度における関係機関・団体との連携
4.医療観察制度の概要
5.更生保護における近年の動向と課題

第28回社会福祉士試験問題 出題傾向
出題数:4問
問題147 保護観察、少年に対する保護観察、保護観察所、指導監督、補導援護に関する問題。
問題148 保護観察官、保護司に関する問題。
問題149 更生保護施設、更生保護法人に関する問題。
問題150 家庭裁判所と他機関との連携、犯罪少年等に関する問題。
基礎知識、用語の整理が重要となる。

*参考:第27回社会福祉士試験問題 出題傾向 出題数:4問
問題147 「少年に対する保護観察」
問題148 「保護観察官・保護司」に関する問題
問題149「社会復帰調整官・医療観察法」に関する問題
問題150 更生保護の近年の取り組み。

講義概要 貧困の再発見、相対的剥奪、タウンゼント、ヘッドスタート計画とは 現代社会と福祉



第29回社会福祉士国家試験受験対策 専門科目
高齢者に対する支援と介護保険制度 練習問題

問題2 高齢者福祉の国際動向に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい

1 スウェーデンでは,1990年代に,高齢者に対する保健・医療・福祉サービスをコミューンに一元化する「エーデル改革」を実施した。
2 イギリスでは,1990年代に,地域の民間事業者が利用者に対してケアマネジメントを行う「コミュニティケア改革」を実施した。
3 ドイツでは,1990年代に,介護保険制度を導入し,高齢者施設の利用者の自己負担を1割とすることなどにより利用者負担を軽減した。
4 アメリカでは,唯一の公的医療保険としてメディケアがあり,医療の範疇(ちゅう)に入らない介護サービスについても,すべて給付の対象としている。
5 韓国では,ドイツや日本の介護保険を参考に独自の介護保険制度の検討を進め,2008年7月から実施している。

<解答と解説は記事下方をクリック
エーデル改革、スウェーデン、高齢者ケア改革
社会的入院 ナーシング・ホームとは 
メディケア、メディケイドとは >



福祉施設職員のメンタルヘルスの支援 職員のストレスマネジメントと施設のリスクマネジメント論文 業績一覧

貧困問題と相談援助 当ブログ筆者の講演 音声記録の一部を公開中

当ブログ筆者が全国社会福祉教育セミナーにて報告を行います お知らせ
第46回全国社会福祉教育セミナー2016 会場 淑徳大学 「ソーシャルワーク教育の新たな発展をめざして」
分科会第4 『一般・短期養成施設や通信課程におけるソーシャルワーカー養成の現状と課題(仮)』2016年10月30日

コーディネーター: 空閑浩人氏(同志社大学)
発題者: 山本由紀氏(上智社会福祉専門学校)
     明星明美氏(日本福祉大学福祉経営学部 通信教育)
     関屋光泰 (日本福祉教育専門学校)
主催 日本社会福祉教育学校連盟 日本社会福祉士養成校協会 日本精神保健福祉士養成校協会


全国社会福祉教育セミナー分科会第4 社会福祉士養成校におけるソーシャルワーク専門職養成1 当ブログ筆者

当ブログ筆者執筆の新刊
精神保健福祉援助演習(専門)第2版
精神保健福祉士シリーズ 10
福祉臨床シリーズ編集委員会 編

ISBN978-4-335-61117-9
発行日 2016/02/22 弘文堂

第8章 地域における精神保健問題 依存症と生活困窮(pp.171-178)
<概要>
 簡易宿泊所街「寿町」の精神科診療所におけるアルコール依存症と薬物依存症患者の支援の実践から、回復を図るグループワークや相談援助の課題等を考察した。
 生活保護を受給し簡易宿泊所に居住するアルコール・薬物依存症患者の回復の鍵を握るものとして、レジリアンスを挙げた。具体的には失敗を繰り返しても援助者と繋がり続け、危機を回避するための協働や、訪問やグループワーク等による社会的孤立を防ぎ、全人的な支援の持続が有効であると論じた。

解答と解説は下記をクリック


More解答と解説:エーデル改革、メディケア、メディケイドとは ⇒⇒  ⇒⇒
[PR]
相談援助の理論と方法Ⅰ 前期第22回講義レジュメ概要2
当ブログ筆者(本校専任教員、社会福祉士)が、社会福祉士養成学科にて、2016年9月21日に講義      
<この記事は、ダイジェスト版と講義当日の補足。レジュメ完全版は講義にて配布。解説の詳細は講義にて>


12章1節 相談援助における面接の目的
1 面接の目的 テキストP251から
①援助に必要な情報を得る

・ケースワーク過程のインテーク及びアセスメント、モニタリング等における情報収集である。

②問題解決を図る共同作業
・介入(支援の実施)における、クライエント等への働きかけ。

③問題解決を図るアクション・システムの形成
・アクション・システムとは、目標の達成のために働きかけ・行動する人々のことである。

<補足>
* A.ピンカスとA.ミナハンは、1973年、ソーシャルワークを一つのシステムと捉え、システム理論に基づくソーシャルワーク実践では,ソーシャルワーカーは以下の四つのサブシステムの相互作用に関心をもたねばならないとしている。
①クライエント・システム
・個人,家族,グループ,組織など,ソーシャルワーカーが援助の対象とするシステムである。
 クライエント・システムとは、社会福祉サービスを既に利用しているか、サービスを必要としている、援助活動を通して問題解決に取り組もうとしている個人や家族などから構成されている小集団を指す。

②ワーカー・システム=チェンジ・エージェント・システム(ワーカーとその所属機関)
 ワーカー・システムとは、援助活動を担当するソーシャルワーカーとそのワーカーが所属する機関や施設とそれを構成している職員全体を指す。

③ターゲット・システム(目標達成のために変革しなければならない人や組織)
 ターゲット・システムとは、クライエントとワーカーが問題解決のために変革あるいは影響を与えていく標的とした人々や組織体を指す。
 標的は、クライエントが選択される場合や、クライエント以外のワーカーやワーカーが所属している機関や施設も含む人々や組織体が選択される場合もある。

④アクション・システム(目標達成のためにターゲットに働きかける人々)
 アクション・システムとは、変革に影響を与えていく実行活動に参加する人々や資源のすべてを指し、実行活動のチームワークを構成する人々をいう。

・アクションシステムは、相互作用に基づく。
 率直な双方向の関わり、真正面から向き合い、腹を割って語り合える関係、その場、時間を創ることが、ソーシャルワークとしてもとめられている

・援助者は必然的に四つのシステムと重層的に関係し、発展させていく。

・キューブラー・ロスによれば、苦境にあって痛みを分かち合い、逃げずに寄り添うこと、患者の言葉に耳を傾けることこそが、医療、精神科医療の専門性よりも真に必要なものである
 ソーシャルワーカーとは、苦境のなかにある人々に寄り添い、共にある専門職である。
 それが最も重要な対人援助の要であるともいえよう。


<補足>
 吉岡によれば、援助者が援助者という職業を選び、続けているのには、明確な理由、意味がある。
 吉岡自身も、子ども時代、親からの否定的な評価を受け、自らを不要な、無力な存在という感覚が自らに浸透した。承認されない自己という物語である。これらを、クライエントによって気付かされた。つまり、援助者という職業、職場、関係性のなかで、援助者自身のなかで新たな意味づけが行なわれる。
 総じて吉岡は、援助者が自分自身を語ることを強調している。
 吉岡隆 編著『援助職援助論 援助職が「私」を語るということ』明石書店, 2009年

