タグ:相談援助の理論と方法 ( 220 ) タグの人気記事

相談援助の理論と方法 第1回講義レジュメ その2 2011年4月7日
 社会福祉士養成科(トワイライト)


<テキスト解説>
1章 相談援助とは
1節 ソーシャルワーカーの具体的な事例 テキストP2
1 ソーシャルワークとは  -役割-

 ソーシャルワーカーとは、各種の社会福祉施設・団体・相談機関,あるいは医療機関などにおいて,専門的知識と技術,価値観をもって,社会福祉サービス利用者の相談等の援助・社会資源の活用,地域やグループへの援助を行なう社会福祉専門職である。
 わが国におけるソーシャルワーカーの国家資格としては,1987(昭和62)年「社会福祉士及び介護福祉士法」によって社会福祉士が創設された。また、97年には精神保健福祉士が創設された。

<事例について
・心理的な問題は、障害の受容などが課題である。
・社会的な問題は、在宅生活を支援する社会資源の活用と調整が課題である。
社会資源とは、社会的ニーズを充足するために活用できるあらゆるものであり,具体的には,制度,機関,組織,施設・設備,資金,物品,さらに個人や集団が有する技能,知識,情報などである。また,社会資源を供給する主体から分類すると,家族,親戚,友人,同僚,近隣,ボランティアなどのインフォーマルな人々によるもの,および行政,法人などのフォーマルな組織によるものとに分けることができる。

*ソーシャルワーカー=社会福祉士の役
・相談援助(面接・訪問によりクライエントの成長、問題解決等を図る)
・コーディネーター的業務 (クライエントのニーズと社会資源との連絡調整、利用支援等)
・ボランティア・インフォーマルなサポートのネットワーク
・就労支援
・グループワーク、レクリエーション指導
・地域福祉活動、調査、社会活動(社会資源の修正・開発) 等

<補足>
*社会福祉士の資格とは ー社会福祉士及び介護福祉士法より

(目的)
第1条 この法律は、社会福祉士及び介護福祉士の資格を定めて、その業務の適正を図り、もって社会福祉の増進に寄与することを目的とする。
(定義)
第2条 この法律において「社会福祉士」とは、第28条の登録を受け、社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者(第47条において「福祉サービス関係者等」という。)との連絡及び調整その他の援助を行うこと(第7条及び第47条の2において「相談援助」という。)を業とする者をいう。

・杜会福祉士及び介護福祉士は名称独占資格である。
・また、杜会福祉土及び介護福祉土法では両福祉士の業務の概念を規定するとともに、 秘密保持義務(守秘義務)や、信用失墜行為の禁止などの義務及び医療などの関連職種との連携規定が定められている。

*「相談」の一般的な意
 問題の解決のために話し合ったり、他人の意見を聞いたりすること。また、その話し合い。(『大辞泉』より)

*社会福祉における「相談
 社会福祉の援助を行う際には,的確なニーズ把握を行い,問題解決のプロセスを支援し,必要に応じて適切な社会資源を活用することが重要となる。利用者自身の問題解決能力を高め,相談員がこうしたサポート機能を発揮していくことが,社会福祉における相談活動である。(有斐閣『現代社会福祉辞典』より)

*社会福祉士及び介護福祉士
 社会福祉士・介護福祉士の資格を定め,業務の適正と福祉の増進への寄与を目的に1987年・昭和62年に制定された法律(昭和62年法律30号)。

<続く・第1回講義レジュメ>


日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です


*社会福祉士とは
  「社会福祉士及び介護福祉士法」により定められた、相談援助、運営管理等、ソーシャルワークに携わる専門職の国家資格です。
 各種の相談機関、福祉行政機関、福祉施設・団体、医療機関などにおいて,専門的知識と技術をもって,福祉サービス利用者の相談援助や,グループワーク、施設の運営管理、地域福祉活動等を行なう社会福祉専門職です。
 社会福祉士は、子ども、医療、コミュニティ、障害者、貧困、女性、高齢者、更生保護、行政等、多岐にわたる領域で、他者を支え、社会に貢献する仕事・職業です
社会福祉士及び介護福祉士法