・援助者には、家族問題や疾病、失業、生活困窮等の様々な困難を経て、援助者を志望し、繋がる仲間と自らが承認される職場を獲得した当事者性を持つ援助者も実践を続けている。

・援助者のセルフケアと、支え合う集まりの必要性。
 援助者自身も様々な側面を持っている。自らを見つめ、更に豊なものとしていく。


*概要・面接
・面接は,ソーシャルワークにとって支援の主要な道具であり,援助者とクライエントの間に起こる相互作用、働きかけをつくる基盤と言える。
・各回の面接には目的やゴールが必要である。
 面接の目的は,面接の段階,機関の機能,提供できるサービスの方法,クライエントのニーズや問題,解決されるべき問題の特質,などによって異なる。
・面接は言語技術のみでなく,ソーシャルワークの価値,知識,援助関係によって支えられている。

*面接を行なうソーシャルワーカーに必要なもの
・面接や観察のスキル
・援助者側の準備-事前の情報収集・整理、面接の環境整備、先入観を排する
・援助の基本姿勢-バイスティックやロジャーズによる。
・ソーシャルワークには、利用者との対等な目線や姿勢で接する関係が必要とされる。
 また、近年の医療・社会福祉関連分野では、インフォームド・コンセント、自己決定、ノーマライゼーションなど、援助者と利用者との平等、協働、信頼関係がより必要とされている。
 しかし、急迫、危機の場合など例外もある。

*参考:面接におけるクライエントの抵抗の現れ
 略 講義にて解説した。

・ただし、生活場面面接や、言語メッセージでは伝わらない障害をもつ人との関わりを含む
 疾病、言語障害、聴覚障害、重度の認知症、重度の知的障害や精神障害、外国人等

・適切な自己決定の支援が求められている 略

・生活場面面接という形態-クライエントの生活と内面への接近。
 略
・言語的メッセージのみではない関わりを築く場合-言語障害や聴覚障害、重度の認知症、知的障害や精神障害、日本語を母語としないクライエント等。非言語を含めたコミュニケーション技術が求められる。

*共生のコミュニティを求めて
・社会福祉、ソーシャルワークは抽象的な理想ではない。
 ソーシャルワークの働きによって繋がる人々が、相互に信頼、尊重を与えあい、相手を認めることが重要である。
 人々が互いに尊厳を与えあって、信頼の精神のもとで、そして相手が生きて、成長することができるコミュニティを求めていきたい。虚栄よりも見えない豊かさを深めていく。
 一人ひとりにそれぞれの居場所があり、コミュニティの皆がいのちの価値を認められるべきである。


・ヤングハズバンドは、1973年「ソーシャル・ワークの未来」(講演)において、シーボーム報告を高く評価している。シーボーム報告は、社会的介入の方法を考察している。
・社会的状況のアセスメントとサービス評価の機能、社会計画と社会開発に貢献するソーシャルワークの意義:「未来のソーシャル・サービス部局では、ソーシャル・ワーカーの基本的業務の1つは広範な社会的状況の評定、つまり、危機に直面している特定の階層が、危機的状況に放置されているのか、長期にわたる援助を必要としているのか、それに対応するコミュニティの資質などを評価することになるだろう」

・未来の専門性には、効果的な介入手法とターゲットとなる層に関する知識と技法が必要となる:「未来の専門性は、効果的なソーシャル・ワーク介入手法と、特定の階層や境遇に関連した多様な知識と技法、この両方が必要になると思う。この専門性とは社会科学と行動科学に関する知識の増加に補強され、ソーシャル・ワーカーの研究、記録、実践から示唆されながら自己の技法を発展させる諸条件の整備と相まって、サービスを提供する体験から派生してくる」

*解説:シーボーム報告 
Report of the Committee on Local Authority and Allied Personal Social Services
 略

講義概要 介入技術、社会的支援介入、モデリングとは 地域福祉の理論と方法 29回社会福祉士試験模擬問題

<社会福祉士受験対策講座 要点チェック:福祉行財政と福祉計画>
都道府県障害福祉計画
次世代育成支援行動計画
 一般事業主行動計画
認知症施策推進5カ年計画「オレンジプラン」
「新障害者プラン」
地方分権一括法(地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律)
社会福祉の増進のための社会福祉事業法等の一部を改正する等の法律
重点的に推進すべき少子化対策の具体的実施計画について
「新エンゼルプラン」
ゴールドプラン21・今後5か年間の高齢者保健福祉施策の方向
社会福祉構造改革分科会「社会福祉基礎構造改革について( 中間まとめ)」
障害者プラン・ノーマライゼーション7か年戦略
エンゼルプラン・今後の子育て支援のための施策の基本的方向について
児童育成計画
新・高齢者保健福祉推進十か年戦略・新ゴールドプラン
老人福祉法等の一部を改正する法律(社会福祉関係八法改正)
老人福祉計画
高齢者保健福祉推進十か年戦略・ゴールドプラン



当ブログ筆者が全国社会福祉教育セミナーにて報告を行います お知らせ
第46回全国社会福祉教育セミナー2016 会場 淑徳大学 「ソーシャルワーク教育の新たな発展をめざして」
分科会第4 『一般・短期養成施設や通信課程におけるソーシャルワーカー養成の現状と課題(仮)』2016年10月30日

コーディネーター: 空閑浩人(同志社大学)
発題者: 山本由紀(上智社会福祉専門学校)
     明星明美(日本福祉大学福祉経営学部 通信教育)
     関屋光泰 (日本福祉教育専門学校)
主催 日本社会福祉教育学校連盟 日本社会福祉士養成校協会 日本精神保健福祉士養成校協会



<当ブログ筆者の説明会 無料講座 要予約>
 子どもを救う社会福祉士 児童虐待、子どもの貧困とソーシャルワーク
2016年9/26(月) 18:00から19:00
社会福祉士養成学科、社会福祉士養成科説明会
担当 関屋光泰
日本福祉教育専門学校 高田校舎

 社会福祉士は様々な領域で実践しています。今回の説明会では、子どもの貧困や虐待をテーマに、社会福祉士養成学科 学科長の当ブログ筆者が、お話しします。
 子どもを支援する社会福祉士の役割や仕事内容を社会福祉士の実務20年の筆者が分かりやすく説明します。
 児童福祉に関心をお持ちの方、社会福祉士やスクールソーシャルワーカーのことを知りたい方、ご参加ください。質問や相談も歓迎です。

当ブログ筆者執筆の新刊
精神保健福祉援助演習(専門)第2版
精神保健福祉士シリーズ 10
福祉臨床シリーズ編集委員会 編

ISBN978-4-335-61117-9
発行日 2016/02/22 弘文堂

第8章 地域における精神保健問題 依存症と生活困窮(pp.171-178)
<概要>
 簡易宿泊所街「寿町」の精神科診療所におけるアルコール依存症と薬物依存症患者の支援の実践から、回復を図るグループワークや相談援助の課題等を考察した。
 生活保護を受給し簡易宿泊所に居住するアルコール・薬物依存症患者の回復の鍵を握るものとして、レジリアンスを挙げた。具体的には失敗を繰り返しても援助者と繋がり続け、危機を回避するための協働や、訪問やグループワーク等による社会的孤立を防ぎ、全人的な支援の持続が有効であると論じた。

<当ブログ筆者の論文>
当ブログ筆者の論文 「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発」
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号 37頁から55頁 平成27年4月
ISSN 0919-2034