<レジュメ続き・用語解説は下記をクリック

More *レジュメ続き・用語解説 ⇒⇒
[PR]
相談援助の理論と方法 第1回講義レジュメ<前編> 2011年4月7日
日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成科(トワイライト)


<相談援助の理論と方法 講義シラバス 2011>
 社会福祉士養成科(トワイライトコース)にて  担当:当ブログ筆者
*講義のねらい

 ソーシャルワーク・相談援助の基本理念、体系や内容、課題と現状等を学ぶ。また、相談援助の過程において必要となる知識、援助技術について理解を深める。加えて、相談援助における、人と環境との交互作用をはじめ、援助の対象・問題、実践モデル、事例分析等について理解を深める。これらにより専門性の向上と、ソーシャルワークの視点・思考、知識の修得を目指す。

*講義の方法
 テキストを軸として、ソーシャルワークの理論と方法に関して、相談援助のフィールドや実際、その課題、社会問題(社会的排除や虐待等の今日的な問題)などと関連させた講義を行なう。加えて、相談援助やグループワーク、コミュニティワーク、新たな領域・問題等に関して、実践的に学ぶために各種資料なども活用する。併せて社会福祉士試験の受験対策として、練習問題等を実施する。

*講義計画(講義の流れ)
*以下の1項目をおおむね2コマで実施する。
(前期)
1.ソーシャルワーク・相談援助とは―定義、視点、構成要素、組織等。
2.ソーシャルワーク・相談援助の構造と機能、ニーズ等。
3.相談援助における援助関係①意義、形成過程、構造、コミュニケーション、ラポール。
4.相談援助における援助関係②自己覚知、ミクロ・マクロ実践。
 相談援助の展開過程①ケース発見、インテーク(受理面接)。
5.相談援助の展開過程②アセスメント(事前評価)、目標設定、支援計画(プランニング)・サービス計画
6.相談援助の展開過程③介入・支援の実施、経過観察(モニタリング)。
7.相談援助の展開過程④支援の終結、評価、アフターケア等。 
8.相談援助の展開過程⑤補足。
 相談援助におけるアウトリーチの技術―意義、目的、方法
9.相談援助における契約―意義、目的、方法。相談援助におけるアセスメント①特性
10.相談援助におけるアセスメント②面接、情報、ツール等。
11.相談援助における介入―意義、目的、方法等。
12.相談援助における経過観察(モニタリング)、効果測定、評価等の技術
13.人と環境の交互作用①一般システム理論、サイバネティックス等。
14.人と環境の交互作用②。前半の総括・補足
15.定期試験

(後期)
1.相談援助における面接の技術―目的、面接の展開、技術、コミュニケーション、形態
2.相談援助における交渉の技術―意義、目的、プレゼンテーション、方法。
相談援助における記録―意義、種類、記録の活用、方法、IT化。
3.ソーシャルワーク・相談援助における対象の理解―社会福祉援助活動の概念と定義、対象の概念と範囲。相談援助の実際。
4.スーパービジョンとコンサルテーション―意義と目的、方法
  グループを活用した援助(グループワーク)①グループダイナミックス
5.グループを活用した援助(グループワーク)②自助グループ等。
6.グループを活用した援助(グループワーク)③
  ケースマネジメント(ケアマネジメント)①基本、過程、アセスメントの特徴
7.ケースマネジメント(ケアマネジメント)②ケアプラン、ケースマネジメントとソーシャルワーク
8.コーディネーションとネットワーキング―目的と方法、総合的ネットワーク・関連機関との連携
相談援助における社会資源の活用・調整・開発―ソーシャルアクション等
9.実践モデルとアプローチ①治療モデル、生活モデル、ストレングスモデル、ジェネラリスト・ソーシャルワーク
10.実践モデルとアプローチ②心理社会的アプローチ、機能的アプローチ、問題解決アプローチ、
11.実践モデルとアプローチ③課題中心アプローチ、危機介入アプローチ、行動変容アプローチ、エンパワメントアプローチ
12.実践モデルとアプローチ④ナラティブアプローチ、その他、課題。
 ケースカンファレンスの技術
13.相談援助における個人情報の保護。
 相談援助における情報通信技術(ICT)の活用。事例研究・事例分析①
14.相談援助の実際。総括と補足
15.定期試験