 東京都による福祉施設職員の実践を支援する研修プログラムとして、開発し、実施を継続している。
 福祉施設職員のストレスケア、燃えつき予防を支援するために、この研修プログラムを開発した。職員のメンタルヘルスの不調等の課題は、実践に影響し、施設にとって支援の質の低下に繋がる。職員のストレス・マネジメントは、施設のリスク・マネジメントでもある。この研修は、離職を防ぐメンタルヘルス対策のみならず、サポーティブな職場づくり、質の高い実践の持続をも視野に入れ、開発した。各施設において実施し、現場からのフィードバックを活かし、プログラムの更なる改善を図った。

貧困問題と相談援助 当ブログ筆者の講演 音声記録の一部を公開中


<社会福祉士養成学科、社会福祉士養成科等、日本福祉教育専門学校卒業生の皆様にお知らせ>
日本福祉教育専門学校同窓会のご案内 9月24日(土)14時 当日参加歓迎<2016年3月卒業生は無料>
 日本福祉教育専門学校の各学科専任教員や退職教員、非常勤講師、職員も参加します。

 参加できる卒業生(全学科、全年度)の皆様は、ぜひ同窓会会場ににお越しください。当ブログ筆者も後半から合流します(予定)。
 当日の飛び入り参加もお待ちしております。遅れて参加しても大丈夫です。
 お子様と一緒に参加しても大丈夫です。小学生以下の会費は無料です。

 日本福祉教育専門学校 第21回同窓会
 日時 平成28年9月24日(土)
 14:00~16:00 懇親パーティー
 場所 ハイアットリージェンシー東京
 東京都新宿区西新宿2-7-2

 
 会費 1,000円
 (2016年3月卒業生は無料でご招待)
 同窓会事務局 TEL:03-3982-2511 FAX:03-3982-5133 MAIL:dosokai@nippku.ac.jp

[PR]
心理学理論と心理的支援(心理学)模擬問題
 第28回社会福祉士 精神保健福祉士国家試験受験対策 共通科目

問題1 高齢者の心理的特徴に関する次の記述のうち,適切なものを一つ選びなさい。
1 成人期以降の発達に個人差が大きくなるのは,環境的影響よりも生物的影響を強く受けるからである。
2 結晶性知能は新しい環境に適応したり,新しいことを学習したりする能力に関係するもので,老年期において衰退しやすいといわれる。
3 老年期の発達課題は親密性の獲得といわれ,自我意識の確立に伴って,他者との親密な関係を結ぶことが必要である。
4 高齢期の心理的問題は,身体的問題と密接な関係がある場合も多い。心理的援助においても,身体的問題をある程度アセスメントできる能力が求められる。
5 高齢者は,自分の人生の意味を求めようとすることが多いので,その心の働きを肯定し,高齢者一般に共通する「死生観」を教示することが,心理的援助には重要となる。

問題44 福祉現場でのアクティビティーに応用可能な心理療法に関する次の記述のうち,適切なものを一つ選びなさい。
1 遊戯療法は,遊びを通じて子どもが,自らの問題状況や,言語化できない感情を表現することを目指すものであり,そのために使用される玩具や遊びの手順は事前に細かく規定されている。
2 音楽療法は,音楽を媒体として身体機能の維持・向上,情緒の活性化を図ろうとするものであり,集団で行う演奏活動に参加することで初めて効果が発揮される。
3 臨床動作法は,「動作」という心理活動を通して,生活における体験の仕方の変化などを目指して,様々な臨床的な援助をする方法であり,自発的動作の少ない重度重複障害児・者へも適用可能という特性がある。
4 心理劇は,集団内で即興的な役割演技をすることで個人の創造性や自発性の発展を促すものであり,参加者全員が毎回演者となるように場面設定がなされる。
5 回想法は,過去の出来事を振り返ることを通じて自らの人生を肯定的に再評価できるようになることをねらいとし,主として引きこもりの若者への援助方法として用いられている。


問題46 欲求や動機に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい。
1 マズロー(Maslow,A.)が唱えた欲求の階層説において,第4の段階は自己実現の欲求である。
2 ある目標の達成が困難なときに,その目標と類似した他の目標を達成することで充足感を得ようとする行動を投影という。
3 内発的動機づけによる行動は,その行動に対する外部からの報酬によってのみ強められる。
4 体内の生理的な均衡状態を保とうとする働きをホメオスタシスという。
5 同時に複数の同程度の欲求があるときに,欲求に応じた行動の選択ができない状態を退行という。

問題47 社会的認知・行動に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい。
1 単純接触効果とは,同じ対象を繰り返し見たり聞いたりすることで,好意的な態度が形成されることである。
2 フット・イン・ザ・ドア法とは,緊急事態においてそれを目撃している人が多いほど,援助の手が差し伸べられる割合が少なくなる現象のことである。
3 リスキーシフトとは,ある社会的な集団の成員に対して,過度に一般化された認知や信念が生じやすいことである。
4 傍観者効果とは,集団討議を経た決定が,個人の決定だけのときよりも,危険性が高いものになりやすい現象のことである。
5 ステレオタイプとは,受け入れやすい小さな要請を承諾した後には,大きな要請を受け入れやすくなる現象のことである。

問題42 パーソナリティ等の測定方法に関する次の記述のうち,正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A ポリグラフによる皮膚電気抵抗の測定は,被験者の情動状態の変化を明らかにする。
B ウェクスラー式成人知能検査は,年齢別の検査項目を配列して,知能指数を測定する。
C 内田クレペリン精神作業検査は,作業のむら等,注意集中の程度などを探る。
D ロールシャッハテストなどの投影法は,被検者の解釈から知覚の特徴や感情などを把握する。
(組み合わせ)
  A  B  C  D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ○
3 ○ × ○ ○
4 × ○ × ○
5 × × ○ ×

問題45 発達障害に関する次の記述のうち,適切でないものを一つ選びなさい
1 発達障害の子どもたちは,障害であると理解されず,何度も叱(しっ)責されたり,いやがらせやいじめを受けたり,適切な支援が受けられなかったりすると,様々な心理・行動上の問題が起きてくることがある。
2 注意欠陥多動性障害は,不注意優勢型と,多動性-衝動性優勢型,及び混合型に分かれる。学業などにおいて不注意な間違いをしたり,落ち着きがなく,自分の席を立ったりすることがあり配慮が必要である。
3 学習障害には,読字障害,算数障害,書字表出障害などがあり,それぞれ,年齢,就学,知的水準から期待される状態より明らかに低い場合には,このような障害に対するアセスメントと配慮が必要となる。
4 アスペルガー障害は,対人相互反応の障害や,限定的・反復的な行動や興味・活動の様式が見られる。言葉を丸暗記するなどの能力や年齢に相応した自己管理能力が見られるが,行動上の障害がその子のわがままのせいにされてしまう場合もある。
5 自閉性障害は,対人的相互作用とコミュニケーションの発達上の障害であり,活動と興味の範囲が大きく制限されている。障害の状態は,発達水準や年齢によって大きく変化し,早期の統合失調症であるといわれている。


現代社会と福祉 練習問題
問題13 各国の社会保障制度に関する次の記述のうち,誤っているものを一つ選びなさい。
1 イギリスの社会保険は,全国民を対象として,年金,失業,疾病等に係る現金給付を総合的に行う国民保険制度に一元化されている。
2 スウェーデンの保健・医療サービスは,社会保険方式により提供されている。
3 フランスでは,年金保険及び医療保険ともに,種々の制度が分立し,金庫と呼ばれる管理運営機構が運営を行っている。
4 ドイツには,年金保険,医療保険,労働災害保険,失業保険及び介護保険の5つの社会保険制度がある。
5 アメリカでは高齢者向け医療保険制度(メディケア)と低所得者向け医療扶助制度(メディケイド)を除けば,全国民を対象とした公的医療保障制度は存在しない。