第1章 相談援助とは
* はじめに
A 科目の概要

 相談援助・ソーシャルワークに関して、ソーシャルワークの各論は「相談援助の理論と方法」等の科目、総論は「相談援助の基盤と専門職」において、講義形式で学ぶ。
 また、「相談援助演習」において、ソーシャルワークの実践とその現状を、演習形式で学ぶ。加えて実習において、ソーシャルワークの現場に参加することにより、ソーシャルワークの体得を図る。
 ソーシャルワークをこれら四つの軸で学ぶ。

B ソーシャルワークの概要
・ソーシャルワークは、生存・生活の支援、苦境の軽減(=問題の解決)、QOL (quality of life 生活・生命・生の質)の向上等のために、人間の内面・心理と周囲の環境・社会、その接点に働きかける、ミクロからメゾ、マクロに至る支援の技術と考えられる。
・苦境とは、心理的な問題と社会的な問題、過去と現在、未来のそれぞれの課題が関連している。

C 自己紹介(後述)

*ソーシャルワークのメソッド(方法)
1.直接援助技術の概

① ケースワーク・個別援助技術

・利用者とワーカーとが面接場面を構成し,利用者の環境を調整し,社会福祉諸サービスの提供を通じ,利用者自身のもつ対処能力を強化し支援することで課題の解決を図る。  

②グループワーク・集団援助技術
・集団援助技術とは、小集団を対象としグループ内での活動や経験を通じ、集団の持つ諸特性を活用して構成員個々の成長や発達を図るものである。
・対象となる人々の課題解決を,利用者とワーカーとが参加し協働する小グループ活動の過程の展開を通じて支援するところに特徴がある。集団援助技術では、ソーシャルワーク関係、メンバーの相互作用、プログラム、社会資源が援助の媒体となる。

2.間接援助技術
①コミュニティ・ワーク 地域援助技術 
・地域援助技術とは、地域社会で生じる地域住民の生活問題を地域社会自らが主体的・組織的・計画的に解決できるように、ソーシャルワーカーが行なう援助の過程及び技術・方法である。
・地域援助技術とは、地域の診断、組織化、福祉資源の開発、連絡調整等を行い、住民の地域福祉活動を側面から援助する事である。

②社会福祉調査 
 調査活動によって、社会福祉、サービス・方策の実態と問題点を明らかにする。それにより利用者への問題の把握とニーズの発見、援助者への方策や援助の評価をフィードバックし、現状の改善・向上を目指す過程である。

③ソーシャルアドミニストレーション・社会福祉運営管理 
・社会福祉運営管理とは、社会福祉サービスを、合理的かつ効率的に展開するための方法である。

④ソーシャルアクション・社会活動法
・社会福祉制度改善や新たな制度・サービスの拡充の為に、住民参加により行政や議会に働きかける組織的な活動。

⑤ソーシャルプランニング・社会福祉計画法
 社会福祉計画法は、社会福祉を増進する為の目標設定、方法等を明らかにする技術である。
 住民の社会福祉、地域福祉を考慮した計画の立案であり、地域社会のノーマライゼーション化を目指すものである。

3.関連援助技術の概要
①ネットワーク

・ネットワークとは、課題を抱えている人々の周囲の社会環境を再編成し、課題を解決するための支援体制作りを行なう。

②ケアマネジメント
・複数のニーズをもった利用者およびその家族を中心としたサービス提供のアプローチであり,連携・調整機能を基本的にもたない縦割り的な社会資源を,ネットワーク化することによりケアの統合と継続性を達成する方法である。また,社会資源としてフォーマルなサービスだけでなく,家族,親戚,友人,同僚,近隣,ボランティアなどのインフォーマルな資源も積極的に取り入れる。社会資源を活用し,ケアサービス利用者が適切なケアを必要なときに必要なだけ受けられることにより,安定した状態で生活することが可能となると同時に,サービスの効率的提供が可能となる。ケアマネジメントは、最適の社会福祉サービスを効果的かつ迅速に提供することを目的とした援助技術であり、支援ネットワークの形成が重要な課題である。