問題1 平成12年の「社会福祉事業法等改正」に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい
1 第一種社会福祉事業の経営主体から市町村が除外された。
2 第一種社会福祉事業の経営主体になれるものとして、株式会社が追加された。
3 身体障害者福祉法や知的障害者福祉法に基づく福祉サービスの利用は、措置制度から「支援費制度」へ移行することとなった。
4 社会福祉法人設立に当たっての施設の規模や資産の要件が引き上げられた。
5 養護老人ホームの利用が、市町村による措置から施設と利用者の直接契約になった。
(注) 「社会福祉事業法等改正」とは、「社会福祉増進のための社会福祉事業法等の一部を改正する等の法律」のことである。


問題8 社会集団に関する次の記述のうち,最も適切なものを一つ選びなさい
1 社会集団は,成員であることの自己認知とともに他者からの認知があり,また,成員間の相互作用が存在するなどの特徴をもっている。
2 準拠集団は,個人の態度形成や行動の準拠となる集団であり,非所属集団は含まない。
3 第一次集団は,学校,会社,組合などのように,特定の利害関心に基づいて組織された集団である。
4 インフォーマル・グループは,その内部において,短期の目的達成のための,あまり親密ではない対面的接触が多く見られる。
5 将来所属することが確実視される集団の価値や行動様式をあらかじめ学習しておくことを,一次的社会化という。

問題12 近代の組織類型の一つとしてヴェーバー(Weber,M.)が取り上げた「官僚制」の特色に関する次の記述のうち,適切でないものを一つ選びなさい
1 規則によって,権限が秩序づけられている。
2 上下関係がはっきりした職階制を採る。
3 秘密主義である。
4 職務が専門化する。
5 文書による事務処理が行われる。

<正誤問題 問題1から問題6
問題1 直系家族とは、夫婦および一人の既婚の子どもとその配偶者,加えて彼らの子どもからなる家族形態をいう。

問題2 準拠集団とは,ある個人がそこに所属し,帰属感や愛着を持ち,そこに所属している人を仲間として意識し得る集団のことである。

問題3 第1次集団とは,子どもの遊び仲間など親密で対面的な結びつきを特徴とする集団のことである。

問題4 ゲマインシャフトとは,ある目的を達成するために,人々の人為的な選択によって形成される集団のことである。

問題5 オグバーン(Ogburn.W.)は、家族機能の縮小は、農村の拡大家族において最も典型的にみられるという見方に沿って、それらの家族を調査分析の対象とした。

問題6 エイジズムは、「高齢者」とラベリングすることによって、特権を付与する仕組みである。

高齢者に対する支援と介護保険制度
問題2 介護保険法に基づく次の事業所のうち、市町村長がその事業者の指定を行うものとして、正しいものの組み合わせを一つ選びなさい
A 介護予防サービス事業所
B 介護予防支援事業所
C 認知症対応型共同生活介護事業所
D 特定福祉用具販売事業所
(組み合わせ)
1  A B
2  A C
3  A D
4  B C
5  B D

*解答・解説:発達障害、広汎性発達障害、
ADHD注意欠陥多動性障害 混合型,不注意優勢型,多動性・衝動性優勢型、
マズロー、メディケア、メディケイド、養護老人ホーム、社会福祉法とは
エリクソン、ロールシャッハ・テスト、ウェクスラー式知能検査法とは



<社会福祉士受験対策講座 要点チェック:地域福祉の理論と方法>
岡山博愛会、アダムス(Adams, Alice Pettee 1866-1937)
キングスレー館(ホール)、片山潜
日本慈善同盟
中央慈善協会
浄土宗労働共済会、渡辺海旭
済生顧問制度、笠井信一、済世委員制度
東京府慈善協会、救済委員制度
方面委員制度、林市蔵
小河滋次郎「社会事業と方面委員制度」(1924年)
方面委員令
エルバーフェルト制度
東京帝国大学セツルメント

共同募金
社会福祉協議会
社会福祉協議会基本要項、「住民主体の原則」

いじめについて意見交わす 小学校統合
2016/01/19 00:00 【長崎新聞】

引用「東彼東彼杵町の全小中学校の児童・生徒約300人がいじめについて考える子ども集会が18日、同町であった。町内の全小中学校が集まり開くのは初めて。
 同町では児童数の減少に伴い、四つある小学校のうち、大楠小、音琴小が彼杵小と統合する。4月を前に新たな仲間づくりの場という意味合いもあり、この時期に町教委が開催した。3校に加え、千綿小、彼杵中、千綿中から参加。小学生は5、6年生、中学生は1、2年生が真剣に話し合った。
 代表の児童・生徒が各校ごとのいじめについての取り組みを紹介。この後、15人ほどの班に分かれ「いじめをなくすためにどうすればいいか」をテーマに意見交換した。5年生グループは「相手の気持ちを考えて行動する」「人の失敗を笑わない」など
 略
 加瀬川哲文町教育長は(学校統合を控え)いじめの問題に関しては、大人が子どもたちを注意深く見ていく必要 略 」引用ここまで

<貧困・生活保護関連資料 ブログ記事バックナンバー>
貧困・低所得・生活保護 : 社会福祉士受験支援講座・教員日記


<当ブログ筆者の論文 最新>
当ブログ筆者の論文 最新 「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発」
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号 37頁から55頁 平成27年4月


「貧困問題と相談援助」 当ブログ筆者の講演 音声記録の一部を公開中

福祉施設職員のストレスケア研修 ブログ筆者が出張講義 東京都登録講師派遣事業 講師謝金無料

<ブログ記事 バックナンバー>
28回社会福祉士国家試験受験対策コース 相談援助の理論と方法 受験対策キーワード集1

当ブログ記事バックナンバー 福祉施設職員研修



<ブログ閲覧中の皆様へお知らせ>
新大学4年生向け 社会福祉士の仕事説明会 相談会
2016年1/25(月)18時から19時半
会場:日本福祉教育専門学校 高田校舎

 社会福祉士の職務である、相談援助の具体的な内容について説明する説明会です。社会福祉士として実務20年の当ブログ筆者(専任教員)が、 社会福祉士の仕事の実際について、分かり易くお話します。個別相談もおこないます。関心をお持ちの皆様、お気軽にご参加ください。参加無料



『社会福祉入門講座』(公開講座)
 社会福祉士養成学科(昼間部)、養成科(夜間部)では、平成28年度4月入学予定者等を対象とした入学前講義を行っています。


*続き・解答と解説 は下記をクリック

More*解答・解説:発達障害、広汎性発達障害、ADHD注意欠陥多動性障害とは⇒⇒
[PR]
就労支援サービス 模擬問題
 第28回社会福祉士国家試験受験対策 専門科目

問題11 就労支援を行う機関に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい。

1 職業安定法で,公共職業安定所は,要保護者,低所得者を除く一般就労が可能な求職者を対象に業務を行うと規定されている。
2 社会福祉法で,社会福祉協議会は,生活福祉資金貸付制度の対象である低所得者について職業あっせんを行うと規定されている。
3 児童福祉法で,母子生活支援施設は,母子世帯を対象に職業あっせんを行うと規定されている。
4 「障害者雇用促進法」で,地域障害者職業センターは,身体障害者,知的障害者,精神障害者等を対象として業務を行うこととされている。
5 身体障害者福祉法で,身体障害者更生相談所は,業務範囲として,就労あっせんを行うと規定されている。
(注)「障害者雇用促進法」とは,「障害者の雇用の促進等に関する法律」のことである