③スーパービジョン
・スーパービジョンの三つの機能とは、「管理的機能」「教育的機能」「支援的機能」である。

④カウンセリング
・カウンセリングの特徴は、社会福祉サービスを伴わない個人福祉や家族福祉が中心である

⑤コンサルテーション
 コンサルテーションは、社会福祉従事者が援助活動を行う際に、関連領域の専門家から助言を受ける活動である。

<続く・第1回講義レジュメ>


日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科・養成科
*日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの昼間部です
 社会福祉士養成科は、4年制大学卒業(見込)等の方々が対象の、1年制の社会福祉士の養成コースの夜間部(2コース)です


*社会福祉士とは
  「社会福祉士及び介護福祉士法」により定められた、相談援助、運営管理等、ソーシャルワークに携わる専門職の国家資格です。
 各種の相談機関、福祉行政機関、福祉施設・団体、医療機関などにおいて,専門的知識と技術をもって,福祉サービス利用者の相談援助や,グループワーク、施設の運営管理、地域福祉活動等を行なう社会福祉専門職です。
 社会福祉士は、子ども、医療、コミュニティ、障害者、貧困、女性、高齢者、更生保護、行政等、多岐にわたる領域で、他者を支え、社会に貢献する仕事・職業です
社会福祉士及び介護福祉士法
[PR]
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by yrx04167 | 2010-12-03 14:50
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
[PR]
by yrx04167 | 2010-12-02 06:37
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More *レジュメ続き・用語解説 ⇒⇒⇒
[PR]
by yrx04167 | 2010-12-01 17:12
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More * 解答 ⇒⇒⇒
[PR]
by yrx04167 | 2010-11-28 21:39
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by yrx04167 | 2010-11-28 21:32
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by yrx04167 | 2010-11-28 15:12
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More * 用語解説 ⇒⇒
[PR]
by yrx04167 | 2010-11-24 20:00
相談援助の理論と方法 第47回講義 レジュメ・前半 2010/11/22
*社会福祉士養成科・夜間部にて講義

9章3節 コンサルテーション
概要:コンサルテーション

・コンサルテーションとは,独立して仕事をする能力のあるワーカーが,業務遂行上,ある特定の専門的な領域の知識や技術について助言をえる必要のある時,その領域の専門家つまり,コンサルタントと相談することを言う。
・日本においては、重要性が指摘されているにもかかわらず、十分に体系化されていない。

・コンサルテーションは、専門家であるコンサルタントと、現在の仕事上の問題に関してコンサルタントの援助を必要としているコンサルティの、2人の専門職が交わる過程である。また,問題とはコンサルティが仕事上で直面し,他の専門家の領域の問題だと判定された問題である。

・コンサルテーションとは、ある領域の専門職が,自分の担当しているケースの援助に当たって,他領域の専門的な知識が必要となった場合に,その知識を十分にもっていないために,その領域の専門職にアドバイスをもとめる過程のことである。
・ソーシャルワーカーは、関連する事柄のすべてに精通していることはなく、クライエントの援助に関して、他領域からの専門的なアドバイスを必要としている。それらの専門職から有効なアドバイスを受けて,援助に生かせることも重要な技術なのである。

<テキスト解説>
1 コンサルテーションの意義 テキストP201

・専門職の養成に対するニーズが高まり、スーパービジョンは浸透しつつある。
・クライエントのニーズの複雑・多様化により、専門的知識・情報の不足もあり、苦慮するワーカーも少なくない。
・スーパービジョンとは別に、コンサルテーションの活用も有効な手段である。
・しかし、対人援助の領域では、この両者が混同や誤用され易い。

2 コンサルテーションとは
・業務遂行上、特定の専門的な領域の知識や技術について助言を得る必要があるとき、その領域の専門職から助言を受け、新しい情報・知識・技術を習得する過程である。その専門職をコンサルタント、受け手をコンサルティーと呼ぶ。

*コンサルテーションの特
・機関外あるいは他の部門からの人材に依頼し実施
・コンサルタントは、直接、援助活動に関与しない(原則)
・専門分野に関する特別な知識や技能を教示する内容である
・機関(所属部門)の管理者としての機能を有しない

・ケースの全般的なことではなく、特定の問題についてその専門家(上司や業務管理者ではない)に助言を求めること。

3 ワーカーとコンサルタントの関係 テキストP202
・スーパービジョン関係は、専門的援助関係と共通する特徴がある。また組織内におけるスーパーバイザーは、ワーカーの業務に管理責任をもち、指導、評価を行なう。
・コンサルテーションにおける、ワーカーとコンサルタントは、任意で対等な関係である。パートナーシップに基づく。
・コンサルタントは、助言はするが、ワーカーの業務には責任を負わない。
・その助言は、問題解決の方法を専門的に示唆するものではある。しかし具体的な問題解決の業務に有効とは限らない。コンサルタントの助言を採用し、実行するかは、ワーカーの裁量に任されている。

4 コンサルテーションの形
・コンサルタントは、内科医、精神科医などの医療専門職、臨床心理士、弁護士など必要に応じ、外部講師に依頼する。
逆に、社会福祉専門職が福祉関連企業等に、コンサルタントとして招かれることもある。
・会議への参加と助言、サービスへの助言等、多様な手法がある。
コンサルタントを個人、集団あるいは組織で受ける場合もある。
・他分野の専門性を必要とする場合、コンサルタントからの指導が有効である。

*補足:コンサルテーションのタイプ
①実際の援助を行っている時にコンサルタントはいないタイプ(非参加型コンサルテーション)
②援助を行っている時にコンサルタントがおり,何らかの役割を果たしているタイプ(参加型コンサルテーション)
③コンサルタントは直接的に情報を入手するが,その時には積極的に関与はしないタイプ(観察型コンサルテーション)である。
・観察型コンサルテーションにおいて、コンサルタントは、直接的観察やビデオ等から処遇に関する情報を入手し,後に,コンサルティからの要請でコンサルテーションを行う方法である。

*「非参加型コンサルテーション」は、更に分類ができる。
・個別指導型
専門家が個別的に相談にのり,アドバイスする。
・並列的ピア・コンサルテーション
同僚が1対1で,お互いにコンサルテーションし合う。
・ファシリテイター付のグループ・コンサルテーション
 グループによるコンサルテーションで,進行役がいるもの。
・グループ・コンサルテーション
・ピア・グループ・コンサルテーション
 同僚が上下の関係なく,グループで行うコンサルテーション。

*参加型コンサルテーションは、更に分類ができる。
・ジョイント・ワーク
 コンサルタントとコンサルティが個人や家族の処遇に共同で取り組む。
・リブ・コンサルテーション
 面接にコンサルタントも同席するが,コンサルタントとしての役割に徹する。

5 スーパービジョンとコンサルテーション
・ワーカーの養成・訓練はスーパービジョンによって行ない、やがて独り立ちする。その後、コンサルタントの活用に移行すると考えられる。
アメリカなどでは、スーパービジョンからコンサルテーションへと切り替える時期の見極めが重要とされる。また、スーパービジョンとコンサルテーションを併用する時期を設ける方法が有効とされる。
・日本においては、コンサルテーションやスーパービジョンの実践方法や人材が確立されていない。スーパービジョンとコンサルテーションを、当初から併用することが現実的である。
・ケースカンファレンスにおける医療・保健・リハビリテーションなどの専門職からの助言は、スーパービジョンなのかコンサルテーションなのか「判断は難しい」(テキスト)。
業務に責任を負う他領域の専門職が、助言する場合は、スーパービジョンと考えてよい。

*スーパービジョンとの相違
・スーパーピジョンの機能として,管理的機能と教育的機能と支持的機能がある。しかし、コンサルテーションには、ワーカーを管理したり,教育したりするものではないし,しいて言えば,他領域からその専門的知識でワーカーの仕事を支持するものと言うことができる。

<後半に続く>


*前回講義のレジュメ 下記をクリック
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第46回講義 レジュメ・前半11/19*スーパービジョン・機能*社会福祉士養成科
社会福祉士受験支援講座・教員日記 : 相談援助の理論と方法 第46回講義 レジュメ・後半11/19スーパービジョンの方法・形態*社会福祉士養成科


日本福祉教育専門学校 社会福祉士養成学科
社会福祉士及び介護福祉士法


*用語解説は下記をクリック

More *用語解説 ⇒⇒
[PR]