障害者の雇用の促進等に関する法律

*解答と解説:脳血管性認知症、思考障害とは
せん妄 感情失禁 身体的愁訴 観念奔逸 思考制止 支離滅裂 思考途絶 連合弛緩
強迫観念 させられ思考 支配観念 記憶障害,見当識障害,言語障害とは 記事下方をクリック



<地域福祉の理論と方法 ポイントチェック 補足>
 コミュニティケアの考え方は,1970年前後に我が国に伝えられ,従来の「施設中心」から「在宅福祉」へと,我が国の社会福祉の考え方を転換させる契機となった。

 地域福祉計画の目指す目標には,行政と地域社会の構成員が相互の理解と長所をいかし協働するという「パートナーシップ型住民参加」の実現も含まれる。

 福祉コミュニティの形成には,要援護者やその家族を支えるサービスを充実させるだけではなく,地域社会の構成員の福祉に関する理解と共感が不可欠である。

住民参加型在宅福祉サービス

福祉教育
ボランティア体験
心のバリアフリー
生涯学習

事業型社協
福祉活動専門員
民間社会福祉活動
コミュニティ・ソーシャルワーク

インフォーマルな支援
ボランティアコーディネート
特定非営利活動法人

福祉サービス利用援助事業

共同募金
配分委員会

福祉コミュニティ
自治会 町内会



人体の構造と機能及び疾病・精神疾患とその治療 練習問題
社会福祉士・精神保健福祉士受験対策 共通科目

問題1 精神症状と精神障害に関する次の組み合わせのうち,正しいものを一つ選びなさい。
1 思考散乱―――多動性障害
2 連合弛緩―――アルコール依存症
3 妄想知覚―――躁病性障害
4 感情失禁―――脳血管性認知症
5 情動麻痺―――うつ病性障害


問題2 次の記述のうち,「身体表現性障害」の下位分類である「身体化障害」と「心気障害」に共通してあてはまるものを一つ選びなさい。
1 経過は通常,慢性的で動揺性である。
2 典型的な症状は失立,失歩,失声である。
3 強固な心気妄想が背景にある。
4 「心理的なものが原因である」と説明されると,患者は納得する。
5 検査で身体的異常が見いだせないことが判明すると,症状が消失する。


社会理論と社会システム・社会学 練習問題
社会福祉士・精神保健福祉士共通科目・受験対策

問題3 近代の社会変動とそれによって形成される現代社会に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい
1 高度産業化の進行に伴い,第一次産業を中心とした産業構造となる。
2 国民国家の確立と強大化は,選挙権の普及を阻害する傾向にある。
3 管理社会では,暴力的威嚇によって自発的服従の獲得が図られる。
4 世俗化と呼ばれるように,社会と文化の諸領域が,宗教の制度や象徴の支配から離脱する過程が見られる。
5 高度大衆消費社会では,大衆の商品選好が画一化され,生産者によって専ら操作される。


国民の社会福祉に関する活動への参加の促進を図るための措置に関する基本的な指針
平成5年4月14日厚生省告示第117号
第1 国民の社会福祉に関する活動への参加の促進に当たっての考え方
3 地域福祉の総合的推進
 住民生活に密着した地域社会において,住民が自主的な福祉活動を,自由に,かつ,継続的に安定して行うことができるような基盤をつくるとともに,市町村,社会福祉協議会等関係各方面との連携の下に,地域の実情に即して創意工夫することにより,公私の福祉サービスが総合的に提供されるよう努める。
4 皆が支え合う福祉コミュニティーづくり
従来,ボランティア活動は一部の献身的な人が少数の恵まれない人に対して行う一方的な奉仕活動と受けとめられがちであったが,今後はこれにとどまらず,高齢化の進展,ノーマライゼーションの理念の浸透,住民参加型互酬ボランティアの広がり等に伴い,地域社会の様々な構成員が互いに助け合い交流するという広い意味での福祉マインドに基づくコミュニティーづくりを目指す。

第2 国民の社会福祉に関する活動への参加の促進を図るための措置
1 福祉活動に対する理解の増進
(1)福祉教育・学習
ア 福祉活動への理解を深めるため,幼少期からの福祉活動の体験を通して,福祉マインドや社会連帯の意識を育むことが重要であり,また,そのような体験は児童の健全育成に極めて有効である。このため,児童・生徒に対するボランティア活動についての啓発普及,社会福祉施設への訪問,体験宿泊活動等を一層推進する。
(4)社会福祉施設等の受入れ支援体制の整備
ア 社会福祉施設の持つ機能・専門技術を積極的に地域に開放するとともに,地域住民の福祉活動への参加が円滑に行えるように,施設内の地域交流スペースの確保,モデル事業の活用等による施設への地域福祉コーディネーターの配置により,施設内の受入れ及び活動の支援体制の整備に努める。
イ また,児童・生徒のボランティア活動や企業等の社会貢献活動の積極的受入れ等に努めるほか,地域住民の社会福祉施設等への訪問や入所者等との交流が日常的に行われるよう努める。
 抜粋


「閖上まちカフェ」で餅つき交流 震災被災地の交流拠点
2015/12/27 15:19 【河北新報】
引用「東日本大震災で被災した名取市閖上地区の交流拠点「閖上まちカフェ」で26日、復興支援で贈られたもち米を使った餅つきがあり、被災者ら約120人が交流を深めた。
 閖上を視察に訪れた福井県坂井市と長野県小諸市の住民が「閖上の住民に元気になってほしい」と計45キロのもち米を寄贈。地域情報紙「閖上復興だより」のスタッフが餅つきを企画し、仮設住宅の住民らに参加を呼び掛けた 略 」引用ここまで

県内の小5男子体力低下気味 運動の習慣が大切
2015/12/27 17:02 【愛媛新聞】
引用「愛媛の子どもの体力は改善傾向だが、小学5年男子だけは低下気味―。スポーツ庁が12月に公表した2015年度の全国体力・運動能力、運動習慣等調査(全国体力テスト)で、こんな結果が浮き彫りになった。
 体力テストは全国の小5と中2を対象に08年度から実施。県内でも授業改善や外部人材の活用といった取り組みが盛んになったことも手伝い、中学生の体力は男女ともに改善傾向にある。
 一方、小5男子の実技8種目の体力合計点は4年連続で低下し過去最低になった。中でも握力や50メートル走、立ち幅跳び、ソフトボール投げが最低値を記録。
 略
 体力低下との関連が指摘されているのが「家庭での関わり」の項目だ。県教委は「家族の意識によって子どもの運動習慣は変わる」と指摘。短期間の取り組みでは体力は向上しないとして、親子でのボール遊びなど幼少期からさまざまな運動を継続させることが大切」引用ここまで

<当ブログ筆者の論文>
当ブログ筆者の論文 最新 「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発」
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号 37頁から55頁 平成27年4月


福祉施設職員のストレスケア研修 ブログ筆者が出張講義 東京都登録講師派遣事業 講師謝金無料

当ブログ筆者が試験問題解説を執筆
「2016社会福祉士国家試験過去問解説集 第25回─第27回全問完全解説」日本社会福祉士養成校協会編集
中央法規出版
ISBN 978-4-8058-5161-6
 2015年5月10日発行

450問を選択肢ごとに詳しく解説し、科目別ポイントを収載。第27回を含む過去3年分の国家試験全問題を掲載した問題集。過去2年分も最新の制度や数値にアップデートし、次回試験に完全対応。基本の理解、実力試し、傾向対策、総復習で着実に学習効果を発揮。

「2016精神保健福祉士国家試験過去問解説集 第15回-第17回全問完全解説」
 ISBN 978-4-8058-5162-3 中央法規出版


<ブログ記事 バックナンバー>
28回社会福祉士国家試験受験対策コース 相談援助の理論と方法 受験対策キーワード集1

当ブログ記事バックナンバー 福祉施設職員研修



*解答と解説 下記をクリック




More*解答と解説:脳血管性認知症、思考障害とは ⇒⇒
[PR]
更生保護制度 模擬問題
28回社会福祉士国家試験受験対策 専門科目
問題13 更生緊急保護に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい。

1 更生緊急保護は,保護観察所長が自ら行い,又は更生保護法人やその他の適当な者に委託して行う。
2 更生緊急保護は,その対象となる者が刑事上の手続き又は保護処分による身体の拘束を解かれた後2年を超えない範囲内において行うものとされている。
3 少年院から退院した者,又は仮退院を許され保護観察に付されている者は,更生緊急保護の対象となる。
4 更生緊急保護は,対象となる要件を備えた者についてその再犯を予防するために必要があると検察官が認めたときに限り,行うものとされている。
5 更生緊急保護の対象となる者が,専門学校進学のための十分な資金を持たない場合,更生緊急保護で給与することができる。

*解答と解説:高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律、
居宅療養管理指導 地域包括支援センター 老人居宅生活支援事業 地域密着型サービス事業
介護療養型医療施設 安楽死とは 記事下方をクリック


高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律

<10 保健医療サービス ポイントチェック 続き>
 医療法による医療計画では,都道府県が二次医療圏を設定し,療養病床及び一般病床に係る基準病床数について定めることになっている。
・医療計画
 四疾病五事業・・・四つの疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病)
 五事業(救急医療、災害時における医療、へき地の医療、周産期医療、小児医療(小児救急医療を含む)
 医療計画の策定が都道府県に義務付け(2006年医療法改正)。
 2011年改正により、精神疾患が追加

 国民医療費

 診療報酬
 保険診療
社会保険診療報酬点数表
社会保険診療報酬支払基金

介護支援連携指導料
退院調整加算

病院
無床診療所
有床診療所地
域医療支援病院
在宅療養支援診療所
在宅療養支援病院
特定機能病院

医療法

医療法人


権利擁護と成年後見制度等 国試過去問題
社会福祉士・精神保健福祉士受験対策 共通科目

問題1 我が国の地方自治に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい。
1 日本国憲法の地方自治の本旨には,団体自治と住民自治の要素があるとされている。
2 地方公共団体の議会の議員は,当該地方公共団体の長を選出することができる。
3 日本国憲法は,一地方公共団体のみに適用される特別法の制定を認めていない。
4 条例と法律とが矛盾抵触した場合,当該地方公共団体では条例が優越する。
5 地方公共団体は,条例に罰則の規定を設けることができない。

問題2 基本的人権に関する次の記述のうち,最高裁判所判例の趣旨に即して適切なものを一つ選びなさい。
1 拘置所長は,未決拘禁者の新聞紙の閲読の自由を制限できない。
2 拘置所長は,死刑確定者の信書の発送を制限できない。
3 国は,法律によって公務員の政治的行為を禁止できる。
4 裁判所は,名誉を毀損した者に対し,謝罪広告を命ずることはできない。
5 裁判所は,仮処分による出版物の事前差止めはできない。


高齢者に対する支援と介護保険制度
 練習問題

<社会福祉士・精神保健福祉士受験対策web講座 専門科目>

 正誤問題
問題8 市町村は、国の基本指針に即して、3年を1期とする市町村介護保険事業計画を定める。

問題9 高齢者虐待防止法(高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律)上の「高齢者」とは、65歳以上の者である。

問題10 「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」は、虐待防止に関する国等の責務、高齢者の保護、養護者に対する支援等を定めることを目的として、介護保険法とともに制定された。

問題11 老人保健施設(現介護老人保健施設)は、看護、介護、機能訓練に重点を置き、医療ケアと日常生活サービスを提供するために創設された。

問題12 介護保険制度の創設で、「介護療養型医療施設」は介護保険施設となり、医療法に基づく病院ではなくなった。

<正誤問題B 「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」(以下「高齢者虐待防止法」という。)について>
問題1 高齢者虐待とは、養護者、養介護施設従業者等によって加えられた行為で、長時間の放置等養護を著しく怠ることも含まれる。

問題2  高齢者虐待防止法では、高齢者の虐待防止、虐待を受けた高齢者の保護及び養護者に対する支援について、都道府県が第一義的に責任を有する主体と位置付けている。

問題3  地域包括支援センターは、地域における高齢者虐待対応の中核機関の1つである。

問題4  養護者による虐待を受けた高齢者を保護するために、市町村は必要な居室を確保するための措置をとる。

問題5  養介護施設等から虐待の通報を受けた市町村長又は都道府県知事は、原則として、家庭裁判所の指示に従って権限を行使する。

高齢者に対する支援と介護保険制度
 練習問題

<社会福祉士・精神保健福祉士受験対策web講座 専門科目>

*正誤問題
問題1 介護保険では、利用者負担が著しく高額であるときには、負担の軽減を図るため、高額介護サービス費又は高額介護予防サービス費が支給される。

問題2 介護予防訪問介護の介護報酬の算定は、月単位である。

問題3 介護老人福祉施設では、低所得者に対して、居住費等の負担の軽減は行われない。

問題4 居宅療養管理指導の報酬は、医療保険から支払われる。

問題5 介護保険制度における、通所介護の介護報酬の算定は、1日単位であり、サービスの提供時間による差はない。

問題6 認知症の介護の基本は、日常生活行動を個々の状態に合わせて、尊厳が保たれるよう援助することである。

問題7 わが国では、尊厳死・安楽死は、本人のリビング・ウィル(生前の意思表示)が提出されており、医師が「耐え難い心理的あるいは身体的苦痛を伴う状態である」と判断した場合に限り、法的に認められている。

<正誤問題B 夜間対応型訪問介護について>
問題1 夜間対応型訪問介護では、定期巡回サービス、オペレーションセンターサービス及び随時訪問サービスが一括して提供される。

問題2 定期巡回サービスは、最低1日に1回訪問することが義務付けられている。

問題3 防犯上の理由から、事業者が利用者から合鍵を預かることは禁止されている。

問題4 オペレーターは、看護師・准看護師又は介護福祉士でなければならない。

問題5 事業者は、利用者へ配布するケアコール端末に係る設置料、リース料、保守料の費用を利用者から徴収することはできない。

子どもや高齢者の見守り活動で連携 都とセブン-イレブンが協定
2015/12/19 08:00 【東京新聞】
引用「東京都とセブン-イレブン・ジャパンは十八日、子どもや高齢者の見守り活動で連携する包括協定を結んだ。十一月末現在で、同社のコンビニエンスストアは都内に二千三百六十九店舗あり、異変があった場合には区市町村や警察、消防と連携して対応する。
 同社によると、都内でのセブン-イレブン利用者は一日当たり約二百五十万人、主に高齢者への食事配達サービスも一日に約一万二千軒利用があるという。
 都庁で開かれた「ながら見守り連携事業」の協定締結式で、舛添要一知事は子どもや高齢者への声掛け、振り込め詐欺防止などを挙げて「みなさんのネットワークを使ってご協力いただきたい」と期待を述べた。
 井阪隆一社長は、コンビニの多機能化に着目し「(お年寄りや子どもが)困っている場面に遭遇する機会が多いと思う。この地域にあって良かったと思われる存在になっていきたい」と説明。都によると、この協定締結は都信用金庫協会、日本郵便東京支社に次いで三例目」引用ここまで

<当ブログ筆者の論文 最新>
当ブログ筆者の論文 最新 「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発」
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号 37頁から55頁 平成27年4月


福祉施設職員のストレスケア研修 ブログ筆者が出張講義 東京都登録講師派遣事業 講師謝金無料

<ブログ記事 バックナンバー>
28回社会福祉士国家試験受験対策コース 相談援助の理論と方法 受験対策キーワード集1

当ブログ記事バックナンバー 福祉施設職員研修


*解答と解説 下記をクリック


More *解答と解説:老人福祉法、高齢社会対策基本法、ゴールドプラン21とは ⇒⇒
[PR]
社会理論と社会システム 練習問題
第28回社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験対策 共通科目
問題3 次の記述のうち,デュルケム(Durkheim,E.)の提起した考えはどれか。適切なものを一つ選びなさい。


1 科学や技術のような物質文化に比べて非物質的な文化はそれほど急速に変化しないので,その間に遅滞の問題が生じる。
2 同じ業績を上げているにもかかわらず,準拠集団の人々と比べて,自己の社会的な評価が低い場合,相対的な不満・剥奪が生じる。
3 犯罪行動は,パーソナルな集団における他者との相互作用を通して犯罪文化に接触することにより学習される。
4 経済発展により人々の欲望は肥大化していくが,これを抑制する社会的規制力は次第に弱まり,不満や幻滅が強まる。
5 都市化により家族や親族,近隣などのきずなが弱まり,パーソナリティの統合性が失われて,孤独感や不安が生み出される。

<解答と解説:デュルケム、準拠集団とは
比較型準拠集団 規範型準拠集団とは 記事下方をクリック>


障害者に対する支援と障害者自立支援 練習問題
第28回社会福祉士・精神保健福祉士受験対策 共通科目

問題93 障害及び障害者の法的定義に関する次の記述のうち,誤っているものを一つ選びなさい

1 障害者の雇用の促進等に関する法律による障害者とは,「身体障害,知的障害又は精神障害があるため,長期にわたり,職業生活に相当の制限を受け,又は職業生活を営むことが著しく困難な者」をいう。
2 障害者基本法による障害者とは,「身体障害,知的障害又は精神障害があるため,継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者」をいう。
3 身体障害者福祉法による身体障害者とは,「別表に掲げる身体上の障害がある18歳以上の者であって,都道府県知事から身体障害者手帳の交付を受けたもの」をいう。
4 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律による精神障害者とは,「統合失調症,精神作用物質による急性中毒又はその依存症,知的障害,精神病質その他の精神疾患を有する者であって,都道府県知事から精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者」をいう。
5 発達障害者支援法による発達障害とは,「自閉症,アスペルガー症候群その他の広汎(こうはん)性発達障害,学習障害,注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」をいう。

*解答と解説:精神保健及び精神障害者福祉に関する法律、精神障害者とは
精神衛生法 精神障害者保健福祉手帳 社会復帰施設 任意入院 医療保護入院 措置入院
移送制度,精神保健福祉センター 保健所 精神医療審査会 精神保健指定医
精神障害者保健福祉手帳とは 記事下方をクリック


日刊 福祉施設 社会起業ニュース 関連ニュースクリップ認知症初期集中支援チーム、医師ら医療と福祉の専門家で相談や家庭訪問 和歌山市 認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)
2015/10/27 07:04 【産業経済新聞】

引用「医師や介護福祉士など、医療・保健・福祉の国家資格を持つ専門家による「認知症初期集中支援チーム」が10月から和歌山市で活動を始めた。家庭訪問で認知症の状態を確認したり、家族の相談にのったりするなど、初期段階でのサポート役を担う。
 厚生労働省が定めた「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」などによって全国的に普及。同省では将来的にすべての市町村に設置することを目標としている。チームは、専門医1人と、認知症ケアの実務経験などがある専門職2人以上で構成。40歳以上で認知症をすでに発症、あるいは疑われていたり、治療の中断や、医療・福祉の各サービスを利用していないなどの状況にあったりする人が対象となる。
 和歌山市では今月、市医師会に委託して、保健師と介護福祉士、医師の3人からなる1チームが誕生。「家族が病院に行くことを勧めても嫌がる」「本人に介護サービスを拒否され、どうしてよいかわからない」などの相談に応じたり、最適な関係機関を紹介  略  」引用ここまで

難病の子 レスパイトケアで24時間体制でサポート 家族介護を支える小児生活支援センター
2015/10/26 08:46 【河北新報】

引用「在宅で常時医療ケアが必要な難病の子どもを一時的に預けられる小児生活支援センター「あっと名取」が25日、宮城県名取市にオープンした。日本財団が日本歯科医師会の協賛で取り組む「トゥースフェアリー プロジェクト」の一環で整備された。
 「あっと名取」は、医療・福祉の両面から24時間体制で子どもと家族をサポートする「レスパイトケア施設」。子どもには遊びを通したリハビリなどの時間を、介護を続ける家族には一時の休息を提供する。
 略
 0~18歳の難病児を受け入れ、年間約2400人の利用を予定。運営は社会福祉法人「むそう」(愛知県半田市)が担う」引用ここまで

フードバンク 初の全県組織 地域の支え合い結び直す
2015/10/26 08:46 【河北新報】

 「フードバンク」を県内で展開するため、県生活協同組合連合会、JA長野中央会など十数団体が10月7日に「フードバンク信州」を設立する。廃棄食品の解消と生活困窮者支援に加え、地域の支え合いを市民、企業とともに結び直すことも目指す。
 フードバンクは全国に広がり、県内でも長野市社会事業協会が都内のNPO法人から食品の無償提供を受け、市町村などを通じて配っている。困窮家庭のニーズに対応するため、食品を自前で安定供給できる全県的な態勢が求められていた。
 フードバンク信州設立準備会(事務局・県NPOセンター内)によると、企業や家庭から包装の印字ミスや破損、売れ残りなどで通常販売できない品、消費しきれないお中元やお歳暮、入れ替えで不要になった防災備蓄品などを収集、保管。市町村や困窮者支援に取り組む市民団体、生活就労支援センターなどの要請で必要な家庭に届ける。
 略
 食品ロスや貧困問題への社会的関心も高めてもらうため、年会費3千円の賛助会員を募集する予定。イベントで市民から保存食品などを集める「フードドライブ」、子ども向けの食事会なども企画したい  略  」引用ここまで

<当ブログ筆者の論文 最新>
当ブログ筆者の論文 最新 「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発」
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号 37頁から55頁 平成27年4月


「貧困問題と相談援助」 当ブログ筆者の講演 音声記録の一部を公開中

福祉施設職員のストレスケア研修 ブログ筆者が出張講義 東京都登録講師派遣事業 講師謝金無料


<ブログ記事 バックナンバー>
相談援助の理論 講義レジュメ アセスメント、空の巣、メンタルヘルス、虐待加害者ケアとは 9/4第19回後半

相談援助の理論 講義レジュメ アセスメント面接の観察力、コミュニケーション、喪失の支援とは 9/4第19回


28回社会福祉士国家試験受験対策コース 相談援助の理論と方法 受験対策キーワード集1

当ブログ記事バックナンバー 福祉施設職員研修



<ブログ閲覧中の皆様>
個別相談あり 社会福祉士の就職・転職の実際
11/5(木18時から19時半
会場 日本福祉教育専門学校 高田校舎

福祉経験がない方向けの説明会と相談会です。当学科の就職や転職の傾向についてお話しいたします。社会福祉士国家資格取得後の仕事の実際がイメージできる説明会です。 皆様の疑問に答えます。個別相談も歓迎です。
 子ども福祉、医療ソーシャルワーク、コミュニティ福祉などの多様な分野で人間を支援する社会福祉士の仕事の実際を、社会福祉士として実践を20年程続けてきた当ブログ筆者(社会福祉士養成学科学科長)が、その経験、事例も踏まえて説明します。

お問い合わせ 日本福祉教育専門学校 電話:0120-166-255
日本福祉教育専門学校本校舎は高田馬場駅から徒歩1分
新宿区高田馬場2-16-3



<練習問題 解答は下記をクリック>

More解答と解説:デュルケム、準拠集団とは ⇒⇒
[PR]
相談援助の理論と方法 練習問題 初級
社会福祉士国家試験 専門科目 基礎
今年4月から学習を開始した受講生向き練習問題 入門編


問題 ジャーメイン(Germain,C.)とギッターマン(Gitterman,A.)が提唱したソーシャルワーク社会福祉援助活動の環境に働き掛ける役割に関する次の文章の空欄A,B,Cに該当する語句の組み合わせとして,正しいものを一つ選びなさい

 「 A 」の役割は,クライエントと社会システムをより現実的・合理的な方法で結び付けることであり,そのためには調停,説明,交渉などのスキルを用いる。その役割をもって要求が充足されない場合,組織に働き掛けて責任を果たせるようにするのが「 B 」の役割であり,そのためには圧力や強制,第三者の介入など対立的なスキルを用いる。また「 C 」の役割では,クライエントの生活場面に活用できるネットワークをもっていないなど,資源システム及びクライエントと資源システムの関係性を新たに構築することであり,そのためには社会調査や環境評価,資源動員などのスキルを用いる。
<組み合わせ>
   A    B    C
1 代弁者--組織者--仲介者
2 仲介者--代弁者--組織者
3 代弁者--仲介者--組織者
4 仲介者--組織者--代弁者
5 組織者--代弁者--仲介者

日刊 福祉施設 社会起業ニュース 関連情報クリップ
子ども専門精神科医、発達障害 専門医養成研修開始へ 長崎県
2015/06/10 00:04 【西日本新聞】

引用「長崎県は9日、発達障害や精神的な悩みを抱える子どもたちを診察する医師を育成するため、研修医や精神科医に専門的な研修を受けてもらう事業を始めると発表した。3年間で発達障害に詳しい医師18人、子どもを専門にした精神科医8人の養成を計画。
 県によると、発達障害を一定程度診察できる医師は県内の11医療機関に14人、子どもに対応できる精神科医は6カ所に10人いる。発達障害の初診を受けるには3カ月以上待たなければならない状態で、子ども専門の精神科医は学会から認定を受けた医師が1人しかおらず、「待機状態が把握できないほど」という。
 県が始める事業では、研修医に県立こども医療福祉センター(諫早市)で発達障害についての研修を受けてもらうほか、医療機関が発達障害専門の外来を開設する費用を半額補助。精神科医の養成は、長崎大大学院で10月から精神科医らを対象にした講座を開き、県内2カ所の児童相談所で研修も受けてもらう」。引用ここまで

被災地、心的外傷後ストレス障害(PTSD)や抑うつ傾向 沿岸部に高い 東北大、7千人を調査
2015/06/10 18:20 【共同通信】

引用「東北大は10日、宮城県内の約7千人を対象にした2013年度の調査で、東日本大震災の津波被害を受けた沿岸部は、抑うつ傾向や心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状を示す人の割合が、内陸部より高かったと発表した。
 「気分がふさぎ込む」といった抑うつ症状を訴えた人は、沿岸部は29・6%で、内陸部の25・4%を上回った。震災を思い出して生活や仕事に支障が出るなど、PTSDの症状があった人は沿岸部で5・0%に上り、内陸部の2・4%の2倍以上だった。
 担当した富田博秋教授(災害精神医学)は「震災から時間がたつにつれ、ストレスが多様化している」と話した」。引用ここまで

児童ら、絵本「白い杖」で視覚障害者に共感 福祉教育 丸亀
2015/06/05 09:46 【四国新聞】

引用「丸亀市視覚障害者福祉協会(藤田会長)が作成した絵本「白い杖(つえ)」の活用が香川県丸亀市内の小学校で広がっている。児童たちは授業での読み聞かせなどで物語に触れ、障害者が日常生活で直面している困難を想像したり、自分たちにできることに思いを巡らせたりしている。
 絵本は視覚障害者への理解を子どもたちにも深めてもらおうと、同協会が香川県丸亀市の小学校、幼稚園、保育所などに寄贈した。
 主人公は、目が見えないモグラのクロスケ。多くの困難に直面するが、マーガレットの花でできた「白い杖」を使い始めると、周囲から多くの支援が寄せられるようになり、生活の幅を広げていく過程を優しいタッチで描いている。
 香川県丸亀市中府町の城乾小学校(平田貴久校長)では4日、3年生の1クラス19人で読み聞かせの授業に活用した。児童たちはクロスケの心境などを想像し、活発に感想を出し合った。神田さん(8)は「街中で困っている体の不自由な人と出会ったら、声を掛けて助けられるようになりたい」と話していた」。引用ここまで

<関連資料 バックナンバー>
貧困・低所得・生活保護 : 社会福祉士受験支援講座・教員日記



新刊 当ブログ筆者が試験問題解説を執筆 
「2016社会福祉士国家試験過去問解説集 第25回─第27回全問完全解説」日本社会福祉士養成校協会編集 ISBN 978-4-8058-5161-6
 中央法規出版 2015年5月10日発行

 450問を選択肢ごとに詳しく解説し、科目別ポイントを収載。第27回を含む過去3年分の国家試験全問題を掲載した問題集。過去2年分も最新の制度や数値にアップデートし、次回試験に完全対応。基本の理解、実力試し、傾向対策、総復習で着実に学習効果を発揮。 中央法規出版


貧困問題と相談援助:当ブログ筆者講演の音声記録の一部を公開中

当ブログ筆者の論文 最新 「福祉施設職員のストレスケア サポーティブ研修プログラムの開発」
日本福祉教育専門学校 研究紀要第23巻1号 37頁から55頁 平成27年4月



筆者の講義レジュメ ソーシャルワーカーのコンピテンシーとは 慢性疲労症候群CFS、若者サポートステーション

筆者の講義レジュメ コミュニケーションの方法、専門的援助関係と距離、ピアとは 若者ジョブトライアル 相談援助

心理学理論練習問題 エリクソン生涯発達論、老年期とは 認知症チェックサイト、サービス付き高齢者向け住宅


【当ブログ筆者の授業紹介】『相談援助実習指導』の個別面談 社会福祉士養成学科
当ブログ筆者の授業見学会 6月 相談援助の基盤と専門職 社会福祉士養成学科の授業見学を開催
要予約

日時 6/15(月)、6/22(月)、6/29(月)いずれも13:00~14:30

社会福祉士養成学科 当ブログ筆者のリアル授業見学会 予約はこちら
 お問い合せは 電話:0120-166-255


*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部(通学)です
日本福祉教育専門学校 公式チャンネル - YouTube


*解答・解説:イネイブラー、側面的援助・支援役割、組織者・オルガナイザー、保護機能(ガーディアン)、
緊急介入、調整機能(コーディネーター)、コンピテンス、ニッチ、教育機能(エデュケイター)、ソーシャルスキルとは 下記をクリック


More*解答・解説:イネイブラー、組織者・オルガナイザーとは ⇒⇒⇒
[PR]